ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ボランティアいずみ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1108件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/10/10のBlog
毎年恒例の講座が始まりました

ここ数年は受講者数が一ケタでしたが
今年はこのコロナ禍というのに
10名の方が申し込まれました
いや~~~、うれぴぃ~わ!!

講座担当者も張り切っています
担当外も時々様子見でウロウロしています

今回は小さなお弁当箱に入れる
おかずやのり巻きなどたくさん作ります
コロナ禍の中での講座のため
いつもより1部屋増やして4部屋で
ソーシャルディスタンスを十分に保ちながらの開催です

お弁当の具材が少々細かいのと
多色のフエルトを使うので担当者は今回に限り
具材のそれぞれをセットし
型をフエルトに書き込んで備えてくれました

2回講座といっても時間数にすれば5時間程度

その中で縫い方や切り方などコマゴマしたことを
その都度、伝えていくので、その時は手を止めて聞いて
自分なりのオリジナルなものを作ってくだされば…
時々、自分勝手に作り始めて失敗し
材料が足らなくなる人がいます

できるだけ、配布した材料の中で
キチンと作ってもらいたいものです

みなさん、とっても作るのが早いですが
作るものが小さいし、細かい部分があるので
ちょっと四苦八苦している様子でした

中には双子の孫がいるので
もう一つ欲しいと言われた方もありましたが
受講者数のみ用意していましたのでゴメンなさいね
材料はどこでも手の入るものなので、
お近くの手芸店で買って
もう一つ作ってあげてください

お弁当箱も100円ショップで買えますので

さてさて、来週は最後まで作ることができるでしょうか

みなさんの仕上がりを見るためにも
途中でもお弁当箱にできた具材を詰めて並べましょう

自分の作品を他の人に見てもらったり
他の人のものを見ることは、今後の作品作りの参考になりますよ

そしてお一人でも入会される方がおられますように!
2020/10/09のBlog
この歳になるまでインフルエンザに罹ったことはないので
予防接種をしたことがなかった

過日、採血をした時、医師に今年は予防接種を
しておいたほうがエエのか聞いたところ
やはりコロナと見分けるためと
罹っても軽くてすむことを考えれば
したほうがいいとのことだった

ちょっと痛いのをガマンするだけやと
言い聞かせて接種してきた



先生、上手だね!!

この前、この医院の看護師が採血のため
血管に注射針を刺した時、ホントに痛かった

あとで絆創膏をはがしたら
何と痕が真っ青になっていた

未だに肘の辺りまで黄色と紫の色に着色のまま

打つ時に、医師は「ちょっとチクッとするよ」
そして針を刺している途中に「段々痛くなるよ」と
言ってたけど全然痛くなかったわ

医師でも看護師でも器用不器用があるのかしらね

人間ドックで採血する時があるが
とても上手な看護師に当たれば
針痕のみで痛くも無いのにね

それにしても、いくつになっても
注射はいやだ!いやだ!
2020/10/02のBlog
[ 14:40 ]
9月末、定期健診に行ったばかりなのに
いずみの例会中に被せていたものが外れてしまった

エエッ~、どないしょ、木曜日って休診やし
でも、痛くはないから翌日でもええかっ!

でもでも、内科で処方の薬がきれる~
これも明日行かなくては
そして今回は採血しましょと言われていたし
その場合は朝食抜きでとも

ホンマえらいこっちゃ!
そして迎えた金曜の今日、先ずは内科へ
9時始まりだから少し前に着けば一番かもと
思い行ったら、すでにたくさんの人が待っているやんか

コロナの関係で密にならないようにと
イスは一人置きに座るようになっている

狭い待合室は立っている人も出てきて
ソーシャルディスタンスなんて無理・無理・無理

大方一時間ほどかかり、急いで帰宅し
次は歯科医院へ電話したところ、今すぐ来れるなら
治療はできるとの返事
ええ~い、ついでやここまでお腹空いているのを
ガマンできたんやから、もう少しガマンしよかいなで
急いで歯科医院へ

