ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
あびこ女性会議だより
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:960件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2018/07/31のBlog
男女共同参画、ダイバーシティ、女性の活躍、ワーク・ライフ・バランス、働き方改革を推進する行政、女性団体、NPO、大学、企業の担当者が一堂に会し、男女共同参画社会実現について、共に考えネットワークを形成する場を設けます。
どなたでもお気軽にご参加いただけます。事前申込は必要ありませんので、直接会場にお越しください。

内 容
・シンポジウム「新しい暮らしのカタチ~働き方×幸福度~
」8/30(木)
パネリスト:正能茉優氏(株式会社ハピキラFACTORY代表取締社長)
阿部裕志氏(株式会社巡の環代表取締役)
コーディネーター:荻原なつ子氏(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)

・特別講演「すべての男女が活躍でき、働きやすく暮らしやすい社会を創る」
8/31(金)
講師:国谷裕子氏(東京藝術大学理事/キャスター)

・多世代ワールドカフェ200人会 9/1(土)
若者から見た社会課題を発信。世代を超えたディスカッションをします。

日 程:8月30日(木)~9月1日(土)
会 場:国立女性教育会館(埼玉県比企郡嵐山町)
対 象:男女共同参画に関心のある方

※詳しくは、こちらを御覧ください。
https://www.nwec.jp/event/training/g_forum2018.html

□お問合せ先
国立女性教育会館事業課
TEL:0493-62-6724/6425

開催期間:2018年8月30日(木)
地      域:埼玉県
場      所:会 場:国立女性教育会館(埼玉県比企郡嵐山町)
2018/06/19のBlog
<男女共同参画月間講演会>6月は我孫子市男女共同参画月間です。
講師は新聞記者の中村有花ゆうかさんです。出産・育休を経て職場復帰し、現在はプロ野球を中心に取材。新聞業界で働く女性としての経験談のほか、スポーツ分野で活躍する女性や子育てに関わるスポーツ選手のエピソードなども披露します。
男女問わず、どなたでも参加できます。
 託児は締め切りました。

日時 6月30日(土)午後2時開演(開場1時30分)

場所 アビスタホール

講師 中村有ゆう花かさん(毎日新聞東京本社運動部記者) 

定員 100人(要申込) 

費用 無料 

問合せ先
千葉県我孫子市男女共同参画室04-7185-1752

◆詳細は下記我孫子市HPをごらんください
http://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/kyoudousankaku/kouenkai.html


開催期間:2018年6月30日(土)
地      域:千葉県
場      所:アビスタホール
最寄り駅:我孫子駅
2018/04/14のBlog
[ 11:13 ] [ 男女共同参画講演会・セミナー ]
趣 旨
今年度は「第4次男女共同参画基本計画」の中間年にあたります。現時点での取組を振り返り、「男女共同参画社会はどこまで進んでいるのか」「これからどのように男女共同参画を進めていくのか」について、国の施策の最新情報、地域連携による女性活躍推進の実践事例、全国からの参加者同士による情報交換とネットワーク構築などを通じて様々な角度から捉え、現状と課題を把握し、それぞれの現場に持ち帰って実践できる取組のヒントを探ります。 地域における男女共同参画の推進者として知識・企画力・実践力を養う高度で専門的な研修です。

対象及び定員
地域の女性関連施設、地方自治体、団体等で男女共同参画推進リーダーとして実践的な取組を行っている方で、研修終了直後のアンケートと6か月後に実施するフォローアップ調査の両方を提出可能の方120名

内容
第1日5月23日(水)
(1)開会13:00~13:25
(2)基調講演「我が国の男女共同参画の歩みと今後の課題」
日本における男女共同参画推進はいかにして進んできたのか、その歴史的背景を学ぶとともに、これから私たちが取り組むべき課題は何かを明らかにし、男女共同参画を推進する地域リーダーとして知見を深めます。
講 師:江原由美子横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授
(3)省庁説明「男女共同参画社会に向けた今日の政策課題」
(4)情報提供「NWEC情報事業の展開とセンター見学」(希望者)
(5)情報交換会(希望者)全国からの参加者同士での情報交換とネットワークづくりを行います。

