ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人CEP・子どもひろば
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1570件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2012/03/06のBlog
[ 13:12 ] [ 活動記録2014年度 ]
昨日、ホームページでも確認しました。
全員希望校に合格って、すごいですよね!
私も塾業界にいるので、よくわかります。
希望校合格には、学力はもちろん、健康と
合格するという強い気持ちも維持できなければ、
なかなか叶いません。
受験生のみなさん、本当におめでとうございました☆
また、指導にあたったみなさん、お疲れさまでしたm(_ _)m(MH)


おめでとうございます!
私はあまり手伝えなかったのが少し心残りですが
皆さん無事に合格できて大変嬉しく思います。
スタッフのみなさんもお疲れ様でした! 
子どもひろばとして誇らしいニュースをありがとうございました!(KH)

そうですか!
S君良かったです。
火曜日は「おめでとう」を言いたいです。(RO)

お疲れ様です。
塾生のみんなの受験合格おめでとうございます(RN)

<タンポポが咲きました>>
2012/03/02のBlog
[ 09:02 ] [ 新聞記事より ]
今年5月までに国内全ての原発が運転を停止する
私たちはその先を考えなくてはいけない

脱原発を表明したドイツでは
すでにチェルノブイリ原発事故をきっかけに
オランダ国境近くにあった初の高速増殖炉を廃止していた

このカルカー原発跡地は1995年にオランダ人実業家によって
買い取られ、今は年間60万人が詰め掛ける

燃料が入ることなく廃炉となった原子炉の建屋には
巨大なアトラクションがすっぽり入って壮観だ

この画期的な「ワンダーランド・カルカー」はディズニーランドのように
約4千円で1日乗り放題
サッカー場約80個分の敷地には遊園地のほか
ビジネスセンター・飲食街・ホテルまで立ち並ぶ

原発事故で安心して外遊びできない子どもたちを思うにつけ
「開発」と同時に「その後」まで設計することが
これからの日本に不可欠と知る

日本も開発の先にいつも市民の暮らしを描いて欲しい

<桜草がかわいいです>
2012/03/01のBlog
[ 10:34 ] [ 活動記録2014年度 ]
昨日は都立高校合格発表でした
皆さん大雪の中で大変でしたね

学習ひろばだんだん塾とフリースクールけんけんの中3生は
これで私立も含めて全員無事志望校に合格しました
良かったね!

ここまでいろいろあったけど
みんな希望を持って高校に通ってください

これまではまだまだ反抗期真っ盛りなのに
親の力を借りなければできないこともいっぱいあったけど
これからは自分の力を思い切り発揮して
自立への道を歩いてください

みんなの高校での活躍を楽しみにしています

<クロッカスは冬の寒さの中でもしっかり芽を出し花を咲かせます>




2012/02/25のBlog
[ 15:37 ] [ 新聞記事より ]
チンパンジーと違って人間の乳児は他者の顔色を見ながら
人の行為を理解し物事を学んでいく

京都大の明和政子準教授(発達科学)らのチームが
研究結果を21日付の英オンライン科学誌
「ネイチャーコミュニケーションズ」で発表した

明和準教授は「顔色を見ながら学ぶ能力は
人とチンパンジーが進化の道を分けた後に
人が独自に獲得した可能性がある」としている

チームは女性がペットボトルに入ったジュースをコップに注ぐ動画を
生後8ヶ月と1歳の乳児のほか
5から12歳のチンパンジーに見せて視線の動きを調べた

乳児が女性の顔を長時間見ていたのに対し
チンパンジーの視線はペットボトルなどのものに集中し
ほとんど顔は見ていなかった

人間は顔と物の情報を合わせ、目的を予測して
他者の行為を理解していると考えられ
明和準教授は「赤ちゃんは顔を一生懸命見て心の動きを読み取ろうとする
行為の表面的な部分だけではなく
心の状態と照らし合わせ、次の展開を予測するように発達していく」
と話している

<水仙の花が咲いていました>>
2012/02/22のBlog
[ 08:55 ] [ 新聞記事より ]
発達障害の1つ「注意欠陥多動性障害(ADHD)」の
主な特性は多動(落ち着きのなさ)と不注意、衝動性

多動は成長とともに消えることも多いが
他は3~7割の人で成人後も続くとみられる

だが外見からは障害が分かりにくい上
ADHDの人に多い遅刻や忘れ物、不用意な発言などは
「誰にでもある」「怠けている」とみられがち
当事者のつらい思いは周囲に伝わりにくい

発達障害の診療を行う専門の医療機関はまだ少ないが
大切なのは診断後のサポートだ

東京都発達障害者支援センターの石橋悦子・主任支援員は
「診断の意味は弱点やその補い方を見つけ出し
具体的な対応策を考え出すことにある」と話す

本人の努力だけでは難しく周りの協力が不可欠だ

<ストックは寒さに負けず咲き続けています>