ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンド
記事一覧イベント一覧広告一覧
[ 総Blog数:831件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2013/12/09のBlog
[ 19:09 ] [ レウルーラ姫路二階町 ]

12月6・7日(金・土)

姫路二階町商店街 新鮮市に出店 

毎月だいたい2週目の金・土に新鮮市が開催され、多くの方で賑わいます
朝早くから採れたて野菜や魚介、手作りのお惣菜など、美味しいものがズラっと並び、
何があるのか見て回るだけでも楽しいです

SDFからはお米や米粉、十五穀米、
恒例の(といっても、まだ2回目ですが…)大好評の豚汁
牛焼肉丼、豚の角煮丼など

そして今回、

フィリピン・セブ島のタリサイ市タンケ地区においてフェアトレードアクセサリーの製作に取り組むKapwaの丸野くんがお手伝いにきてくれました
また、セブ島バナナチップスでカルダバ種バナナの生産を農家に促す事で貧困問題の削減をも目指しておられます
そのほか、タンケ地区の貧困層の人達への生活支援活動、無償奨学金、孤児院や学校への支援活動を行うなどなど

新鮮なものが並ぶ新鮮市なだけあって、その季節の美味しいものが手に入る
12月は海の牡蠣に山の干柿

私も出店の合間にちょいちょい物色。。。(笑)

出店の用意から始まり、
「こうした方が良かったな」や、「次回はこうしよう」
色々勉強になります。

出店する側、買い物する側の両方を楽しませてもらいつつ
新たな課題を一つずつクリアしたいなと。

来月は1月10、11日が新鮮市
先月よりも楽しんでいただけるように、私自身も楽しんで、
皆さまのお越しをお待ちしております
2013/11/01のBlog
[ 19:18 ] [ レウルーラ姫路二階町 ]
今日から大手前公園で陶器市が始まったということもあり、
商店街の人通りもいつもより多く、レウルーラ前の二階町商店街 新鮮市も多くの方で賑わいました

ソーシャルデザインファンドも国内フェアトレードショップ「長近」オープンを控え、
今日はプレ営業(^ ^) 
宮城 お米クリエイター佐藤裕貴さんのササニシキと
森と田んぼを守る「もりたんぼ」さんのドライパクチーをコラボ

明日も美味しいおにぎりと豚汁をご用意してお待ちしております
2013/10/24のBlog
10月20日(日) 

あいにくのお天気。。。
しかも、いつもの「ふれあい新鮮市」もやってない
かなり静かなレウルーラ前

誰も来なかったら・・・なんて思っていると

来てくれました!
親子でマグネットづくりのワークショップへ

親子で仲良くお絵かきしたり、折り紙を貼ったり
出来上がったマグネットを見て満足そうなお顔
こちらも嬉しくなります

午後を過ぎて急にカフェがバタバタ
「じろSUN工房」特製ケーキ
夢パンプキンタルトに渋皮栗のタルト、紫紅芋のタルト
秋のスイーツ祭り、大変好評でした

ワークショップ、さをり織り体験、ケーキセットのフルコースを楽しまれた方、
足ツボマッサージをうける方、耳つぼマッサージをうける方など
ゆっくりと楽しんでいただけたと思います

今回も雨の中、お越しくださいましたお客様、出店者の皆さま
本当にありがとうございました (_ _)
2013/09/30のBlog
[ 17:39 ] [ 八百結 ]
10月20日のマルシェ用スイーツ
芋・栗・南瓜のタルト
この3つがついに完成

さっそく行ってきましたじろSUN工房

うーんっ
カボチャのクリームが美味しいのなんのって

中がクリームとスポンジの層になっている

夢パンプキンのタルトと紫夢紅芋のタルトをペロリ
幸せ 恋しちゃう感じです

皆さまにも恋してもらいたいー
夢前夢工房産使用 秋の収穫シリーズ

夢パンプキンのタルト
渋皮栗のタルト
紫夢紅芋のタルト

10月20日(日)レウルーラ姫路二階町マルシェ
1F カフェの美味しいスペシャリティーコーヒーとともに
もちろんその他ドリンクあります

※ケーキは数に限りがございます

どーしても食べたいっ という素敵な方、
ご一報くだされば確保いたします
2013/09/16のBlog
台風一過で姫路は青空が広がっています

9月14日(土)台風前日。。。
第2回目のマルシェを開催、無事終了
可愛い雑貨や占いなど楽しい出店者さんが集合
二階町商店街の新鮮市と同時開催で賑わいました

甘いものがあるとホッする時ってありませんか?
そんな思いから、マルシェ限定スイーツをご用意

今回ご協力いただいたのは宍粟郡山崎町にある、森のお菓子工房「木いちご」さん
朝早くから、選ぶ楽しみもセットで6種類のケーキを用意してくださいました

心を和ますスイーツ
次回は姫路市花田町にあります「じろさん工房」さん特製スイーツ
地元の食材にこだわりたい!と、ちょっとばかりご無理をお願いしてみた・・・

「じろさん工房」オーナー、笑顔で快諾
10月20日のマルシェをお楽しみに(^ ^)

さて、第1回、第2回をふり返り
あーでもない、こーでもないと言いながら、日々精進してまいりたいと思います
お客様、出店者の皆様、マルシェ開催にご協力いただいた皆様
今回もありがとうございます 
そしてこれからも、どうぞ宜しくお願いいたします (_ _)

2013/08/17のBlog
[ 23:31 ] [ レウルーラ姫路二階町 ]
8月10日(土)11日(日)
手づくり市を開催いたしました
手作り雑貨からお菓子まで、色んなブースがあり
可愛い・美味しい・楽しい♪会場となりました

創る人とそれを手にとる人、コミュニケーションも生まれ、つながりつながっていく

ひと月ひと月を積み重ね、いつか
たくさんの方に愛される場所になればと思います

ご来場のお客様、ならびに出展者の皆様、出展の取りまとめをしてくださった陸井様、
本当にありがとうございます

これからもどうぞ宜しくお願いいたします
2013/06/05のBlog
ボランタリーライフ.jpとASRAN WEB TERMINALの統合&システム移管も,ようやく落ち着いてきた(T_T)
殆どのブログの現状を拝見し,ボランタリーライフ.jpのほんとの初期のユーザーさんが,今も使ってくれている.
これ感動!!
例えば,FC FALCO!!
http://www.voluntary.jp/falco/

もう7,8年になると思うけど,最初に「ブログやってみましょうよ!」と誘った人たちが,今も使っている,それはすなわち,活動・事業が続いているということ.
これさらに感動!!

