ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
小噺を話そう~笑いで結ぶ 江戸小噺の心♪
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:846件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/07/25のBlog
こんにちは。
23日、水泳の池江璃花子選手が 東京五輪1年前になるこの日
国立競技場でメッセージを伝えました。
その中に・・・

「もちろん、世の中がこんな大変な時期に、スポーツの話をすること自体、否定的な声があることもよく分かります。 ただ、一方で思うのは、 逆境からはい上がっていくときには、どうしても希望の力が必要だということです。 
希望が、遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくても前を向いて頑張れる。」

逆境から抜けるために 希望の力があること
だから がんばれるという 

このことを あなたは どう思われますか?

※スピーチの全文はこちら。

https://news.yahoo.co.jp/articles/83cb94cbe1e4c085dd6e282113329143b92fa0ad

順境の時は 楽しくそのまま前に進めます。
コロナ禍もそうですが、逆境に見舞われた時には
希望の力を見つけましょう。

何が希望に見えるのか 人によってまちまちですが
共通して役立つのが 心の祓いになる「笑い」です。

苦しい状況が多かった 江戸庶民がそうだったように
江戸小噺という言葉遊びを 今に広げています。

いざという時に備えて
分かち合いや助け合いの心を 小噺の笑いで普段から育みませんか。
希望の先には、平和で安心な社会が見えます。

そこに役立つのが、言葉です。
「鳩が何か落としたよ」「ふ~ん」この簡単な小噺を
だれかに話して分かち合おうと思う心、「江戸小噺の心」です。

これは・・・
理想の豊かで幸せな言葉があふれる社会を築いていくために
江戸小噺で一緒にやりませんか?というお誘いです。

「信州も近くなったな~」「昔からそばだ」
「雨が漏るよ」「や~ね~」
「福引は 何時から?」「9時」「どこで?」「町はずれ」

ちょっとでも 楽しい言葉を周りの人に話して、一緒に笑うことの積み重ねで
世の中が、明るく楽しく幸せを感じる言葉が増えて
良好な関係性と輪&和になって
我よし・・ではない
すべての人、一人ひとりを思いやれる社会を目指すことが
私の「希望の力」です。

さっきの小噺、だれかに話してあげてくださいね。
きっと 待っている人がいますよ。
...................................................................................................................................

 ★ホンマルラジオ番組「「そよ風の笑いはここから~10秒小噺を話そう」
 第13回目 ゲストは、樂笑友の会から
 浮世亭寿八さん ワッハッハ純さん 池田静香さんが来てくれました。
 どうぞお楽しみに~♪

 https://honmaru-radio.com/takano_mayumi0013/


〇江戸小噺笑い広げ鯛 大喜利瓦版をお楽しみください。
 花愛家古ねこさん 編集

 なぞかけ(小噺のオチの発想が磨かれます!(^^)!)

お題「マスク」とかけまして・・・

○ 剣道の防具 と解く 心は 籠手(これ)面 胴(面倒)・・・ぼたもち
 ついでに 竹刀(<マスクを>しない)で 太刀打ち? それは木剣(危険)です
 ※木剣は「ぼっけん」と読むのかな? ・・・ぼたもち

 ○ エイズ と解く 心は 交尾(口鼻]の対策に重要なワードです ・・・ぼたもち
 ○ 食パン と解く 心は みみ(耳)が大切です・・・とく仁
 ○ 成形手術 と解く 心は 皆美男 美女になります・・・とく仁

 ○ 泥棒 と解く 心は 陽が出て来て あとがつく・・・そよ風
 ○ ねずみ と解く 心は 大きいよ 小さいよっ 中(チュー)・・・そよ風
 ○ 花札 と解く 心は ピンからキリまで・・・古ねこ

 ○ ザル法案 と解く 心は 細かいものは 素通り・・・古ねこ
 ○ 額縁の裏 と解く 心は 隠すのに便利・・・古ねこ
 ○ 子供達のヒーローです と解く 心は タイガーマスク・・・あんこ

