ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
小噺を話そう~笑いで結ぶ 和心コミュニケーション♪
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:823件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/09/18のBlog
こんにちは。
どんなに簡単な小噺も、高齢者支援の中だけでは
次の世代に広がっていきません。
世の中にもっともっと笑いがあふたら 心はすっきり、
日本語の言葉あそびに興味が広がり、人間関係も 円満に向います。

そこで、どこでも だれでもと 思いついた文字だけの江戸小話かるたを
少しまとまった数を作って 広げて活用してみることにしました。

迷っていたのは、
かるたを入れる入れ物でした。
箱を印刷して作ると 制作費がますますかさみます。
100円ショップは ほとんど見て周りましたが
サイズがちょうどいい器では ありません。

そんな時、地元のママさんで
巾着袋を安く作ってくれるという話が 入って来ました。
「では 1度、紹介者さんと3人で会いましょう」

そう決まったあと、
紹介者さんからこの話を聞きつけて
「私も やってあげる」という人が加わり、
「なんか、面白そう。打ち合わせに私も行ってもいい?」ともう1人
なんと、所属が異なる 5人が集まりました。

地元ママさんは、縫い物を教えている方で
縦型、横型の巾着袋のサンプルを2つ すでに作って見せてくれました。
その布地がなんと・・・
江戸風にぴったりの 浴衣地と着物地。
内側は、白い布で、3色の可愛い紐で結ぶように なっていました。

想像以上の可愛さに驚き! 和風の布を集めていたそうで
材料もたくさん 目移りするほどありました。
どの柄をみても 感動の可愛らしさ。

加えて、縫い物チームを作る話も、私の知らないママさん6~7人で出来そうで
出来た後に、
かるたを入れる作業も 若いママさん10人近く集めていただけることになり
私が動く前に
道がどんどん開けていったようで ミラクルに
あっという間に 決まっていました。

今までは、自分の団体内で どうやって協力の呼びかけをしようかと
思っていましたが
今回、助けて協力してくれるのは、団体を超えたところにいた
新しい連携協力からでした。

ありがたいの一言。感謝しかありません。
今こうして ブログを書いている間も
どこかのママさんは、巾着をミシンで縫っているでしょう。

外の世界とつながるって こういう素晴らしいことがあるんだ
そう実感しました。
これからも そんな出会いとつながりを 大事にしていこうと思います。
まだどちらも 完成品は見ていませんが、
来月が 楽しみです。

.........................................................................................................

【お知らせ】

さて、インターネットラジオは、クリックしていつでも聞けます。
「そよ風の笑いはここから 10秒小噺を話そう♪」
33回目がリリースされました。

ゲストは、着物姿で収録スタジオへ来てくれた 大場あやさん
着物が大好きで、
恋愛ファッションコンサルタントをされています。

着物の見た目だけの着方を教えるのではなく
内面を大事にされて 自然にいいご縁が生まれるようなマインドと
成長を促します。

もう1人は 江戸小噺笑い広げ鯛から
小噺を、笑英さんと一緒に 楽しみました。
ぜひ お聞きください。

番組ページはこちらへ
第33回 http://honmaru-radio.com/takano_mayumi0033/

創作小噺の投稿フォーム あります。
初回からの分も、すきな時に繰り返し 聞けます。

http://honmaru-radio.com/category/takano_mayumi/

よろしかったら お時間ある時に聞いてみてください。
..............................................................................................................................

では、小噺をどうぞ

【長生き】

患者「先生、私は長生きしたいのです」
医者「あなたは タバコは吸いますか?」
患「いいえ、吸いません」
医「お酒を飲みますか?」
患「一滴も飲みません」
医「女性は好きですか?」
患「見るのもイヤです」
医「あなたねぇ、長生きする必要はありませんなあ」


【カレンダー】

お店で小学生が
カレンダーを探していた
「僕、どんなカレンダーがいいの?」
「うん、なるべく休みの多いやつ」

【体重計】

おいおい 体重計の上で お腹ひっこめても
全然意味ないよ

そうじゃないの
こうしないと 目盛が見えないのよ

※出典資料 「談笑力」近代消防社 刊

お後が よろしいようで・・・







2019/08/31のBlog
..こんにちは。 

今日は、コーチングの認定資格更新もあったので
1日トレーニングに行ってきました。
コーチは、自己基盤が大切なので
些細な未完了のことを 完了することも大事ですが
きょうは 1つの方法として
自分を整えるために 自己認識を深める 自分への質問をたくさん作りました。

