ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ボランティアいずみ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1045件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/10/21のBlog
毎月第3金曜日はボランティア連絡協議会の
代表者会議がある

新施設移転に伴う活動拠点の環境整備について
市や社協と3年越しで話し合ってきた

その3年前からV連会長は同じ人が継続して
担当してくれた

そのお疲れ様と感謝の思いで、新事務所開きに
テープカットをしようねという約束をしていた
その約束をやっと果たすことができた

またこの日は研修会と交流会も兼ねていて
ハードスケジュールの中で行なった

研修会では「自閉症の僕が飛びはねる理由」の
DVD鑑賞

内容は著者東田直樹さんの本を読んだイギリスの
作家 ディビット・ミッチェルさんが彼自身の
自閉症の息子に向き合えないことに苛立ちを
募らせていた時に偶然にも出会ったことから始まる

この本を読んで息子の気持ちに寄り添えるように
なったとのこと
ミッチェルさんはこの本をいろんな言葉で
翻訳し、その結果、世界中に広まっていった

この本に出会った自閉症の子がいる親達は
子どもの伝えようとする動作やしぐさに
理解を示すようになり、親子関係も
以前とは違い、いい関係作りを築けているらしい

このDVDは3回目だが観る度にハッと気付かされる
ことがある

いずみも障がい者児の援助活動をしているが
サポートしていても中々うまくいかない

毎日一緒に行動しているわけではなく
行事ごとだから余計に難しい

何が怖いですかの質問に
東田さんは言う「人の視線が怖い」と

この言葉にハッとする

何気なく見てるつもりが、相手方には
迷惑な視線を投げかけているのかもしれない

気をつけなければいけないね

このDVDを見終えて地域の人たちにも
ぜひ観せたいので貸して欲しいと二人から
声をかけられた

障がい者差別解消法が施行されて2年が過ぎ
実際にこれが生かされているのだろうか

今後もボランティア活動を続けていく上で
注視していく必要があるだろうな
いつの間にか10月も終わりになってきたね

時間があるようでないようで毎日が忙しい

だからしっかりとブログも書けないのよ

それでっと「ボランティア情報にじ」の
校正も終わり、印刷されているはず

いずみも引越しから少しは落ち着き
貸出しが始まりだした

それと定期講座も終わった

今年は昨年よりも少しだけ受講生が
多かったし、入会希望者もいた

入会希望の理由はって聞くと
とってもいい雰囲気だからだって

講座をしている傍で担当者以外は
作品を作っている

黙々と作っているわけでなくペチャクチャと
おしゃべりしながらも手元は針や鋏、アイロンなどで
それぞれの作業をしているのでその様子がしっかりと
みることができるからね
講座の終わりは紅茶を飲みながら
活動の説明や雑談などしながら
それとなく入会を勧めるのだ

全員が入会されるとエエねんけど
それぞれに都合があるらしい

でもやっぱり活動に参加したいと
思ったときに来てくだされば
うれしいなぁ
2018/10/07のBlog
10月初めからの活動は新施設

新しいから何もかもきれいねんけどねぇ

利用すればするほどボロが出てくるなんて
一体どういうことなのかなぁ

福祉棟と銘打った施設なのだが…

以前、最終説明会の時にいろいろと
質問したけど、福祉のことはわからないと
言った職員の言葉が改めて証明されている
その一つに障がい者用トイレだ

不思議だなと思ったのはおむつ交換ベッド
1階は大人用のサイズだけど2階は赤ちゃん用

ええ~何でやねん

大は小を兼ねるって言葉知らんのんかな

各階大人用の交換ベッドを設置すればエエやん

2階で利用したい人がいても
わざわざ1階に行かないとアカンやん
これはおかしいのですぐに社協に伝えた

そして外周りの通路に晴天の時は見難い
段差のある洗い場がある

この段差に気がつかず、一人の会員が
転倒してしまった

段差に色がついているとか、囲いをしているとかで
あれば気がついたのに

ここはいろんな人が歩く通路、老人もいれば
小さい子どももいる
この段差に気がつかず、転倒が続けば
市としても責任問題である

福祉棟ならば福祉を所管する部はチェック
したのだろうか

やはりこれも名前ばかりのものかもしれない

公設民営が始まったばかりだけど
いろいろと問題が起きている

2階には「ふれあい歯科診療所」があり
高齢の方や施設入居の方が利用している



先日も高齢者と付き添いの方がエレベターから
出ようとしているのだが、高齢者の一歩が踏み出せず
といってエレベーターの扉が閉まりそうなので
ボタンを押し続けなきゃいけない場面に遭遇した

で、ボタンを代わりに押し続けて、その方々は
やっとフロアーに出られた

エレベターの延長ボタンがないのだ
これも福祉棟の中の出来事だ

ふぅ~ってため息ばかり
当分は重箱の隅をつっつくかもしれないなぁ
2018/09/27のBlog
今日は朝から引越し荷物の
片づけをしにキセラ川西プラザに
行ってきました

