ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ボランティアいずみ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1045件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/06/26のBlog
昨年まで神戸であった「手づくり絵本コンクール」がなくなり、
作り手としてもチョイ作る励みがダウンぎみであった。

が・が、今年から始まるコンクールの情報を得て、
早速応募しなければと一致団結のもと取り掛かっている。

募集先は山口県下松市立図書館だ。
遠いけれど、募集作品の規定からはずれていない。

それと、私たちの作品がどういう評価をされるのか、
また、全国から集まった作品がどんなものかを知りたいなぁ!
作るものは、既製のものからでなく、いずみの独創性のある
本当に世界で1冊しかない布絵本だ。

募集期間が8月1日~8月31日までだけど、例会が月2回なので
急がねば間に合わない。

それぞれ分担して、まずは見本から作っている。
絵本の内容はここではひ・み・つ!
でも、とってもかわいい絵本になる予定だ。

前回の例会では、すぐに布地選びに始まった。
あ~や、こ~やと言いながら、ほぼこれに近いものでええんとちゃうと
納得しながら決めていく。

それを使ってのサンプル品作り。
私も1ページ担当し、帰宅後夜なべして作ったが、我ながらよーできたと自画自賛。
自分のものにしたいくらいやなぁ~!だって、かわいいもん!!

ちょうど孫が遊びに来ていてそのサンプル品を見せたら、
かわいいお口を開けて食べようとしたので、「だめっ!」って取り上げてしまったという1コマもあった。
例会だけでは、とっても間に合わないだろうから、
例会の合間・合間に何回か集まることになるだろう。

予定外だけど、そこはみんなボランティア、
自分の予定とにらめっこしながら協力してくれることでしょう。

ひとつのアイデアから生まれてくる布絵本、ぬくもりのあるステキな作品になぁ~れ!

なんとしても締め切りまでに間に合わせるぞぅ~~~
2008/06/21のBlog
[ 15:24 ]
紙の絵本を基に布絵本に仕立てた「ひみつのあめだま」が
与論島から帰ってきました。

与論島にはこの「ひみつのあめだま」の
原作本「にこにこえがおになぁれ」の
作者 よしだあきなさんが住んでおられます。

あきなさんの知人で川西でボランティア活動をされている方が
ぜひこの布絵本をご本人に見せてあげたいというつよい希望で
与論島行きが決まりました。

そして、先日の例会に絵本返却とお礼ということでやってこられました。
与論島での布絵本の活躍話しをたくさん聞かせてもらいました。
あきなさんを始めとする島の方々は、布絵本を見るのは初めてで、
とても感激されていたとか。

この話題が島中に広がったらしく、教育委員会までが
乗ってこられたとのことでした。

島には小学校が3校あるそうです。
ここの子どもたちに、ぜひ見せたい、触らせたいとのご希望があるので
また貸してもらえないかとの依頼も持ってこられました。

いずみとしては、先ずは地域優先ですが、全国どこでもご希望があれば
貸し出しています。
ましてや、見たこともないというところへは普及の意味もあって、
すぐに貸し出しOKという結論に至りました。
また、折角ですからもう2~3冊持って行ってもらって、
いずみ本来の布絵本を見てもらおうということも決まりました。

この「ひみつのあめだま」は原作本があります。
原作本があるということは著作権の問題で作者に許可を
とらなければいけません。
今回は知人を通してすぐに許可がおりましたが、
いつもはそうではありません。

いずみでは、その許可を取るのが面倒だからではなく、
趣旨としている障がいをもつ子ももたない子も一緒に遊べる本や
機能回復訓練や生活訓練を遊びを交えて、楽しく訓練できるように
作っている絵本は独創性の本になってしまうのです。
そういう布絵本をひとりでも多くの方に知ってもらいたいのが、
いずみの願いでもあります。

再び、遠いところへ行くことになった布絵本、場所が場所だけに
会員みんなは一緒に行きたぁ~いの叫び声!