患者の間にしてもらうわけだから
これもジッとガマンの子で待たされた

外れた被せものをきっちりと元通りにしてもらった後に
先生が大きな手鏡を渡した

これで舌を出してよ~く見て!
舌の横がデコボコしてるでしょ
これは奥歯を噛みしめている証拠やで
それと骨盤が落ちた状態で座っているのでは
骨盤が落ちた状態と奥歯を噛みしめてたら
奥歯が真っ先にボロボロになるよ だって

へぇ~、骨盤まで歯に影響させるのかって
思いもしなかったわ

これからは気をつけて歯を噛みしめず
骨盤を立たせたエエ姿勢でいなければね

でもね、いろいろなストレスなんかでね
どうしても噛みしめてしまうやろうね
あ~~~ぁ、ストレスがなくなる日なんて
ここ当分来ることはないだろうね

だから、十分に気をつけて
奥歯に負担を掛けない努力をしながら
日々を暮らそう
10月1日、秋晴れでした
もう10月なんですね、とってもさわやかな気候です

10月はいずみの定期講座があります

第2・第3木曜日の2回コースで
今年はかわいい「おべんとう」をフエルトで作ります

巻き寿司にたまご焼き・ウィンナー・りんごウサギなど
色とりどりでめっちゃ美味しそうですよ

昨日の時点で8名の申込みがありました
今年は講座自体が危ぶまれていたけれど
何とか開催できることになりました
フゥ~、よかった・よかった!

準備は万全です

で、他に取り掛かっている絵本や遊具を
みんなが手伝うことに

ちょっと遠くからみんなの様子を伺っていると
手もきっちりと動かしていますが
マスクして話し辛いし、聞き取りにくいけれど
賑やかに話が飛び交っています

ここで家でのことなど心のモヤモヤや
社会問題・芸能界の噂話等々
ホンマ・ホンマゆりかごから墓場までの
いろんな話をしています

片付けて帰宅する頃になると
「あ~、スッキリしたわ!これができるから辞められへんわ!」
なんてお言葉が出てきます

まぁ、エエこっちゃ

ここに来てまでストレスを溜め込んで
帰ったら面白くありませんものね
利害関係なし・気兼ねなし・ここだけのお話やさかいに

だれも偉そぶる人はいません

歳はまちまちですが、そんなん一切関係ねぇ~

だから仲いいグループですよ

お互いがお互いにカバーしながら活動しています

ホンマ辞められへんわ!

いずみの活動自体は地味ですが、コツコツとやってきました
こういう活動はあまり目だ立たないのですが
継続することはめっちゃ難しいと思います

「継続は力なり」という言葉は大好きです

さぁ、来週の講座にはどんな方が来られるのでしょうか
そして何名の方が入会してくれるのでしょうか

ドキドキ・ワクワクですね
2020/09/30のBlog
今、11月1日発行のボランティア情報にじの
編集作業をしています

4ページものから2ページものへとページ数は
減っていますが、記事やイラスト・写真等を
どう配分するかが枚数が少ないので、結構苦労します

ちょっと平均年齢が高めだったこの会も
若手が入ってきたのでチョッピリ下げてくれたかも…と思うんだけど
退会するまでは細かい決め事、「にじ」だけのことだけど
伝えておかねばと少々焦りも出るわ
そしてこの号の編集が終わる10月13日は
編集員とボランティア連絡協議会の役員や
各グループのV連担当者との話し合いがあります

編集員としては口で説明しても
中々わかってもらえないだろうから
ぜひ編集作業の見学をとお願いしてきました

今回、初日と昨日にグループのV連担当者が
1名ずつ来られました

いろいろなことをお話しながら
作業の様子等をみてもらいました
来られた方々は聞くと見るとでは大違いで
こんなに大変とは知りませんでしたとの感想でした

そうなんです、会議の中で口で説明しても
実際の現場を見ない限りわからないのです

また、上手に説明もできませんし

見学者は現場を見ておかないと
話し合いができないので来たとも言われました

正しくその通りです
それに比べたら見学すら来ない三役は
話し合いの当日一体何の話をするのでしょうか

このにじ編集は
V連の年間計画事業の一つなんですよ

もう一度総会資料を見直してほしいなぁ!!!

