ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人CEP・子どもひろば
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1556件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/01/15のBlog
[ 15:03 ] [ 出前授業と講座2015~ ]
プログラムは「CEP親子の安全トレーニング」
対象は年長児と保護者

以下は参加した保護者の感想の1部です

・4年前に同じ講座を受けましたが、忘れていることも多く
 定期的に子育ての講座を受けることは大切だと思いました

・未就学児と小学生で被害件数が桁違いに増えていること

・自分(親)のことを話すことで子どもも話すようになるとの事なので
 実践したいと思います

・子どもに話を聞きだす時、具体的に言ってあげないと
 何を聞かれているのか分からないということ

・実演ができて子どもも印象に残ったと思う

・「つがつくまでは膝の上」が印象に残った、もう少し頑張ろうと
 思います

・危険を察知する直感力を養うこと、自分で考え行動する
 子どもと何でも話せるようにしておくこと

2020/01/12のBlog
[ 13:06 ] [ 出前授業と講座2015~ ]
入学前の年長児と保護者に
通学路の安全を守るワークショップを実施しました
[ 12:50 ] [ 出前授業と講座2015~ ]
プログラムは「CEP親子の安全トレーニング」
対象は年長児クラスと保護者でした

以下は参加した保護者の感想の1部です
・教育の仕方について考えさせられました。
 お話が聞けて良かったです。学童クラブなどでも
 講座が開ければ良いなと思いました

・子どもにやらせる劇は理解しやすいと思った

・日々の生活の中で子ども自身が愛されていると
 感じるように子育てしていかねばならないと
 感じました。9つまではしっかり甘えさせたいと思います

・ありがとうございました。愛されて育つことの大切さを
 改めて考える時間となりました。子どもの育ちを
 地域で見守ることのできる世の中になるよう
 私のできることを1つ1つ行っていきたいと思います
 男性モデルの必要性良く分かりました

・「教育虐待」と「教育熱心」が紙一重になる所が
 あるように思いました。暴力、暴言を伴うものは
 もちろんダメとして、危険を察知する力に自然との
 関りが大切という部分に入学後も意識したいと
 思います。

・子どもと話をするときに具体的に質問することが
 印象的でした。あまり「何があった」と話をするのが
 まだ上手くないので、こちらから話せるように
 質問の仕方を工夫したいと思いました
2020/01/01のBlog
新しい年を明るい日差しの中で
迎えることができました

子どもたちにとって少しでも希望が見つかる
良い年になるよう祈っています


本年もどうぞよろしくお願いいたします。







2019/12/27のBlog
今年もお世話になりました。

行政の担当の方、学校や保育園の保護者会の担当の方など
皆様のお陰でたくさんの子どもたちに出前授業や
保護者向け講話をお届けすることができました。

特にいじめを防止するためには
当事者の子どもたちの声に耳を傾ける必要があります。
しかし子どもの小さな声が大人に届く機会はほとんどありません。

また子どもの小さな声は他の子どもにも届いていません。
なぜなら子どもたちはいじめられていることを恥ずかしいと感じ
友だちにも親にも先生にも話さないからです。
その結果1人1人の子どもはますます孤立してしまいます。

私たちは団体発足20周年を機にこれまでの
子どもたちのアンケート23,500人分をまとめて
子どもたちに成り代わって社会に発信したいと考えています。
そこにはデータではない子どもたちのつぶやきや叫びが
溢れているからです。

現在編集の最終段階ですので
来年度にはまずは電子書籍で無料公開を計画中です。
子どもたちにいつでも読めるようにすることで
「悩んでいるのは自分だけじゃないんだ」
「自分と同じ気持ちの人がいるんだ」
などと気づいて少しでも心が軽くなってほしいと願います。

また書籍化のためには今後助成金を申請します。
大人の皆さんに知って頂きたいのは、いじめ当事者とは
いじめられて傷ついている子どもだけではなく
それぞれの背景があるいじめてる子どもも
無力感に苦しむ見ている子どもも
クラスの全ての子どもが当事者だということです

いじめについて子どもたちがどのように感じているのか
ぜひ多くの大人の皆さんに知って頂きたく
書籍出版を目指します

来年度もどうぞよろしくお願いいたします。