いずみの与論島支部ができたら「ばんざぁ~~~い!!!」
2008/06/18のBlog
いよいよ夏日の中でのお散歩だぁ!汗をふきふき歩く。

梅雨の晴れ間がうれしいなぁ!

今日も元気にコースの通りにスタスタと歩いていく。

おばちゃんボラはY君の長い足と早歩きについて行けず
小走りで後を追う。
6名のボランティアがシフトを組んで、月2回月曜日に
Y君の昼食後の見守り介助をしている。

お散歩が大好きなY君、ペットボトル持参で歩く。
休憩する場所も決まっている。

頭の中に時計があるごとく、時間調節をキチンとしている。
ここで折り返して帰る時間だぞと言わんばかりに立ち上がる。
歩きながら、自動販売機のジュースを指差す。
それ見て、「コーラだね!」、「ジンジャエールや!」と
おばちゃんはY君に応える。

また、ケーキ屋さんの側を通るとメニューを指差す。
「おいしそうやなぁ、今度お母さんに買ってもらいや」と立ち止まらないようにする。

そんな時、Y君は「ふふっ」って笑う。
わかってるよ~って言ってるんだよね、きっと

帰りのコースにトイレが含まれるというよりは含んでしまった。
水遊びが大好きなY君、用を足したあと、しばしの水遊びに没頭する。

ダメだよって注意しても、ある程度納得するまで止めない。
これはこれからの見守り介助の課題でもある 

それと、もっとこの介助に協力してくれるボランティアがいないかなぁ。
ボランティア情報紙などにも載せて募集しているのだが、
なかなか集まらない。

Y君はお話はできないけど、こちらの言うことはわかってくれる。

短い時間を少しでも楽しく過ごせるように、たくさんの協力者が
いてくれたら、Y君の昼休みが楽しい時間になるのになぁ。

2008/06/13のBlog
ボランティア活動センターとボランティア連絡協議会が
共同発行しているボランティア情報紙「にじ」の編集会議に参加。

この情報紙は来年の1月1日には100号になる。
ここまでの年数は実に17年にもなる。

記憶が正しければ平成3年4月が創刊号だったように思う。
初めのうちは年2回の発行だった。
それがいつの頃からか2ヶ月に1回の発行になってしまった。

ボラセンのコーディネーターから情報はスピーディーで
タイムリーでなきゃ意味がないというようなことを言われたからである。 
情報紙作りなんて初めてなものだから、
何をどうすればいいのかわからなかった。
旧新聞記者だった人に紙面づくりをおそわり、取材やレイアウト、
校正などおそるおそるやっていたのが懐かしい。

この情報紙を作るのに、いままでに何人のボランティアが
関わってきたのだろうか。

阪神淡路大震災の時も、その協力をしながら、特集号も作った。
みんなのこうしなければの気持ちがいっぱい詰まった記事になった。

それからも13年も経ってしまっている。
今は97号目を編集中、奇数月に発行なので、編集会議は偶数月になる。
最初のころは各自のワープロで記事を作り、
イラストは切り貼りしレイアウト、校正して印刷するという
今で言うアナログなことをしていた。

今ではパソコンで記事を作成し、イラストもパソコンの中で
貼り付けてしまうからとても楽である。

しかし、最後のチェックは人間の目で確認する。
何度も何度も確認しているのだが、刷り上ってから
「あっ!」ということが何度かあった。
あってはいけないことなのだが、あってしまった。

昨年は少ししか関われなかったが、今年はもう少し増やそうかと。
この情報紙作りに関わってきたお陰で、他で活動している団体の
情報紙作りに大いに役立っている。

100号までおつきあいできたら、感動ものになるかもしれない。
だから、来年の1月1日発行100号をお楽しみに。 
もち、今編集中の「にじ」もよろしく
2008/06/08のBlog
昨夜から明け方にかけてが降ったので、
今日はどこも行かずに家で過ごす予定にしてましてん。

そやけど、外を見れば空、お陽さんも出てきてるし、
この間、花しょうぶを見損なったから、秘密の場所に行こうと
出かけましてん。

もう、2~3年は訪れてなかったけど、
まっさかのまさかやんか~、花しょうぶ園があらしませんねん。
伊丹市の保養施設を閉鎖しはったことは聞いてましたけど、
一緒に花しょうぶ園も止めはったとのこと。
そこは、知ってる人は知ってるけど、
知らん人は知らんという場所でしてん。
広いとは言われへんけど、とてもきれいに咲かせてはりました。
とても残念です。

けど、諸事情があってんやろねぇ、仕方おへん。
よっしゃ、気分直しに県立有馬富士公園へと行き先変更!