このポイントは「私は・・・・だろうか?」という質問を作ります。
それに答えると、自己認識が深まりますから 心の安定につながります。
まず 自分を知る ですね。

私は たとえばこんな質問を作りました。

「私が元気になるのは、何色だろう?」
「今 私がやらなくてもいいことは 何だろう?」
「私は、なにを見た時に 美しいと感じているだろう?」
「私は 何をしたら お役に立てるだろう?」

「私の今月の行動の優先順位は何だろう?」
「私は、どのくらい心を開いているだろう?」
「私は どんな人に出会いたいのだろう?」
「私は どんなチームを作りたいのだろう?」

50~100くらい 質問があると、自分もですが
誰かと話を進める時も 役立ちます。


さて、1年ぶりの行動のおかげで、新たな出会いもありました。
なんと ランチをご一緒したYさん。
江戸小噺を覚えたい!というところから
江戸小噺コーチングを 始めることが決まりました。
※個人セッションは 電話やスカイプ、ズームを使います。

小噺を習得して 話せるようになることから
Yさんに どんな可能性が広がるのか 可能性は∞です。
楽しみです。
しかも、そよ風師匠と呼ばれて、1番弟子ということに・・。

上手いとか 下手とか、経験がないとか 頭で考えないで
楽しい!面白そう!ただ その気持ちに素直になると、新しい行動は 
案外 気軽に始める事ができます。
あそび感覚で、2人でノリノリです。軽さ!が肝心。
2人とも ラッキーと思って 楽しみしかありません。

もし、私もやりたい!という方は 案内が8/21記事にありますので
ごらんになってください。

来月セッションがスタートしたら
そのことも お伝えできればと思っています。

.........................................................................................................

【お知らせ】

さて、インターネットラジオは、クリックしていつでも聞けます。
「そよ風の笑いはここから 10秒小噺を話そう♪」
32回目がリリースされました。

ゲストは、前回に続いて 仙台真田家13代 真田徹さん
をお迎えしました。とても気さくなお人柄です。

真田さんにとっての 魅力を感じる 戦国武将とは・・?ベスト4!
小噺も、真田さんと一緒に 楽しみました。
ぜひ お聞きください。

番組ページはこちらへ
第32回 http://honmaru-radio.com/takano_mayumi0032/

創作小噺の投稿フォーム あります。
初回からの分も、すきな時に繰り返し 聞けます。

http://honmaru-radio.com/category/takano_mayumi/

よろしかったら お時間ある時に聞いてみてください。
..............................................................................................................................

では、小噺をどうぞ

【夕立や】

「夕立や~、夕立や~」
売り声をあげて 男が通っていきます。
〈めずらしい商売だなあ〉
と見ていると、向こうから娘が出てきて、
「夕立を3文ください」
と言いました。夕立やが
「3文とは、あまりに少ないが、なにに使うんだい?」
とたずねると、
「はい、さくら草にかけるんです」


【置く場所は?】

「おい、日が暮れてきたから、早く火を灯せ」
すると、小僧さんは行燈に火をつけて、ウロウロしています。
「なにをしているんだ?。ここに置けばいいんだ」
すると、小僧さんが
「暗がりに置いてもだじょうぶですか?」


【どっちへ逃げる?】

泥棒がひっしになって逃げるのを、
男が追っていきます。
ふたりとも息が切れたので、近くの茶店に飛び込むと、者もいわず、
一気に水を飲みほしました。
一息つくと、男は泥棒に、
「おいっ、泥棒っ。もういいか?」
とたずねました。泥棒が、
「ああ」
と答えると、
「じゃあ、とっとと逃げろっ。また、追いかけるぞ!」

※出典 子どもも、おとなも楽しめる 江戸小ばなし(3) 岡本和明 文
 フレーベル館

お後が よろしいようで・・・

2019/08/24のBlog
最近、ある言葉を知って 心トキメキました。

言向け和す(ことむけやわす) ご存知でしょうか。

古事記の中にある言葉だそうです。

長くコーチング・コミュニケーションを学び 
言葉で みんなが幸せになれる社会を目指していましたので
私の気持ちを 代弁してくれている気がして
嬉しい気持ちになりました。
あなたは どんな言葉が 好きですか?