200くらいまで減っているかと思っていたけど,結局500以上のブログが生きていました.

今回のシステム移管は,奇しくもレウルーラ姫路二階町の観艦式と同じタイミング.
当方,レウルーラ姫路二階町のおかげで,本体事業はサステイナブルになっています.
あわせてITの発展で,システム管理コストは大幅に削減.

つまり,統合したボランタリーライフ.jpは,NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンド以上にサステイナブルになりました.

遅くとも今年中には,諸々,ブログの改修も行います.

ソーシャル・デザイン・ファンド関連の事業は,基本的にサブポータルシステムをつかって情報発信しています.
http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/423/8305#8305

このサブポータルシステムも,もっと広めていこうと思います.

2013/05/11のBlog
[ 07:06 ] [ ひょうごデザイン&ビジョン ]
本屋の2F構造とか感動しました.


代表理事 金森 康

新しいひょうごデザインファンド(NPOビル)案件の相談.

これまた絶妙な様相&諸条件.

コードネームは,最敬礼にて,ガトープロジェクト(^-^)
2013/05/03のBlog
[ 07:09 ] [ レウルーラ姫路二階町 ]
レウルーラ姫路二階町開所式.
100名近くのご来賓・関係者のみなさまにご参加いただき,
桃子さんのギターや黒田官兵衛の舞にも祝福され.

2013年5月2日先勝,近畿ろうきん法橋さんの開所宣言のもと,
ようやく旗艦ビルをオープンできました.
共有部分は,6月中旬,秋頃と段階的に改修し,本年中には全ての空間が素敵になります.

日本初の,NPOのサステイナブルな経営を実現する基盤

それがレウルーラ姫路二階町(NPOビル)の目的です.
事業機会を創り,一矢五鳥くらいを狙っています.

さらに,二の矢,三の矢も隠しています(^^).

そもそもは日本初のブログベースのNPO向け情報基盤「ボランタリーライフ.jp」をつくったところから,このNPOビル構想は始まっています.
(奇しくも,現在,ボランタリーライフ.jpの運営引継中)
近畿ろうきん法橋さんの協力で,実現しました.

その後,阪神北NPOハウス(これも法橋さん)や経産省中間支援機能強化事業,日本財団チャリティ事業助成などを経て,ようやくかたちになりました.

タイミングと縁に恵まれ,海外の生き残っている基盤系NPOの事業モデルをみてあるき,
「兵庫で実現でき,必要とされるNPO基盤とは何か」におとしこんだ結果が,レウルーラ姫路二階町です.

レウルーラには「汝,そらの彼方を見よ」との意味をこめています.
(開所式で言い忘れた...(ーー;))

目先の小事にふりまわされているNPOが多い.
これは基盤系NPOが我先にと目先の小事を追いかけるから,という明確な理由もあります.

さあ,心あるNPO人のみなさん,そらの彼方をみようではありませんか!

NPOに心奪われ,素敵なNPO人に恋をした私としては,このサステイナブルな旗艦の誕生に心躍っています(^^)


代表理事 金森 康

[ 06:15 ] [ レウルーラ姫路二階町 ]
Social Design Fundの新事業「NPOビルプロジェクト」.

旗艦となる「レウルーラ姫路二階町」が,2013年5月2日,オープンしました.

「姫路NPOビル」で検索!
http://www.voluntary.jp/portal/hnb/portal.index

神戸新聞に掲載されました.

[ 06:14 ] [ レウルーラ姫路二階町 ]
Social Design Fundの新事業「NPOビルプロジェクト」.

旗艦となる「レウルーラ姫路二階町」が,2013年5月2日,オープンしました.

「姫路NPOビル」で検索!

朝日新聞に掲載されました.

2013/03/07のBlog
[ 19:43 ] [ レウルーラ姫路二階町 ]
NPOビル「レウルーラ姫路二階町」

改装清祓の儀を終え,内覧ができるとこまできました.
7空間のうち,4つは3月中に改修を終え,4月から事業開始.
残り2つは4月中.最後となる和室も夏までには改修を終えます.
おかげさまで,占有可能な空間は全て入居NPOが決まりました.
各位の持っている「運・縁」に感謝(^^)
残るは,ブース貸し4区画のみ.

ショップへの出店(1㎡可)や
ギャラリー・展示スペース・会議室利用は,
これからですので,ぜひ相乗りしてください(^^)
[ 18:54 ] [ ひょうごデザイン&ビジョン ]
ひょうごデザインファンドプロジェクトでは,下記の優待制度を設けています.
レウルーラ姫路二階町をはじめ,今後整備予定の他のNPOビルはもちろん,関連するイベント等でも使用できます.

旧知の皆様へは,2013年5月2日開所式までに郵送いたします.
※初対面の方は,
(1) 振込名義と郵送先をメール(右図)でお知らせください.

いずれも初回のみ.会員期間無期限です

【ゴールド会員】
要件:寄附額100万円以上またはネーミングライツ購入150万円以上
特典:商品・施設利用料20%off(除外商品あり),クリスマスプレゼント

【シルバー会員】
要件:寄附額10万円以上またはネーミングライツ購入30万円以上
特典:商品・施設利用料10%off(除外商品あり),クリスマスプレゼント

【ブロンズ会員】
要件:寄附額1万円以上
特典:商品・施設利用料10%off(除外商品あり)


【ひょうごデザイン寄附基金 専用口座】
三菱東京UFJ銀行 阪急宝塚出張所
普通 0028551
特定非営利活動法人ソーシャル・デザイン・ファンド 理事 金森 康
トクテイヒエイリカツドウホウジン ソーシャルデザインファンド リジ カナモリコウ
2013/02/21のBlog
[ 03:15 ] [ レウルーラ姫路二階町 ]
.10年かけて,分けて修理していこうという皮算用はあっさり崩れ,
一気に設備更新することとなる.

