ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ボランティアいずみ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1085件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/12/22のBlog
もう1本の映画は「グリーンブック」でした。

この映画は実話をもとにして
第91回アカデミー作品賞を受賞しました。

1960年代のアメリカ南部を舞台に
黒人天才ピアニストと雇われた白人の運転手兼用心棒が
「グリーンブック」という黒人専用旅行ガイドブックを
手にしながら旅をしていきます。

この時代のアメリカ南部は人種差別が
ひどい時代だったようです。
リンカーン大統領が奴隷解放宣言をしてから
100年も経つのにアメリカ南部では旧態依然の
人種差別が行われていたようです。

天才ピアニストとしては有名で、富裕層の白人や
ホテルから招かれて演奏しに行くのに
その会場で白人が利用しているレストランや
トイレは一切使えない。
泊まるホテルも決められている。

でもピアニストはそれを承知で演奏会の旅を続ける。
しかも「グリーンブック」という黒人専用のホテルや
レストランが掲載されている旅の本を見ながら。

実話をもとにというのだから、この年代では本当に
ひどい扱いをされてきたのでしょうね。

この二人が行く先々でいろんなことが起こり
言い争いや対立したりしながらも
なんとか8週間かかる演奏会を無事終えるまでの
心の変化を見事に表現していました。

今の時代も人種だけではなく
いろんな差別はなくなっていません。

差別はいけないと頭ではわかっていながらも
どこかでどういう形かわからないけどしてしまっている
時があるのではないでしょうか。
人種や性別、貧困、いじめ等々生きづらい社会から
少しでも生きやすい社会になるにはどうしたらいいのかを
自分なりに考えてみたいと思います。
川西市では毎年人権週間(12/4~10)中に映画を
2本上映しています。
今年は「こどもしょくどう」と「グリーンブック」でした。

「こどもしょくどう」は今全国に広がっている子ども食堂の
原点とも言える映画でした。

映画のチラシには『子ども食堂が必要とされる現代社会を
子どもの視点から描いた物語』とあります。

まさしくその通りで出演していた子役たちの演技が
すばらしかったです。
親に捨てられて行き場を失い、食べるものもない姉妹を
親が食堂経営している店の子どもが
いじめられている同級生とこの姉妹を家に連れて帰り
ご飯を食べさすのが始まりです。

かつては、姉妹は両親と旅行に行ったり
家での楽しい暮らしがあったのに
今は180度違った生活を余儀なくされてしまった。

この姉妹には何の罪もないのに、多分親の仕事に
何らかがあって逃げなければいけなかったのでしょうね。

また想像ですが、多分両親は離婚しているのでしょうが
子ども達は知らされていなかった。
父子が車上生活しながら子ども達に食べ物を
万引きさせる。
挙句の果ては、高校生たちが車をぶっ壊しているのを見て
そこから逃げ出して行方をくらましてしまう。

なんという親でしょうか、信じられな~い!!

そういう現場と姉妹をいつもつかず離れず
そ~っと見守ってきた食堂の息子は姉妹を連れ帰り
ご飯を食べさせ泊まらせようとする。

最終、息子の両親は公的機関へ通報し
姉妹は児童相談所か養護施設の職員に引き取られていく。
ラストシーンは乗せられた車窓から見えた
虹色の雲はかつて姉妹の両親と見た雲だった。
それを思い出して姉妹は「お母さ~ん」と幾度も叫ぶ。

この場面であちこちの客席からはすすり泣きの声が
漏れてきていました。
会場の灯りが点く前に自分の涙や鼻水も拭き取らねばと
慌ててハンカチを探す始末。

貧困な生活を強いられる子どもや家族がなくならない限り
「子ども食堂」ってなくならないんでしょうね。

はぁ~~って何ともいえない大きなため息を吐いちゃいました。
2019/12/03のBlog
今回は「8050 (はちまるごうまる) 問題」です
「8020運動」のことではありません
「8020運動」は「歯」を80歳で20本残すという運動です

「8050問題」は、ひきこもりが長期化し親子共に
高齢化する中で親が80歳代・子どもが50歳代の
家族が社会から孤立し生活困窮する問題のことです

3回講座のうち1回目は欠席、2・3回は出席しました
1回目の講師はこのひきこもりを福祉や教育・精神ではなく
人権として取り上げてくれたことがうれしかったという感想を
述べられたそうです

親亡き後の葬式をしなかったり、出せなかったり
また死亡したことを隠して親の年金で生活する人
も多いのも事実です

長年、引きこもっている人は収入がありません

親が生きている間は年金でなんとか生活ができますが
親亡き後はたちまち収入源はなくなります
ましてや人中に出て行き働く場はないのですから

福祉をうたう市役所すら気づかない福祉のハザマに
落ち込んだ人を誰がみつけて人並みの生活ができるように
手助けするのかが一番問われているところなのでは
そういうハザマに落ち込む前に、地域の人からの
いろんな情報を基に丁寧な対応と根気強い意思で
ひきこもりから脱出させようと取り組んでいる方々がおられます

みんな好きでひきこりになっているわけではありません
何らかの原因があり、それが引き金となって
長年のひきこもりになってしまったという方々が多いのです

宝塚市在住でひきこもっている方の家族の方が
いろんなことを模索し多くの方の協力やがんばりで
いろんな所でひきこもっていた方々が社会参加しやすい
講座を組んだり、交流の居場所作りを提供されたりと
奮闘されています
また、豊中市社会福祉協議会の職員さんが民生委員や
市役所などと連携しつつ、ひきこもりの方々を訪問し
社会復帰させようと努力されている話も聴きました
みなさん、それぞれにきめ細かいケアをされています