ここは文化棟と福祉棟の二つの建物が
くっついている複合施設です

今日で三回目だけど迷う迷う
まず駐車場から福祉棟へ向かうけど
入り口がどこかわかんな~~~い

間違えて文化棟に入ってウロウロ

ここはチャウ・チャウ!
やはりウロウロしていた顔馴染みの
ボラと出会って一緒に福祉棟へ

今度から利用する場所は2階
そこにはV連事務室、器材庫など
コンパクトにまとめて造られている

器材庫は狭いが以前のいずみの
ラックはL字型がI 型に変わっている

お片づけといっても収納ケースの
テープをはずし、順番通りにケースを
上にしたり下にしたりと整理するだけで済んだ


後はV連事務室でお茶を飲みながら雑談

でもまだまだ未完成なところが多く
ボラ活動で一日中利用する場合の
駐車券の発行が3時間単位でしか
できなくて、3時間おきに出たり入ったり
しなければいけないそうだ

なんやこれっ、おかしいんじゃない
未だにそういうことが不明だなんて

市も管理会社もエエ加減やなぁ!
駐車場に関して面白いところは
キセラ川西プラザがオープンするまでは
無料で誰でもが置くことができた

本当は体育館やふれあいプラザ
利用者限定だった

だが、人から人へと伝わって
関係ない人までが置いて
能勢口や大阪など出かけていたとも

しかし、オープンした途端、駐車台数が
激減しているのには笑ったねぇ
みなさん、しっかりとしてはるわ

あの満車状態だったのは何だったんでしょうか

兎にも角にも、何らかの行事がない限りは
ス~ッと車は置けそうやね

いよいよ10月からの例会は新施設でします

新しいから気持ちはエエけど、また迷子に
なる人が出そうです、用心・用心!
川西市は南北に細長く
タツノオトシゴの形をしています

その頭部分にあたる最北端の黒川地区に
ダリア園があります

昨日、ちょっとの晴れ間をみっけて
ダリア園に写真撮影しに行きました

朝早かったので人が少なくて写真も
撮りほうだいでした

でも、時期的にちょっと早いのか
ツボミが多く、満開ではなかったですね
ダリア以外の花々も咲いていて
かわいいかった~

ゆっくりと周って写真を撮って
友だちにはラインで送ってと楽しみました

晴れ間がどんどんと広がって
見学者が増えていきます

以前はなかったことのにと驚いたのは
このダリア園にもアジアからの外国人が
見学に来ていたことです
ひぇーーー!ここまでも来ちゃうのか
でもどうやって知ったんだろうか

多分ネットでしょうね

花を触って園の人に注意されていたけど
見方が違うんだね

でも交通機関が不便な場所なので
まっさかこんな所まで外国人が
と思っていたけどね

まぁ、とにかく観光スポットが少ない川西市
遠い所へようこそ
季節限定のダリア園だけど
満開になればもっともっときれいです

どうぞみなさん、おこしやす~!
2018/09/22のBlog
[ 17:45 ]
昨日から降りだした雨が止んだと
喜んでいたのですが…

朝6時過ぎは青空も見えていたのに
急に重々しい空に急変し
とうとう雨が降りだしたんです

ええ~っ!?
運動会やん、雨降らんといてほしいわ

昨夜はてるてる坊主を作り
その写真を孫に送ったのに

ばぁばの力及ばずか???
娘に問い合わせると7時30分の
時点で決定するとのこと

京都やし途中で止むかもしれないしと出発しました

降ったり止んだりの繰り返しで学校からの
最終判断は1時間延長の10時から実施と
いうことでした

開会式が始まる頃は、すっかりエエお天気で
日差しのきついこときついこと



一眼レフカメラを覗き孫を探し、写すけど
中々思うように撮れません

でも力いっぱい走りもダンスもこなした孫
とっても大きくなりました

ばぁばのてるてる坊主の力が発揮できて
よかったわ~~~!

来週は近かくに住む幼稚園の孫の運動会

あ~いそがし・いそがし!

2018/09/21のBlog
昨日はふれプラ最後の例会でした

午前中はなんやかやと話し合いで終わり
午後からは引越し準備です

22日土曜が社協の引越しなので
この部屋を使うグループはもうないとのこと

荷物の多いいずみはこの部屋に
集約しておいてとボラセンからのお達しでした



ほとんどのものが収納ケースなので
ラベル張りとケースが開かないように
テープでグルグル巻きをしました

ミシンは会員が持ち帰ることに

それにしてもケース数50ケ弱
なんと多いのでしょうか
でも、不用なものはありません





特に布絵本は小さな所にちょい要ることも
多く、またそれに見合う布地を探し回ることも

ですから、多種の布地を必要をするのです

他にもファスナーやボタン、押し笛など
絵本や遊具に入れ込む材料も
在庫として抱えて置かなければ
いざという時に間に合いません

だから荷物が増えていくのです
時々、処分はするのですがねぇ~
それにしても、荷物をまとめると圧巻ですね

いずみは荷物が多いと他グループから
イヤミ的なお言葉を頂戴します

でも仕方ないもんね
アンタがいずみに入ったらよくわかるよって
言いたいね

この片付けは27日にします

この日は例会日ではないので
出られる人だけが出て片付けます
早くスッキリして活動したいですね