ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人CEP・子どもひろば
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1568件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2007/08/10のBlog
昨年いじめによる自殺が相次ぎ
家庭でも「無理して行かなくてよい」という考え方が
増えてきた結果ではないかということです

確かにいじめなどで精神的に痛めつけられることが
わかっている場所には近づかないのは
人として当然の自衛手段ですから
緊急避難的に不登校を選択するのは当然です

たしかに子どもの立場では
当然の選択肢であり自分を守る権利でもあります
しかしそれ以外の立場ではどうなのでしょうか?

たとえば1人の子どもを不登校状態まで追い詰めた側は
何事もなかったように堂々と学校に通い
もしかしたらまた別の子どもを
いじめのターゲットにしていないでしょうか?
いつまでこんな連鎖は続くのでしょうか?

又、そういう子どもの人間関係の周りの大人たちは
当事者の一方が不登校になっている間に
すべきことはないのでしょうか?
子どもの環境を改善し不登校だった子どもが
安心して戻れるような学校にしてほしいものです

不登校の子ども達に会うといつも思うのですが
時間が止まってしまっているのです
学校に行かなかった時間、友達とふれあわなかった時間
勉強を教えてもらわなかった時間
行事でいろいろな体験ができなかった時間は戻ってきません

成長過程にある子どもにとって貴重な体験や時間を
のびのびと過ごす権利があるはずです
不登校は1つの選択肢ですが
それ自体は何の解決にもなりません

全国でたくさんの子ども達が
不本意な状態に置かれていること自体を
改善しなければなりませんが
誰が、いつ、どこで、取り組んでくれるのでしょうか?
数が減れば良いという問題ではありません


<ホウセンカはなつかしい花ですね。今年初めてトンボを見ました>



2007/08/09のBlog
夏休みは週何日も通ってくる中学生がいます
これまでの勉強の遅れを取り戻して
高校進学を視野に入れてがんばっています

彼のために4人の若者ボランティアが
それぞれの得意科目を担当しています
学ぶ方も教える方も本当に真剣です
すごく丁寧に教えてくれるので
彼がわかったときの「そうか!」という言葉に
実感と喜びがこめられています

知らなかったことを知ること
わからなかったことをわかること
できなかったことをできること
学ぶことは喜びであり自信を獲得します
今の彼はそういう経験をすることの大切さに気づいたでしょう
それは学力よりも根源的な生きる力になるはずです

実は以前初対面の保護者から
当会ボランティアの学歴について聞かれたことがあります
世間の家庭教師や塾講師ではなによりも
大学ブランドが基準になるそうですが
当会ではまったくあてはまりません

ボランティア希望者に対して学歴に関する質問は
一切したことがありません
中には自分から自己紹介的に名乗る人もいますが
当会では人物を重視しています
なぜ当会に関心を持たれたのか
これから何をしたいのか何ができるのか
それを基準に10年間続けてきましたが
間違っていなかったと思っています

< オミナエシがもう咲いてます>
2007/08/08のBlog
[ 10:10 ] [ おすすめ ]
毎週ヨガに行くときに前を通るのですが
数十年ぶりに行ってみました
巨樹、巨木で圧倒されそうです
ヒマラヤスギもたくさんありますが
昔スケッチした木はどれかわかりませんでした

知り合いのイギリス人が絶賛していましたが
確かに都内のオアシスですね
お弁当を広げたらカラスが近寄ってきました
そういえば鎌倉の海岸でとんびに饅頭さらわれた
娘のことを思い出しました

青々とした芝生が光り輝いています
聞こえるのはせみの声と鳥の声
大木の葉は茂り空が見えないほどです
もみじの木にはプロペラの羽のような種がいっぱい
どんぐりは青い実がぎっしりなっています

平日の公園は静かで時間が止まっていました



<ホウセンカを見ると種を飛ばして遊んだ子どもの頃を思い出します>>
2007/08/07のBlog
[ 09:52 ] [ 命を考える ]

私には90歳の母と1歳の孫がいます
どちらも一緒に住んでいないので時々会います

孫は数ヶ月ぶりに会うとハイハイしていたのが
ヨチヨチ歩くようになっていて
それから次に会うと部屋の中を早足で走るようになりました
言葉もどんどん増えていきコミュニケーションが成り立ちます
前はママのおっぱいだけしか飲まなかったのに
今は何でも食べられます
できることがどんどん増えていくのですね

母には数週間ごとに会いますが会うたびに
できることが減っていきます
春は杖をつきながらでもお花見や散歩を
楽しみにしていましたが今はもう無理
以前は一緒にデパートのレストランの食事が
楽しみでしたが今は難しい
今までは昔のことなどずっと話し続けていましたが
最近は言葉がすらすら出てきません

以前は昼間は起きていましたが
最近では昼間も寝ることが増えました
こうしてだんだん寝る時間が増えていき
いつか起きなくなるのですね
父も90歳まで長生きしたので人間がどう死んでいくのかを
身をもって見せてくれました
今孫と母を見ていると命がつながっているような気がします
災害や事故にあわずに天寿を全うできれば幸せですね

(ひまわりが太陽に向かって誇らしげに咲いています。)
2007/08/06のBlog
[ 12:04 ] [ おすすめ ]
高尾山は稲荷山コースは何度も行きましたが
真夏は涼しいコースということで
初めてびわ滝コースを登りました

沢沿いの道を歩くのでものすごく涼しく
ひんやりしてまさに天然のクーラーです
小さな滝ですがマイナスイオンもたっぷりでしょう
恐らく他より10度近く低いでしょう

道沿いにはタマアジサイがいっぱいです
まだ8月なのにもうミズヒキソウもハギも咲いていました
澄んだ空気とせせらぎの音、せみの声、鳥の声
体もこころもリフレッシュできました


<タマアジサイのつぼみはボタンの花のように大きいのですが
中には小さな額アジサイが入っています>