ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
小噺を話そう~笑いで結ぶ 江戸小噺の心♪
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:859件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/12/29のBlog
こんにちは。
光陰矢の如し・・
今年もあと数日になりました。

武士道を教える土居師匠のお話から
ご紹介します。

武士道にある 7つの徳目とは

「義」
正しい正義 手本となる生き方
自分にとっての 正義とは何か 良心の掟を追求すること

「勇」
義を貫いて生きれるかどうか 
万勇とは 恐れるべきことがわかる そうでないことが出来る
義を見てせざるは 勇なきなり
困っている人を見たら 助ける

「仁」
他者への思いやり 見捨てない心

「礼」
謙虚さの心 心で肉体をコントロールする
日本人 相手を思いやる心

「誠」
言ったことを為す 二言はない

「名誉」
お金よりも名誉を重んじる
恥を知ること
人は恥を恐れて やらないことがある

「忠義」
友情、愛情とは違う
主君への 忠誠心 
換言・・・間違いをただす言葉 それでも言う

1つ1つ見ていくと、
何が足りないか 自分は本当はどうありたいのか 気づかされます。


コロナ禍の報道が毎日続く 日常のくらし
だれが「義」を貫く生き方をして 「仁」の心から 言葉を語っているのか

国を動かす人、報道をする人にとっての正義とは何か?
それを聞いている人たちの 正義とは何か?

情報過多な中で、一人ひとりの価値観と生き方が問われています。


勝ち負けではない みんなが幸せを感じられるより良い社会に向かって
ぶれない自分軸で 生きようと思っています。ご一緒に。

.................................................................................................................................................

★ホンマルラジオ番組「「そよ風の笑いはここから~10秒小噺を話そう」
 第26回目 ゲストは とても誠実なお人柄の歴史芸人カクヒコさんと
 川柳作家りのんぱさんです。
 さて、聞いてこちらも楽しい川柳 りのんぱさんの作品を
 お楽しみください。

 小噺も ありますよ~♪

 こちらです。

では、折句をどうぞ!

お題「読書」


どくしょ

 ○ 冬眠の 熊のあくび 障壁の中 ・・・ 番茶

 ○ ドラマ見て クロスな思い しょんぼり気落ち ・・・ 番茶

 ○ 堂々と 苦心の 仕上げ 洋蘭の花 ・・・ 番茶

 ○ ドアチェーン 来る人の顔 しっかりと 良く確かめてね ・・・番茶

 ○ どんじりの くじ 大当り しょう金 GET ・・・そよ風

 ○ どれ一杯 串カツくわえて 焼酎を ・・・古ねこ

 ○ どさくさに 食い逃げしたが しょっ引かれ ・・・ 古ねこ

 ○ どんなに くやしくても しょうがない ・・・ あんこ

 ○ どえらい 苦労して 諸悪断つ ・・・ あんこ

 ○ ドラ息子 苦労がたえない 将来も ・・・3休

 ○ 怒鳴り合い 悔しいけれど 処罰なし ・・・ 笑英

 ○ ドラマ見て 苦言を言っても しょうがない ・・・ ずんだ

 ○ どこからか 空中漂う 鐘(しょう)の音(おと)・・・ずんだ


お後がよろしいようで。。。
2020/12/10のBlog
こんにちは。
「武楽を創設した家元、源光士郎さんの講演を
お聞きしました。
とても感銘を受けるお話で、ご紹介いたします。

ここから・・・

日本には古くから 「楽」という文字がつく文化が いろいろありました。
神楽 猿楽 田楽 能楽 舞楽 

武術は、「武」の文字の中に矛を止めるとあるように
平和のため 戦わずして勝つ 平和につながる技術です。
アートとは離れていましたが、武術には 美は内包されています。
武の美は・・
全身が一致している美しさ 体幹、軸がぶれない美 刃筋の美
自分の中心を守って、相手の中心をとる とぎすまされた美

中国から伝来した雅楽は 公家が見ていたもの
庶民が見ていたのが 遠くからでもわかるように 大げさな歌舞伎
武士は、能をとりこんでいました。
能は、動きが少なく 無駄がない シックででも華やかさがあります。