昨日、もう1つ 知らなかった言葉を教えていただきました。

孔子の論語の中にある言葉
「行不由径」(こうふゆけい)・・・ 行くにこみちによらず

意味は、目的地へ行くのに
安易な近道や 小道を通らず、大通りを行く。堂々と歩め。

この言葉が 私の手元に届いたことも意味がある~~と思います。
実は、今回のラジオゲストに来てくださった
真田さんが、色紙に筆で書いて 持って来てくださった言葉です。

自分が行こうとしている道が 大通りか 堂々と歩んでいるか
振り返りたいと思います。
真田さんに感謝します。ありがたいご縁です。



【お知らせ】

インターネットラジオは、クリックしていつでも聞けます。
「そよ風の笑いはここから 10秒小噺を話そう♪」
31回目がリリースされました。

ゲストには、仙台真田家13代 当主真田徹さん
をお迎えしました。

2016年NHK大河ドラマでは 「真田丸」が放映されました。
仙台真田家は、真田幸村の死後、次男が生き残った家の血筋です。
どんなお話が聞けるやら ご期待ください。 

小噺も、真田さんと一緒に 楽しみました。
ぜひ お聞きください。

番組ページはこちらへ
第31回 http://honmaru-radio.com/takano_mayumi0031/


初回からの分も、すきな時に繰り返し 聞けます。
http://honmaru-radio.com/category/takano_mayumi/

よろしかったら お時間ある時に聞いてみてください。
..............................................................................................................................

では、小噺をどうぞ

【兄弟小噺】( 花いちさん作)

弟が庭で遊んでいると、そこへ兄貴が来まして
「何やってんだよ」
「あんちゃんか、あのね、今空気でこうやって おにぎりを作って
それを食べてお腹いっぱいにさせようと思ってんの」
「バカだな。そんなんで お腹いっぱいになるわけね~じゃねえか。
もっと 大きいのをにぎれ!」
それを見ていた お母さんが
「やっぱり、兄貴は頭がいい」


【うわさ話】 (兆寿さんに教えてもらいました)

・「芋屋のかみさん 寝込んだって」「ガス中毒らしい」
・「ガソリンスタンドのかみさん どうしてる?」「暇らしくて あぶらうってたよ」
・「電気屋のかみさん どこ行ったって?」「亭主にしびれてるらしい」
・「薬屋のかみさん 無愛想でね」「クスリともしないね」
・「魚屋のかみさん すごい顔してるね」「見ただけで ぎょっとする」
・「パチンコ屋のかみさん 大けがしたんだって。いつもの出血サービス」


お後が よろしいようで・・・
次の第32回も 数日後に公開されますので お楽しみに。

猛暑が続きますが、お身体ご自愛ください。
読んでいただいて ありがとうございます!!
2019/08/21のBlog
こんにちは。
このページに来てくれている皆さま
いつも ありがとうございます。

毎日を、そして小噺を楽しんでいらっしゃいますか?
聞くことも楽しいですが 話すことも どきどきの楽しさと言葉あそびの中で
きっと あなたの新しい可能性が広がります

小噺を覚えて 日常の何気ない会話や懇親会
あるいは お仕事に活用したいけれども 話すきっかけが
ほしいな~という方のために
小噺コーチング・体験セッションをしたいと思います。

お申込みは こちらから

※コーチングセッションは
むずかしく考えることではなく、むしろリラックスして 
話をしながら あなたが望んでいることを確認し
そこに向って、気づいて行動していくためのコミュニケーションの手法です。
自分に、コーチがいるという体験です。
メンタルのフォローやモチベーションアップ、前向きな気持ちに なりますよ。

たとえば、小噺を活用して・・・・
・おじいちゃんと、一緒に笑いたい。
・おばあちゃんに聞かせてあげたい。
・人を笑わせてみたい。
・居場所のの空気を明るくしたい。
・お客様と楽しい話題を話せるようになりたい。
・懇親会・交流会で ちょっと余興で話したい。

どれも、笑いを届ける やさしい気持ちがありますね。

対面ではなく、電話か、スカイプを使って、
声を出して小噺を話しながら 一緒に笑いましょう。
日時は、ご相談いたします。

体験セッション 約45分
ご説明 + セッション約35分 + ご感想など

いくつかの小噺をご紹介する予定です。
9月30日まで。(変更)

お申し込みはこちらから

ちょっと 楽しいどきどきの体験になることでしょう。特典付きです。

なお、募集をしめ切りましたら
このページは、消えますので あらかじめご了解ください。
チャンスは 目の前を一瞬でとおりすぎます。
決断の今。お待ちしています。

体験後、特典あります

数回、練習も兼ねた継続セッションも可能で
希望される方には、ご案内させていただきます。

体験セッション お申込みはこちらから

お後がよろしいようで。

そよ風(高野まゆみ)


2019/07/31のBlog
こんにちは。梅雨があけてのここ数日。
わが家は、梅干しを天日干し中です。美味しくな~れ!

