ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ボランティアいずみ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1083件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/04/29のBlog
いい古都チケットで京都へ。

花見小路をぶら~り、ぶらり!

なんとなく人が少ないなぁ。

連休の始まりでみんな海外へ行ったんやろか???
河原町から烏丸へ戻り、
地下鉄と市バスを乗り継いで三十三間堂へ。

ここも、前来た時と違って人が少ないなぁ。

たくさんの観音像がおられる中で、目立ったのは雷神。
その雷神の足の血管が隆々としているのには
お見事というほかない驚き。
今にも動きそうな見事な足やった。

彫り師の手なんだろけど、木であれだけの丸みを出せるなんて
すごいものである。
昨日の土から生まれでた焼き物といい、今日見た木から彫り出された雷神などを
作り出せる人間の技にほんと脱帽というか、ただただ感心するのみや。
三十三間堂から智積院へ。

千利休が愛した庭園とやらを拝見することにした。

ふ~~~ん、こういう庭を千利休は好んだんやな。

木々の緑が様々で、
まるでパッチワークのようできれいんやなぁ。

緑が溢れている中で水の流れる音に耳を澄ませ、
宙を見ているとなんだか無になっていくようだ。
ざわざわとした俗世間のいやごとが消え去っていく。
こんなこともありなんや~。
旅の終わりは長岡天満宮の霧島つつじの真っ赤で閉めよう。

毎年訪れているのだが、ほんとマッカッカなんやで。

ちょうど陽が傾きはじめた時刻でもあったので、
夕陽の赤とつつじの赤でそこらへんがまっかっかやぁ~!

智積院の緑から天満宮の赤へと色の移りざまの激しさに
目がついていってへんところもあったけど、
きれいもんはきれいなんや。

自然界の色の変化をどうしたら布えほんで表すことができるんやろ?
そんな布地に出会うことができるやろうか?
次は布地屋さんにはまってみようかな?
2008/04/28のBlog
[ 23:49 ]
階段から落っこちて、いやというほど体を打ちつけた。

なんでやねん、何を考えてたんや、
ボーっとして足をすべらしたんやろなぁ???

こんなん初めてや、まぁ、だ~れも
ショッチュウ落ちてるわけやないやろしねぇ。。。

それにしてもミジメやなぁ、不覚というか考えられへんことや。

年々弱っていく頭と体に、現実の頭と体がついていってへんわけや。
あ~ぁ、大ショックな出来事やった。

で、それまでにもいろいろあったので、ココロは晴れへん!!

なんとかせんとあかんなぁという思いもあって、
運転には支障ないからちょいドライブへ。

行先というか、ココロ落ち着けるのはどこがええかいなぁと
考えて丹波伝統工芸公園の立杭「陶の郷」に行った。

窯元のほとんどが入っている展示即売場の焼き物横丁で
じっくりと焼き物を見て回る。

見て回ってる内に、心なしかホッとするものが。。。
ホッとするのと同時に物欲が出てきた。

ええ~い、買っちゃえ~!

ってわけで、ほしいと思うものを買ってしまったのであった。

散財や~、まぁ、たまにはええかっ!
次にとなりの館の県立陶芸美術館へと移動。

ちょうど、縄文時代の焼き物の展示をしていた。

歴史って、あんまり好きじゃないジャンルやけど、
この時ばかりは、歴史の重さというか長さというか、
延々と今まで続いてきた人間世界のすごさを感じた。

人間の技ってすごいもんやな、
あんな大昔にこれだけの技術を持って、しかも焼き物として現存してるやんか。

複雑な装飾や紋様の入れ方を見ていると
今よりも技術的に上をいってるような気がした。
各部屋には学芸員であろう人がいた。

思わず、「これってホンマもんですか」って聞いてしまった。

すると、ホンマもんとレプリカがあるということやった。
よー見たけど、どれがホンマもんで、どれがレプリカかはわからへんかった。

ある部屋では、おっちゃんが学芸員をつかまえて
自分の知ってるだけの歴史年表を紐解いて、トウトウと説明していた。

やぁ~な人だねぇ~、聞きたくもねぇーや。
でも学芸員は一生懸命聞いてはった、まさしく傾聴ボランティアや!
お疲れさんどす!

