ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ボランティアいずみ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1108件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/01/14のBlog
1月最初の三連休の初日でした。

まちづくり講座の一環で猪名川に遊歩道を
作りたいというグループで川沿いを歩きました。

まずはドラゴン公園から北へあがっていこうと歩き始めました。

朝からいや~な曇り空、とうとう降りだしました.
ダレが雨人間やねん???

ドラゴン公園へ行って、びっくりでした。
なんと、この時季にコスモスが咲いているんですねぇ。

7名のチームでしたが、みんな、ほんまにびっくりでした。

冬咲きのコスモスってあるんでしょうか、知りませんでした。
猪名川の西は川西市やと思っていたのに、
一部飛び地のように池田市があるんです。これもびっくりでした。

写真は絹延橋と刻んだ旧の橋の一部でしょうか、三分の一ほどは
アスファルトに埋まってしまっています。その側に池田市と書いた標記が
立ててありました。

この絹延橋は現在は東のほうへ移動していますが、
架けかえるための工事が始まっています。

この写真の道を隔てて向かって右が川西市、
左が池田市ということらしいです。

川西に生まれ育って、ン十年ですが、知らんかったなぁ!

今回、飛び入りで同行された方から聞いて勉強になりました。

我がまちを知っているようで、知らないことが
まだまだたくさんあるということを知った川沿い歩きでした。
2008/01/09のBlog
今日はハッピィ・バースディ to ライターの日。

いずみと共に30年やから、
それにちょいプラスした齢になったみたい。

ケーキをワインに変えてしばしの祝宴タイム。

やっぱ、ケーキの方がよかったかも。

1本空けてしまい、先ほどまで意識なく寝てしまっていた、アチャ~

さぁ、明日から溜まっている宿題をせっせこ・せっせこ、やりまひょかいなぁ
2008/01/07のBlog
ふれあいプラザが、ボランティアの活動拠点として
リニューアルされ、今日は、V連新事務所の大掃除であった。

いずみのお引越しが済んで、絵本展実行委員会の前後の
空いてる時間にお手伝いした。

まずは床からということで、置いてあった荷物をすべて出し、
床掃除から始めた。

さすが、よう動くボラさんたちや。
みんな若いとは言えへんお年のボラさんたちやけど、動く・動く。

新事務所となる部屋は、なんと言って表現したらええのかわからんほど
汚かったのを、見る見るうちにピカピカに。 写真の床が照り輝いていますでしょ!
ボラセン所長自ら、いろんな掃除道具を持って来られ、
あちこちきれいに磨いていかはります。
こんな様子を見ていると、さぞかしお家でも、
率先してきれいにしてはるんやろなぁと、ちょいうらやましく思いましてん。

みんながグループを越えての協働作業、これがほんまのボラ活動や!

そやけど、自分たちのグループのお引越しが終われば、
知らん顔して帰るグループがいくつかあった。

V連がなければ、この引越しはなかったんやでぇ~!
自分たちさえよけりゃ、そんでええことないんやでぇ~!

ボランティアって、なんやねん?
自分たちの活動さえキチンとしてたらええもんかいなぁ???
見えない壁に向かって、ほんとは声を出して叫びたかったけど、
止めましてん。

気ィつけへんもんは、ダレが何を言うても気ィつきまへんわ。

こんなことで、喧嘩してもつまらんしねぇ。

それよか、やりまひょと言って集まったボラさんたちで
楽しくした方が、健康にもよろしおすよってに。
まぁ、ほんとのところ集まったのは、現役員と役員OBたちやけどね。

そやけど、なんやかやと言いながらも、机やロッカーを運び込み、
それなりに事務所らしく片付けて、ふと外を見ると、真っ赤な夕陽が…。

みなさん、お疲れ様でした、明日以降、腕や腰に痛みがでませんように。
ゆっくりとお休みくださいませ。
今日は朝から小雨模様。

昨日の天気のように、引越し日和になるんかと期待してたのに。

朝、9時過ぎに中央公民館から荷出しし、車7台に約40ケ近くの
収納ケースやミシンなどを積み込み、ふれあいプラザへ。

さぁて、いよいよ倉庫に入れる時が来たんですぅ~。
ご覧ください、写真を。。。
あこがれていたケースの並べ方の倉庫なんですぅ。

また、一段一段ケースが置けるので、ケースが壊れることがないんです。

うふふふっ、うれしくって・うれしくって、思わずニヤケテしまいますぅ
一旦は入れたけど、似たもの同士をまとめるために、
ケースを出したり入れ直したり。

この出し入れの作業も場所が低くて取りやすいので、
苦痛にはならへんのです。

ここでの最初の例会は1月17日ですねんけど、ほんまうれしいことです。

また、ケースを増やしたことで、布絵本や遊具もゆったりと
お風呂につかってられるような感じで、入れておけますし、
しわくちゃにもならしませんし。

ただ、ラックの足が幅広のため、計算上ではケースが3ケ置けるはずが、
2ケしか置けないのは、非常に残念でした。
結果、足らなくて棚をもう一段もらいましてん。
倉庫やからと言うても、いろんなボランティアグループが
出入りしますから、見た目もきれいにしておかなあきまへん。

そこで、ケースには何が入れてあるか、
ひと目でわかるカードを再作成することになりましてん。
ついでに番号もつけて、片付ける場所を一致させておくことも
決めましてん。

絵本展も控えているので、仕事がめっちゃ増えて、
またまた目が回る忙しさになりそうやなぁ。。。

『立つ鳥跡を濁さず』の言葉通りに長年お世話になった中央公民館の
倉庫をきれいにし、職員さんたちにもお礼方々、ご挨拶しての引越し作業でした。

さぁ~、新年明けての新拠点での活動開始でっせ~!
2008/01/05のBlog
毎年、元旦はご先祖さまの墓参り、2日・3日は京都や神戸方面へ
初詣が恒例の行事であった。