第2日5月24日(木)
(6)情報提供「NWECの事業展開について」
(7)シンポジウム「男女共同参画の現在を考える」
パネリスト:三浦まり上智大学法学部教授
治部れんげ昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員
パネリスト兼コ-ディネーター:
大崎麻子特定非営利活動法人Gender Action Platform理事
(8)テーマ別分科会「女性活躍の壁とこれから」
A:政治分野への参画
B:心身の健康
C:働き方
進路選択における男女共同参画
(9)情報提供「女性のエンパワーメントのための国際的な取組について」
(10)自由交流(希望者)第3日5月25日(金)

第3日5月25日(金)
(11)コース別分科会「課題解決のヒントを探る」
A:女性関連施設コース「政治分野における男女共同参画の推進」
B:地方自治体職員コース「地域における男女共同参画推進計画の在り方について」
C:団体リーダーコース 「自団体の取組内容とSDGs・ESDのつながり」
(12)全体会 
分科会2における報告内容や話し合われた課題、解決の方策について、全体で共有します。
(13)閉会 

◆詳細は下記国立女性教育会館HPをご覧ください
https://www.nwec.jp/event/training/g_leader2018.html

開催期間:2018年5月23日(水)  ~ 2018年5月25日(金)
地      域:埼玉県
場      所:NWEC(国立女性教育会館)
2018/02/10のBlog
日々の地域活動の成果や意義をじっくり見直して、他の方にもっとしっかり伝えたい…
そう考えたことはありませんか?
最近、市民活動の評価手法として、「社会的インパクト評価」への注目が集まっています。
このセミナーでは、全国的な実績を豊富に持つ講師から、これからの活動に必要な手法を学びます。
改めて地域活動の成果を考え、今後の取組の役に立てば幸いです。

社会的インパクト評価」って?
活動の価値を見えるようにすることで、改めて深く考えるとともに、他の人に伝えることを通して、団体内でもミッションや成果を掘り下げることができ、今後の地域活動に役立つばかりでなく、支援者からの寄附金集めにもつながる手法です。
また、平成31 年秋より予定されている、休眠預金を「民間公益活動団体」に分配していく制度の活用でも、必要となる手法です。

日時:平成30年3月24日(土曜日)16時00分~19時00分
会場:パレット柏柏市民交流センター多目的スペースA
テーマ:これからの地域づくりに向けた活動による成果の把握手法

内容:社会的インパクト評価を学ぶ~自身の市民活動の意義を問い直し、他者と共有できる活動を目指して~

活動評価入門~“簡単な”「ロジックモデル」をつくってみよう~
社会的インパクト評価の今後~手法の研究の最新状況と活用法「休眠預金口座活用制度」~

講師:鴨崎貴泰氏(NPO法人日本ファンドレイジング協会事務局長)

申込締切:3月16日(金曜日)

◆詳細は下記をご覧ください
http://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/npo/kyodo/h29/kamagaya180218.html

開催期間:2018年3月24日(土)
地      域:千葉県
場      所:パレット柏柏市民交流センター
2018/02/04のBlog
<男女共同参画局より>
少子化が進行する中、社会全体で子育て家庭を応援すべく、子供を生み育てやすい環境づくりを地域が一体となって進めていく必要があります。
少子化社会対策大綱(平成27年3月20日閣議決定)においても、NPO、企業等が自治体や学校などの公的セクターと連携して取り組んでいる子供や子育て家庭を応援する事業の促進を図ることとされており、企業やNPO等が参加した子育て支援の取組を一層推進し、社会全体で子育て家庭を支援する機運の醸成を図るため、「子育て支援連携事業」全国会議を開催します。皆様のご参加をお待ちしております。

