ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ボランティアいずみ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1052件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2019/12/31のBlog
こんにちは、ボランティアいずみです。

ボランティアいずみの前身は知的障がい児通園施設
「いずみ園」で活動していました。
1978年、自発的なグループとして「ボランティアいずみ」が
発足しました。
現在、障がい児者の方々との交流や援助活動をはじめ、
機能回復訓練や知的発達を促すことの一助となる布の絵本や遊具作りをしています。
布の絵本・遊具の一部は市立中央図書館・ボランティア活動センターに
展示しています。
これらの作品は子育て広場や高齢者のレクリエーションの場などでも
使っていただいています。
 個人・団体を問わずに作品の貸し出しをしていますので、ご希望の方は
川西市ボランティア活動センター(tel:072-759-5200)までご連絡ください。

活動曜日:第1・3木曜(原則) 
活動場所:キセラ川西プラザ福祉棟2階共用会議室
活動時間:
 ①ミーティングタイム10:00~11:00
 ②作品話合いタイム11:00~12:00
 ③作品貸し出しタイム13:00~15:00
④布の絵本・遊具づくりタイム13:00~16:00

会員:現在17名ただいま、会員募集中です

その他:会費 年1,200円

問合先:川西市ボランティア活動センター
 tel/072-759-5200 fax/072-759-5203
 〒666-0017 川西市火打1-12-16 キセラ川西プラザ福祉棟1階
2019/11/11のBlog
岐阜女子大手づくり絵本コンクールに初めて応募し
いきなりの優秀賞をいただきました

その表彰式が11月10日にあり
いずみからは3名出席しました

私は前日から岐阜入りし
2名は日帰りということで
早朝から現地入りでした

岐阜って遠い所と思っていたけど
日帰りができる所なんですね
私は往復とも新幹線は乗らず東海道線を
快速や新快速を乗り継ぎ岐阜入りしました

11日は朝9時25分のバスに乗らないと表彰式に
間に合わないというチョイ不便な所にある大学です

この日は大学祭をしていてとっても賑やかでした

11時から始まった式に入賞者が最前列に座り
賞状等いただきました

その後、審査員の方からそれぞれの作品について
講評がありました

今までにないアイデア、仕上げが丁寧できれい
最後の裏表紙やとじひもの部分までキチンと
している
内容も乳幼児用としてかわいい本 などなど

とってもうれしいコメントをいただきました

この絵本は猛スピードで作ったので
どうかなって思っていたのですが
台布や動物たちをフエルトにしてカゴの材料を
各ページ変えて縫い付けたのが
よかったともコメントがありました
みんなのアイデアとやる気で仕上げて
それが高く評価され入賞するという喜びは
メッチャうれしいことです

果たしてどういう結果になるかわかりませんが
自分達だけのヨッシャ・ヨッシャで満足している
のではなく、プロからの目線での見方・考え方を
知る唯一の場でもあると思います

コンクールがあるから作るぞぅって気にもなります
いわゆる励みでしょうね

さぁ、これからも作りましょうねぇ!!
2019/10/31のBlog
小6の孫が広島へ修学旅行に行ってきました

おこずかいをあげようかなと思ったけれど
金額が決められているらしい

それ以上に持って行って先生預りになれば
せっかくの修学旅行が面白くないものになりますね

で、ばぁばは考えた末、下着と靴下のおNEWなら
身に着けていけるし、取り上げられることはな~い


よっしゃということで孫の大好きなキャラクターの下着や
靴下を求めてスーパー回りをしました
たった1泊2日の旅行だったけど
楽しかったとお土産を持ってきて話してくれました

前年には4泊5日の日程で自然学校に行って
いるのだけど、やはり小学校最後の旅行は
違ったものだったんだろうね

宮島の厳島神社では、大潮で海水がチャプチャプと
床まで上がっていてびっくり・びっくり!

ばぁばは2~3回行ったけど、いつも干潮時で
鳥居まで歩けてたのにね
また、海上にある鳥居は修理中で
幕が張られて見ることができなかったんだって

昼食のお好み焼きはマヨネーズもなく
ソースも辛かった
やはり家の方がおいしいとのたまう

まぁまぁとなだめつつ、ばぁばたちも行ってきた
旅先のお土産をどっさりと渡しました

孫自身が買ってきたお土産を三時のおやつに
美味しくいただきました
2019/10/22のBlog
講座2回目が無事終了しました

2回目は30分早めに終えて、受講者の
作品のでき具合と入会勧誘を含めての
交流をしました

1週間で表紙作製をお願いしていたのですが
なんとみなさんしっかりと個性的でステキな
表紙を作ってこられました

みなさん、とっても上手でびっくりしました
こんな方たちが入会してくだされば
心強いのになぁ!
お茶を飲みながら難しかったところや
布の絵本というものをどう感じたかなど
一人ひとりに伺いました