だが、今年は元旦の行事を除いてちょっと違った。
家族が増えて、新年挨拶でやってきて出かけられなかったのである。
だから、今日になって初詣と相成ったわけである。 

人出はどんなもんだろか、電車は混んでるんではなどと
心配しての外出であったが、さほどでもなかった。
往復の電車も座れたし、参道もギュウギュウといった混みあいではなかった。

シメシメ、そーなれば来年からは、このぐらいに初詣に出かけるか。

参道にある店を1件1件ゆっくりと見て歩き、疲れたなと思えば、
お茶を飲みに店に入る。
齢も50も過ぎると、ゆっくりした歩みになる。
これを人生に当てはめてみたい気もする。

いやいや、当てはめていかねばならないのだ。
そんなに急いでどこに行く???

年末年始の休みが、ゆっくりとも言えない日々で
終わってしまったが、やはり休みは休みであったんやなぁ。
毎日の気持ちが違ったんやなぁ。

できることなら、こんな日がずぅ~っと続いてくれたらなぁという
思いが頭の半分以上占めている。

そんな日がきっとくるだろうことを願いつつの初詣でもあった。
夜の京都、正月だからか、まだまだ人が多い。
外国人も多い、なんと言っても観光都市なんやなぁ!!!

今日は、そんなに底冷えがしない京都でもあった。
ライトアップされた八坂神社は初めて見た。

いつもは昼間の八坂さんしか見たことがなかったから。

しかしながら、何の願い事をしにいかはるんやろ???
絵馬を見ても人様々な願い事が書いてある。

その願い事が少しでも叶うように、人は日々努力を重ねていくのやろうね。

その努力が報われて、きっと・きっと、願い事が叶いますように。
ライトアップの八坂さん、とってもきれいやおへんか!
昨年の12月21日に、ボランティア連絡協議会の新活動拠点準備委員会と
社協と市の三者で、各々が新活動拠点について、どこまでの団体を利用範囲と
考えているのかを確認するための話し合いをもった。
ボランティア側にとっては、この拠点は長年の希望であった
ボランティア(福祉分野)の活動場所と考えているからだ。

フリートークでということであったが、何しろ右から左へ抜けることの
多いこの頭をフル回転させるためには、メモが必要と書き留め、各団体が
利用することでの問題点などを集中して話し合いに臨んだ。

利用については、まぁまぁ満足度100%ではないけれど、
こんなもんでしょうという結果に終わった。
だが、まだまだ話し合っていかねばいけないことが残されている。
市では総合計画(10年)を策定し行政運営をしてきた中で、
途中年次で前期基本計画の達成状況を確認するとともに、
今とこれから先の社会情勢の変化への対応を図るために
後期で見直しに入る。今が正しくこの時期なのだ。

前期計画では、V連が要望し続けている総合福祉会館建設を
検討するという一文が入っている。が、後期計画では見当たらなかった。

ふれあいプラザを活動拠点として整備したから、はずしたんやろかの
疑問が頭から離れない。ぜひとも聞いてみなければ。。。

これについては、わかるようなわからんような説明ではあったが、
担当部署としては、検討課題として取り上げているとのことらしい。
だが実際、後期計画に入れてもらわねば、信用できない。
後期計画は簡略化された文として掲載されているそうだが、
地域福祉計画に入れているからといっても、扱いが違うのではないだろうか。

やっぱし、後期計画に載せてもらえるようにしていただきたいことを
お願いして話し合いは終了になった。

財政上、すぐにとは言わない、が、子どもたちや孫の代には
会館ができていることを望んでいることも、行政担当者には伝えた。

行政は苦情を恐れて、市民と話し合うことを避ける。
だが、苦情を言う市民は一握りだと思う。
行政は市民の話に、耳を傾ける姿勢をもってもらいたい。

いろんな考え・力・能力など持った市民はたくさんいるはず。
「協働とパートナーシップ」という言葉を掲げているなら、そういう市民の
掘り起こしをしていくのも市のお仕事ではないだろうか。

今の時代、市役所だけが頑張るんではなく、市民とともに
切磋琢磨していくことで、市民が望むところになっていくような気がする。
2008/01/02のBlog
今、作品リストの整理をしてますねん。

と言うのも、この4月に発足30周年を記念しての
絵本展への準備ですねん。

あらためて、よくこんだけ~(どんだけ~~~?)
作ったなぁと我ながら感心してますねん。

布絵本104冊、うち在庫は68冊、
遊具は331点、うち在庫は54点ですねん。

30年という歳月の中でこれだけ多くの作品を作り、
いろんな障害者施設や団体・個人などにプレゼントもしてきました。
また、最近は個人や団体、施設からの製作依頼も
増えてきましてん。ほんま、うれしいことですねん。

それと貸出しがこれもいろんな所から希望があって
作品があっち行ったり、こっち行ったり。

これらの作品は、子どもたちがよく使こてることの
証明やと思いますんやけど、傷んできてますねん。

そやから、修理も大忙しですねん。

修理してもあかん場合は作り直しますねん。
全く同じもんを作るとは限りませんねん。

やっぱり、その時に合ったものに変えながら作りますねん。
そやから、そんな作品もたくさんありますねん。

4月2日から始まります絵本展には、ぜひみなさんお越しくださいね。
ちいさなお子さんからご高齢の方まで、どなたさんも楽しんでいただけます。
会員全員でお待ちしておりますさかいに。