 ○ コロナの最中のケンカ と解く 心は コラ!マスクしろ!
 イヤダネ もともと甘いマスクしてるから・・あんこ
 ○ 政治家 と解く 心は マスクにも 表 裏があるの知ってた?・・・あんこ

 ○ 夏みかん と解く 心は なかには甘いのもある・・・3休
 ○ 口だけでなく目もあるよ と解く 心は アイマスク・・・笑英
 ○ 隠すだけじゃないよ! と解く 心は マスクメロン・・・笑英
 ○ ステイホーム と解く 心は どちらも化粧をしなくても良い・・・ずんだ 


※なお、ホンマルラジオの第12回以前の回は
 東京南局が閉局し、HP公開がなくなりました。ご了解ください。

 今のうち 聞けるときに、どうぞお聞きください。
 お後がよろしいようで。
2020/07/06のBlog
こんにちは。
前回の続きです。

笑っている時、人の感覚はいっぱいに開いている状態です。
そこで集中して何かできたら すごいかも・・と前回は思ったのですが、
いえいえ、
笑いそのものが 何も考えず そのことに集中している状態だと
はたと思いました。

でも、まてまて・・との 思ったので

武道の師匠に 聞いてみました。
「真剣を持って戦う場面で 相手に向き合っている時は
緊張と緩みの 両方を持ち合わせていると思いますが
何%の緩みがある状態ですか?」と。

武道で66年の鍛錬を積んだ師匠の答えは、びっくり
「1%」でした。
その1%をちゃんと持っていることが 大切で
それがあるから 瞬時に1%を10%にも50%にも動かせる 緩急自在が
可能になるそうです。

「転」が大事とも 聞きました。
いつでも 柔軟に変化できる状態でいること

頭に浮かんだのは、まがたまの陰陽の思想です。
白い色には、1つ黒点があり、
黒い色には、1つ白点がある

その1つの点や1%がないと、偏りの極致になってしまうという
ことでしょう。
緩急自在とも 離れるイメージです。

笑っていても、実際は100%・・は ある時間でおわります
その後は どこかで相手を察していたり、観察している自分がいたりします。
だから 自分を相手にあわせることができて
丁度いい塩梅の 言葉をかけたり、対応をしている。

また、普段の会話でも 同じで 
ちょうどいい塩梅を見つけるためには
100%笑っているだけや、100%怒っている中には
良好な関係性は 続いていきません。
会話の中でも 役立つ視点ですね。

極端ですが、いつも1%は相手を感じている部分を持っていることから
会話の流れに 軽やかに 乗っていける変化ができるな~と
そんなことを 思いました。

やっぱり、武道の緊張と 対極にある笑い 全く違う2つは ある視点で全く同じ。
そして、その場合のもう1つの共通点は
「今ここ」に100%いること
意識を 過去や未来に捕らわれないで 今としっかり=100%で向き合うこと
そこに 私たちの課題があるようです。
.......................................................................................................................................................

★ホンマルラジオ番組「「そよ風の笑いはここから~10秒小噺を話そう」
第7回目 ゲストは、江戸人の生き方を学ぶ寺子屋塾を主催している小林たけし先生
築地をこよなく愛し情報発信を続ける 築地の和ガール、和奏京花さんです。

