ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
花かご会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:108件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2011/01/06のBlog
明けましておめでとうございます。2011年の始まりです。こちらは晴天に恵まれた暖かなお正月です。駅前のパンジーも少しずつ大きくなってきているのがわかります。

ここ数年お正月は、会の皆で七福神詣り をしています。今年は深川七福神巡りに出かけました。お天気もよく「ご利益あるよー!」と楽しくまわってきました。深川では、七か所まわって七福神の土鈴をつける福笹やご朱印を受けて色紙を完成するものなどありました。
 朱印を受けてきた色紙です。立派です。

 笹に七福神の土鈴をつけました。とてもかわいいです。
来週は仕事(作業)初めです。皆、元気で明るく楽しく、今年も花壇作り、おしゃべり、花めぐり・・・していきたいですね。 

春の花壇がきれいに咲きそろってくれますように!!
2010/12/01のBlog
冬~春の花壇の植栽を終えました。今はまだ小さな苗で少しさみしい感じですが、寒い冬を乗り越えて春にはまた華やかな花壇になってくれることでしょう。今年もやはりパンジーが中心です。満開になるとにぎやかになり過ぎるきらいがあるので、今年はすこし優しい配色を心がけました。「今はちょっとさみしい感じ」という意見もあり、難しいところです。
12月に入り、我孫子駅前にもクリスマスイルミネーションがつけられました。これは、毎年商店会の集まりの商栄会の方々が飾られます。暗い駅前が明るく楽しげに輝いています。 

2010/11/05のBlog
11月3日はJP(日本郵便)労組東葛中部支部のアースデーです。 アースデーの取り組みとは?・・・ 「この取り組みは地域に密着した仕事をしている私達だからこそ労働組合として地域の人たちと環境問題についてともに考え、一緒に行動できることはないのかという想いから生まれた運動」なのです。今年もまた花苗を寄付していただいて、一緒に作業をしました。
今回で8回目、皆さんもずいぶん慣れて、手早いものです。花植えの後は、もう一方の花壇の土の掘り起こしをお願いしました。「明日は、筋肉痛になる」といいながらも若い力は元気いっぱいです。8年もこの活動を続けてくださって、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今年も晴天の下、和やかに無事に作業を終えることができました。噴水前に植えたパンジーはまだ小さいですが、春には華やかな花壇になることでしょう。「来年もまたお会いしましょう。よろしくお願いしまーす。」
この日の午後には「景観づくりシンポジウム」が開かれ私たち「花かご会」も参加させてもらいました。市内の他の3つの駅前花壇を管理しているグループの方々とのパネルディスカッション、花壇づくりの御苦労や工夫を伺って、共感したり感心したりとても勉強になりました。これを機会にいろいろな輪が広がるといいですね。
2010/10/28のBlog
ついこの間まで酷暑、酷暑と騒いでおりましたのに、もう10月も末、急に寒くなりました。今夏の駅前花壇は例年うまく育つサフィニアが育たず残念でした。6月の雨が多かったのと、やはり酷暑の影響でしょうか?それに引きかえ日々草は元気いっぱい、これまででこんなに良く咲いたのは初めてです。今もまだたくさんの花をつけています。天候の影響は、本当にわかりません。

先日、噴水前の花を撤去して、冬の花壇の準備を始めました。花を取った花壇は、少しさみしげです。でも土にもちょっと休息をしてもらわないとね。

この噴水、「噴水」と言いましても、水が噴き上がるタイプではないので、(湧水をイメージしています)水が出ているのがあまりわかりません。この夏、ここの睡蓮が咲きました。今まで、花をつけたことがほとんどなかったので、感激でした。駅前を歩く人からは、見えないかもしれません。