13日の話し合い後にボラセンとも
再度話し合いの場を持ってくださいね

今後のにじの行方をハッキリとさせるためにもね

よろしくお願いします!
2020/09/20のBlog
徐々に以前の活動に戻りつつあります

10月に講座を控え、果たして受講者は何人になるでしょうか

それよりも講座を開催することができたらエエねんけどね

ソーシャルディスタンスやら三密やらといろいろと
制限がある中での講座は難しい・難しい

といってやらないってこともできないしね

運は天に任せるよりはないんかなぁ

ホンマ、嫌なコロナやで!!!

例会の午前中は話し合いですが
いずみでは徹底的にみんなが納得するまでやります

作品作りも同じで、ちょっと疑問に思えば
みんなに意見を聞きながら修訂正していきます

自分勝手な思い込みで遊具や絵本を作るのはいけません

自分のものだったら好きなように作ればいいのですが
いずみの場合は遊ぶのは子どもです

たまには高齢者もいます
子どもの気持ちになって、子どもの側にたって
この作品で遊ぶならどうしてほしいかを考えます

とはいえ中々、子どもの気持ちにはなれないけれど
なるべくそういう気持ちを持つことが大事ですよね

今、同時進行が4作品あります

すでに遊具や絵本として作りかけているものと
試作段階のものとです

今年度はコロナで貸出しができていません

また、借りにも来られません
そりゃ~そうですよね
コロナがどこに潜んでいるかもしれないし
消毒しながら遊ぶっていうこともね

しゃ~ない・しゃ~ないで済ませるか、今年は!

コンクールはいくつか募集していますが
間に合えば応募しよかぐらいのノンビリモードで
作製しています

でもとってもステキだし可愛い作品です

お楽しみに!!
2020/09/15のBlog
[ 22:58 ]
あの暑い暑さから逃れようと必死だったのに
最近の朝夕は涼しくなってきて過ごしやすくなってきましたね

コロナさえなければ
あちこち遠出したくなるようなエエ季節ですよね

世間では「GO TO トラベル」の利用を叫んでいるけど
でも現実、旅に出かける勇気がありません

そんな中、11月発行のにじ編集が始まりました

初日の今日は記事作成ではなく、今後の編集員会の
あり方についてボラセンのコーディネーターも交えて
意見を出しあいました
編集員会はボラが好き勝手に作成発行しているのではなく
ボランティア連絡協議会の事業計画の一つで
賛同した加入グループの会員が編集作業にあたっています

いまどこでもボランティアの高齢化で自分自身や
家族のこと等で活動を断念せざるをえない状況が
相次いでいます

編集員会も同じで、退会する人が出はじめました

私も以前から決めていたことなので
今年度限りという宣言をしています

2~3年ほど前から編集員増加を
V連に依頼していたのですが中々増えず
そうこうしている内に退会希望者の時間切れが
きてしまった訳です

その対策として、にじを継続するのか廃刊するのか
継続するなら増員をと投げかけていたのですが…

対策の一つとして、にじ作成過程をV連役員や
加入グループの方たちにもわかってもらうために
見学に来てくださいと伝えました


なのに代表者会議に出席するようにと連絡が届きました
現場を見ずもせず、上から目線で会議に
出席要請をしてくる態度には編集員みんな呆れ果てました

多分に会議に出席しても理解してもらえないだろうから
最終案として編集日に三役に来てもらい
話し合いをすればいいのではということになりました

またこれはこれでどうなるのかわかりませんが
にじは編集員が好き勝手に作っているのではなく
V連の事業の一つなんだということを意識してもらいたいのです

そのことを役員は頭に叩き込みV連事業の先頭に立って
加入グループを引っ張っていかなければいけないのです
にじを継続するという結論はV連が出したのですから
それに見合うことを考え実行してもらいたいと
編集員一同思っています

家ですればという意見も出たそうですが
なんで家まで持ち帰ってボラをしなきゃいけないのでしょう

ボラは社会参加の一つで外での活動
家ではそれを持ち込まないというのが私流の考えです

生活のメリハリをハッキリとさせたいですしね

来週の編集員会では代表者会議での結果を
コーディネーターから報告があることでしょう