こばたけ先生が紹介したい江戸人3人とは?ぜひお聞きください。

http://honmaru-radio.com/takano_mayumi0007/ 
 どうぞお楽しみに~♪

では、小噺のオチの面白さは ここにあり
「なぞかけ」で楽しみましょう。

お題「さいかい・再会」とかけて

 ○ 転倒 と解く 心は 逢いたい アッ痛い ・・・はる風

 ○ 同窓会 と解く 心は 再合に涙するでしょう?・・・ はる風

 ○ 最下位 × 布団 と解く 心は 干されます ・・・はる風 

 ○ 生まれ故郷 と解く 心は 懐かしさに涙が込み上げてきます・・・とく仁

 ○ 最下位 × 泳げない人 と解く 心は アップ アップ ・・・ そよ風

 ○ 最下位 × 可愛い赤ちゃん と解く 心は アップ アップ ・・・そよ風

 ○ ドラマのクライマックス と解く 心は 感激に涙するでしょう ・・・古ねこ

 ○ 最下位 × 芳しくない通信簿 と解く 心は 続くとやる気がなくなる・・古ねこ

 ○ 最下位 × 落語「粗忽の使者」の地武太治部衛門 と解く

 心は どんけつ(鈍けつ)・・・古ねこ

 ○ 日本女性の」社会進出 と解く 心は 世界の中で最下位です・・・あんこ

 ○ 花屋さん と解く 

 心は 再開に向け注文のTEL殺到→ 話し込みます(花仕込みます)・・・あんこ

 ○ 初恋の人と巡り合い と解く 心は 焼けぼっくいに火がついて欲しい ・・・3休

 ○ 松尾和子の歌だけでない と解く 心は 再開もあります ・・・笑英

 ○ 同窓会出席 と解く 心は どちらも楽しみであり不安でもある ・・・ずんだ


★実は、もう1つ楽しい 動画をご紹介します。
 樂笑友の会 浮世亭寿八さんが、落語の語り口で 江戸を紹介します。
 東海道53次の旅を紹介する動画

 こちらから どうぞ!

 お後がよろしいようで・・・ 今日も、ステイ・ハッピー!
2020/06/29のBlog
.こんにちは。
先日ふと気がついたことの小話。

「笑い」の対極って、どんな状態を 想像するでしょうか?
ゆるゆるに緩んでいることの 正反対ですから
例えばで言えば・・・ 武士が相手と向き合って、生きるか死ぬかの真剣勝負
極限の状態が思い浮かびました。

ここ3回ほど 武道を習い始めている私は、
笑いと武道は、対極で 正反対なんだと 思いました。
笑ってる場合じゃない!命がかかっています。

そこに あれ?と思った1つの疑問。
本当に鍛え上げた腕のいい武士は、
自分の五感を研ぎすまして、全方位に自分の感覚を開き、
瞬時に心は緩急自在に 相手に対し 立ち振る舞うことができます。
「敵は、どう出るのだろう?」と考えてはだめで、
あらゆる気配を感じていて、体は日ごろの鍛錬から 自然に動いている状態で
いるのです。
これって、張り詰めた緊張感とは 違います。
相手を前に「怖い!」と感じたら
すごに察知されて 切り込まれているでしょう。
緊張していると、人は 身体が固くなって
本来の力は 出せなくなります。

と言うことは、本当に強い武士は
場を読みながら
心も体も 緩急自在にふるまい 
集中力としなやかな柔らかい体を併せ持っているんだと。
対極と言うより
両極を含んでいるように 感じられました。
あなたは どう思いましたか?

とんでもなく強くなった武士は 強さとゆとりと
心に優しさも 持ち合わせているそうです。

その精神力は すごいものがあり、
心の緩急自在は、一瞬で出来ると聞きました。 ちょっと憧れます。

千里の道も 1歩から ですね。
あなたは、何を続けていますか?

逆に とことん緩んでいる 大笑いの状況も
感覚が全体に広がっていて
集中力を研ぎますことも 可能かもと、ふと思いました。
だとしたら、両極は
全く違うのに 同じ・・・そんな思いが巡ってます。

検証したら 面白いかもしれません。
....................................................................................................................................