茶道は、わびさびの美と言われます。
わびさびって 何でしょう?
わびしい さびしい さびれた良さをみんなが感じてる
その言葉があって、
「わかるー!!」となり 認知され、広まっていきます。
言い出しっぺが います。

アート(美)にするには 工夫がいります。

ダンスは、心の内面を表現している美。
モダンダンスが、そのことを説明してから アートと認知されるようになりました。

アートは 周りを美しく飾る 共通した美で 統一したもの
この見せ方があり、重要になります。

武術は親せきと思うほど 能とマッチしていて
そこに 能面の装束や + 茶道の所作 + 武の動き があります

江戸時代に武道はありましたが 明治の初期には 180万人いましたが
今は減少しているようにも 見えます。
でも、今、ヨーロッパなど 武道は海外でブームで、すごい数の人が武道をやっています。

1つのブームは、逆行している時は難しいですが
上りエスカレーターに もう1度武道を乗っけ返す
鼓やお面 扇も使って、美しさの精度を競い やる人を増やしたい

フランスでは 60万人が武道に親しみ 礼に始まり 礼に終わることも
大切にされている

また 日本武道が流行れば、着物が売れて、その周りのことも伸びていきます。


「武楽」を広める家元、源光士郎さんは
前職は グラフィックデザイナーで、美大の頃はバンドもやって
ヨーロッパの美がカッコイイと思っていました。

15年前、突然のお母様の死によって、
心が空虚 かっらぽになってしまって
その時、
突然、100年、200年先の「武楽」が見えたそうです。

そこで 武楽を創設していったそうですが
仕事が来るようになったのは 10年後くらいからと聞きました。

そして それを欲しい人は 実際にやっている人だけ
だから やる人を増やしたいと思います。

わかる人が 周りにいれば 
みんなの力で 助け合って よりよい社会
みんなにとって「いい」を考えられる それができるかどうか?

美しく生きるためには、勇気・力が必要です。
武器は 扱うものに責任があり、自分を律すること、
そして それを何に使うか?を大切にしています。

武道と心はセットで、 相手を尊重する、思いやる、高め合う心 大切とされている
人としての魅力の育成も。

サムライは・・・
自分の命をかけてでも 守るものがあった人。
それくらいのマインドがあった。
死をもって、人みんなを助けた(切腹)

これからは 多様性を受け入れて
相手を尊重する 排除しないことです。
人材育成の観点からも ちょっと変わった人を 大切にする気持ち

起爆人種の人かもしれない(はじめる人)
ほかに、社会には
参画人種の人 応援人種の人 無関心な人 批判人種の人もいるが
批判人種の人からは 問題点を学べます。

和の心 精神性をもつ 日本の美を世界に!

うまくまとまっていませんが、こんなお話でした。

私は 江戸文化の言葉遊び小噺のことが
お話と重なって 聞えました。
文化を創造することにも 始まりの人 始まりの言葉があること
人から 始まっていること
そして 広がることも 人によってですし
ぶれない一貫性と、なんのために?の大切さを思いました。

そして 後継者がいないことで、消えつつある素晴らしい文化もあり
何を大切にして 生きるのか 残すべきは何か
問われているように 感じました。


「あなたは、今何を感じていますか?」

武楽 源光士郎さん HPはこちらです。

動画はこちら。
.................................................................................................................................................

★ホンマルラジオ番組「「そよ風の笑いはここから~10秒小噺を話そう」
 第25回目 ゲストは とても誠実なお人柄の歴史芸人カクヒコさんと
 川柳作家りのんぱさんです。異色のお二人の登場です。
 カクヒコさんには 江戸時代のお話を伺いました。

 小噺も どうぞお楽しみに~♪
こちらから お聞きください。


では、なぞかけをどうぞ !(^^)!