また、いずみの活動の趣旨目的も
しっかりとお話しました

現会員のみんなにも一言ずつ
話してもらいました

8名のうち、たったお一人ですが
入会してくださいました
とってもうれしいことですね

早速11月から一緒に活動します
よろしくお願いします!
2019/10/16のBlog
11月1日発行の情報紙「にじ」№165を出稿しました

4ページ中、各ページを二人一組で担当しています

年度末に近づいてくると講座も少なくなりました
また記事そのものや各団体・施設等の行事も
少なくなってくるので、ポッカリと空いた
紙面に何を埋めようかと悩むこともシバシバです

でも不思議なことに自然と4面とも
いっぱい・いっぱいになるんですね

ないようであるということは、まだまだ知らないことが
結構あるんですね
それを誰かしらが見つけてきます
それを掲載していいかを社協に相談して
OKが出れば載せます

掲載記事がない時、障がい者マーク等のヘルプマークや
道路上の標識やルール等を掲載することがあります

これらのマークは誰でもが知っておいてほしいので
何度も載せます

その中で、この頃は電車の中吊り広告でも
見かけるようになった赤地に白で十字とハートの
ヘルプマークがあります
ヘルプマークは、障害や疾患などがあることが
外見からは分からない人が、支援や配慮を
必要としていることを周囲に知らせることができる
マークです

つい最近ネットで知ったのですが
小学生が逆ヘルプマークを考案し、在住県はこれを活用する
応援をすることになったらしいです

逆ヘルプマークとは赤地を緑地にしたもので
いつでも助けが必要な時、お手伝いしますという意味が
あるとのことです

こういう発想はめっちゃすばらしいですね
困っている人を見かけても中々お手伝いしましょうかと
言えなかったり、反対に手伝って欲しいけど
声かけしにくかったりする場面がありますよね
でも、そのマークの意味を知り、つけていることで
お互いがウィンウィンになることができますね

いつかはこの逆ヘルプマークが広く活用されることと
にじに掲載できることができる時がくることを願っています
2019/10/13のBlog
昨年は彫刻のコンクールだったけど今年はどうかと
姫路の子どもの館をネットで調べたら
絵本コンクールと載っていました

みんなで話し合った結果、間に合わなくても
良しとし作ることになりました

原案は以前から温めていた人がいて
それをみんなで肉付けしていきました

例会の度に経過報告し、小物作りや各ページの
修正など全員が協力し、ステキな絵本を
仕上げつつあります
12月25日が締切なので、その日までに
仕上げられたらええなぁと言いながら針を
動かしています

そして、今年はもう一つコンクールがあって
この間発送しました

この行き先は群馬県の桐生市です
どうか、いい結果がでますように!

今年は三つのコンクールに応募します

一年のうち三冊の絵本を作るなんて
めっちゃ、すごいことです
創作絵本だから、ゼロからの出発です
柔軟で楽しい発想を求められます

子どもがページを繰りたいと思うような
題名と表紙作りが大事です

これらの絵本は創立の時から数えると130冊を
超えました

今年4月にいずみは41年目になりました
まだまだ元気なおばちゃん達が活動中です

これからも子ども達の笑顔に出会えますように
2019/10/12のBlog
10月の初めに、幼稚園年長の孫の
運動会がありました

昨年は緊張していたのか、ダンスではみんなが
楽しそうにノリノリで踊っているのにポンポンを
持ったまま一歩も動こうとはしませんでした

かけっこも先生に引っ張られて走りました

どの競技にも「私はじっとしたままの参加です」と
いう看板を背負っての参加でした
フムフム、これはどうしたものか?

いやいやながらでも参加はしてるしなぁ

で、人前でこれだけ動こうとはしないのは
結構根性いるよねぇ

えらいぞ・えらいぞ!
それなら最後までその状態を保て!と
じぃじ・ばぁばは応援しましたっけ
で、今年はどうなることかと
めっちゃドキドキしながら見に行きました

何の何の、ぜ~んぜん心配無用でした

ダンスもかけっこも体操も張り切って大活躍

そして、ビックリしたことは走るのが速い・速い!
ダンスでのブリッジも、簡単に上手に見事に
やってのけました
年長組の園児は最後の行進時に、自分の名前を
言ってから歩きます

これはどうかな、最後までガンバレ

ちょい恥ずかしそうだったけど、大きな声で
ハッキリと言えました、やったね!!

子どもってホンと成長するんですね
ばぁばはチョッピリ涙が出ちゃいましたよ
前のページ   |   次のページ