配管もスケルトンになるので,結果,もう50年くらいいけそうな雰囲気.

ただ,費用が...(T_T)
金額聞いたら,銀行,ドン引きするな(^-^)

3月6日に関係者・入居者向けの内覧開始.

4月1日から段階的に営業開始.

オープニングセレモニーは5月2日11:00開始です.

2012/12/11のBlog
[ 07:21 ] [ サステイナビリティデザイン ]
レウルーラ姫路二階町(NPOビル第1号).

名前もレウルーラでいきます.
意味は,古き原語を語源に,
「汝,宇宙(そら)の彼方を見よ」

NPO経営にはちょうど良い感じ♪


※「ひょうごデザイン寄附基金」応援募集中です!
優待制度.ANA風に.ほかのひょうごデザイン寄附基金プロジェクトでも使えます.

【ゴールド会員】
要件:寄附額100万円以上またはネーミングライツ購入150万円以上
特典:商品・施設利用料20%off(除外商品あり),クリスマスプレゼント

【シルバー会員】
要件:寄附額10万円以上またはネーミングライツ購入30万円以上
特典:商品・施設利用料10%off(除外商品あり),クリスマスプレゼント

【ブロンズ会員】
要件:寄附額1万円以上
特典:商品・施設利用料10%off(除外商品あり)

【ひょうごデザイン寄附基金 専用口座】
三菱東京UFJ銀行 阪急宝塚出張所
普通 0028551
特定非営利活動法人ソーシャル・デザイン・ファンド 理事 金森 康
トクテイヒエイリカツドウホウジン ソーシャルデザインファンド リジ カナモリコウ
2012/11/21のBlog
[ 12:57 ] [ サステイナビリティデザイン ]
[2012年10月1日]
NPOビル「レウルーラ姫路二階町」,2012年10月1日,正式に着手決定.

先ほど,近畿労働金庫から融資決定の連絡が入り.
法橋聡さん(近畿労働金庫 地域共生推進部)はじめ,関係社員の皆様のご助力を得て.
http://www.rokin.or.jp/about/contribution.html

不動産の担保があるとはいえ,日本では実績が全く無い事業モデルに資金提供を決める,その器量の大きさこそが社会から必要とされる所以.

NPOビル2号から先も,融資は近畿ろうきんの指定席で(^^)


[2012年10月10日]
神戸で融資の面談.
最近,NPO系に力を入れている金融機関.
サブバンクになるのか?

高度経済成長の日本は,もっとダイナミックにお金が動いていたんだ.
新規事業への資金調達をしていると,今の日本がいかに不況かわかる.
お金が簡単にまわらない&NPOでも借りやすくなったの二面からね.

同時に,NPOビル第2号の買付証明書を提出する.
某国系の補助金採択を特約条件として.
次のXデーは,10月25日.
この会議で合意がとれれば,話は早い.
メインバンク近畿ろうきん,再び登場だ(^-^)


[2012年10月18日]
最低限のレウルーラ姫路二階町(NPOビル)取得資金は,融資でいけそう.
本日,メインバンクと契約書を交わし,サブとは最終面談.
全く緊張しないのは,良いことなのか??

大河ドラマの黒田官兵衛も追い風だしね(^-^)
直営部分の改修を安くできる方法が見つかったのも助かる.
美味しい料理もいけそうだし.


[2012年10月24日]
サブバンクから連絡が入り,融資決定しましたとのこと.
このあっさりさ=日本の不況の深刻さ,だ( ̄~ ̄;)
自己資金とあわせて1か月後のレウルーラ姫路二階町購入&1年分の利子くらいは届いた.
でも入居団体からの出資を募ろう.
そしてSDF御三家の一家からも出資を決めていただかなくては.

その日に,なんと神戸(エターナル神戸六甲の予定)の候補物件の連絡が入る.
それもこれまでの候補と比べると抜群に好条件.

そして,危険なことに,メインバンクは後6,000万,サブは担保に応じてどこまでも貸してくれそうな感じ.
ガッツリCSRパートナーをつかめれば,届くなあ(>_<)


[2012年11月20日]
姫路NPOビル・プロジェクト,いやいや細々した問題がでてくる...
一気に改修してしまえ,との小悪魔の囁きに,
この際,丹波ひのきのフローリングとか入れちゃえ,との中悪魔がのってきて,
屋根に太陽光発電の乗せちゃえよ,との大悪魔まででてきている.
どなたか,ギャラリーのネーミングライツ,300万円くらいで買ってくれないかな(ーー;)

そんな中,もずく天婦羅に続く,エース候補の名前が浮かぶ.
「長近焼き(ながちかやき)」
和風で珍しいコンセプトだし,「長く近くの存在で」な想いもこめて.
金森長近さまより拝領.


[2012年11月21日 大安]
購入!!!!!

11月21日,姫路二階町にビルを購入(^-^)
レウルーラ姫路二階町なり.
南極&コムサロン21のみなさんの協力を得て,廃棄処分中.

改修費が予算内におさまりそうで一安心.

結局のところ・・・
直営ショップの利益がどこまででるか,やね(^-^)
(皮算用が的中すれば,1年で有利子負債は無くなる)

改修後に現地をみてから,となるは承知も,募集してみる.

○かっこいい机と椅子のセットの現物提供:職人orショップからの展示&予約販売.1Fカフェにて.販売手数料15%.

○ノマドワーカー募集:8000円/月~(優待価格),15名まで,フリーWiFi,郵便箱,シャワー(有料),研修・会合スペース優待利用,原則先着順も事業内容の審査あり.

○ギャラリーネーミングライツ:300万円(10年,3年100万円も対応,特別優待あり)

2012/11/18のBlog
宝塚でシンポジウム.
古い洋館のリノベーションを考える.