 ★ホンマルラジオ番組「「そよ風の笑いはここから~10秒小噺を話そう」
 第6回目 ゲストは、江戸小噺笑い広げ鯛から
 錦家もみじさんと 連雀亭とく仁さん。 2人の小噺がさらに発展しています。
 どうぞお楽しみに~♪

 http://honmaru-radio.com/takano_mayumi0006/

では、小噺にも通じる言葉あそび
江戸小噺笑い広げ鯛では、メンバーのグループメールに投稿したものを
古愛家古ねこさんが 編集、大喜利瓦版として、毎月発行してくれています。

では、なぞかけ」で楽しみましょう。

お題「えんちょう」

えんちょう 延長 とかけて
○ 人生 と解く 心は いつ終わるかわからない ・・・とく仁
○ 園長 × そよ風さん と解く 心は 組織の責任者 ・・・とく仁 
 ○ 線路 と解く 心は 続くよ どこまでも ・・・そよ風
 
 ○ ラーメンを食べようとしたら 来客 と解く 心は のびると困る・・・古ねこ
 ○ ミステリィ小説 と解く 心は その先が気になる ・・・古ねこ
 ○ 自粛の中でオープンしている保育園 と解く 
 心は 園長先生 保母さんのおかげです ・・・あんこ

 ○ 安倍さん と解く
心は 自粛延長戦はセ-フ(政府)ではなくアウトでしょう ・・・あんこ
 ○ 野球 と解く 心は 延長戦の観戦帽子(感染防止)対策 ・・・あんこ
 ○ 夏の甲子園 と解く 心は 近くは まあー君とハンカチ王子
遠くは 松山商 井上と三沢 太田のごとし ・・・3休

 ○ 延ばすだけでない と解く 
心は 子供の好きな幼稚園 動物園の園長もあります・・・笑英
 ○ 長年付き合っているカップル と解く 心は そろそろ あきてきます ・・・ ずんだ
 ○ 大差で負けているチーム と解く 心は どちらも あきらめムード ・・・ずんだ

お後がよろしいようで・・
2020/06/12のBlog
日本には、古くからの
ことば遊びの文化があります。
その中にあって
小噺は、言葉あそびの楽しさと笑いの始めの1歩にちょうどいい
と感じるこの頃。

今でも 広く親しまれているのは
575の俳句、そして季語がない川柳。
日本全国たくさんの学べる教室と 先生もいらっしゃいます。

57577のどどいつは、歌の歌詞にもたくさんあります。
あるいは、上から読んでも 下から読んでも同じ文字が並ぶ回文。
たけやぶやけた しんぶんし もそうですね。
どちらにも やはり好きな人が集まって
作品を披露し合う会があります。

お題が出て、一定期間に作品づくりを仲間で楽しんだり
作り方の型があること、そして 作品を講評することが共通点です。
点数をつけ合って、選ばれたり 選ばれなかったりするのが
楽しいと聞きました。

普段の会話の中で、言葉あそびが話されているのが
だじゃれと小噺。
今だじゃれには、協会も出来ていて
だじゃれの作り方やすべり方も紹介しています。
そして 検定に合格をすると、ダジャレンジャーにもなれる
そんな楽しみもあります。
メンバーは全国にいます。
会話の中で、とにかく だじゃれになる言葉に気づく!です。
日本だじゃれ活用協会はこちら。

では、いつも紹介しています 小噺はどうかと言うと
俳句のように 好きな人が作品を発表し合うような会は
指折り数えるほど ほぼほぼ存在は知られていないですし、
広がらないし、知られていないのが現状でしょう。

なぜか?と思ってみると
型がない オチは?となると、自分では作りにくいのです。

ただし、多くの人は知っていると思います。
「ハトが何か落としたよ」「ふ~ん」
「隣の空き地に囲いが出来たよ」「へぇ~」「かっこいい」
探していくと 江戸時代以降の面白い小噺は たくさんあります。
近年は、落語のまくらの中で話されるので
聞いて楽しまれていますが、ほんの1部。

俳句や川柳、そしてだじゃれなど他の言葉あそびは 
自分が作ることが、言葉遊びに入る始めの1歩なので
苦手を感じる人もいます。
発表して 評価や点数がつくのは いやと言う人もいるでしょう。

