ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ボランティアいずみ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1117件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2021/01/03のBlog
2021年に入って3日目になりました

年末もドタバタと過ぎたかと思ってたら
もはや3日なんですね

お天気はまずまずなのに
どこへも行かないお正月は初めてです

昨年から引き続きコロナ感染が益々増え続けているので
怖くてスーパーへ買い物ぐらいしか行けません

今年は終息までいかなくとも
収束ぐらいにはなってほしいものですね

まだまだ油断できないコロナですが、十分に気をつけましょう

自分自身、気をつけることで医療関係者の負担を
少しでも減らすことができればと努力中!

一人ひとりが自分自身と周囲の人へ配慮することで
辛い思いをせずに済むのではないのでしょうか!?

それにしても、マスク無しで会話を楽しみたいものです

みんなと会食しに行きたいです
いずみでは1月の第3週目の活動日に
新年会を兼ねての親睦会をする予定でした

ところが、会議室での食事ができなくなったことで
取り止めることになりました

まっことに残念です
みんなが年一度の楽しみにしていたのですが…

さてさて今年はどんな年になるのでしょうか?

活動はできるのでしょうか?
とりあえず、1月7日が最初の活動日です

果たして会議室は利用できるのか
それとも停止なのか問合せしなくてはいけませんね

みなさまにとって、今年はいい年になりますように!

モウ~、コロナは要らないのだ!!
2020/12/31のBlog
[ 15:36 ]
いよいよ今年も終わりに近づきました

コロナで始まりコロナで終わる年になってしまいました

「新型コロナウィルス感染症」
聞きなれない言葉、聞いたことがない病名
それがあっという間に全世界に広がっていきました

今年度のボラ活動や趣味、旅行等々全てのことが
できずじまいで今日を迎えることに…

不要不急という言葉も
今までに聞いたことがありませんでした
一体どうなっていくんだろうという
モヤモヤした気持ちと共に日々が過ぎていきました

元旦はみんなが集まって楽しい食事や
にぎやかな会話でお節等の準備で
しんどかったことが吹っ切れる日だったのに

それでも、お節は例年通り作りました

もう来年はこんなことがない年でありますように

コロナ感染で入院されている方々も
一日も早いご快復とご退院を祈っています
そして医療従事者をはじめ
その方々を支えておられる方々などへ
「本当にご苦労様です」と
「ありがとうございます」をお届けしたいです

これ以上、感染者を増やさないために
なるべく家にこもっています

連れ合いと向かい合ってのコタツ守りは
多少のストレスが…

いやいや、多少どころではないかもかもよ
ワクチンもでき始めているとのこと

でも、我々のワクチン接種はいつかわからないですがねぇ

とにかく罹らない・罹らせないを合言葉に
「手洗い」「うがい」「マスク着用」を継続していきましょう

さぁ~、来年はボラ活動ができるのでしょうか?

活動拠点の利用停止にならないように願うばかりです
いつもいつもブログを読んでくださるみなさん
ありがとうございます

ブログの書き初めは2005年12月で15年を経過し
我ながらよく書き続けたものだなぁって褒めちゃいます

いつまで続くかわかりませんが
思いつくままに書いていくことでしょう

来年もよろしくお願いします!

どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ!
2020/12/05のBlog
寒くなってきて、コロナも第3波の最中みたいですね

感染者も日を追うごとに増えてるようで
家の周りでも感染のことを聞くようになってきました

今では誰からとかどこでとかが特定できないくらいに
すぐ身近に潜んでいるようです

公共施設もいよいよたくさんの制限が出始めてきて
また以前のように施設が使えなくなるかも…

その中で困ったことは食事が
会議室では禁止になったことでした
いずみは月2回1日通して活動します

ですから、みんなはお弁当持参です

それなのに・それなのに
食事ができないとは困ったことでした

いろいろと掛け合って
やっとこさ食事ができる部屋を確保し
時間と人を分けて食べることができました

車の中で食べた人もいました


そんな中、第3週目の活動日をキャンセルし
第1週目の活動でもって今年は終えることにしました

多分ですが
会議室そのものが使えなくなるかもしれないし
感染者数が増えている中で
特に急いで作るものはないしということでやめました

気になっていた子どもの館手づくり絵本コンクールへの
応募作品はこの日に仕上げて送っちゃいました


今年は間に合うかしら、出せるかしらと心配しつつ
一生懸命取り組み、メッチャ素敵な布絵本ができました
これは知事賞やでと言いながら…

またドキドキの時期がきました

コロナといい、絵本コンクールといい
ホンマ心臓に悪いわ~

でも本当に今の時期に合った布絵本です
自画自賛作品やなぁ~~~!

来年の2月ごろまでドキドキ・ドキドキが止まらんやろうね
♪ぼくらはみんな生きている~って歌の中で
♪手のひらを太陽にすかしてみれば~という
歌詞があります

すかすというよりはかざすの方が
合ってるかもしれないけど、ウォーキング中に
手のひらを太陽にかざすとほわ~っと温もりを感じます

何と何と今まで実感しなかったような
考えもしなかったような…


この温もりってホント生きてるんだって
歩きながら胸にズキューンときました
何で今まで気づかなかったんやろ???

なんとなくわかっていても
深く深く考えもしなかったからかしら???