貴重な時間でした.
壮大な夢物語実現へ向けて,ピースは揃いつつあります.

「特別な物語を持っている建物の”まだまだ役立つよ”という意思」を感じます.

これは神戸のNPOビル案件も同じ.

建築技術の進歩で,改修と継続利用は可能になったとのこと.
であれば,特別な物語の続編を担当させていただこうではありませんか(^^)

守られるのは建物ではなく,我々のソーシャルな事業の方ですから(^^)

2012/11/16のBlog
[ 12:55 ] [ SIFE→Enactus ]
enactus セッション 於 兵庫県立大学.
300人規模で.

enactusは都道府県の名前を冠した大学が向いていると思う.

「地域貢献ができなければ大学の存在価値が無い」ポジションだから.

現に,滋賀大学,琉球大学,兵庫県立大学と,学生からの賛同を得ているわけで.

兵庫は,
都市も観光も1次産業も2次産業もあり,
阪神淡路の震災後のソーシャルな常識もあり,
先駆け地域としては最適.

来年はワールドカップ日本代表を射とめてほしい

2012/11/05のBlog
[ 12:54 ] [ 金森康のNPOガバナンス考 ]
事業を仕上げていく順番って,どうすれば共有できるのか?
パートナーシップ型の新規事業ってこの順番が難しい.
まず1番が決まらない...
最初から躓く(^-^)
何かが1番に決まって,次に2番が決まって,3番が・・・とつながらない.
大きな資金調達を伴う場合は,顕著に決まらない.

資金提供者は,事業全体(殆どは細部まで)の合意ができてからじゃないと決められない,と言う.
事業関係者は,資金の目途もたってないのに合意できない,と言う.しばしば,事業の採算性が確実になってから組みたい,とも言う.
ファンドレイザーの立場の僕は,事業の方向性の合意もないのに資金調達の交渉には入れない.

ただ,この10年のNPOの経験から確かなのは,単独で何かの新規事業を仕上げるのは,不可能といえるし,ナンセンスだ,ということ.
グローバル企業でさえ得意分野を持ち寄った業務提携が当たり前の時代に,市場規模が小さい弱小地域事業者が単独で行う,というのは,愚かというもの.

結局,「実際にやってみせてよ」ということなんだろうけど,
やってみせてよと当たり前のように言う事業体と組む選択肢は無い.
当然ながら,見てて,結果,役立つ経験を得ることは無い.
(見てるだけで出来るなら,みんなメジャーリーガーになれる)

チャレンジして自ら経験したことだけが将来に役立つ.

そもそも新しいことに最初に(≒一緒に)チャレンジする,というのが唯一の正解なはず.
(※全く新しいことをゼロからという意味ではなく,先人の経験に学びつつ新しいことに挑戦,という意味)

このグルグルを,ドカンとぶち破る器量の持ち主が,日本には数多く必要なんだよなあ...

2012/10/28のBlog
2008年ごろから,NPO関連の環境が,なんというかアムリッツア会戦と重なっている.
身の丈に応じていないというか,限界点をこえているというか.

机上の空論やろそれ,とすぐにバレる話が多くなった.
要は,「補給を確保できるわけないのに戦線を拡げる」という愚行.

アムリッツアに例えるなら,うちは第13艦隊のつもりで経営してきたけど,
実際は,第10艦隊だった,というオチなのかなと.
分かってはいたけれど...
NPOビルが成立する段階になって,数字上も人員上も13艦隊ほど上手くは残せなかった.

戦術面ではアッテンボローの役回り,か.
ま,お先にという感じで.(^^ゞ
2012/10/10のBlog
確認したいことがあって,
「NPO 拠点 インキュベーション」でGoogleさんに聞いてみたら,
http://www.voluntary.jp/img/u156/MI1042_028E.pdf
阪神北NPOハウス
がトップにきた.(資料が若々しい...苦笑)

近畿ろうきんと全労済兵庫県本部のCSR支援を得て,
平成17年(もう7年か...)に開設.
ローカールのCSRの先駆けだったし,単なるインキュベーションではなく定住化も選択肢に入れていたので,CSRによるNPO拠点整備という意味も持っていた.

この時,近畿ろうきんHさんに業務提携書へサインしていただいて,ボランタリーライフ.jp(http://www.voluntary.jp/)を開発でき,それがいまのASRAN WEB TERMINALへ続いている.
並行してCSR関連の調査や海外スタディツアーなども行ってきた.

この阪神北NPOハウスに本店を置いて,NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンドは年間5,000万円の事業決算まで成長した.

そして,今,NPOビルという形で新事業が生まれつつある.
並行してCSRでも新事業を.

阪神北NPOハウスは,僕が宝塚NPOセンターの経営をはなれた翌年,閉鎖された.
もう1人の推進者もいなくなっていたし,仕方がないとも言える.
そのお陰で,阪神北NPOハウスという先駆けCSRの糸を紡ぐのは,僕だけとなり,NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンドだけとなる.
ありがたい(^-^)

この紡いでいく糸が,NPOビル事業はもちろん,ソーシャル・デザイン・ファンドを守ってくれる.
苦境に陥ったとしてもチャンスがあらわれるはず.

わびさびにっぽん第4話,ようやく公開.
兵庫県篠山,里山旬菜料理「ささらい」
http://sasarai.com/shop-sasarai/shop_sasarai.html

由緒正しき四つの蔵があるお屋敷に、江戸時代からのお皿や茶碗を使った、旬の料理。
随所に・・・わびさびにっぽん。

まあこれから日本は秋だし,ある意味,ベストタイミングで秋の篠山を紹介できる.

本家を凌駕する編集スピード.
撮影分をアップする前に,MCが大学卒業してまうね(^^ゞ

2012/08/22のBlog
神戸の法務局へ.
少しややこしい手続きがあり,持参.
伊丹の業務縮小で,不便になった.
後は数ヶ月後の再認証の際に,事業等の変更登記して.
今回の法改正を期に,定款を現状に合わせるNPO法人,多いのかな.
定款変えると,なんか心おどる(^^)

ま,代表理事だけの登記になったので,来期からは楽やね.
郵送でいけそう.