それがない! これが短い小噺のいいところ。
点数をつけません。先生からの講評も ありません。
とても安心で、ただ 面白がって話せば それで笑いが生まれます。

「お姉さん、粋だね~」「かえりです」
「お母ちゃ~ん、パンツ敗れた」「またかい」

なんだか、自分も嬉しい気持ちになっているし、
聞いてくれた人も 喜んでくれる そんな言葉遊びです。

「芋屋のかみさん 年とったね」「いや~ふけたよ」
「これはタコですか?」「いかにも」

今も、残っている小噺です。
オチの「笑い」があるとことが ほかの言葉遊びとの違い。

というわけで、
ことば遊びの入門には、小噺はもってこいと思っています。
ここから 楽しみ出すと、
「面白いね」「楽しいね」の気持ちのまま 笑いと一緒に言葉に親しんで 
言葉に気づくアンテナが、出来ていきます。

耳に聞こえてくる言葉や会話の中から
オチに気づいたり、ちょっと思いついたり・・・
実は、その言葉遊びへの興味がだんだん広がっていくのも 自然な流れのようで
「面白いどどいつ見つけた!」「俳句を始めました」
「なぞかけ やりましょう」
と、発展・広がっていきます。

だから、
小噺は 言葉遊びの始めの1歩。

あなたも 1つ覚えて、だれかに 小噺話してみませんか?ご一緒に。

※参考情報
言葉あそびならば なんでもOKという
30年間、毎月全国みなさんからの投稿を小冊子にまとめて発行、
集いもある「ジョークサロン」。HPはこちら
小冊子は、切手代のみで、自宅に郵送してもらうことが出来ます。

..........................................................................................................................................

 ★ホンマルラジオ番組「「そよ風の笑いはここから~10秒小噺を話そう」
 第5回目 ゲストは、江戸小噺笑い広げ鯛から
 錦家もみじさんと 連雀亭とく仁さん。 3人で大笑いの巻です。
 お二人の小噺と とく仁さんの特芸あり どうぞお楽しみに~♪

 http://honmaru-radio.com/takano_mayumi0005/

では、小噺をどうぞ~。


【ねずみ小僧】
「御用、御用。これ町人、ただ今ここへ ねずみ小僧という怪盗が来たはず、
どこへ行ったか 知らぬか」
「はい、ただ今チュウを飛んで、あちらへ逃げました」 

【万年目】
「亀は万年と言うのはうそだ、この亀はこの前買ったが、夕べ死んだ。
古い人の言うことはあてにならない」
「いや、それは夕べが万年目であったのじゃ」

 出典「江戸小咄集1」 平凡社 2もあります。

「お坊さんですか?」「そうです」
「向こうから お坊さんが二人来たよ」「そうそう」「そうなんだ」
「今度は、行列になってお坊さんが100人!」「うそ~!」

楽しい小噺、誰かに話して広げましょう~

小噺という言葉の分かち合いを広げることから 
1番簡単な
みんなの笑いと幸せを願う心、分かち合いと思いやりある社会の始めの1歩に
なりますよ~江戸小噺の心です。


お後がよろしいようで・・・ そよ風





2020/06/01のBlog
こんにちは。
最近 知人が
興味深い話をしていました。

自分をどう見せている?という話題

だれでも ちょっとふざけたい時って あります。
どんな自分の表現をしていますか 人によって ずい分、違うようです。

その時 出てきた話は

男性Aさんは、イケメンが言いそうな言葉を 真似して
女性相手に そんな言葉をかけて ふざけて喜ぶ。

男性Bさんは、神になったつもりで
女性に「えんらばらばら」と あがめられるような仕草をされて 嬉しそう。

男性Cさんは、A首相のように
珈琲を飲みながら 部屋でくつろぐ姿を真似してご満悦。

タイプが違う3人です。
Aさんは、Bさん、Cさんのようなことは 絶対やらないよね、
という話になりました。う~ん、確かに。 Bさん、Cさんも 同じ。

たかが ちょっとおふざけ。されど おふざけ。
その人が心の奥底で どんな自分を見ているのか
大げさに言えば 何に価値を置いているのか どんな願望を持っているのか
その人らしさが出ているな~と感じたのでした。

人をよく観察してみる
相手をよく知ることに つながりますから、
コミュニケーションを取っていくうえでは とても大切です。

そして、もう1つ想像してみたいことは
自分は 普段から、どんな風にふざけているだろう?