最近、笑いの効果がわかりやすく書かれた本を読みました。
笑いが、免疫力を高めるなどの健康効果が高まることは
検証もされ、周知されてきましたが、
注目したのは こんな効果もあると 書かれていました。

『笑いの健康学 笑いが免疫力を高める』 三省堂 伊丹仁朗著
より 引用~

「洒落がわかれば、洒落にならないことも わかると思うんですよ。
ここまではわかるけど、
ここから先、、やっちゃいけないし、笑えないよ、という暗黙のルールが
落語や漫才を聞くことで わかるようになるんですね。

笑いがわかるということは、社会のルールがわかると
いうことなんです。」

「キレる子どもは お笑いで救える」の講演会で
「笑いの感覚がわかり 人を笑わせることができれば、
人と人とのコミュニケーションに役立ち、初めて会ったときにも
スムーズに会話がすすみます。
その技術を自分のものにできれば一生を通してコミュニケーションに
困ることはありません」(引用ここまで)


想像をしてみましょう。。
あなたが 小噺を音読して誰かに喜んでもらいながら だんだん自然に覚えていって、
会話の中や、交流会で 小噺を話すようになっていたら・・・
今よりも コミュニケーションが 楽になっていると
思いませんか?

ちょっと小噺を紹介すると、次に会った時にも
「ちょっと やって。」「聞かせて」 と、声がかかるようになります。

笑いは、キレることとは正反対!いい関係性を結んでくれます。
そんな風になったら、言葉と言葉の戦いはしなくなって、
社会に穏やかな円満な空気が流れる事でしょう。

1000里の道も1歩から。

右を向いて 左を向くだけで オチでおしまい!の笑える小噺
作らなくても
そもそも 口伝で広がっていた江戸時代頃は、日本語として 楽しく話されたのでは
ないかしらと 想像しています。

未来の心配をしすぎず、
過去の後悔に心を奪われないで
今ここ、今中に心を置くと決めて 一緒に楽しみませんか。

・・そうは言え、手元に小噺がないと なかなか1歩が踏み出しにくい
ことと思います。
それで、10秒小噺にすぐ親しめるツール作りを始めています。
準備いろいろ がんばります。


【お知らせ】

インターネットラジオは、クリックしていつでも聞けます。
「そよ風の笑いはここから 10秒小噺を話そう♪」
30回目がリリースされました。

ゲストには、落語協会 柳家花いちさん(二つ目)
江戸小噺笑い広げ鯛からは 悠々亭兆寿さんと 温々亭ひだまりさんです。

今回のテーマは、短い10秒ほどの小噺でも
声の表現は 人それぞれですが、短いゆえにちょっと迷うことはありませんか?
今回は、花いちさんに そんな疑問に答えていただきました。
落語家さんならではの アドバイスがありました。

ぜひ お聞きください。

番組ページはこちらへ
第30回 http://honmaru-radio.com/takano_mayumi0030/


創作小噺の投稿フォーム あります。
初回からの分も、すきな時に繰り返し 聞けます。
http://honmaru-radio.com/category/takano_mayumi/

よろしかったら お時間ある時に聞いてみてください。
..............................................................................................................................

では、小噺をどうぞ

【同業】

「やあ、久しぶりですな」
「相変わらずお元気ですか。いま、なにをしていらっしゃる?」
「質屋と酒屋をやっています」
「それは結構ですな」
「あなたは なにをなさっていますか」
「やはり、あなたとご同様です」
「それは目出度い。二つながらご同業とは、これから、ごじっこんに願いますよ」
「ところが、わたしのは、質に入れては、のんでいるのです」


【無実の罪】

夫婦二人ぐらしの家へ泥棒がしのびこんで
縁のしたにかくれ、寝しずまるのを待っていた。
夜中ごろ、裏の雨戸に風があたってプーと鳴った。
亭主がそれを聞いて、
「いまのはお前がもらしたのか」と聞いた。
女房が腹を立てて、
「あら、あたしがいつそんなことをして?」と やりかえした。
亭主はバツが悪くなって
「それじゃ、きっと、泥棒の奴がどこかにかくれていて、
やらかしたにちがいない」といった。
すると、泥棒が縁の下から出てきて
「とんでもない。人に無実の罪をさせる奴があるか」
とどなった。

※出典 思わずわらってしまう本 田辺貞之助


お後がよろしいようで・・・・。

※出典