日時 平成30年2月9日(金)13:00~16:50(開場 12:30)
会場 イイノカンファレンスセンター 東京都千代田区内幸町2-1-1 イイノビル4階
対象 妊娠・出産・子育て支援ご担当の地方自治体、企業、NPO等の方、および関心のある方
※参加費無料、事前申込制 ※先着150名
主催 内閣府
協力 にっぽん子育て応援団 公益社団法人 日本フィランソロピー協会

講演 松田 恵示 氏 × 竹原 和泉 氏 「成功する連携事業の仕組み作りに向けて(仮)」
 「子育て支援連携事業」 の事例報告 (2事例)
 パネルディスカッション 「発表事例を大解剖!成功する連携事業のPDCAをどのように作るのか?(仮)」
司会 : 松田 恵示 氏
パネリスト : 竹原 和泉 氏、事例発表者4名(予定) (1事例2名)
 エピローグ講演 竹原 和泉 氏
 ‐ 休憩 ‐
 ワークショップ (ワールドカフェ方式)
 交流会(40分程度)
※ 参加をご希望される方は、事前申込が必要となりますので参加申込書にご記載ください。
◆詳細は下記をご覧ください
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/relation/h29/index.html

開催期間:2018年2月9日(金)
地      域:東京都
場      所:イイノカンファレンスセンター
2017/12/29のBlog
「市民活動団体マネジメント講座」
団体の活動に対する理解者と共感者を得るためには、団体情報を適切に開示し、活動成果・効果の わかる情報発信とコミュニケーションが大切です。講義とあわせて実際のホームページ、SNS(ツイッター、フェイスブックなど)を用いたワークショップを通して、団体活動の「見える化」やその情報発信の効果的な手法を学びます。

◆ 日時 2018年1月23日(火) 13:30~16:30
◆ 場所 パレット柏 柏市民交流センター 多目的A
◆ 講師 菅 文彦 さん(合同会社コーズ・アクション代表)
◆ 受講料 無料
◆ 定員 30名 申込締切 1/18(木)
◆ 対象者 市民活動団体メンバー、市民活動に関心のある人

※受講申込は氏名・所属団体・活動年数・連絡先を明記してメール又はファクスで。
【申込先】認定NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
(千葉県市民活動団体マネジメント事業受託団体)
Fax:043-303-1689
Eメール:npo-club@par.odn.ne.jp
Tel:043-303-1688

【詳細はこちら】
http://blog.canpan.info/npo-club1/img/E8AC9BE5BAA7E38381E383A9E382B7A3.pdf




開催期間:2018年1月23日(火)
地      域:千葉県
場      所:パレット柏 柏市民交流センター 多目的A
2017/11/18のBlog
<男女共同参画局より>
11月15、16日に開催されるG7男女共同参画大臣会合等について、政府から報告を行います。ぜひご参加ください。

日時: 平成29年12月4日(月)14:00~15:30(13:30開場)
場所: 日本学術会議 1階「講堂」 (東京都港区六本木7-22-34)

テーマ(予定):
・G7男女共同参画大臣会合について
・APEC女性と経済フォーラム2017について
・WAW!2017について
・女子差別撤廃委員会最終見解フォローアップについて

主催:男女共同参画推進連携会議企画委員会
入場無料、事前申込制(申込は11月28日(火)まで)

※詳細は以下をご覧ください。
http://www.gender.go.jp/kaigi/renkei/ikenkoukan/72/index.html

開催期間:2017年12月4日(月)
地      域:東京都
場      所:日本学術会議 1階「講堂」
2017/10/29のBlog
文部科学省では、消費者教育の一層の推進を図るため、消費者教育フェスタを開催しています。今回のフェスタでは、「身近なところから始めよう!~あなたの一言から始まる!消費者教育~」をテーマに、午前の部では、柏市内の小・中・高等学校の取組について授業公開を実施し、午後の部では、基調講演やパネルディスカッションを実施します。是非、お気軽にご参加ください。

