ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ゆずり葉コミュニティのブログへようこそ!
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1495件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/05/15のBlog
 タニウツギ(谷空木)
落葉小高木で、5月から6月にかけて田植えの時期に色鮮やかな花が咲くので 「田植え花」 としても知られる。新緑の中で咲くピンクの花はひときわ映えて見えるので見つけやすい。エネルギッシュなピンクが印象的である。満開期は枝が垂れるほどになる。山地の谷沿いに自生することからタニウツギと命名されたが、環境への適応力が高く、管理の手間もかからないため、都市部の公園等にも植栽される。花期になると至るところで見受けられる。

ツクバネウツギ(衝羽根空木)
落葉低木日当たりのよい丘陵や山地に生える。よく分枝して茂り、高さは2mほどになる。
花は白色、ときに淡黄色や淡紅色を帯びる。枝は硬く真っ直ぐのために木釘を作っていた。
短い枝の先に二輪一組で開花。プロペラ状になる果実の萼片の様子が羽根突きの羽根に、枝の様子がウツギに似ていることから命名された。種子は羽根突きの羽根に似る。これが名前の由来となった4~6月に咲く、花は内側に黄色い斑点がある。




2019/04/22のBlog
 兵庫県では、平成12年度から豊かなスポーツライフを実現し、スポーツを通した地域コミュニティづくりを進めるため、全県下の小学校区に地域スポーツクラブを設置する支援事業が実施されました。ゆずり葉は平成15年度で設立しました。地域スポーツクラブの特色は、①同一世代・単一種目・競技志向の地域の誰でも、全ての世代が気軽に参加できます。ゆずり葉コミュニティの広報紙3面に世話人などの詳細が掲載されており、自由に参加できます。②様々な種目を行い参加者が好きな種目を選択できます。現在ゆずり葉は17種目あります。③それぞれのレベルに応じた指導プログラムが選べます。このように、地域スポーツクラブは 「だれもが、いつでも、身近なところで」 スポーツができることを目指した地域住民の自発的・主体的運営によるスポーツクラブとなっています。現在ゆずり葉地区を超えて市内他校区からも広く参加されています。

2019年度通常総会議案書と案内状は、ここをクリック!!






2019/04/16のBlog
[ 17:01 ] [ 広域会議・フォーラム・現地踏査             ]
 平成31年4月16日(火)、宝塚市総合福祉センターで日赤職員の講師により開催された。日赤は 「人道」 の理念のもと、災害救護活動をはじめ、国際救援活動、救急法の講習事業等、様々な活動がなされている。
これまでの多くの災害から学んだ知識や知恵を、これから発生する災害への備えとして、知るために 「地域で考える災害時の備え」 のテーマで防災セミナーが多数の参加者により開催された。




2019/04/14のBlog
 今、ゆずり葉の裏山は、コバノミツバツツジが満開で散策路がトンネルのように淡紫色の花が咲き誇り、それにマルバアオダモがコントラスト良く白い房状の花を咲かせて春を彩り散策を楽しませてくれる。
マルバアオダモは、落葉高木で5~15mになる。花期は4~5月に白い房状の花を咲かせる。果実は長さ2~2.7cmとなる。 「アオダモ」 という名前の由来は、枝を折って水につけると水が青く染まることからきている。樹皮をめくると青い肌が見える。若い枝は緑色で、若枝や花序、葉柄には細毛があり、次年には灰白色になる。幼木の葉の小葉は丸みがあり、「丸葉」 の名前がぴったり来るが、大きく成長すると小葉は細長く、先端が尖る傾向が強くなる。材がたいへんかたく、粘りがあるので、プロ野球選手が使うバットの材料として有名である。




2019/04/09のBlog
 ゆずり葉コミュニティの オープンな会議 「2019年度定時役員会(総会)」 は、4月20日(日)午前10時から開催されます。既に議案書は役員・委員の関係者には配布済みですが別途当日の配布資料があります。

 その当日配布資料は、ここをクリック!!




2019/04/06のBlog
 4月6日(土)、平成最後となる、逆瀬台4丁目公園で逆瀬台自治会の 「桜まつり」 が行われました。当公園は住宅街にある美しい桜が広がる名所となっています。桜が今、丁度満開になり鮮やかに咲き誇って人々を魅了しました。野点お茶席、売店、俳句の短冊披露、男声コーラス 「逆瀬台サードエコー」・女声コーラス 「ハミング逆瀬台」、そして会場全員の合唱と盛大に開催されました。なお、夜桜ライトアップが3月30日(土)~4月13日(土)の間行われます。

 その動画6分16秒は、ここをクリック!!