11月に入ると、冬の花の植栽、植え替えと忙しくなりますが、作業をするには最適な季節、春の華やかな花壇を思い浮かべながら、皆、はりきって?います。
11月3日に我孫子市我孫子の景観を育てる会主催の「第7回景観づくりシンポジウム」が開かれます。今年は我孫子市内4つの駅の駅前花壇の活動をしている団体のパネルディスカッションも開かれ、私たち「花かご会」も参加させていただくことになりました。他の団体の活動の様子を伺いながら、私たちの活動も紹介できればと思います。こうしたつながりがほとんどない状態で活動していますので、とてもよい機会を与えていただけたと思っています。当日、うまくいくか心配ですが・・・。
2010/08/29のBlog
夏休みももう終盤、今度は第1小学校の5年生が体験に来てくれました。予定では10名くるはずでしたが、忘れてしまったのか、男の子4名のちょっとさみしい参加になりました。当日もやはり、暑い暑い日でした。今夏の花の育ち具合、日日草はかなりいいのですが、サフィニアは半分以上枯れそうでがっかりです。作業は、雑草取りと水撒きが中心。あとは、噴水(湧水をイメージしているので水が噴き上がってはいませんが)の中にはびこったアオコの清掃です。
暑いときなので、いつもはしない噴水の清掃を子供たちにしてもらうことになりました。デッキブラシや、たわしをもってみんなやる気満々です。足元がぬるぬるして、とても大変でしたが一生懸命きれいにしてくれました。途中、担任の先生が偶然通りかかられ、子供たちに声をかけ、ほめてくださり、みんなうれしそうでした。噴水はぴかぴかになりましたよ。  
「どうして体験に応募したの?」ときくと、「駅前に煙草の吸殻がいくつも落ちてるのが気になっていたから」と話す子もいて、一同感心!!子供たちが帰った後、煙草の吸殻の入ったゴミ袋がありました。拾ってくれたんだね。休憩にはアイスキャンデーを皆で食べて、おいしかったね!!最後に「今日はどうでしたか?」ときくと、いっせいに「楽しかった!!」と元気な声が返ってきました。この夏休み、第1小学校の生徒さん14名、中央学院大の学生さん1名が、体験に来てくれました。活動の輪が少しひろがって、わたしたちにとってもよい体験になりました。
2010/08/01のBlog
春休みに一度、我孫子第1小学校の卒業生の体験作業(体験ボランティア)をしたのですが、夏休みに入って、今度は6年生が体験に来てくれました。今回は女子7名、男子3名の計10名、(場所が交通の激しいところですし、そんなに広くはないので定員を10名にしています)の参加です。猛暑の中、朝9時30分スタート、夏の作業は雑草取りと花がらつみ、水やりと地味な作業ばかり「だいじょうぶかなぁ?、つまらなくてあきてしまわないかなぁ?」とちょっと心配でした。
この暑さで、夏の花の育ちが今一つ悪く花がらつみもそんなにありません。雑草取りもやっぱりあまりおもしろくないよね。でも大勢で作業をしたので、あっという間に雑草も取れました。ちょっと休憩して、アイスキャンディーをもらって、さぁ後半、「がんばるぞ!」と、思ってくれたかどうか? これからはホースを使っての水やり、暑かったので皆、「冷たーい」と楽しそう!! たっぷり水をまきました。男の子はここでめっきり張り切りだしました。噴水の池はアオコがついて汚れていたのですが、靴が濡れるのもものとせず、一生懸命アオコをとってくれました。噴水はとてもきれいになりました。
作業時間は約1時間半、最後に皆で輪になって感想をきいてみました。みんな楽しかったと言ってくれました。水撒きが特に!!
猛暑の中の作業は大変ですが子供たちは元気いっぱい、私たちも元気をもらいました。この体験をしたことで、駅前花壇に親しみをおぼえてくれたでしょうか? ・・・だといいですね。8月末には今度は5年生が来てくれる予定です。また楽しみです。
2010/07/25のBlog
真夏の太陽がぎらぎら,連日の猛暑日、私たちの作業もこれからは、ちょっと大変です。先日はあっという間に広がった雑草に格闘しました。本当にすごいです。
今回は、ちょっとブレイク!! 手賀沼には今子育て中のこぶ白鳥の親子を何組か見ることができます。これは、親水広場あたりにいる白鳥の親子、5月の写真です。お母さん鳥の後を6羽のひながついて泳いでいます。かわいい!!
親鳥がいつも優しく見守っています。近づくと威嚇します。犬の散歩の人は特に気をつけないと大変ですよ。
6月にはいって白鳥のひなは日ごとに大きくなっていきました。からすにやられなくてよかったね。(時々おそわれることがあるそうです。)
7がつに入り、どちらが親なのかわからないくらい大きくなりました。くちばしの色が違います。近頃は親鳥からすこし離れているときもあります。

手賀沼では他にも我孫子市の鳥、「おおばん」や、いつも一緒の2羽の「あひる」と「かも」、すごいスピードで泳ぐ「かるがも」の親子など、かわいい鳥たちが見られます。
2010/06/26のBlog
6月の初めに夏の花に模様替えしました。雨の中、「カンカン照りの中で作業するよりまだいいよ!」と皆で頑張って植えました。
あれから早いものでもう3週間が過ぎて、いまではこんなに広がりました。梅雨に入り雨も多くて、うまく根がついたようです。ペチュニアの種類は少し伸びてきたら、ピンチ(枝先摘み)をしたほうが脇からまたたくさんの枝がでてより大きく密に広がり花数も増えます。今回はこの作業をしました。これからもっともっと広がってパステルカラーの華やかな花壇になるように期待しています。
カラフルな日々草です。左は植えたとき、右は3週間後、こんなに大きくなりました。夏の花はうまく育つかいつも心配です。今年はどうでしょうか?
2010/05/15のBlog
春になっても肌寒い日が続き、長くきれいに咲いてくれたパンジーもそろそろ、そのお役交替の季節になりました。抜いてしまうのはもったいないものもありますが、近くでみると、枯れているものも増えてきました。
今は宿根の花が次々と咲いています。
左ははジギタリス、別名FOXGLOVE(きつねの手袋)です。イングリッシュガーデンではおなじみの花ですが、昨年苗を植えたら春になってどんどん伸びて大きなすてきな花が咲きました。うまく育ったので、来年はもう少し増やしていきたいねと話しています。
右はピンクと赤のマーガレット、土壌をよくしたら、大きく広がりました。
こうして、宿根草が毎年うまく咲いてくれるのも、楽しみのひとつです。
2010/04/15のBlog
天候不順で、初夏と真冬が行ったり来たり、おかしな天気が続きますが、駅前花壇は今、春爛漫、パンジーが色とりどりにいっぱいの花をつけました。道行く方々も「きれいね!!」と言ってくださって、とっても嬉しいです。
今年はチューリップの開花も少し遅れましたが、気温の低い日が続いているので、花を長く楽しめそうです。 
こぼれ種がら、ノースポールが小さな芽をたくさん出しています。この芽を1か所にまとめて植えたり、いっぱい生えてきた雑草を取ったり。はながら摘みもたくさんあります。肥料もやって。そろそろ夏の花壇のデザインも考えて・・・。次から次へと作業することがあって、ひとりだとうんざりしてしまうでしょうが、おしゃべりしながらみんなでするととても楽しいですよ。