と,安心していた翌日...
朝から代表権喪失登記の件で法務局より電話.
驚きの内容で目が覚めた(苦笑)
多くのNPO法人は,決算期が3月末,6月-5月末を理事の任期にしているかと.
で,5月の通常総会と理事会で理事を選定し,就任承諾を経て,理事会が組成される.
6月1日新任・重任登記が合理的.
SDFの場合,ちょうど理事の任期満了で重任と新任があった2011年5月通常総会・理事会.
その理事会議事録に,「互選による代表理事選出と当該理事の就任承諾」が明記されていれば,今回の代表権喪失登記はできたはず.

が,6月1日就任の新任理事の互選(合意証明)も必要と,法務局より説明される.
当然,通常総会(同日の理事会)時には理事の任期外であり,そんな証明は存在しない.
要は,
『2012年3月31日時点の理事による互選で代表理事が選ばれた』という証明文書が必要ということみたい.
例の法改正に伴って,この書類がないと代表権喪失登記ができないとのこと.

分かるような,そんなこだわり意味無いでしょ,な(苦笑)

それで,法務局いわく,6月1日以降の理事会の議事録に,代表理事互選の議案を追加して,加筆してくれ,と.
これを偽装という...
極端な話,2012年3月31日までに理事会が開催されていなかったら,理事会を開催したと偽装して,議事録を出してくれ,と.

「おいおい,法務局が偽装しろって言ったらあかんやろ...」
と一蹴.

結局,2011年6月1日付けの理事の互選書というオチにする.
厳密にいえば,この互選書の法的根拠は無い...
まあ,法人内部の覚書的な根拠はあるから,証明書としては使えると思うけど.

この代表権喪失に関しては,変更登記の猶予期間が設けられたようだけど,時間が経過するほど証明文書を整えることに無理が生じてくる.
なので,早めに処理した方がよい.


神戸の場合,法務局は一歩も引く気なかったし,該当する法人すべてに依頼しているとの回答.
まあ,互選書は,落としどころとしては納得できるが...
文章に少し手を入れて,現実的な書類とした.理事の数も少ないし.

それよりも,2012年3月31日時点のしばりがあるんですね.
こちらの方が想定外.

個人的には,NPO法人サイドよりも法務局の担当に同情しました,最後は.
300500の法人に,偽装を説得するという手間があるわけで.
悲惨です(T_T)


今回,SDFは決算期を5月末にしたので,今度は,理事の責任範囲に関して,タイミングが難しくなる.
決算を終えて,通常総会は7月となるから,理事の任期が切れてしまう.
前事業年度の責任が曖昧になってしまう.
個人的には,将来への貢献よりも過去の責任をNPO法人は重視すべきと思うので,この任期切れ状態はよろしくない.
とはいえ,理事の任期を変更するのも手間ではあるし,実質的なメリットは無いし.

というジレンマもあって,決算期は5月末への2か月だけずらすこととした.
前事業年度と理事任期が重なる折衷案.


関連して,定款変更認証でも笑えない話があって.
役員報酬に関して.
SDFは代表理事金森の報酬を役員報酬で処理している.
税務上,原則として理事が当該法人から受け取る報酬は役員報酬となる.
いくつかの書類を出せば,一般社員と同様の給与として処理もできる.
ただ,代表理事(理事長)は役員報酬とならざるを得ない.

なので,県に提出する役員名簿には役員報酬「有」となっている.
認証申請時に県の担当から電話があって,「役員報酬は利益再分配となるから修正した方がよい」といわれる.
僕が「いや,税務上,法律違反になるからそれはできないし,給与としての報酬に限定しているから利益再分配では無い」と返答すると,
「県への提出書類と,税務上の書類を分けて作ればよい」との回答.

まったく,ふざけるな(激呆れ)
要は,2重帳簿にすればいよいとの県の見解だ.
県がそんなレベルやから,NPOのレベルが低くなっていくねん...

これ,今回の代表権喪失に関して配慮すべきだと思う.
登記簿上,法人代表者が明記されてしまうから,代表者に報酬を出している場合,もうこれは役員報酬でしか処理できない.

無報酬の名誉職的な代表理事と有給事務局長,という典型的な組織なら特に問題は無いのだけど.
ただ,個人的に事務局長という肩書は,いけてないと思う.
世の中の感覚として,???と仕事をイメージできないから.
事務方の課長みたいなイメージもあるし.

そもそも事務的な責任者に,優先的に給料を払う必要は無い.
めちゃめちゃ行政的な発想.
たぶんNPOが伸び悩む原因の1つ.

無報酬の代表理事っているのもいけてない.
ボランティアで数千万規模の事業責任を負えるわけがないから.
今のご時世,社長が最前線に立つ,ってのはビジネスの常識だしね.
特に,小規模のベンチャーなら.

2012/08/21のBlog
[ 01:58 ] [ 子どもがつくる夢基金 ]
宝塚エコネットの「逆瀬川ホタル」の紙芝居.
現実をありのままに伝える,そのこだわりが好きです(^-^)

NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンド,子どもがつくる夢基金アワードのプロジェクト.
宝塚市の公募型協働補助金(現宝塚市きずなづくり推進事業補助金)の対象プロジェクトでもあります.
(http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/?PTN=LV3&LV2=11&LV3=60&LV4=0&Regid=3798)

SDFが,後から相乗りの形で,紙芝居作成部分に資金提供.

宝塚NPOビル(または周辺関連事業)が実現すれば,その利益でもって,市の補助金に相乗り助成して,市民団体は100%補助・助成で事業を推進することができます.

審査コストも相乗りで実質ゼロにできるし,なにより,宝塚市には合ってるんですよ,このくらいの補助制度が.
その理由は別の機会に(^^ゞ


※関連情報
ハッチョウトンボ36年ぶり復活 宝塚市の松尾湿原
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120804-00000555-san-soci

2012/08/08のBlog
[ 23:56 ] [ 実績報告・研修等実績 ]
NPO法人 Social Design Fund 第7期(2011年度)事業報告書
Social Design Fund 7th Annual Report

今年から紙の報告書はやめて,動画の報告書にしました.
情報公開度UP&合理化&環境配慮.