お題「読書」

≪ 読書 ≫ とかけまして

 ○ 将棋 と解く 心は (してから)つむのが楽しい・・・そよ風

 ○ さつま芋 と解く 心は 熱が入ると耽る(蒸ける)・・・ 古ねこ

 ○ 趣味 音楽鑑賞 と解く 心は ひとくちに言うが 巾が広い・・・古ねこ

 ○ 喫煙 と解く 心は 見せかけ(格好付け)だけの人も居る ・・・古ねこ

 ○ マラソン と解く 心は 感想(完走)が求められます・・・あんこ

 ○ ジャガイモの芽 と解く 心は 体に毒っしょ!!・・・あんこ

 ○ 長期の定期預金 と解く 心は つんどくだけで なかなか 手を出さない・・・3休

 ○ 一人で本を読む と解く 心は 独書 ・・・笑英

 ○ お肌 と解く 心は どちらも感想(乾燥)はいや・・・ずんだ

 ○ 午後の授業 と解く 心は どちらも ねむくなる ・・・ずんだ

2020/12/03のBlog
.こんにちは。
私は江戸小噺笑い広げ鯛の地域活動をしながら
コーチング講座のコミュニケーションの講師をしています。

コーチングが日本に伝えられたのは
1997年ですが、ちょうどTVで紹介されていた2001年にそれを見ていたご縁で
2002年から、私がコーチングを学ぶチャンスを得て、その流れで
今仕事をさせていただいています。

ところで、スポーツ選手は、優勝するというゴール、目標があって
その横には、親身になってサポートをする「コーチ」がいます。

選手は、よい結果を出すためにコーチを探しますが、
アメリカで、中でも成果が大きいコーチ 3万人ほどは
どんなコミュニケーションをしているのか、それを分析して体系的にまとめた
コミュニケーション手法が、コーチングと言われます。

ゴール目標が明確にあって、そのために会話を重ねて 気づきと行動を促し、結果を出す
これはスポーツに限ることではありません。 

ちょうど日本が バブル経済の崩壊後、横ばいに低迷する経済活動の中で
企業が生き残りをかけて 主体的に動ける人材を育成する手法として
日本に導入されました。

日産自動車がゴーン社長の時代にV字回復をしたのは有名ですが
そこでは、コーチング研修が大きく貢献していたと思います。

1度や2度、職場でコーチング研修を受けたことがあるよ
という方は多いかと思います。

では、学んだコーチングは 今どのくらい実践の中で役立っていますか?
いかがでしょうか?
そうなると、(学んだけどね・・・忘れちゃった)とか
やってみたけど、どうなの?という方も いらっしゃるかも知れません。

コーチングはコミュニケーション手法ですから
生まれながらに名コーチ!という方もいます。
でも、本を読んで「質問をすればいいのね」という形だけを整えても
コーチングは 上手く機能していきません。
スキルとしての技術以上に、誰が話しているか
コーチの心の在り方、人間性 価値観が 伝わります。

心の成長、人間力を高める実践が コーチにとってとても大切になります。
言葉以上に、言葉以外の非言語の情報が
あとあとまで 相手の心に大きな影響を与えるからです。

1対1のコーチングセッションの中では
人間力を高めるために 自己基盤を整えることも テーマの1つになりますが
数年はかかります。
ではどうやって?というのも 迷うところでしょう。

実は、そこで役立つのが、江戸小噺の活用です。
江戸小噺は 楽しくて、短くて かんたんです。
それを日常で、目の前の人に話してあげたり 小噺を楽しむサロンを開いたりする
地域貢献のプロセスは
周りの人に喜んでもらいながら 自分もにっこり笑顔になれて
楽しみながら もっと短期に 自己基盤を高めてくれるのです。
とても豊かな心の交流をつみ重ねる時間は
人の優しさにふれながら、心が柔軟に、形に捕らわれない
楽しめる人に、そして一緒に笑って 会話が楽になり 自信がついていきます。 

江戸小噺を実践して、地域にもお役に立ちながら、
コミュニケーション・コーチングを学んだら 
想像以上の大きな相乗効果ありあり。
笑う門には福来るといいますが、福に健康元気に 効果はホントてんこもり。

くわしくは またの機会になりますが
そこで、江戸小噺の地域ボランティア活動を続けながら、
江戸小噺の活用の有効性を 次の世代にも伝え残していくために
オンラインで江戸小噺に親しめる場づくりと
コーチングと江戸小噺を活用できる人を育てていく方向性を加えようと思います。

江戸小噺つながりコーチング です。

同じことをやっていたら 結果は変わりません。
できるだけ違うことにチャレンジした方が 経験値、視野が広がり
新しいつながり 望む未来が見えやすいですね。
いい悪いとか できる出来ないでもなく
自分の正義を信じて 正しいと思ったら、やる!それだけ。
あとは 1つ1つ 軌道修正をしていきます。

2021年から 時代はさらに大きく変化をしていきます。
新しい流れを もっと楽しく 工夫いっぱいにチャレンジの年にしていきませんか。

希望を見ながら・・・あなたは 来年 どんな1年を過ごしたいですか?

