ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
Redog Cafe
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:117件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2014/03/30のBlog
Here is a guide sound file for Miyako High School Brass Band to play on it
In the concert of Sanriku R.W. which will appear 6th in April
at Sanriku Miyako station. Redog and Miyako H. S. B. B. will play together for the first time. looking forward to that.
This is a song titled "Mirage"originally in a album "Hot !Menu"of Sadistic Mika Band ,this time arranged in Jazz-Waltz style ,


<div id="fb-root"></div> <script>(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));</script>
<div data-width="466" data-href="https://www.facebook.com/yu.imai.359/posts/728717013825252" class="fb-post"><div class="fb-xfbml-parse-ignore">投稿 by 今井 裕.</div></div>
2014/03/22のBlog
百樹屋の由紀子さんからメールが来ました。
三陸との交流があることはとても嬉しいことです。アップし忘れて
いたこれが 百樹屋さんの奮闘物語です。

1985年(昭和60年)から大船渡港近くで食事処をされていて
いろんな業種の人でにぎわっていたそうです。
震災に遭遇して、高台の実家へ避難して戻ったのは3~4日後
だった。そこには「百樹屋」と書かれた〝のぼり〟守り神の
〝布袋様〟以外は何もなかった。
日経電子版より→
三陸鉄道 盛駅は、バスで15分、内陸部に入ったところ。
その辺りに住むカメラ屋さんの同級生とようやく連絡がとれ
惨状を話すと、倉庫代わりにしている別棟があるのでそちらを
使えばいいじゃないといわれたそうです。そうですかと。

早速状況チェックに行った、内は膝の辺りまで泥で埋まっていた
そうです。撤去するにも道具が無い。
段ボールを折り曲げて不自由覚悟でやっていたらやや間があって
どこだったか、そちらからホースが送られてきたそうです。
知り合いの割烹の板前さんから「うちは、当分だめだからコレを→
使ってくれ」ということで思いを託されて持ち込まれたモノ。
「これみてください」って由紀子さんが指す先は、無垢のカウンター一枚板で、
すべてがガレキ化してしまったなかで、全くの無傷で確保されたものだった。
出会った“奇跡の絆”に、これはもう一度やるしかないのかなと閃いたそうです。
やがていろんなかたちのテーブルといすのセットが、友人知人から
使ってくれというメッセージ付きで贈られてきた。鍋皿もろもろも。
(正直、早く再開してもらって仲間で酒を酌み交わしつつゆっくりと
肩の荷を降ろす時間を持ちたいという人にはあまり言えないような
切ない思いもあったのではないかとおもんぱかる)
女将
「資材入手困難な時期、とても張り切ることができました!」

2011年6月10日、店の再開にこぎ着けた。震災後わずか3カ月で
店と食材の確保に成功したのである


一番の人気メニュー。カレー南蛮。だが、実は開業当初から
提供していたわけではない。初めは「まかない」として作られたものだった。
それを常連客に出したところ評判になり、そのままメニュー化した。
「私の母が家族のために作ったのが始まりです。」
カレー南蛮の原型を作った、由紀子さんの母親も店で元気に働く。→

店主である今野由紀子さんに相対していると、穏やかな気分が伝わってくる。
とても仲の良さそうな夫婦の元気な笑顔に接していると、今までに降りかかる
さまざまな困難を打ち払ってきた毅然とした小気味良さを感じました。
大船渡は、豪快な気質に溢れたところなんでしょうね。
女将
「手をつなぎ、輪になって、一緒ににっこり笑えたらきっと元気が出てきそうですね。」
最後にいただいたメールを紹介します。また会いに行きます!