ソーシャルデザインファンドは、第7期より,政府・行政資金から独立した経営となっています.
地域の社会貢献ファンドとして,新しい事業を創出し,兵庫のNPOへビジネスチャンスを提供していきます.
引き続きよろしくお願い申し上げます.

○ゆめのはこ
神戸の灘・東灘エリアを中心に,子どもとアートをつなぐチャリティイベント.
今回のテーマは「神戸こどもゆめはく」.
日本財団チャリティ事業助成3年目,過去最高に盛り上がりました.

○フェアフレンズプロジェクト
ゆめきらきらマグネット,丹波ひのきのスタンドほか.

○わびさびにっぽん

○NPOビル事業

○ひょうごデザイン寄附基金事業

○SIFE JAPAN運営協力

○東日本大震災復興応援
奨学金プログラム We Share a Dream基金
HOPE FOR JAPAN基金

2012/08/06のBlog
[ 00:12 ] [ サステイナビリティデザイン ]
NPOビル姫路二階町の売買契約を結ぶ.
希望額の融資を受けられなければ,一旦流れる特約付.

入居団体にも保証金としての資金提供を求め,
奥のさらに奥の手も依頼.
それでも500万円ほど足りない感じ.
この時期,資金調達の選択肢が無いし...
ひょうごデザイン寄附基金も,やはり現物が実際に見えないとね(ーー;)

不動産管理を主に設立する株式会社で,兵庫県の特別融資制度に申請すべく,担当課へ行って.

あとは,とある特別融資制度への申請も検討中.
詳しく調べていくと,これ,過去実績の団体・プロジェクトが怪しい...
ここの審査に通ると,怪しいNPOの同類として扱われるってことか...

まだ,ひょうごボランタリープラザの方が,合理的か.
と,こちらは連帯保証人ね...

私募債っていうのも1号案件では,流儀からズレるしな...

まあ,1つ1つ選択肢をつぶしていこう(^^)

2012/08/02のBlog
[ 23:16 ] [ 金森康のNPOガバナンス考 ]
テーマは,(米国の)財団が資金提供したいNPOという感じ.

CSRなんかも含め,グーーンと成長しそうなフェーズのNPOに資金提供する,というのは,実際にヒアリングに行っても感じた.
規模が大きいところは,どこかの企業とか財団の手垢がついてて,二番煎じになるから,普通は敬遠される.
(その意味では,日本の企業は,めっちゃいけてない(T_T)
「他の企業が応援しているから安心」という,なんともいけてない発想があるかなと.)

あとは,プログラムオフィサー(PO)とかファウンダーの査定にも響くんだと思う.
アメリカの財団の場合,
PO1人くらいの小さな財団からキャリアが始まって,
中規模の財団へ転職して,
最後は大規模の歴史ある財団へ,
というキャリア形成になっていて,まあ,しょーーもないNPOに自信をもって助成していた人には,上から”お声がかからない”.

逆説的には,大規模の財団が,相応の目利き力を持っているのは,この個人のPOのキャリアに依存している.
最初の頃,最前線で経験して身に付けた目利き力が生命線.

この点でも日本の助成機関はいけてない.
全国規模の財団とかは新卒でPOを雇うでしょ.
世界の常識からはありえない(^-^).
まあ,NPOの最前線を経験したPOが,そもそも日本には数えるほどしかいないから仕方ないけど...

POのキャリアアップは,日本の方が難しい感じ.
POのキャリアをちゃんと評価できる財団が極僅かだし,そもそも地域レベルでPOとしてキャリアを積める環境に無いし.
「POとかファンドレイザーを募集します」って地域の寄附基金があるくらいで,
”開いた口からさらに顎外れる”くらいの低レベル.
(いっそ税金返せと内閣府へ訴状出すか(^-^))


とはいえ,全国規模の財団のPOの目利き力を研修で強化できるか?,といえば,
答えはNO.
それゆえ,いまだに煩雑な申請書&報告義務が残る.
その煩雑さをクリアできるNPOであれば助成しても安心,という踏み絵になってる感が否めない.

じゃあ,その煩雑さをクリアできるNPOはいけてるのか?,と問われれば,
答えはNO(^-^)

よほど暇で書類作業の時間があるか,管理費をかけてて余計な人がいるか,まあ,中には精鋭の人材がいるケースもあるけど,確率的には,いけてないNPOが圧倒的に多い.
要は,大切な現場が手薄(または空想世界)ってNPOが,煩雑な報告書をクリアできるだけで.

ここで,財団とNPOの距離感は重要かも.
ゲイツ財団とかは違うけれど,要はPOが地域の課題を理解できる範囲で,かつNPOをみてまわれる範囲で助成している財団が,割合的には95%くらいなんじゃないかと.
助成のきっかけからして,
日本:申請書提出
アメリカ:POがいけてるNPOを発見.これだと社会的投資へ発展できる.

なので,まあ,日本は当分かわらないねぇ(^-^)


というわけで,日本は,NPO,企業CSR,財団それぞれが,”お互いさま”って感じでレベルが低い(^-^)
前向きに言えば,発展の余地が大きい.
今は,企業CSRがこの発展の余地に敏感になってきていて,アタマ5つくらい抜き出てきた感あり.
ただ,当然ながら,東京の企業のセンサーでは,組めるNPOを見つけられない.
アタマ5つくらい抜き出て分かる現実(^^ゞ


魅力的案件発掘がなにより大事.
その案件(≒人または人たち)のフェーズが,”さあこれから”って起業期であり,かつ普通の人であるほど,我々地域のNPOにとって有意義.
それはすなわち,財団とか企業CSRにとっても意義が高い案件になる(はず...).