コロナ・コロナを呪文の様に毎日聞かない日がないところに
それプラス心も暗くなっていくばかりの今日この頃だものね

先日、孫娘の誕生祝いとちょい早いクリスマスの
プレゼントを持って娘宅に行った時に
「手のひらだけでもお陽さんにあてるとエエねんで、
ビタミンD不足にならんし」という会話をしていたんです
何気ないことだけど、手のひらを太陽に向けて
歩くなんて考えもしなかったことですから

今日はめっちゃポカポカ日なので
手のひらを太陽に向けてウォーキングをしてきました

ホントじわっじわっと温もりが伝わってくるんです

これが生きているってことなんやって
少し大げさかもしれないけど感じました

息が詰まるようなコロナ禍での生活の中で
ホッとするひとときを感じてください
2020/11/21のBlog
この間の例会時に

このブログのコメント欄に登場している◯子の宅急便さんから

紅はるかというさつまいもをいただきました





このおいもちゃんをみんなに配ってくれました
早速、土を落とし、きれいに洗って

濡れ新聞紙とアルミホイルに包んで

トースターでじっくりと焼きました




エエ香りが台所中に漂っています
ホカホカのおいもちゃんは昼食用として

お腹の中へ納めました



とってもおいしかったですよ~



ホッと和むひとときをありがとう!!
2020/11/20のBlog
長いようで短い2週間が過ぎ、例会日でした

なんと、姫路のこどもの館手づくり絵本コンクールに
出す布絵本が仕上がりました

令和に入ってからかしらね、災害等が次から次へと
溢れんばかりにやってきています

そんな中で施設が使えなくなり
長い間、活動停止状態にもなりました

それらを蹴っ飛ばすかのように
みんなは作品作りに一生懸命取り組み
完成に至りました
今年中にできたらエエなぁ
できひんかったら来年に出そかという
焦りも無くゆったりとした気持ちで作っていたのにねぇ

やりだしたらど~にもとまらないおばちゃんたちかもね


もう一つ新作の布絵本を作りかけしていますが
これはキチンと決まれば一斉にみんなが
手伝うことになっています

また、布遊具のふみふみマットも針でチクチク
ミシンでガタガタと作っています

リメイク中の絵本もそれぞれが1ページずつ担当しています

こうして書き並べてみると
結構忙しく作ることに専念しているわ

そして次の作品はどんなんを作ろうかと
話し合いになりました

作品内容で意見が次から次へと出てきました

誰のための絵本作りかを考えながら…

それぞれの思いが
意見としてぶつかり合う場面もしばしば
でも、それはエエことやと思います

自分の意見をキチンと言えるいずみは
自画自賛かもしれないけどステキです

長いものに巻かれろでの活動なんて
ぜ~んぜん面白ないと思いませんか

どこかで妥協はせなアカンかもしれないけれど
作品作りに対する思いは出し切った方がエエねん

その思いをみんなに分かってもらうためには
原案が必要です

それを見てもらい説明する、それに対してこれはエエけど
これは不要とか思いっきり原案をたたくのです
そうすることで、一つのエエ絵本が作れるのです

今回もワイワイがやがや賑やかに意見を出しあって
原案を作ってくることに落ち着きましたとさ!

こういう時、マスクしてるから表情がわかりにくいので
エエ議論展開やと一人ニヤニヤしている自分がいます

ズバッと鋭い意見が飛び交っていますが
協力するところは協力するってことで
場面切り替えがキチンとできています

何でもリーダーの言う通りにしてたらエエわというような
グループになっては成長しません

ホンマすっきやわぁ~、いずみのみんな!!
2020/11/07のBlog
11月3日の文化の日のことです

朝刊をみていて「あっ!」と驚きました

阪神版の秋の褒章という記事の中に
川西の手話サークルパピヨンの名前がありました

『緑綬褒章(りょくじゅほうしょう)』
長年にわたり社会に奉仕する活動(ボランティア活動)に従事し
顕著な実績を挙げた方に贈られるものとのことです

読めそうで読めない、書けと言われたら書けない文字です
パピヨンは川西市ボランティア連絡協議会の
加入グループです

同じ加入グループとして
またボランティアグループとしてうれしいことですね

他のグループも活動歴が40年越えのグループは
いずみも含めて多数あります

特にV連加入グループはそうですね

ボランティア活動自体、地道にコツコツと細く長く続けることと
障がいを持った方と共に歩むということを常に心掛けながら
するものではないでしょうか

思いは人それぞれですから、違う考えの方もおられることでしょう
毎年、ボランティア活動センターでは講座を
開催していますが、若者のボランティアが
中々育ちにくくどこのグループも高齢化しています

高齢化は他人事ではなく、ひしひしといずみにも
押し寄せてきている課題でもあり
いつかは解散ということを頭の片隅に置きながらの
活動になってきています

ちょい暗いお話になってしまいました




でも、これがきっかけでボランティア活動に
関心を持ってくれたらいいですね

さて、この喜びをボランティア情報にじにも
掲載しなくっちゃと思い
先日ボラセンのコーディネーターと話をしました

よく調べてないので、わからないけど川西では
初のボランティアグループ受賞ではないでしょうか

掲載は来年の1月1日号になってしまいますが
エエやんね、少し遅れて載せてもね!!


おめでとう!おめでとう!
これからも長く活動を続けてくださいね