>ご無沙汰してます!お元気ですか? こちら 大船渡 今日は 雪。
>まだ 寒くて ビックリします。 もうじき 4月に 約束通り 列車が
>走ります。去年は 嬉しかったですね。 今年も 会えたら 楽しい
>ですね。ぜひ また 来てくださいね♪
百樹屋 由紀子 (左_ご主人の今野 和明さんと)→

百樹屋: 岩手県大船渡市盛町内ノ目2-14 Tel:0192-26-5123
11:30~14:00/17:00~21:00
2014/03/19のBlog
三陸鉄道北リアス線全線運行再開記念式典に、去年に引き続き参加させていただけることになりました。お世話になります。
①日 時:平成26年4月6日 10時~ 出番は12:35~13:00となります
②場 所:北リアス線宮古駅前

曲目♪
1,Take the A Train(Duke Ellington)
2,Mirage(Sadistic Mika Band)
3,G Boogie Woogie(Yu Imai)

Redog/Yu Imai(Piano)ゲストとして、
・高見"hiro" 浩之(Flumpet)
神戸生まれのかた。30代前半。
お忙しい中、日程を調整していただきました。ありがたいことです。
・宮古高校吹奏楽部6名のかた。
担当のN教諭氏に調整していただきました

前日入りでリハーサル、翌日本番とあわただしい日程ですが、
宮古駅の風景・雰囲気と音楽でどのような表現ができるのか
できばえを楽しみにしています。
平成23年3月11日に発生した東日本大震災において
三陸鉄道は大きな被害を受けました。

一歩一歩復旧の歩みを進め、残る不通区間(南リアス線吉浜~釜石、北リアス線小本~田野畑間)は今春4月5、6日に再運行の運びとなりました。
そしてそれぞれで記念式典がおこなわれます。

1)南リアス線全線運行再開記念式典
①日 時:平成26年4月5日 13時30分~14時30分
②場 所:南リアス線釜石駅前

(2)北リアス線全線運行再開記念式典
①日 時:平成26年4月6日 10時~11時
②場 所:北リアス線宮古駅前

三陸鉄道開業30周年記念祝賀会♪も行われるとのことです。
①日 時 平成26年4月5日 17時30分から
②会 場 宮古市内

滞りなく開通式が行われることを願っています。
2014/03/11のBlog
Bako Diabateのエレガントな声に触れるとすっかり
リラックスできるね!

<div id="fb-root"></div> <script>(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));</script>
<div data-width="466" data-href="https://www.facebook.com/yu.imai.359/posts/719275224769431" class="fb-post"><div class="fb-xfbml-parse-ignore">投稿 by 今井 裕.</div></div>
2013/09/08のBlog
[ 08:23 ]
by Agnes B
2013/04/09のBlog
サンテツから
お礼そしてお祝いとして紅白のかもめの玉子が50セットも送られてきたぁ

さいとう製菓の銘菓で、各地にファンがいて人気があるそうです。

こちらは大船渡港の近くに本店があり、本社事務所と直営店5店舗、
和菓子工場1棟が津波によって跡形も無く流されてしまう大きな被害
を受けました。
たまたま高台にあって難を逃れた1工場を素早く再開の状態にこぎつけて、
2011年4月末、被災月の翌月に仮店舗で営業するに至ったそうです。

復興にいち早く取りくみ、困難に立ち向かう姿勢は、三陸鉄道の皆さんにも
共通するもので、地元岩手の復興のシンボル
となっているようです。

早速このストリーとかもめの玉子を、大阪のお世話になった人々にお分けして
広めることとなりました。

###############################################

Step#2
テーマ・パートを弾いてみますか!

基本なとらえ方は、右手と左手のコンビネーションです。

前に向かってドライブするビート
を創りだす。
では、テーマを弾いてみますか!

そうそうその前に、左手のベース・ラインを一通り やっとかないとね~
まずは、左手だけ、さらっとく?

付け足す右手は、コードの流れを感じさせるガイド‐導く人ってかんじです。

なんとなく弾けてきたら、これに合わせてテーマを
A.sax,Tsax,Claでとると、面白い発見がある。
ぜひとも頼んで一緒に演奏してくださいね!
では次のドアを開けて、

このベースラインの上にテーマのメロディを
合わせてみるか!

はじめは、ゆっくりのテンポで丁寧にあわせてみる

そのうち左手が勝手にやってるようになります♪

そうすると余裕が出来ていい感じで演奏できるかもね


なんか疑問があればどしどし聞いてくださいね!
では~
前のページ   |   次のページ