こういう人はさて置いて、いい時を過ごせたなぁ。
大事だね、こういう空間時間を持つということは。
2008/04/24のBlog
今日はボランティア連絡協議会(V連)の総会でした。

今日のような総会は今までに経験したことのない総会でした。
へぇ~、ソーカイ!な~んちゃってねぇ。

今年、V連は25周年になります。
20周年の時は冊子作成やイベントを行いました。

で、25年はどうするかを3月の最後の代表者会議で
宿題として各グループが持ち帰り、「する」か「しない」を総会で
結論を出すことになっていました。

それなのに・それなのに、それを決めないまでに、
予算書には25周年の費用を組み入れたものを作成し資料に入れていたのです。

そーんなバカなことってあるのかしら???

しかも、一般会計の中に入れてあるんです。
こういうのは、特別会計として一般会計と分けて2本立てで
するもんと思ってたんですがね。

それと、なんで予めこの費用を入れ込んだものを予算案として総会資料に入れてるんやろか。

これは25周年記念を「する」ということを前提としてるわけやん。
そんなおかしいことしたらあきまへんがな。

ブーイングが起こるのは当たり前ですわ。

なんとも運営の拙さには、
こちらが恥ずかしい思いをしましたね。
もう少し、しっかりして~なぁ!

なんでこんなことが起こるんやろか。
すべてが決め込み・思い込みから始まってるんやないやろか。

おそらくこれでいけるやろ、各グループはなぁ~も
言わへんやろと高をくくってたんとちゃいますかいな。

別にケンカする気はおへんけど、きちんと筋は通さなあきまへんで。
エエ加減なことは許しまへん。

なんかしら、危うい発進になったけど、加入グループみんなで
V連の動きを道から反れんようにしっかりと見守っていかなあきまへんなぁ。

みんなのV連やで、
役員が好き勝手に運営したらええV連やおへんで。
しっかりとみんなでサポートしまひょ!
2008/04/23のBlog
電車に乗って車外の景色と車内の人間ウォッチング開始。

まず、外から。

山々が初々しい緑色になってきた。

ところどころ桜かな?ピンク色になっている。
突如、桜餅が浮かんできた。
どこかの公園やろうね、藤棚の藤が咲き始めている。

ハナミズキも白やピンクの花をいっぱいつけている。

春なんや~!いろんな花がきれいな春なんや~!!

次に車内に目を移す。

車内広告に目をやると、ゴルフの大会なんでしょうね、
ハニカミ王子の石川遼さんが出場と書いてある。

目を凝らしてよ~く見るとその横に小さく予定と入っていた。
ということは、予定は未定にして決定にあらずなんや~!
ふと斜め前の座席に目をやると、
いたいた、化粧に真っ最中の女の子が。

結構揺れているのに、上手に眉を画いているんやなぁ~。
でも、もうちょっと早く起きて家でしておいでね。

だ~れも、あんたのビフォー・アフターは見たくないもんね。

ケータイも相変わらず開けて何かしてるんやね。
マナーやルールって何のためにあるんやろか。
そんなことを考えてるうちに、駅に着いたのだが、
電車がホームに入ってないのに、立ち上がる人がいる。

電車が止まってドアが開くと同時に飛び出していく人がいる。
そんなに急いでどこに行く???

みんなが出るまでゆっくりと座って人の流れを見ていたら、
乗る人が入ってきたので、あわてて電車から降りた。

17分ほどの乗車時間であったけど、
結構退屈せずに乗っていられるもんやなぁ!
2008/04/22のBlog
[ 22:11 ]
駅に行く途中に公立の幼稚園があります。

我が家の子どもたちがお世話になった園です。

上の子でいきなりPTAの役に当たり、
下の子を連れて通った園でもあります。

二人とも1年間の幼稚園生活でしたが、何年か前からでしょうか、
2年保育になっているんですね。
それと遊具がやはり子どもたちの時と比べると
いろんなものがありますね。

一番びっくりしたのは自転車が数台あって
園児たちが乗っていたことでした。

我が家の子どもたちの時は、三輪車があったことを記憶していますが、
自転車まではなかったような気がします。

時代がちゃうねんなぁ!って感じること・感じること。
今日のような晴れた日にお日様をいっぱい浴びながら
元気よく園庭で遊ぶ園児たちを見て子どもってこうでなくっちゃ~と
にぎやかでもあり、うるさくでもある歓声を背に駅に急ぎました。

これからはプールの季節になっていきます。

この時は一層にぎやかな声が聞こえてくることでしょうね。

みんな元気で大きくなぁ~れ!
2008/04/17のBlog
[ 23:46 ]
今日はいずみの総会でした。

議事は粛々と進み、新年度の役割担当、活動計画、予算も
み~んな承認OK!

