ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
いこいの会<TAMA認知症介護者の会>
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:98件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2007/04/22のBlog
[ 00:04 ] [ いこいの会 ]
今日は 落合商店街のフリマーケットに出店しました。
強い風が吹き 品物が風に飛ばされそうでした。

お客さんのお財布は固かったですねぇ~。
値引きに次ぐ値引きにため息が出そうでした。
でも 会の広報には 引きもありましたね。

ヘルパーさんが「こういう会があるんですね。利用者さんにお伝えしたいです」と言ってくださいました。

考えて歩き出す第1歩の日でした。
フリマを提案し 動いてくださった皆さんに感謝です。
そして 購入頂いた方 ありがとうございました。

フリマの風景は 多摩NPO協会の活動デモ版にするために撮影。
まだ学生さんのお兄ちゃんがカメラを廻してくれました。
風が強く「マイクに風の音が入ると困るなぁ~」って 言ってた。
「外の感じが出ていいじゃないですか」なんて 何も知らずに言ってしまったけれど...。
ほんとは 大変だった事でしょう。
来月の定例会に また 撮影です。

オカンチ 伸びてない?
今日は ほんとにありがとう♪
2007/04/15のBlog
[ 23:09 ] [ いこいの会 ]
月1回の会の集まりが8日にありました。
そこで話題になった事のひとつに 転所(院)探しがありました。
実は 月半ばに会員の方から 切迫した電話相談も受けていました。
「市内の長期療養型の病院を教えてください」と言うものでした。

入所(院も含む)先の変更って 理由はいろいろありますが 事例としては少なくないのです。
数字的な資料を持ち合わせていませんが 介護仲間の間では良く話題に上ります。

認知症でなくとも直面する事なので 経験なさった方も多い事でしょう。
現実に 認知症もなく元気だったのに転倒骨折で入院と言う事態で その先の相談電話を受けたりする事もあります。
認知症の場合は 迷惑行為がありますと条件付になりますので介護者はドキドキしてしまいます。
入所しておりますと 担当ケアマネの手から離れているので余計心配になるのです.

担当ケアマネがいなくとも 入所(院)先のソーシャルワーカーさんや各地域包括センターや市役所に相談して良いのです。 
でも 介護で手一杯の状態の介護者は 気持ちの上で追い込まれてしまい 誰かに確かめたくなります。
1人で介護なさっている方は 特に不安になります。

会員は ニーズに沿った施設が少ないと日々感じています。
時折 役所の方に「施設足りなくないでしょうか?」と聞いて見るのですが「住民のニーズは満たされている筈」と言われます。
こちらも 数字のデータを持ち合わせていませんので「そうかなぁ~」なんてすごすご引き下がってしまいます(苦笑)
時には「介護出来ない自分がいけないんだな」って自責の念に駆られたりです。

介護は百人百様ですので 全員の条件を満たす事が無理なのは判っているのです。
それにしても このドキドキ感 今の60代初期 50代後期の世代が高齢期に突入するといわれる時期までに少しは改善されるのでしょうか?
今の介護者の孫子が そういう度にドキドキしてしまうのでは なんだか申し訳ないないなって考える会員は多いでのす。
2007/04/05のBlog
[ 19:32 ] [ お知らせ ]
会員の提案で 広報と資金作りを兼ねて落合商店街のフリーマーケットに出店します。

期日 4月21日 落合商店街(雨天順延)

先日の集まりには 趣味の手芸品や未使用の不用品を持ち寄りました。
有志が 出店のための準備をしています。

お近くにお住まいの方 どうぞ 覘いて見てください。
2007/04/03のBlog
[ 09:34 ] [ 気分転換 ]
認知症の介護に限った事ではありませんが 介護に向き合って居りますと自分の時間が減ってしまいがちです。
会員の中には ちょっとした時間の隙間を使い デジカメを持って季節の風景を写したり手芸をなさったりして上手に気分転換を計る方がおいでです。
これから 時折 会員の方の作品も登場します。
お楽しみ頂ければと思います。
2007/03/30のBlog
[ 00:01 ] [ いこいの会 ]
来月の交流日は 4月3日

認知症の介護している介護者の会です。

一緒に住まわれている方 施設入所なさっている方 離れた地でお過ごしの方 介護の形は問いません。

交流日
 
 毎月 第1火曜日 13:30~
 聖蹟桜ヶ丘駅前 ヴィータコミューネ7F ワークショップルーム
 (遅刻 早退 自由)

会の雰囲気

 一緒にお茶を飲みながら 穏やかな雰囲気の中で 交流しています。

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
 認知症という難しい病気の介護に付随する悩みや苦しみ・喜びを本音で語り合う会で す。
 周囲に理解して貰えなくとも 仲間では通じ合います。
 家族の織り成した長い歴史の中での 精神的葛藤も一人で乗り越えていく事は容易 な事ではあ りません。
 妄想や暴力、激しい感情の起伏のある場合は 尚更です。
 
 あなたの介護の苦しみや喜びの経験が みんなの役に立ちます。 
 介護の知識は 本だけでは得られません。 
 お話が苦手と言う方は お話を聞いているだけでも良いのです。
 仲間のお話から 自分に合う介護のヒントを得る場所でもあります。
 
当人をお連れになっての参加も大丈夫です。
状況に応じて 認知症介護の経験者が対応いたします。

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

@バックアップ

 市内の精神科医 保健士
 地域包括支援センター等
 必要に応じて参加くださいます

一緒にお茶を飲みながら 穏やかな雰囲気の中で 交流しています。