一緒に、すべての人、自然、モノ あらゆる存在が共存して
お互いを助け合い、幸せを感じながら生きている社会を創りましょう♪ 
どうぞ ご一緒に。 
 
....................................................................................................................................................

★ホンマルラジオ番組「「そよ風の笑いはここから~10秒小噺を話そう」
 第24回目 ゲストは日本江戸しぐさ協会の小林たけしさんと
畑良子さんです。江戸っ子の思いやりを感じてみてください。

小噺も どうぞお楽しみに~♪
こちらから お聞きください。

では、折句をどうぞ・・・


<< 七五三 >> しちごさん

 ○ しち面倒くせぇなぁ ゴタゴタ言うんじゃねぇよ 散々じゃねぇか・・・番茶

 ○ 七五三の可愛い頃もあったなぁ~・・汚れちまった哀しみばかりよ・・・番茶

 ○ 質流れ 転がり回り 散華かな ・・・ 番茶

 ○ しちゃだめよ ごりごりけずるの さんごしょう ・・・ 剣心

 ○ 7才の ゴリラの知恵は 3才児 ・・・ 古ねこ

 ○ 7才と 5才の息子に 3人目 ・・・ 古ねこ

 ○ 質ぐさを 強引に入れ さんま食う ・・・ 古ねこ

 ○ 質屋通い 御近所 さんにバレバレ ・・・ あんこ

 ○ 7月の ごごの海 サンサンと光る ・・・ あんこ

 ○ 七面鳥 豪華な料理 サンタさん ・・・ 3休

 ○ 質に入れ 合格証書 三百円 ・・・ 笑英

 ○ 七福神 ご利益願って 参拝し ・・・ ずんだ

 ○ 7並べ 5人でやって 3位ぬけ ・・・ ずんだ
2020/11/28のBlog
こんにちは。
コロナがまた広がりつつありますが
春の予定が秋に開催になったり、
イベントが中止になったり、
状況の対応が求められている今
心を柔軟に・・と思います。

東京都福祉保健局
認定NPO法人サービスグラント主催
東京ホームタウンプロジェクトは
21日に、プロボノ1DAYチャレンジが最終日でした。

地域団体ごとに、
団体メンバーと、マッチングしたプロボノワーカーさんが
それぞれの活動場にあつまって
依頼した団体の課題を解決する最後の打ち合わせの日です。

三鷹市では、たまたま 2団体が依頼をしていて
別の団体は、HP作成を依頼し、
私達、江戸小噺笑い広げ鯛は、
ITクラウドツール作成で、小噺のデータ資料作成をお願いしていました。

こちらのHPで紹介されています。

「ハトは何か落としたよ」「ふ~ん」のように
右を向いて、左を向いて話して もう終わり!の
一分線香即席噺は 130個あまり。創作も入れました。

20秒~1、2分の小噺は
口伝で習った 女性真打ち桂右團治師匠の落語教室から ご了解をいただき
そして、使いやすい親子で楽しめるフレーベル館の本からの小噺は
事前に掲載許可の申請をして、快諾でした。
さらに、笑い伝道師の松澤先生加筆の「江戸小噺集」も
加えさせていただきました。
全部あわせると、21ページになりました。

若い5人のプロボノさんが考えて、作ってくれた小噺データの書式は
グーグルクラウドを使い
同じ内容で2つの書式があります。
・グーグルドキュメント・・・ワードのようなもの・・・PDFに変えて配布用。
・グーグルスプレッド・・・エクセルのようなもの・・・編集やタグ付け機能あり。
 小噺のデータベースとしても使えます。
 
