ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ボランティアいずみ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1087件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/04/10のBlog
[ 12:29 ]
久しぶりに近くの古本屋に行きました。

古本といえないほど、キレイなものもあります。

どんな本があるんやろとずず~っと見渡していると、
芸能人の本が結構多いのにはびっくりでした。

芸能界に入ると簡単に出版できるんやろか、
また、書きはる芸能人もすごいよねと感心・感心。

原稿用紙1枚埋めるだけでも、また何を書こうかと
思案すればするほど書けないのは、ど素人であるがゆえなのか。

でも、書いて1~2年も経たない内に、
古本屋に並べられているのを見てショックを感じないんだろうか。

売り出すための作戦の一つなら、
そんなことどーでもええんかもしれへんなぁ。
児童書はと探すけど、ほんのちょっぴりだけでした。

古本屋さんもどんな本やったら消費者が買っていくのかを
計算してお商売してはるんやろしね。

紙の本に比べて、年に1~2冊ぐらいしかできない布絵本は
中々すぐにはみなさんの手元には届きませんが、
喜ばれる本にしてコツコツと作り続けていきたいですね。

もしも、布絵本が古本屋に並べてあったら、ちょいおもしろいかもね。

まぁ、まずは本屋さん自体が取らへんやろし。。。!
2008/04/08のBlog
[ 21:47 ]
今回の絵本展でどの作品が人気あるのかを
アンケートで調査しました。

小さい子は布絵本より遊具がいいようですね。

布絵本はちょぴり大きい子、例えば幼稚園から
小学校低学年ぐらいがいいかも。

第1位に輝いたのは“さかなつり”でした。
絵本展開催中、子どもたちの遊び方を見て、
いろんな遊び方があるのも教えてもらいました。 

やはり、子どもたちは遊びの天才、発明家なんや~! 

第2位は“まとあて”でした。

“まとあて”は幅広い年齢から喜ばれる遊具です。

家にもほしい遊具ですね、作ろうかなぁ!!!
2008/04/07のBlog
昨日までのポカポカ陽気から、少し肌寒い雨の今日でした。
そして、学校は始業式なんですね。

6日間の絵本展は本日午後5時をもって終了しました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

4/2~7までの6日間に900人を越える方々が
いずみの作品を見て触って遊んでくださいました。

この雨の中、やはり遠いところから
来てくださる方がいてくださいました。

また、赤ちゃんの時にいずみに母子連れで
来ていた子がお母さんと妹と来てくれて長い時間遊んでくれました。
今年は幼稚園の年長さんになるんですって。

う~~~ん、そんなに大きくなったんか、
そして我々もそんだけ歳をとったんか~!
お片づけの前のささやかなお疲れさん会。
ジュースで乾杯して、片付けの手順を指示していきます。

さっさと片付けて1分でも早く帰りたいみんなは、
めっちゃおりこうさんでした。

また、このために1年前からこつこつと準備をしてきて、
この日を迎えることができたのは皆さんの協力が
あったからこそだと思います。
みなさん、ほんとにほんとにご苦労様でした。
これからもよろしくね。
2008/04/06のBlog
やはり、好天気でみなさんは外へ外へとお出かけのようです。

昼過ぎてから、ぼちぼちと入ってこられました。

こどもは元気ですね、
多分外で遊んできたであろう子どもたちは、
もう一度遊びなおしています。

子どもたちは「おさなかつり」がだ~い好きです。

どれだけ多く釣ったのか競争してます。
スタッフも一緒になって遊びます。
若返りの第1歩ですね。

今日は福山市から7人のお客様がお見えになりました。

みなさん、かなりの高齢者なんですが、とてもしっかりとされています。
若いもんには負けられんという方々ばかり。

こういう方々には、我々の方が刺激を受けます。

お茶を飲んでいただき、ゆっくりとお昼を済ませ,
帰って行かれました。
子どもたちが遊ぶのを見て気づかされることがいっぱい!

2歳ぐらいの子の背の高さを考えていなかったのです。

投げつけることもままならないし、
高さも届きにくい中途半端に設置しているんですね、ダメですねぇ。

明日はキチンと直しておくから、また遊びにきてね
2008/04/05のBlog
いよいよ残すところあと二日になりました。

今日はポカポカ陽気で桜満開、
みなさん外出が多かったようです。

午前中は閑古鳥でした。ひゃぁ~~~!

でも、午後からは客足がグ・グ・グ~イと
伸びて昨日と同じぐらいの来場者数になりました。
今日も懐かしい方々とお会いすることができました。

めっきりとお歳をとられてはおられましたが、
ここに来られるということはお元気な証拠ですね。

ご案内を差し上げた各団体の方々も次から次へと
来てくださいました。

その中で、ある団体の代表の方は、
グループ運営や会員のボランティア活動に対する思いの違いなど
ぽつりぽつりと話されていました。
グループを運営していくうえで、必ずといっていいほどに
ぶつかる壁がでてくるんですね。

そういう時って、みなさんのグループでは
どう解決されているんでしょうか?

やはり徹底的に話合いをされているんでしょうか?