よくふざけた事を言っている人もいるでしょうし、
ほとんど ふざけない人も いるでしょう。

「どうして?」
何気ないささいな事にも ちゃんと理由があります。
思いを巡らしてみると そこに 気づきが生まれます。

自分を深く知るほど、自己理解が深まります。
いろいろな自分の一面を知るほど、自分の気持ちを大切にできますし、
他者への理解も より深めて察することが出来るようになります。


一方で、子ども達はよく ふざけます。
ある意味、それが遊びにもなっています。
こども達は 言葉にならない気持ちも 身体で表現しています。

毎日、心を向けて見てあげて 察してあげようと思うことで
大人が それに気づいてあげることが 可能になります。

今週から学校が始まりましたね。長く休んでいた子どもたち。
NHKあさイチでは、こんな話題を取り上げて いました。

「見逃すな!子どもからのSOS」として 5つ あげられていました。

・朝起きてこない
・頭痛や腹痛を訴える
・食欲がない
・勉強が手につかない
・感染を 過度に恐れている

次に、解決法として 子どもの異変を感じたら
・注意より雑談
・たまには放っておく
・親が開き直る

があげられていました。

子ども達が学校へ行くことはきっと嬉しいことでしょう。
でも 心には 別のいろいろな気持ちがあって、
感染への怖さを感じていたり、
時間差で、仲良しの友達とは遊べなくて がっかりしていたり
先生からの 注意事項が多くて、ぴりぴりしたり

心の中はストレスと不安で 大きく揺れ動いています。

そんな自分を いろいろに身体でも表現しています。
態度や言葉から SOSが出ていることに 気づいてあげて
その気持ちに ×をしないで
寄り添ってあげる ほっとできる時間を持ってあげる
大人の存在が 大切です。
それが、人を思いやるということですから。

江戸時代までは みんなで1人のこども(あるいは大人)を
思いやってあげる環境が ありました。
だから 貧しい暮らしでも みんなが笑顔だったそうです。

気持ちの分かち合い 支え合いがありました。
そんな分かち合いの心を広げるために
ことば遊び 江戸小噺を活用したい・・・と思いついたのが
江戸小噺の活動なんです。

江戸小噺は手段で、目的は「江戸小噺の心」を広げること
そうすれば 言葉でみんなが幸せになれると 確信したから。


令和の子ども達の元気が戻ってくることを 願っています。

..........................................................................................................................................

 ★ホンマルラジオ番組「「そよ風の笑いはここから~10秒小噺を話そう」
 第4回目 ゲストは、江戸小噺笑い広げ鯛から
 天福亭笑英さんと むさしの亭ももこさんです。
 
 ベテランお二人の小噺 どうぞお楽しみに~♪
 
 http://honmaru-radio.com/takano_mayumi0004/
.
では、小噺をどうぞ♪
 ぜひ、言葉の分かち合いから、江戸小噺の「心」を広げましょう。ご一緒に♪

さるすべりさんの日常小噺
今日家内とウォーキングした時の会話です。
「おい、これは何という花なんだ」
「しらん」
「なんだ、しらんのか」
「しっとるよ」
「じゃなんという花じゃ」
「しらん」
「しっとる言うたじゃないか」
「だからしらん(紫蘭)というたじゃないの」

※オチになっている!っと気づけると、楽しくなってきます。(^^)/

これと似たオチで、専用のノートも作って創作小噺を作った 下町育ちのおばあちゃんがいます。

小噺
ある夫婦の会話は いつも「おい」で始まります。
「おい、お茶」
「おい、新聞取って」
ある日、玄関に誰かがやってきましたので
おばあさんは、見に行きました。
「おい、誰が来てるんだ?」
おじいさんが 尋ねると、おばあさんは
「おい(甥)」


言葉だけで遊べるって、幸せなことだと思います。
笑う門には福来る!生活の中に笑いを!

お後がよろしいようで。