ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
地域安全マップ協会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:203件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/06/15のBlog
[ 16:58 ] [ 地域安全マップ作成講習会 ]
【5班】
2~3年生のチーム。学校の周りをぐるっと見て回りました。一番最初に教室に戻ってきて、時間があったので一人一枚、じっくりとコメントを書いてくれています。地域安全マップ作りは「フールドワーク」と「コメント書き」がとても大切です。その重要性をしっかりと理解した一枚に仕上がっています。代表で修了証を受け取った子の表情も印象的でした。
【6班】
3~4年生のチーム。フィールドワークもコメント作りもコツをつかむのが早く、指導員の「ここはどう思う?」「キーワードだとどれに当てはまる?」という問いにしっかりと答えてくれました。コメントには友達に伝えるように書くということで「ガードレールの中を歩こう」などの呼びかけも書いています。指導員が途中で止めるほど、夢中で取り組んでくれました。
【7班】
5~6年生のチーム。高学年ということもあり、雨の中どの班よりも遠くまで足をのばしてポイントを見つけてきてくれたようです。発表会では、「高学年だから漢字ばかりになってしまったけれど、低学年でも読めるようにふりがなをつける工夫ができて良かったと思います」という発表もありました。事前授業のクイズでは、何度も素晴らしい意見を述べていました。
危険を伴うような荒天の場合、フィールドワークに出るのが難しく室内プログラムに切り替えます。しかし、今日はたくさんの協力と保護者・教職員の皆様の思いもあり、多少時間を短くする形でなんとか通常通りのプログラムを実施することができました。毎年たくさんの子どもたちが参加してくれるのもうれしいです。十小子どものための会の皆様、校長先生、教頭先生をはじめ教職員の皆様、保護者の皆様、参加してくれた子どもたちに感謝いたします。いただいたお茶に貼られた手書きのコメントも、とっても嬉しかったです。
さて、朝霞市では大人向けの「指導員養成講座」も行っており、そちらを受講された方もフォローアップ講習を兼ねて指導のお手伝いに来てくれました。多い方では4回目のご参加。ありがたい限りです。協会の指導員とペアになって子どもたちに指導をし、終了後には振り返りをすることもできました。地元の方が地元の子どもたちに教える…これはとても理想的な形で、これが長く続いていけたら良いなと思っています。ご協力いただいた朝霞市役所の皆様、朝霞市青少年育成市民会議の皆様にもこの場を借りて御礼申し上げます。作ったマップが学校に一年間掲示されるのは、子どもたちもきっと嬉しいことでしょう。

※地域安全マップ協会はFacebookでも情報発信しています
地域安全マップ協会Facebookページ
↑ぜひ、「いいね!」をお願いします♪
[ 16:57 ] [ 地域安全マップ作成講習会 ]
2019年6月15日(土)、埼玉県朝霞市立朝霞第十小学校にて地域安全マップ作り教室が開催され(十小子どものための会主催)、当協会の指導員7名と研修生8名で伺いました。こちらの小学校では毎年地域安全マップ作りを行っており、完成したマップは翌年のマップ作りまでずっと学校に掲示されます。今年は雨が降る中でしたが、予定通りフィールドワークも行い、元気いっぱいの子どもたちがたくさん参加してくれました。保護者様や教職員の皆様にもたくさんの協力をいただき、見事に7枚のマップを完成させました。
【1班】
1年生中心のチーム。雨が降る中だったので、あまり欲張らずに一つ一つのポイントをじっくりと見て回ってきてくれました。講義の時も積極的に手を挙げてくれ、発表会でも言ってくれていましたが、最後までとても楽しそうに作ってくれたことが印象的でした。タイトルのハートや可愛いイラストなど、マップ作りの時間を有効活用して装飾も頑張っています。
【2班】
こちらも1年生中心のチーム。コメントの書き方で苦戦した部分もあったようですが、「危険」「安全」のキーワードについて自分なりの表現で頑張って伝えようとしている様子がこのマップからも分かります。一度きりではなく、繰り返しているうちに書くコメントもレベルアップしていくと思います。毎年取り組んでいるこちらの小学校なら、それができます。
【3班】
1年生を中心としたチーム。事前授業の中でたくさんの発言をしてくれた子もいました。あいにくの天気であまりフィールドワークに時間をかけられなかったため、荒天で室内プログラムに切り替わった場合を想定してあらかじめ用意している写真をところどころに交えてマップ作りをしてくれました。「楽しかった?」の問いに「楽しかった!!!」と元気に答えてくれました。
【4班】
2年生中心チーム。ぱっと見ただけで華やかな印象のマップが完成しました。短い時間ながら、コメントも10枚書くことができました。事前授業の時は「発表したい」と積極的に手を挙げてくれ、自分の考えをしっかりと発表。マップ作りの途中で「これ超楽しい!またやりたい」と言ってくれていたことがとても嬉しかったです。楽しく学べる体験学習だからからこそ身につきます。
2019/05/25のBlog
[ 15:22 ] [ 地域安全マップ作成講習会 ]
2019年5月25日(土)、大阪府八尾市立南高安中学校体育館にて春の地域安全運動「八尾市民のつどい」が開催され(八尾防犯協議会・八尾市・八尾警察署主催)、当協会認定講師が訪れました。今回伺った講師は大学生の頃から八尾市に地域安全マップ指導員や講師として訪れており、思い入れの強い地域の一つです。