アショカとかは,ソーシャルな業界のエリート中のエリートを選抜するという印象.
ビジネスモデルとしては合理的と思うけど,じゃあ日本の兵庫ってローカルからすると,大きくズレてると思う.
先のPOのキャリアパスなんかも背景は同じで,魅力的な案件の成長と共に,POも成長し,その成長エネルギーの波及効果こそが地域にとって必要なんだと思う.
でいくと,アショカとかは確実に成長する(または既に成長している)人を囲い込むわけで,やっぱり地域からするとズレる.
それまでその人を応援してきた財団とかの功績をかっさらう,と言える面もあり.

成長期のベストタイミングで資金助成できる財団のPO,
というのが原則(理想じゃない!)なんだけどねえ.
セミナーとかで会ってるレベルでは何も始まっていないし.

例えば,この前会った東京のNPO主催のイベント,あれは決定的に欠けているものがあって.
目の前に現場の感動がないのよ(^-^)
感動的な良いイベントでしょって主催者から上から目線で来られるけど,日々,もっと感動的な場面をみてきた者からすると,別に何も感動しないの.
あの手のイベント(T_T)


なので,兵庫のいけてるNPOと提携して,うまく全国へもっていけば引く手数多になる.
ただ,その”いけてる”を,東京の人とは感覚的に共有できないので,共有できる”いけてる数社”を狙い撃ちするしかないのだけど...
または,”いけてるPO”を.

兵庫は全国一(≒唯一)のモデルエリアとなる.
都市部があり,農・漁・林があり,交通・物流の要所であり,なにより民度が高い(そもそも高いのに加え,阪神淡路大震災後の経験がある).
観光資源もある.
そして富裕なエリアを持っている.数も新興もあわせて.
大手企業の生命線である富裕層マーケットを,兵庫のNPOは自然と持っているわけ.
これは,大阪は局地的にしかなく,また大阪のNPO(特に大阪市内)は目先の利にしか興味が無いので,兵庫・神戸は圧倒的に有利.

ここ数年,経産省の仕事で全国をまわってみて,兵庫・神戸の優位性を再確認.

というわけで,私&ソーシャル・デザイン・ファンドにとって,兵庫・神戸で,このポジションで10年仕事してた,というのは,かなり有利なのです.


最後に宣伝(^-^)
このあたりの話も入っています.
「封印していたNPO・PPPに関する研修再開」
http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/137/42529#42529
2012/07/27のBlog
[ 00:32 ] [ ひょうごデザイン&ビジョン ]
ひょうごデザイン寄附基金,募集開始します.

ひょうごデザインファンド事業(NPOビルほか)は,ようやく「寄附をください」と自信をもって言える内容になりました.
波及効果と10年以上の継続効果があります.
寄附を生きたお金にできる,と自信をもって言えます.

ゆえに,ソーシャル・デザイン・ファンド創業以来初めて,
「寄附で応援してください」と言います.
http://youtu.be/JieAE9oU8As

【ひょうごデザイン寄附基金 専用口座】
三菱東京UFJ銀行 阪急宝塚出張所
普通 0028551
特定非営利活動法人ソーシャル・デザイン・ファンド 理事 金森 康
トクテイヒエイリカツドウホウジン ソーシャルデザインファンド リジ カナモリコウ


NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンドは,寄附基金事業を柱に創業しましたが,
設立当初から,積極的に寄附をお願いしていません(※1).
原則として,「寄附者に,ご自身で選んでください」というスタンス.

寄附をしたい・寄附先を探しているという方には,相応しいNPOを紹介できますし,紹介してきました.
冠寄附基金を預り,社会貢献活動に役立てるお手伝いもしてきました.

ゆめきらきらマグネットなどのフェア・フレンズ・チャリティグッズは,グッズそのものを買ってもよいという気持ちに,寄附をプラスするという小細工が入っています.

なぜ寄附をお願いできなかったのか?

端的に言うと,「寄附をください」と真正面から自信をもって言えるプロジェクトが無かったのです.

理由は,NPOの経営がザルだから.
寄附がその場凌ぎの運転資金に消えることがあきらかだから.


ザルには3つあります.
1つ目は,無駄使い多い・戦略無し・固定費多すぎの論外タイプ.
金額ではなく,総事業費に比しての割合の問題で,このタイプのNPOは結構多い.
経験則からは,全体の80%くらいかと.


2つ目は,目先の運転資金に”がっつく”タイプ.
補助・助成,指定管理,緊急雇用,新しい公共と,目先のお金にとびついてきたNPOは,戦略は無いし,オリジナル事業も無いし,新しい事業の芽も無い.
もうがっつく先が無くなったので,目先の運転資金を寄附で得ようとしてる.

手の施しようが無い末期症状...


3つ目は,10年継続できたが,これ以上は如何ともしがたいザル.
全ての無駄は省き,少数精鋭・経験豊富なスタッフが揃っているけど,どうしても運転資金に消えてしまうタイプ.
具体的には,不可欠な固定費(拠点家賃など)に消えてしまい,次の事業の芽を育てる余力が無い経営状況.

これは,日本社会が未熟だから生じる問題です.
この”10年モノ”のNPOは地域の宝物で,将来,地域の価値を左右する可能性を秘めています.
経営者の能力は高いし,スタッフでも新規事業創出能力を備えています.
このNPO・人材をより多く確保できた地域は,生き残っていける可能性が高くなります.

このレベルまできたNPOでさえ,資金不足に悩まされ,新規事業を仕掛ける余力もないというのは,ある意味,日本社会が残念な社会という証拠かなと.

NPO全体の数%,このレベルのNPOがあります.

兵庫県は震災後のNPOムーブメントの置き土産で,このレベルのNPOが比較的多い.

つまり,日本のNPOのほとんどは「経営がザル」.
なので,厳密に言うと,寄附を求める資格が無い.
ただし,ほんの一握り,キラッとひかるNPOがある.

ひょうごデザインファンド事業は,当然,この3つ目のキラッとひかるNPOと”だけ”組みます.
さらに,運転資金としてではなく,寄附金を投資資金と位置付け,一般テナント収入から回収できるNPOビル事業に資金を使います.