こども向けも含めて、日常的に話しやすい小噺を集めました。

21日には、プロボノさんからグーグルクラウドの取り扱い説明を受けました。
今までやったことがなかったので、えいっと
扉を開いてもらった感じです。道案内もあり、ありがたいです。

プロボノさんは、現役で働く30歳前後のこのために集まってくれたメンバーで、
若い人たちとの交流でもあり、作業そのものも とても楽しい時間でした。
連絡係で、子育てと仕事を両立しながら がんばっている しまちゃん。
私のpc動作を後ろで教えてくれた いそっち。
笑英さんのpc動作のアドバイスと取り扱い説明をさくっと作ってくれた ぱらちゃん。
このプロボノチームの成果発表の担当で、新卒の すぎちゃん。お若い!
笑顔で静かに、データの上書き訂正を続けてくれていた さわちゃん。
みなさん 親切で、一緒にいるだけで 心がほかほかになりました。
仕事以外の時間に ボランティアでやってくれたのですから。

高齢者が多い 地域ボランティア団体。
会社のように 毎日同じ場所に集まれませんし、ふだんは離れている分、
高齢化も課題にあって、できないこと 人手不足など 課題がいっぱいあります。
それを 若いプロボノさんの助っ人が入る事
素晴らしい仕組みだと思いました。
感謝。感謝。

社会人の間に、地域活動を知り、その応援をする体験は 
彼らが退職した後にも とてもいい影響があると 思いました。

さて、これを大切に感謝しながら
どう活動に活かしていけるかが 肝心。顔晴りまっす。
オンライン会員が楽しめる コミュニティ作りに向かって・・・
整え中です。

そしてもう1つ。
この取り組みに参加した おかげで、
来年2月21日に開催予定の「東京ホームタウン大学」で
実践成果のインタビューを受ける時間をいただきました。
ありがたい、ありがたい。

......................................................................................................................................................

★ホンマルラジオ番組「「そよ風の笑いはここから~10秒小噺を話そう」
 第23回目 ゲストは日本江戸しぐさ協会の小林たけしさんと
畑良子さんです。江戸っ子の思いやりを感じてみてください。

小噺も どうぞお楽しみに~♪
 こちらから お聞きください。

※江戸小噺の「江戸」を入れているのは、
江戸庶民のように 思いやり深く、豊かで楽しいコミュニケーション社会に
向かって 小噺を一緒に活用しましょう~そんな思いを込めています。
江戸人の心、生きる姿勢から学ぶこと たくさんあります。

では、なぞかけをどうぞ・・・


<< 七五三 >> とかけて

 ○ かえる と解く 心は アメが待ち遠しい ・・・そよ風

 ○ 伝七とりものちょう と解く 心は よよよい よよよい よよよい よい

 めでてえな・・・剣心

 ○ 狐の嫁入り と解く 心は 飴 (雨)が付き物 ・・・古ねこ

 ○ 三三九度 と解く 心は 目出度い三個組の数字 ・・・古ねこ

 ○ 六月の雨 と解く 心は 長い雨(飴)あります・・・あんこ

 ○ 森林の中のウォーキング と解く 心は 成長(清澄)が楽しみです・・・あんこ

 ○ 披露宴の男性のお色直し と解く 心は 5才の男の子の蝶ネクタイ姿のごとし・・3休

 ○ 子供をどうかお願いします と解く 心は 7×5×3=105(どうか)・・・笑英

 ○ 十三参り と解く 心は どちらも子どもの成長と開運を願う儀式・・・ずんだ

 ○ ハロウィン と解く 心は どちらも飴がつきものです・・・ずんだ

 ・・・お後がよろしいようで






2020/11/07のBlog
こんにちは。
先週、江戸小噺笑い広げ鯛の
第7回発表会でしたが
初のZOOM開催を しました。

出演13名で、ZOOM参加のお客様は
20名を超えて
ありがたいことに、ZOOMのマスが5×5いっぱいになりました。

〇出演者
1、温々亭ひだまり 「からぬけ」
2、江戸や3休 「一目上がり」
3、椿亭あんこ 「天狗の裁き」
4、笑クス亭乙女 「魚言葉遊び」
5、網走亭番外 「自己紹介」
6、そよ風まゆみ 「唐辛子売り」
7、天福亭笑英 「コロナ小噺」
8、チュンチュン亭よう三 「貧乏神」
9、椿亭ずんだ 「蕎麦売り」
10、棚から亭ぼたもち 「閻魔の大病」
11、花愛家古ねこ 「茗荷宿」
12、むさしの亭もも子 「猿後家」
13、錦家もみじ 「テレスコ」

そして、さらに嬉しいことに
プロボノメンバーの5人全員が、活動の様子を見たいと言ってくれて
参加をしてくれました!