もち、決算については監事がきっちり・かっちり報告書に
穴があくほど見つめ、領収書とつき合わせ監査しましたんです。
めっちゃ、これもOKよ!

活動報告については、
「よーくこんだけ活動したねぇ~」っていう感慨深げなみんなの感想でした。
絵本展での結果を早速、いずみだよりに掲載しました。

これで、年2回発行のいずみだよりのうち、1回が終わりました。
ひとつ仕事が減りました~っ!

お昼は、絵本展のミニお疲れさん会も兼ねて楽しい昼食会。

この絵本展のために、会員たちは4年ほど前から
少しずつ・少しずつ積み立てをし、
バザーで荒稼ぎもし(ほんまはちゃいますで!)、
助成金申請もし、資金を貯めてきました。
ボランティア活動の形態はグループによって様々です。

ボランティア活動って、暗くて運営資金が少なくって
影のような存在だと思っておられる方がおられるようですね。

いずみのように今回会場を借りて絵本展をしているのを見て
「ボランティアなのに金持ってるんや、派手やな、
ボランティア活動には似つかわしい」っていうようなお言葉を
開催中にいただいたそうです。

見た目で判断してほしくありません。
いずみの活動は、みなさんに作品を見て触ってもらうということを
啓発していかなければ、意味のない活動になってしまいます。

それと、子どもの遊びに耐える丈夫できれいな作り方を
しなければなりません。

会員それぞれ“すご腕”の持ち主ばかりです。
プロでも通用する方が何人もいます。

そんな中での作品づくりはきれいで丈夫なものになって当たり前なんです。
ここに至る経緯を知らないで、
無責任な発言はやめておくれやす。
贅沢三昧なことしてるわけやあらしまへんで。
日々、爪に火をともすような運営の中で、
みんなの汗と涙の努力の結果、できましたんや。

いろんな考え方をされる方がいていいんですが、
こんな捉え方をされるなんて思ってもみなかったことです。

まぁ、よろしおす、めっちゃ、むかつくけど、
いずみはいずみのやり方がありますよってに。

褒めてなんて言いません、けど、不必要な発言は控えてくださいね、
こころの寂しい人なんでしょうねぇ。。。。。
2008/04/14のBlog
[ 11:25 ]
ここまで来るのに何時間かかったことでしょうか。

仁和寺の御室の桜を見に行こうとしたけれど、車が動かない。

故障ではなく、前に進めないんです。

1車線ずつの道路に仁和寺のパーキングに
入ろうとする車が福王子付近から並んでいて動かないんです。
でも、それが何のために渋滞しているのか訳わからずで
仁和寺の前で判明、もういいやと入らずに横目で睨みながら
次へと移動しました。

それを通り過ごすと、スイスイと走れて、上賀茂神社で休憩。

ここでは、斎王桜という名の枝垂桜が見事に咲いていました。
しばし、あの渋滞?停滞?はなんやったんやろうという
いや~な思いが吹っ飛びました。

やはり、きれいなものはきれいですねぇ!
次は鞍馬へと移動。

ここはあまり人がいなくて、ほどよい旅気分を
味わえた処でした。

天気予報はよく当たるもので、鞍馬を出る頃はポツリポツリと
空から落ちてきます。

今日の予定はこれにて終了ということで、帰路へ。
帰り道をどこから帰ろうか、衣かけの道を行こうか、
もう渋滞はしてへんやろから、仁和寺のパーキングが空いてたら
入ろうかと勝手な想像をしながら、元来た道へ。

とっても甘~い考えでしたね、まだまだ渋滞は続いていました。

またまた、それを横目で睨みながら帰ってきました。
あ~~~、しんどかった!