やお安全安心憲章唱和、主催者挨拶などに続き、「犯罪は"予測"して防ごう-景色を読み解く本当の防犯-」と題し、30分ほどの防犯講話をさせていただきました。子どもたちがどれくはい集まるか分からなかったため、子ども向けと大人向け(パトロール活動に従事されている方向け)の両方の準備をしていましたが、小学生や中学生も多く集まっていたので子ども向け講義へ。持ち時間が30分だったので導入部分は大幅に省きましたが、クイズを出して子どもたちとやり取りをしながら進めさせていただきました。少しでも景色を読み解くことの大切さが伝わっていると嬉しいです。

講和の後には、大阪の安全を守る「マモルヒーローズ」のヒーローショーや青パト出発式などもあり、とても面白いイベントだったと思います。主催者の方々の挨拶からも「安全」への思いが強く感じられました。プログラム終了後には地域の方から「なにかの形で活かしていきたい」などの感想をいただき、頼もしく思います。何事も継続が大切。これをきっかけに、防犯活動も長く続くことを願っています。

主催者の皆様、ご協力いただいた方々、ご参加いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

※地域安全マップ協会はFacebookでも情報発信しています
地域安全マップ協会Facebookページ
↑ぜひ、「いいね!」をお願いします♪
2019/05/15のBlog
[ 14:06 ] [ 地域安全マップ作成講習会 ]
2019年5月15日(水)、杉並区立松庵小学校にて地域安全マップのキックオフ教室が開かれ、当協会の講師が訪れました。こちらの小学校では毎年4年生が何回かに分けて事前講義、フィールドワーク、マップ作り、発表会・まとめまでを行っており、フィールドワークやマップ作りは、先生方のほかにも学校支援本部の皆さん、保護者様や地域の方々など多くのご協力のもとで開催されています。

色々な経験をする機会を数多く提供する学校のもと、日頃から外部講師の授業や地域の方々との交流に触れている子どもたちは、毎年積極的に発言をしてくれます。今年も本当に素晴らしかったです。なるべく多くの子どもたちに発表のチャンスを与えるものの、45分の中では全員を指名することは難しいので、クイズ形式のときはあえて答えをすぐに言わず、考える時間をとっています。すると、あちこちで「こうじゃないかな?」「こういう考えもできるよ」と、友達同士で意見交換している様子が見られ、とても嬉しくなりました。指名された子もしっかり自分の言葉で説明でき、「今の答えはなにが良かったかな?」と指名した子以外に問いかけてみても、「キーワードを使って分かりやすく説明できていたところ」など、周りの意見もちゃんと聞いてくれていることが分かりました。

講師からの質問に対しては、最初からポイントを押さえた回答が多く、毎年取り組んでいる成果も見られました。これはどんなマップができるのか楽しみです。

松庵小学校学校支援本部の方々、教職員の皆様、参加してくださった保護者様や子どもたちに御礼申し上げます。また発表会でお会いできるのを心待ちにしています。

※地域安全マップ協会はFacebookでも情報発信しています
地域安全マップ協会Facebookページ
↑ぜひ、「いいね!」をお願いします♪
2019/03/16のBlog
[ 16:32 ] [ 地域安全マップ作成講習会 ]
2019年3月16日(土)、戸田市立教育センターにて地域安全マップづくり研修会が開催され(戸田市主催)、協会認定指導員4名と研修生1名で伺いました。今回は、事前に用意された写真を使っての模擬マップづくり。2班に分かれて、地域の大人や小学生、市役所方々と一緒に意見交換をしながらマップを完成させました。
【1班】大人5名&小学生1名の班
写真を表示させながら行った仮想フィールドワークでは緊張気味だったようですが、コメントを書く作業では指導員も驚くほどのスピードで書き上げてくれました。空いた時間があると使用した写真を自分の地域にある場所にあてはめて考えるなど、非常に関心を持っていただけたようです。発表会では、「景色で判断することの重要性が分かった」「自分の暮らしている地域でも役立てたい」といった感想をいただきました。参加した小学生が「作った地図を持って帰る!」と言って、愛着を持ってくれたのもうれしかったです。
【2班】大人5名の班
日頃からパトロールをされていて小宮先生の本も読んだことがあるという方もおり、仮想フィールドワークの段階からかなり積極的に意見交換をしてくれました。「入りやすい」「見えにくい」といったキーワードをすぐに使いこなして、そういった景色では具体的にどういった危険が考えられるのか、すぐにできる対策・改善点はあるのかなど、より深い話しもしていました。発表会では、「日頃行っているパトロール活動にも活かしていきたい」という声もあり、今回の研修会が明るい未来に繋がってくれそうだと感じました。
研修会に参加して頂きました方々、事前打合せ・準備・当日の進行などのご支援もいただいた主催の戸田市役所の皆様に心より御礼申し上げます。「景色を読み解く力」をぜひ色々な場所で広めていっていただければと思います。
※地域安全マップ協会はFacebookでも情報発信しています
地域安全マップ協会Facebookページ
↑ぜひ、「いいね!」をお願いします♪