つまり,寄附金は使い切るのではなく,投資ファンド(直接投資型SRI)の原資として,然るべきプロジェクトへ”何度も再投資し,都度回収”していきます.

それにより,はじめて,寄附金・協力金が”生きたお金”になります.
ザルではなく甕(カメ)に水を注ぐこととなります.

カメ(甕)に水をください,というのは言っても良いだろう,と.


まず達成する目標は,どうしても必要な固定費(拠点家賃)を実質ゼロにすること.
それにより,中心スタッフの人件費を確保でき,経営は改善します.

そして,自主財源をつくるビジネスチャンス(=ショップ,カフェなど)を家賃無料で提供します.
(現実的には,そのどちらかが妥協点)


NPOビルプロジェクトは,寄附金がなくても採算がとれる事業計画になっています.
ですが,第1号案件は,どうしても期初資金が足りません.

兵庫・姫路に縁のあるみなさん,ぜひ寄附で応援してください!!

1万円以上の寄附者の皆様には,姫路NPOビルで使用できる永久優待カードを発行いたします.
直営の飲食・物販・施設利用料等を常時10%割引いたします.
振込時の証明書(または振込日と名義)を保管しておいてください.
開店時に永久優待カードと交換させていただきます.


(※1 東日本大震災復興応援の「奨学金プログラム We Share a Dream基金」は,このNPOビル事業を前提に,寄附をお願いしていました.)

2012/07/20のBlog
[ 11:08 ] [ SIFE→Enactus ]
SIFE日本国内大会2012が7月に開催されました。
http://www.youtube.com/watch?v=8dRAoyoWid8

素晴らしい次世代の倫理的なビジネスを引っ張って行く若いリーダー達を見れ、とても胸が高まる大会でした。
早稲田大学が今年も優勝し、この秋に日本代表としてワシントンへ訪れ、世界各国の代表と戦います。
SIFE JAPANに対する熱い応援、誠にありがとうございます。

SIFE WORLD CUP 2012は,
9月30日~10月2日,ワシントンD.C.
http://www.sife.org/worldcup/
会場でお会いしましょう(^-^)

動画: NPO法人 ソーシャル・デザイン・ファンド - 長川幸政


2012/07/11のBlog
[ 11:28 ] [ SIFE→Enactus ]
SIFE WORLD CUP 2012

国内大会 初戦ラウンド.

兵庫県立大学,琉球大学,ほか計9大学.
兵庫県立大学(金森母校)の初戦入場前.

余裕あるやん(^^)
と思いきや・・・

プレゼンメンバーは緊張してたみたいです(^^)

SIFE WORLD CUP 2012日本大会の初日を終え,
関係者懇親会で美味しいカレーをいただき,
兵庫県立大と琉球大の決勝へ向けた改善におじゃまし.
そして,
ソーシャルデザインファンド・チームは,明日の決勝日のオープニングで流す初戦ダイジェストムービーの作成.
長川幸政が,しばしの仮眠から復活して.

ちょっとした援護は,肝心の動画が無く,断念.

ホテルカデンツァ光が丘のオススメの朝ご飯をしっかり食べて,2日目決勝へ!!

SIFE WORLD CUP 2012 日本大会終了.
優勝は早稲田大学.
Competitionに対する理解度の差が圧倒的だった.
個人的には,2011日本大会の初戦リーグで早稲田のジャッジをしていて,初代の勢いやオーラを感じ,次の代のイメージができなかった.
後を継ぐのは無理だろうな,と.
でも,久保さんをはじめ,次の世代が活動を継いでいる.
その凄さは,やはり2012日本代表に値すると思う.
心から祝福を(^^)

This is just a game,
という範囲でしか考えられない大学生もいるだろうし,
そのレベルでしか判断できないジャッジは多いだろう.
ただし,SIFEは実践・行動・起業が前提となっているわけで,
ちゃんと根っこを見ている人がいる.
特に”ソーシャルな起業”の面では.
まだまだ伸びるのか,まあ今がピークなのか,または足下が空虚なのかを.

なにより,Competition gameのレベルでは,SIFE JAPANの関係者は誰も得をしない.
スポンサーに対しては失礼すぎるし,大学生は直感で離れていく.
(今年のエントリーが9大学っていうのは,このCompetition gameレベルって評価なのかもしれないな)
 
2位は京都大学.
今のプロジェクトは,筋が通っている.
さらなる発展を期待!

3位に兵庫県立大学(母校).
初参加で堂々の決勝進出.
おめでとう&ありがとう!
「参加してみて,想像してたよりも凄く良かった」との感想を聞いて,
強引に勧誘した身としては一安心.
次世代の数名は,ぜひワールドカップ2012を現地で感じて,国や地域に対する誇り・プライドというものを感じてきてほしい.
ワールドカップの方が,断然,姫路を評価してくれるスキームになっているから.
地域の大学にとって,SIFEは相性が良い.
ベタな実践をしている大学ほど,良い(^^)
初戦の出来を10とするなら,決勝は7くらいだったのが,ねえ(ーー;)
決勝で13くらいまで出し切って,で,プラスαの応援が自然と出たら・・・
届いていたね,日本代表.
日々の活動の差ではなく,Competitionモードの差だけ.
来年は逆転できるよ(^^)

SIFE WC 2012日本大会のサプライズ.
ホテルカデンツァ光が丘&前田建設工業の粋なはからい.
参加大学全てのロゴとワールドカップ優勝祈願のデコレーションケーキ.
ホテルのパティシエが,数週間かけて空き時間に,とのこと.
多くの参加者がアップしてる(^^)

前田建設工業のCSR担当は,現場も役員も素敵(^^)
建設原価公開は潔いし,新しい竹富島の蝶の取り組みもよい感じ.
SDFのNPOビルは,前田建設工業に依頼していて,なんとか合意点をつくりたい.

前田建設の創業は福井の美山.
僕と同郷.
創業時,僕の先祖とも何らかの関係があったはず.
同郷なんだからビル建てて,と最初にCSR担当を訪ねた日が懐かしい.