ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
我孫子の景観を育てる会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:157件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2014/03/14のBlog
[ 15:44 ] [ イベント ]
我孫子ゴルフ倶楽部のご厚意で、コース内の見事な桜を楽しめます。
当コースには、手入れのいき届いた立派なソメイヨシノが500本近くありますが、その中に樹齢80年を超す大樹も50本を数えます。
公開する13番・16番ホールとその周辺は、特に当倶楽部が誇る見事なソメイヨシノの大樹がお客様を待ち受けます。
フェアウエイに沿った、松の緑と桜の薄桃色のコントラストも目を見張ります。
ウグイスとコカリナ(木製のオカリナ)の音色を聞きながら、フェアウエイをゆったりと散策するこのお花見は、毎回ご好評をいただいています。
◆日 時: 2014年 3月31日(月)10時~16時(入場は15時まで・雨天中止)
◆会 場: 我孫子ゴルフ倶楽部13番16番とその周辺
◆会場入口: 五本松公園向い側の特設入り口から入場してください
 (※クラブハウス側の正面入り口からは入れません。)

◆駐車場: 五本松運動広場駐車場を利用してください。
《禁止事項》(ご協力願います)

※場内で喫煙、飲食、ペット持ち込み、ゴルフなどの球技はできません。
※芝の保護のため、運動靴、ウオーキングシューズでご入場ください。
◆会費: 100円(傷害保険料等の運営費として「我孫子の景観を育てる会」に納入されます) 、小学生以下無料

◆主 催: 我孫子の景観を育てる会
◆後援: 我孫子市
◆協力: 我孫子ゴルフ倶楽部
◆申込み: 事前申込みは不要です。
◆お問合せ: 我孫子の景観を育てる会 090-6034-9149
◆ 会期: 3月23日(日)~30日(日)
 9:00~18:00
(最終日は17:00まで)

◆会場: 我孫子駅南口「アビシルベ」(我孫子インフォメーションセンター)
◆主催: 我孫子の景観を育てる会
◆入場料: 無料

アビシルベで配布されています「我孫子散策ガイドマップ」に掲載されいますスケッチの原画などを紹介するスケッチ展を開催いたします。
2013/09/27のBlog
[ 06:41 ] [ ホームページ新着情報 ]
9/25のホームページの新着情報は、トップページの速報『第22回日立総合経営研修所庭園公開』です。
(写真は、昨年秋の庭園公開の風景です。)
※ホームページをご覧いただくには、このページ左欄の「リンク」コーナーにある「我孫子の景観を育てる会ホームページ」をクリックしてご覧下さい
【散策日時】 2013年9月16日16時~19時

【散策コース】
布佐駅⇒竹内神社⇒勝蔵院⇒愛宕神社⇒布佐ゆかりの人々の旧跡散策⇒馬頭観音堂⇒近隣センター「ふさの風」(岡田武松邸跡地)⇒ナリタヤ駐車場(山車競演会場)⇒竹内神社

「歴史景観部会」が企画した布佐の歴史景観散策会が行われました。
この日は、台風18号の来襲で開催が危ぶまれましたが、幸い台風は予想以上のスピードで通過してゆき、集合時間の午後4時頃には、晴れ間も出てきました。
意外と当日キャンセルも少なく、最終的には33名が参加する盛会となりました。
(写真1:台風一過のきれいな夕焼け)
(写真2:競演会場への出発を待つ山車)
(写真3:競演会場で挨拶をかわす山車)
今回の散策会の主目的は竹内神社の例大祭の見学でした。祭りのクライマックス、ナリタヤ駐車場での山車の競演会を見学した後、有志で御輿が急な石段を駆け上がり、竹内神社の戻る「宮入り」を見学しました。
(写真4:「宮入り」で、竹内神社境内を練り回る御輿)
(写真5:「宮入り」の最後、神輿から御神体が神社に戻されます)
2013/09/23のBlog
[ 12:20 ] [ 会員投稿 ]
【鑑賞会開催日時】9月16日(火)pm6:30~10:00

10鉢ほどある月下美人の株に、今年も6月7月8月と、ほぼ同じ日(夜)に花が咲きました。それぞれ数個~十数個の花でした。9月になって、ざっと数えても40個の蕾が付きました。しかしそのうち6、7個は枯れ落ちました。株ごとに、多過ぎる時は自然淘汰されて、いくつか育たずに枯れ落ちるのです。
そうして、順調に生長した蕾の開花が、今日か明日かあさってか見極めつつ、メール発信の準備をしたのです。18号台風の強風が吹きすさぶ16日朝、30個あまりの蕾が
本日開花することを確信したので、景観を育てる会のFグループの人にメールをしました。
居間に3鉢入れ、残りは軒下に並べて、6:30過ぎから観察・鑑賞会となりました。
いつものこと、ゆさゆさと揺らしながら花びらを開く様子も観察できました。
8:00過ぎから甘い芳香を出しながらどんどん開きました。咲いていく様子を見て、
みんな感動していました。一夜限りの純白の花の命をいとおしみながら・・・・。

まだまだ全開までいかないけれど、9:00過ぎに皆さん帰りました。花2個と葉1枚をみやげに持っていってもらいました。挿し木で育てやすいので、試してほしいと思います。台風一過の夜の、嬉しいひと時でした。
(会員:濱野さと子)