身近なところから始めよう!~あなたの一言から始まる!消費者教育~
日 時:平成29年11月2日(木)9:00~16:30

授 業 公 開
(1)柏市立柏第三小学校(千葉県柏市若葉町4-54)
(2)柏市立柏中学校(千葉県柏市明原4-1-1)
(3)千葉県立柏の葉高等学校(千葉県柏市柏の葉 6-1)

全 体 会 場
(1)アミュゼ柏(千葉県柏市柏6-2-22)

※当日プログラム等詳細は、こちらをご覧ください。
https://www.ifys.jp/consumer-education-festa/kashiwa/entry/img/paper.pdf

開催期間:2017年11月2日(木)
地      域:千葉県
場      所:アミュゼ柏
2017/10/10のBlog
<あびこ女性会議・我孫子市共同主催>
家族の形も様々になり、働き方も変化し、私たちは今、人生において多様な選択肢を手に入れています。
「標準型」がなくなり選択肢が広がったということは、自分自身で生き方や働き方を主体的に選ばなければならなくなったということです。
ロールモデルや型が見えなくなったこの時代を、自分を大切にしながら生き抜く術をグローバルに、ジェンダーの視点から一緒に考えていきましょう。

自分に「いいね!」~とらわれない生き方をめざして~

10月21日(土)午後1時30分~4時 
(午後1時開場)場所 あびこ市民プラザ・ホール(我孫子ショッピングプラザ3F)
講師 柚木(ゆき)理子(まさこ)さん 元川村学園女子大学教授
費用 無料 直接会場においでください

問い合わせ
あびこ女性会議・濱田(Tel・Fax04-7183-2789) 
または、我孫子市役所男女共同参画室
(Tel 04-7185-1752 Fax 04-7185-1520)へ

開催期間:2017年10月21日(土)
地      域:千葉県
場      所:あびこ市民プラザ・ホール
2017/09/29のBlog
健康で長寿を楽しむためには、日頃から食事に気をつけることが大切です。生き生きと生活するために、食生活を見直してみませんか。
今年は、食事と健康について、“食生活を見直して元気力を高めよう”をテーマに、「健康ちば推進県民大会」を開催します。県民大会に参加して、一緒に健康について理解を深めましょう。

開催日時 平成29(2017)年11月18日 (土曜日)14時00分~16時30分(開場13時00分)
募集期間 平成29(2017)年10月2日 から
開催場所名称 TKPガーデンシティ千葉4階コンチェルト
募集人数 400人(申込先着順)
内容
「食生活を見直して元気力を高めよう」を大会テーマとした講演≪講演1≫14時10分~15時10分
「今日から我が家も“かるしお”生活」
平野和保氏(国立研究開発法人国立循環器病研究センター臨床栄養部栄養管理室長)
≪講演2≫15時20分~16時20分
「健康ちばをつくろう」~食・運動・心構えの秘訣~
鎌田實氏(諏訪中央病院名誉院長)
≪測定体験イベント≫13時00分~13時55分
(1)血管年齢測定、(2)骨密度測定
((1)・(2)いずれか当日先着順。当日13時00分~整理券配布)
費用 無料

申込方法 住所、氏名、電話番号、参加人数を明記して、郵送・ファックス・Eメール・電話のいずれかの方法で申込
手話通訳の対応可、希望する方は申込時にお知らせください

お問い合わせ
所属課室:健康福祉部健康づくり支援課健康ちば推進班
電話番号:043-223-2633
ファックス番号:043-225-0322
◆詳細は下記HPをご覧ください。 http://www.pref.chiba.lg.jp/kenzu/event/2017/h29kenmintaikai.html

開催期間:2017年11月18日(土)
地      域:千葉県
場      所:TKPガーデンシティ千葉4階コンチェルト
前のページ   |   次のページ