ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
あびこ谷津学校友の会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:509件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/02/13のBlog
[ 23:02 ] [ 活動記録 ]
今年もニホンアカガエルの産卵が始まり、順調に卵塊数も増えています。

年一回の産卵期にメス一匹が1卵塊を産卵するので個体数を把握できるということで、
この卵塊数は里山保全活動の指標となりますから、毎年この時期になると「ことしはどうだろう?」とドキドキします。

今日の調査では新たな卵塊もカウントしましたが、早い時期の卵塊は孵化が始まっていました。こちらは新しい卵塊。コンパクトに固まっていて透明感があります。

そしてこちらはもう孵化が始まっている卵塊。
よく見ると小~さなオタマジャクシが!
日のあたるあたたかい場所の卵塊は孵化が早いそうです。

卵塊は鳥たちにとってもごちそうなんでしょうね、きっと。
鳥がつついてばらばらになったのだろうと思われるものもありました。
せっかくの卵塊、食べられたくないなぁと思いつつ、でも、これが生態系のピラミッドなんですよね。

だから里山の野生生物のピラミッドに属さない人間が貴重な卵塊や孵化したオタマジャクシを持ち出すようなことのないようにしてほしい!

軽い気持ちで家に持ち帰るのはNGだということ、それからもちろん商売として採集してはいけないということを発信し続けるのも大切だと感じます。
2020/01/31のBlog
[ 21:18 ] [ 谷津の生きもの ]
最近よく見かける冬鳥。

でもこんな真正面から見るとまた違った雰囲気。

さてさてこの鳥は??
シベリアから渡ってくるそうです。

日本にいる時期は非繁殖期なのでさえずることなく口をつぐんでいるから

ツグミなんだそうな。

「だるまさんがころんだ」のように歩くと言われていますが、
ぐっと観察していたらほんとによく歩く歩く。
飛んだ方が早いのじゃないかなと思っちゃうくらい。
2020/01/26のBlog
[ 21:49 ] [ 活動記録 ]
23日、それから今日と、保全作業日が連続して雨。
両日雨天中止となりました。

この雨が、ニホンアカガエルの産卵の引き金になったらいいなと思っていましたが、
あいにく来週前半は雪になるかもしれませんね。

雪が積もるようなことがあれば、早朝の白銀の世界の谷津を見に行ってみたい!

冬もワクワクがいっぱいの谷津です。
2020/01/20のBlog
一月これからと二月の作業スケジュールです。
ニホンアカガエルの産卵に備え、産卵場所となる水辺畔の整備が保全作業のメインになります。一日だけでも参加可能です。興味のある方、お気軽にご連絡ください。

1月 23日(木) 水辺畔の整備
26日(日) 水辺畔の整備 、多自然型水路生き物調査 ニホンアカガエル卵塊調査
 30日(木) 大豆袋詰めとハケの道周辺整備

2月 2日(日) 大豆煮とハケの道周辺整備 ニホンアカガエル卵塊調査
 6日(木) 味噌つくり 9時アビスタの調理室集合
 9日(日) ハケの道周辺整備 ニホンアカガエル卵塊調査
 13日(木) ハケの道周辺整備、運営委員会作業終了後作業小屋 
 16日(日) 田んぼ たい肥撒きと周辺整備 ニホンアカガエル卵塊調査
 19日(水) 鳥の観察会 9時作業小屋集合
 20日(木) 田んぼ周辺整備
2020/01/19のBlog
[ 21:43 ] [ 活動記録 ]
先週の野鳥観察会のご報告です。
以下17種を観察しました。

コサギ、コゲラ、ウグイス地鳴き、アオジ、チョウゲンボウ、ツグミ、シメ、ジョウビタキ♀♂、アカハラ、シロハラ、シジュウカラ、ハシボソガラス、キジバト、ヒヨドリ、カシラダカ30匹群れ、アカゲラ、オオタカの幼鳥 

猛禽類から小鳥まで、鳥の観察には嬉しい季節です!