プロボノさんは、ZOOMで打ちあわせのあと、
私たちと合同のZOOM打ち合わせの時間を持ちました。

そこでは、オンライン小噺データを作りたい依頼の目的の確認
どういう形になるのか、
ということについては、プロボノさんからの提案を聞いて
実際に どんなものかを見せていただいて
そのうえで 要望を伝える時間を持ちました。

グーグルクラウドを活用することを確認して お互いに了解。

そこには 個人の保存用ページとは別に
団体共有の保存用ページを作ることができること

それは 公開と非公開を選べることは もちろん、
グーグルアドレスを持たない人でも
団体保存ページのアドレスを共有すれば、そこにすぐ入れること

また、同じページには 写真もワードやエクセル、パワーポイントも
簡単に 保存できることも 見せていただきました。 

慣れれば、いろいろに活用できそうな予感あり。

オンラインの入会用紙も ご厚意で作ってくれていました。ありがたいです。

加えて、後日、鯛員で共有できるアドレスを作り、プロボノさんへ送りました。

対面で合うのは、11月21日「プロボノ1デイチャレンジ」のイベント当日です。
お互いに その日に向かって できることを進めます。

☆東京都ホームタウンプロジェクトのHPでも
紹介していただいています。
こちらへ

☆さらに、このPJのおかげで 新しいご縁が出来ました。
亜細亜大学のボランティア論(橋本先生 ご指導)で学んでいる学生さんの
チームの皆さんが、この活動に興味を持ってくれて
課題解決学習として取り上げてくださり、
今度、インタビューを受けることが 決まりました。
ありがたいことです。

続きは、また次回に。つながりの中で、活動は広がります。

......................................................................................................................................................

★ホンマルラジオ番組「「そよ風の笑いはここから~10秒小噺を話そう」
 第22回目 ゲストは和暦研究家の高月美樹先生
江戸樂舎を主催し、往来物研究家の小泉吉永先生です。

江戸時代は、自然との共存、共生を大切にした時代。
月の満ち欠けや 草花・・・ すべて人と共にありました。
和暦のお話 ぜひお聞きください!!
小噺も どうぞお楽しみに~♪
 こちらへ

 
<< 折句 >> 言葉遊び

 たいいく ・ たいく

 ○ 伊達男 粋にマフラー くゆらせて ・・・番茶

 ○ タバスコを 一杯かけて 食らう美女 ・・・番茶

 ○ 高枕 いびき高々 隈取り役者 ・・・ 番茶

 ○ だいすきな いすみぐんし(夷隅郡市)くらしたい ・・・ 剣心

 ○ たいへいよう いんどようまで くちく(駆逐)せよ ・・・ 剣心

 ○ 高のぞみ いい人に出会い 暮らしたい ・・・ 福風

 ○ 鯛も好き いくらもっと好き 食道楽 ・・・ 古ねこ

 ○ 大将は いつも先頭 苦しゅうない ・・・ 古ねこ

 ○ 鯛焼きを いくつでも食う 食いしん坊 ・・・ 古ねこ

 ○ 沢山の笑いと 一緒に 暮らしましょ ・・・ あんこ

 ○ 宝くじ いつもハズレ くやしい!! ・・・ あんこ

 ○ たらちねの いかにおわすか くにの母 ・・・ 3休

 ○ 楽しいな イクラ食べて いくらかな ・・・ 笑英

 ○ 逞しく 生きて行くんだ 苦学して ・・・ 笑英

 ○ たまらない 芋の天ぷら 食いすぎた ・・・ ずんだ

 ○ 垂乳根は 命をかけて 育児する ・・・ ずんだ

 ○ たくましく 良い(いい)体つき 黒光り ・・・ ずんだ

 お後がよろしいようで・・。