ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
特定非営利活動法人あとからゆっくり ♪~( ̄ε ̄)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:552件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2013/12/22のBlog
[ 14:58 ] [ 事務局長の青息吐息。 ]

12月に入り忙しい毎日。

あとからゆっくりに来る日は週に一日くらい。

まったくもって皆には申し訳ないことになっている。


さて、忙しさのひとつは忘年会w

飲んで食べて楽しいことやないかと言われそうだが。

数えてみると今年の忘年会は計6回、おそらく史上最多になる。

正直言ってしんどい。どれかひとつはサボりたいと思うのだが、自分自身が「その他大勢」という扱いでないので休むわけにもいかずとなる。

個人的には忘年会は好きでない。

好きでないから気が重いというわけ。

皆が飲みたいための口実という事は許すとしても時期が重なるのがどうも。

無理に上げたテンションが家に帰ればドッと落ちるのでツライもんだ。

まぁせめておいしいもんでも食べればと思うのだが、こういう宴会でおいしいものにあたることはまずないのも悲しい。

最近は外食することが格段に増えたので舌も身体も相当肥えた(笑)

おかげで食べるモノへの期待感が少ない。

これを飽食と言っていいのか、とにかく食べることが好きだった自分が食べることへの興味を薄らいでいる。

昨日は久しぶりに自宅で晩ご飯を食べた。

もちろん自分で料理した。

お米を炊いて、味噌汁を作って、干物を焼いて、大根を炊く。

肉や脂っこいモノは抜き、アルコールもなしで食べるご飯はおいしかった。

自分の身体が欲するモノを食べたから当然だろう。

これは何事にも通ずることだと思うのだ。


あわづ
2013/12/19のBlog
[ 17:28 ] [ 事務局 ]
今日は職員研修がありました。

講師は昔なじみのりぼん社の小林さんにお願いしました。

「障害者と出会って考えた~ 『私』って『社会』って『人間』ってなんだろう」というタイトルで小林さんの障害者運動に取り組まれた半生や社会について感じたこと、考えていることなどをお聞きしました。

正直、若いスタッフにどれくらい通用する内容なのか不安でしたが、後で感想を聞くとまぁおもしろかったということなのでよかったのかもしれません。

いつもいうことですが30年経っても変わったことはほとんどないという現実の中で自分たちが何に向き合い、どう生きていくのかが大切です。

昔は介護に入る機会を自分の感性を見つめ直す機会として仲間と語らっていましたが、ほんとうに人間の感性は磨くことをやめればどんどん錆びていくばかりなので気をつけないといけません。


粟津
2013/12/14のBlog
[ 17:13 ] [ 理事会 ]
先日、天王寺公園のイルミを観ました。

「電飾なんてたかがしれてるし・・」という考えの人間ですが、実際に観てみるとちょっと感動しました。

思わずスマホで写真を撮りましたがどれも実際に目で見た感動には及びません。

やはり感動はダイレクトがいいですね。


さて、本日は理事会を行いました。

中心は介護者派遣事業の現状報告と相談支援センターの移転にともなう案件です。

来年度の事業計画については次回年明けの理事会で具体化する方向ですが、なかなか妙案が出てきません。

何事もやると決めれば簡単なのでしょうが、決めるまでは何度も何度も同じ路をぐるぐるとまわっているようです。

今しばらくは冬休みの宿題ということにしてもう少し考えます。

選択肢があるというのはよいときもあれば悪いときもありますね。


粟津
2013/12/08のBlog
[ 17:29 ] [ 事務局長の青息吐息。 ]
最近、一部のスタッフの間で流行りつつあるのが。

山歩き。

流行っているといえば未だ嘘っぽいのですが。

山部(やまぶ)を発足し、部長に山ガール・立川さんを任命。

のんびりゆっくり休日に近くの山を散策、ただいまの活動回数2回。

次は来年のいつかどこかで。

無理せずゆっくり進みます。

一瞬だけ心が洗われる気がします。



あわづ
2013/11/26のBlog
[ 17:06 ] [ 事務局長の青息吐息。 ]

毎年秋に行う職員研修の内容を考えていました。

ホントは11月中にやろうと計画していましたがこの期に及んでいいイメージが浮かばず。

ありきたりの内容でやって見それなりにはいいんだろうけど、そこは何か一捻りと考えてしまうとつい時間が過ぎて。

結局、考えついたのは障害者問題を通じて自分を、社会を見つめるということ。

障害者支援の仕事をしてるとなんとなく当事者と自分の関わりの問題だけに収斂してしまうことも。

でも当事者とか変わり続けていく上ではもっと社会のいろいろな問題にも目を向けていくような幅をもっていきたい。一人の人間として。

当事者の存在だけを切り取ってしまうのではなく、その後ろにある地域や学校、社会や政治、経済、歴史などいろんなことに興味を持つのは悪くない。

支援者が人間として成長することが必要だと思うのです。

そんなこんなで講師をりぼん社の小林さんにお願いしました。

楽しみです。


あわづ