久しぶりの公園でしてんけど、新しく子ども向けのものも
できたとのことで、かわゆい孫のために「じぃじとばぁば」が下見に。。。

2枚目の写真は「やまぼうし」どす。
昨日の雨に洗われて、緑がヒトキワきれいな緑に変身。
公園内の木々も生き生きし、まだ早いのにと感じたけどセミの
鳴き声もしっかりと聞きました、空耳やおへんでぇ。

池ではグォ~ン・グォ~ンと不気味な鳴き声も聞こえてきます。
ジャボーンという水音で池の中を見ると、どでかいカエルが
プワ~ッと浮いておりますねん。ウシガエルやろうねぇ。

花しょうぶはまたまた見損なったけど、森林浴とメタボ抑止の
ちょいウォーキングができたいい日曜日でおました。
2008/06/03のBlog
梅雨前のええ天気な日曜日や~。

家に居るのももったいないしということで
滋賀の方へドライブへ。

このごろの道の駅はユニークなところが多いので
道の駅ツアーをすることに。。。

それプラス、なんと言ってもドライブやから景色のええ所をね!
しかしながら、6月1日のガソリンは
前日から一気に20円以上の値上がりやん、びっくり・がっくり!

前日たまたま、ガソリンが半分ぐらいしかなかったので、
満タンにしようとスタンドに行ったのはよかったんやけど。

走っていて目につくスタンドのガソリンの値段、
175円ぐらいはしてるんやねぇ~。

これからは車を乗るのを控えようかなとも思いつつも
買い物の量や活動時の荷物のことを考えると、やっぱ車でないと
やってかれへんわぁ!!!
それにしても道の駅ではいろんな地域特産物を売っている。
買いたいなぁと横目で見てるんやけど、
まだいろいろと寄り道していくから、帰るまでもつやろか、
この暑さにとのことで目に焼きつけるのみにした。

最後に立ち寄ったところに花しょうぶ園があった。
まだ2分咲きということで入場券の再発行をもらいましてん。

6月の15日ごろがきれいに咲いてるからまた来てくださいと
受付の人は言いはったけど、ガソリン代のことを思うと行かれへんわ。

それでもきれいに咲いてましたで花しょうぶ!
満開の花しょうぶを愛でるのは近くのしょうぶ園で満足することにしますぅ。
2008/05/26のBlog
JR京都駅ビル内伊勢丹7階の美術館「えき」KYOTO

スイスの画家 アルべール・アンカー 日本初の回顧展

6月22日までは会期中無休

めっちゃよろしいでっせ。
絵画ってわかってるのに、まるで写真のようですねん。

スポットライトの当たり具合で髪の毛の1本1本が浮き出て、
キラキラと本物のように輝いて、ほんま美しいそのものですねん。

まつげもほんと1本1本丁寧に描いてますねんなぁ。

今にも動きそうな感じがしましてん。
展示のほとんどが人物で子どもがモデルですねん。

表情がこれまたかわゆい・かわゆい

写真右の女の子二人が遊んでいるのは、“あやとり”なんやで。

外国でも“あやとり”ってありますねんなぁ。
会場を何回も往復して納得するまで観ましてん。

ガードマンがウロウロしてたけど、長いことこっちも
ウロウロしてたから怪しまれたんやろか、そ~んなバカな。

観終わっても、もったいないから何回でも観ましてん。

記念に自分のためにカードミラーを買いましてん。