「8050」のあとには「7040」という問題が控えています
他人事ではない身近な問題として考えなければいけないことですね

ひきこもりは限られた人だけがなるのではありません
いじめや人間関係など、いつどこでどんなことが原因で
ひきこもってしまうかもわからないのが現状です


今、個人情報という壁がこれらの問題を
より深刻化しているともいわれます
情報を得ること自体難しく、直接訪問しても中々会うことを
拒否されることが多いそうです
確かに個人情報は守られなければいけないものですが
死と隣り合わせになってしまっては意味のないものです
また今はネット活用でのやりとりもしているそうで
これなら両者が情報交換しながら社会参加を
促すこともできるとも話されていました

50歳代のひきこもりの方がもっと高齢者になった時
一体どうなっているのでしょうか
親はすでに亡くなり、ますますの生活困窮を
強いられているかもしれません

こういう事がないように、またならないように
社会全体で見守っていく必要があるのではないでしょうか
そのためには、縦割りではなく行政や団体、民間など
横に連携しながら支援する仕組みを早急に考えてほしいものです

もうすでに考えているのなら、一日も早く実現できますように!!
2019/11/29のBlog
来年1月1日発行の「にじ」を出稿しました

まだ11月なのにねぇ

12月は印刷会社も年末休みのため
早く印刷するので急ぐわけです

何かしら、早く・早くって背中から
声を浴びせかけられているような気が…

子どもが小さい頃、やはり早く早くっていう
言葉をふりかけていたなぁ
もうその子たちは40歳前後のおばちゃんと
おっちゃんになってしまったけれど

とにかく一年経つのは早いです

12月も末になると正月の準備ですね

我が家は10人分のお節料理を
ばぁば一人で悪戦苦闘しながら作ります

1日若しくは2日に娘・息子家族が集まり
これでもかって作ったお節をきれいに
食べてくれます
空の重箱は早々に片付けられるのでホッ!
そしてこの後、じぃじ・ばぁばの正月が始まります

ここいらで「にじ」の話に戻ります

校正日は12月に入ってからですが
同日に3月号の掲載記事のダンドリをします
これが終わると来年まで編集員会はありません

編集員のみなさん、お疲れ様でした
2019/11/18のBlog
何か役立つかもと集めていたペットボトルの
キャップ

スーパーの袋にギッシリとなってしまいました

一時は針山をたくさんたくさん作りました

でもバザーに出すわけでもなく
ただ今、家で冬眠中
孫の工作にも使えるかなとキャップや
ラップの芯なども集めてはいたのですが

袋に入れてはいるが結構なお荷物でもあります

キャップがすぐにたまるということは
それだけペットボトルを購入し飲んでいると
いうことなんですね

さてさて、ではたまりにたまったキャップを
ゴミとして出してしまおうか?どうしようか?
ふと頭に浮かんだのが、確かこのキャップを
集めているところがあったような

そしてこれを入れる箱がスーパーマーケットに
あったのでは

で、その箱をみつけて袋いっぱいのキャップを
入れてきました

これからはこういう手放し方もあるんやな

そしてこれからもキャップは集めておこう
岐阜女子大の学際で「フムフム!」と思わず
手に取ったものがありました

中々やるじゃん!!

という訳で買ってしまいました
むろん、いずみのみんなに見てもらうことも
含めてですが

エコな考えで、ものづくり
家でならゴミ箱に直行するものを
一旦、留め置いて何かに使えるのではとか
これで何かが作れるのではというプロセスを
考え考えてのものづくりではないでしょうか

どこにでもあるものですが
と言って作ろうかなと思いつつも
手を出さないものもあります
濡れた傘入れの表側は食品の袋を
利用したもので、中はタオルで
水滴を取ってくれる吸水傘ケース

もう一つはカップフルダーです
表はかわいい布地で中は牛乳パックが
入っています

ホットコーヒー等が入った紙コップが
熱くて持てないことがありますが
その時に役立つのがこのホルダーです
紙コップに巻いて持ち運べるように
ある程度の長さの紐がついています
これなら直接コップを持つことなく
持ち歩きもできますね

二つともよく考えて作りはったなぁって
感心しました

さすが生活科学専攻の学生さんやなぁ!!
2019/11/11のBlog
岐阜女子大手づくり絵本コンクールに初めて応募し
いきなりの優秀賞をいただきました

その表彰式が11月10日にあり
いずみからは3名出席しました

私は前日から岐阜入りし
2名は日帰りということで
早朝から現地入りでした

岐阜って遠い所と思っていたけど
日帰りができる所なんですね
私は往復とも新幹線は乗らず東海道線を
快速や新快速を乗り継ぎ岐阜入りしました

11日は朝9時25分のバスに乗らないと表彰式に
間に合わないというチョイ不便な所にある大学です

この日は大学祭をしていてとっても賑やかでした

11時から始まった式に入賞者が最前列に座り
賞状等いただきました

その後、審査員の方からそれぞれの作品について
講評がありました

今までにないアイデア、仕上げが丁寧できれい
最後の裏表紙やとじひもの部分までキチンと
している
内容も乳幼児用としてかわいい本 などなど

とってもうれしいコメントをいただきました

この絵本は猛スピードで作ったので
どうかなって思っていたのですが
台布や動物たちをフエルトにしてカゴの材料を
各ページ変えて縫い付けたのが
よかったともコメントがありました
みんなのアイデアとやる気で仕上げて
それが高く評価され入賞するという喜びは
メッチャうれしいことです

果たしてどういう結果になるかわかりませんが
自分達だけのヨッシャ・ヨッシャで満足している
のではなく、プロからの目線での見方・考え方を
知る唯一の場でもあると思います

コンクールがあるから作るぞぅって気にもなります
いわゆる励みでしょうね

さぁ、これからも作りましょうねぇ!!