それとも、大きな声に流されて「しゃーないな」で
終わってしまっているのでしょうか?
みんなの思いがギクシャクしたら、
しんどいグループになっちゃいますね。

人が多ければ多いほど、まとめるのはとっても大変だけど
それをきちんとまとめてつなげていく役目の方、
すなわちコーディネーターは必要だと思います。

なんでボランティアグループにコーディネーターがと
思われるかもしれませんが、ひとつの組織として動いていく限り、
船頭役は必要です。

船頭さんはお客を船に乗せ、川のこっちからあっちへと
運んでいきます。
船頭さんがいなければ、お客は向こう岸に
渡れないのと同じで、ボラ活動も全体を見渡して
「何もすることがない」と言う人がないように
お仕事につなげてあげる役目がいるのです。

本来ならば、ボラ活動だから積極的に自分ですることを
考えてくれればいいのですがね。

人それぞれで、得て不得手があるので
仕方ないところがありますけども。

まぁ、あれこれと苦労話などの情報交換?をしながら
旧交を温める一幕もありました。

今日も無事一日が終わりました。とさ
2008/04/04のBlog
3日目の金曜日、今日はちょいお客様が少ないかもねの予想とウラハラに、昨日と同じぐらいの入場者数でした。

毎日、毎日たくさんのご来場ありがとうございます。

昨日は二度来てくれたちびっ子が今日もまた来てくれました。

受付で「また、きちゃったよ~!」の言葉に思わず
「ありがとねぇ~、遊んでってや~」。。。

言葉のキャッチボールができました。うれぴぃなぁ~!!
今回、ご来場くださったみなさんに
アンケートを記入していただいています。

今日を含めた3日間のアンケートから、
みなさんの声をお届けします。

☆どの作品も丁寧に精巧に作られていて感動した。☆

☆手に優しく色彩良く全品気に入りました。☆

☆アイデアがすばらしい☆
☆ケーブルTVで見て一度本物を見たいと思っていました。☆

☆子どもの興味をそそるいい作品ですね。☆

☆見た目の美しさもさることながら、
丈夫さも考えられていて素晴しいと思いました。☆

☆紙の絵本より温かみがあり、取り外しもでき良い本です。☆

☆手づくりの心温まる作品に触れる機会に出会えてうれしいです。☆

☆のこぎりのように固いものを柔らかい素材で表現し音も出るなど、
子どもにとっては目を輝かせるものになると思います。☆
☆ウィンドーのディスプレイがとても良かったです。
ミシン・糸・布のさりげない配置がさすがです。☆

☆子どもたちは“サカナつり”や“まとあて”が楽しいようです。☆

☆全体的にいろんな素材を上手に利用しての作品が
多くとても参考になりました。☆

☆どれもかわいくて布の感触が柔らかく癒されますね。
発想もステキです。☆

☆中央図書館で見かけた絵本がいくつかあり、
また手にとることができ、うれしかったことです。☆

☆企画力に驚きです。材料の使い方、縫い方にびっくり。
刺激になりました。☆
どれもうれしいメッセージをいただいています。
ありがとうございます。

夕方、社協のみなさんが仕事帰りに寄ってくださいました。

日ごろ、忙しく働いておられるみなさんは、
一時的に子どもにかえって(?)“さかなつり”や“まとあて”に
興じておられました。

子どもから大人まで、幅広い方に楽しんでもらえる
作品づくりをしているんだなぁって、改めて思いました。

絵本展2日目です。
この日は第1木曜でいつもなら例会日です。

でも、絵本展開催中のため、9時半から会場で行いました。
10時からは開場しなきゃいけないので、30分間の話合いです。

昨日の反省から生まれたことの話合いと追加連絡の
確認で例会は終わりっ!

こうしている間にも、お客さまが入って来られます。

外からかわいい賑やかな声が聞こえてきたと思ったら、
かわゆい・かわゆいお客様が入って来ました。

近くの企業内保育所のチビッコちゃまたちです。

さっそく、いろんなコーナーに散らばって遊び始めました。

もち、会員たちも一緒に遊びました。
やはり、この絵本や遊具の主は子どもなんですね。

みんな、とっても楽しく遊んでくれていました。

中には、ケンカをするちびっこも。。。

子どもって、片隅や箱物に入るのがだぁ~い好きなんですね。

テントに二人も三人も一度に入っています。
大人もたくさんの方々が来てくださいました。

今日は兵庫さわる絵本連絡協議会時代から
お付合いさせていただいているお客様がど・どっと会場に。

県外からは遠く名古屋から、
県内では明石、神戸、伊丹などからです。

久しぶりにお会いできて、とてもうれしかったです。

中には初めてお会いしたころから、20年ぐらい経っている方もおられます。

月日の流れをつくづくと感じます。
みなさん、熱心に一つひとつ手にとって、
ご自分たちの作っている作品とどう違うのかなど
おしゃべりしながら見ておられました。

作品の傾向は各団体によって違っていて
それぞれの個性があるんですね。

昨年で終わった神戸でのコンクール出品作品を見ていますと
これはあのグループが作りはったもんやなってわかるんですね。

だから余計に他のグループの作品が目新しく感じるのではないでしょうか。

今回はいずみの作品を研究材料にして、いい作品を作ってくだされば
幸いです。