ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
いこいの会<TAMA認知症介護者の会>
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:98件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/04/26のBlog
[ 15:29 ] [ お知らせ ]
フリマ開催結果です

何でも100円で売りました

売上金¥12655-でした
前日25日に ショッピングモールがオープンしたので
そちらへ人が流れ お客が少なかった
加えて 午後からの雨
毎回 PM4:00まで開いていたのに・・・
今回は PM2:00には閉店
品物もだいぶ残ってしまった

売れ筋は やはり 子供服がダントツです
手作り陶芸も人気でした
入園・入学でバッグ等を作る為か
キルト生地も売れました

次回 秋のフリマでは2店舗分借り
洋品と雑貨を分けて売ろうと思います
by=オカンチ
2008/04/18のBlog
[ 12:04 ] [ お知らせ ]
落合商店街のフリーマーケットに出展します

4月26日で開催です
雨天の場合は27日に延期

只今 準備中です

品物は 娘の友人達から子供服等が 集まりました
友達のご主人手作りの陶器
(秋に評判が良く すぐに売り切れました)
その他 バッグ・小物 etc

秋の売り上げを越える 嬉しいな~

by=オカンチ
いこいの会は これまで 3役が運営に当たってきました。
今年度は もう少し多くの人に運営に参加して頂くことになりました。

これまでの副代表が 町内会の役が割り当てられ 他にも施設の家族の会の代表もなさっており 今年度は辞退したいとのことでした。

副代表は いこいの会にとっては とても大切な存在の方ですので 相談役となって頂きました。

新しく 副代表もすんなりと決まりました。
それに 少し内々で仕事の分担を決めました。
普通 仕事を割り振られると嫌がる傾向にあるのですが 皆さん 快く引き受けてくださいました。

1年に2回 運営委員会を開く事になり メールで連絡を取り合うことになりました。
一斉配信でメールアドレスを知らせましたが…。
メール利用が慣れるまでは もう少し時間が掛かりそうです。

また ブログについても話し合い 介護のこぼれ話や趣味の写真を会員の方が書き込んでくださるようになりました。
直ぐに反映することは 難しいですが 緩やかに移行していく予定です。

今月も参加者が20名を越えました。
本人と一緒の参加者が2名。

個々のお話は さておいて 話しきれないほど活発なお話がありました。
「今度は 私も本人と一緒に来て見ようかしら…」と後日 電話を下さった方もおいでです。

認知症かな?と感じたり 極初期でお散歩や買い物に出かけられる方とお住まいの介護者は いろんな症状に戸惑います。

今月は 
同じものを買い物してくる。使えないのに新製品が出ると興味で購入してくる。カードを使って買い物をしてしまう。等のお話も出ました。

先行く介護者がどんな工夫をしたか等 本人のプライドを保ちながら工夫していく知恵を
みんなで話しました。
どの方法を選ぶかは 介護者自身です。
介護の方法は それぞれ異なりますので みんなに合うとは限らないからです。

ヒントを拾い上げて それぞれが工夫します。
1人であれこれ悩んで袋小路に入ってしまいませんように…。

初めて参加なさった方も みなさん あったかい場所だと思ってくださるようです。
介護者の皆さん おひとりおひとりが持つ包容力が そういう雰囲気をかもし出しているのだと感じます。

「ちょっとお休みしていたけれど 今度出かけていいですか」と言うお便りも有りました。
会に出なければならないと言う拘束は在りません。
それぞれにあった形でお出かけくだされば…と思います。

5月は 13日がいこいの会のある日です。
6日が祝日ですので 先に延びました。

 





今月も新しい介護者が見えました。
参加者も どんどん増えてきています。
男性の介護者もまた増えました。

介護を卒業なさった方が これまでの経過と葛藤をお話しにいらしてくださった仲間もいました。

お仕事をなさっていらして 在宅での介護は出来ないので 施設に託しておいでの方です。難しい症状もあり 施設選びも難航した方です。

専門職の方の紹介で 少し離れた施設に入所なさったそうです。
そこは これまでになく 一人一人に寄り添った介護をしてくださったと言う事でした。
朝は きちんと整髪してくださり スキンシップもあり いつも身綺麗に過ごせていたそうです。

「尊厳ある対処をして戴けて感謝しています」と。
料金もやや高めですが 普通の人に支払えない額ではないと利用料も教えてくださいました。

介護仲間は ため息。
おそらく「近くにあれば…」という意味だったのだと感じました。

利用できそうであっても 面会に行くための交通費や体力があと少し…といった所でしょう。

また テレビ局の方が 認知症の介護者のことを学びたいと見学に見えました。