2019/03/31のBlog
 裏山のそめいよしのざくら、おおしまざくら、やまざくらがまだ開花しない中、ゆずり葉散策路で春に先駆けて花を咲かせる樹々が裏山の散策を楽しませてくれる。

コブシは、モクレン科の落葉広葉樹の高木。早春に他の木々に先駆けて白い花を梢いっぱいに咲かせている。別名「田打ち桜」。
ユキヤナギ(雪柳)は、枝いっぱいに小さな白い花を咲かせ樹高は1~2mと低く、根元からたくさんの枝を伸ばす。春の訪れを告げてくれる花の1つとなっている。
コバノミツバツツジは、3~4月頃に淡紫色の花が多数咲き、高さ1.5~4mで落葉の低木。ゆずり葉散策路の春を彩る。




2019/03/29のBlog
[ 09:48 ] [ 広域会議・フォーラム・現地踏査             ]
 平成31年3月28日(木)、兵庫県福祉センターで社会福祉法人 兵庫県共同募金会の評議員会が開催されました。
共同募金会は、近年多発している自然災害に対する災害時の災害準備金による支援や緊急配分資金による被災者見舞金、災害支援金の交付が行われています。地域福祉の機運を高め、地域福祉財源の確保と併せて、平時から近隣の地域福祉活動を活発にして 「助け合い・支え合い」 が、定着するまちづくりを進めるのが大きな目的になっています。



2019/03/23のBlog
 4月6日(土)、毎年恒例の逆瀬台自治会の 「桜まつり」 が逆瀬台4丁目公園で行われます。野点茶会、売店、俳句の短冊披露、男声コーラス 「逆瀬台サードエコー」 ・女声コーラス 「ハミング逆瀬台」、そして混声合唱と盛大に開催されます。なお、ライトアップが3月30日(土)~4月13日(土)の間行われます。

 桜まつりのチラシは、ここをクリック!!




2019/03/17のBlog
[ 17:02 ] [ 広域会議・フォーラム・現地踏査             ]
 男女共同参画セミナーが兵庫県立男女共同参画センター・神戸クリスタルタワー7階で平成31年3月16日(土)に開催されました。現在、全国で、男女共同参画社会実現のための教育・学習・啓発の推進が言われて久しくなります。ワーク・ライフ・バランスの推進と個性と能力を発揮できるまちづくりです。男女共同参画の視点に立った取り組みにすべての人が性別にとらわれず仕事場で女性の管理職等への登用、男女の仕事と家庭、地域等との両立、男女共同参画社会実現のための総合的推進であります。自治会活動においても、自らの役割を認識し、リーダーシップが発揮できるよう 「地域で活躍する女性リーダーを増やそう!!」 に取り組みを図る必要があります。女性リーダーの事例発表を通してパネルディスカッションによる熱意と意気込みある意見交換会が行われました。昨年の内閣府主催に続いて女性自治会長である宝塚市の小浜自治会長・小林自治会長が選抜されて登壇されました。



2019/03/11のBlog
 ゆずり葉コミュニティの オープンな会議 「2019年度定時役員会(総会)」 は、4月20日(日)午前10時から開催します。皆様奮ってご参加下さい。

 その案内状と議案書は、ここをクリック!!
2019/03/09のBlog
[ 18:13 ] [ 広域会議・フォーラム・現地踏査             ]
 2019年3月9日(土)、アピア1-5階市民交流テーブルで 「第7回役員会」 を開催しました。総会日が2019年4月27日(土)の開催に決定していますので、定例総会議案書の内容を確認し、併せて議事進行について話し合いました。また2019年5月23日(木)に開催される宝塚市自治会連合会の定例総会の司会に女性登用を図り松川第2地区副会長にお願いしました。
2019/03/07のBlog
 フレミラ宝塚は、指定管理者として宝塚市社会福祉協議会が運営・管理しています。老人福祉センターと大型児童センターの複合施設です。高齢者と児童に「学習・文化活動」・「仲間づくり」・「交流」の場を提供しています。相互に交流を深めることを目的に様々な事業をしています。「いきいき学舎・フレミラ」は60歳以上の宝塚市民を対象とした「出会いと学びの場」になっています。平成30年度「いきいき学舎・フレミラ オープンカレッジ」として「スマホで街の情報発信!」を講座としてスマホを使った簡単動画制作入門が実施されています。何時も持ち歩いているスマホで撮影・同時に編集して、その場でインターネットにアップできるものです。平成31年2月~3月にかけて4回開催されています。スマホの活用で動画による街の様子がわかりやすくその場で広報できるものとなります。

スマホによる情報発信・その場事例:逆瀬川駅前の阪急バス⇒

 その動画1分は、ここをクリック!!




2019/03/05のBlog
 広報紙 「ゆずり葉だより」 春・第95号は、4月1日付発行です。
県立宝塚西高等学校では、平成31年4月から翌年3月までの1年間、毎週2回「フランス語入門」の地域オープン講座が開講されます。これは地域住民と同高の生徒が、ともに学ぶ場を提供し、地域に開かれた学校づくりを目指すものです。当会は、広域活動に積極的に取り組み、事業者や団体との協働を推進しています。

 「ゆずり葉だより 」春・第95号1面~4面は、ここをクリック!!
2019/02/28のBlog
[ 21:30 ] [ 広域会議・フォーラム・現地踏査             ]
 平成31年2月28日(木)、逆瀬台デイサービスセンターで逆小、一小、西山、末広の4まち協の代表者が集まり開催されました。事前に各まち協が 「コミュニティ活動紹介シート」 を提出して、それを基に各まち協福祉活動、まちづくり計画福祉部分についての情報交換・意見交換をしました。
2019/02/23のBlog
 宝塚西高校から連絡がありました。平成31年4月より1年間、2年生(国際教養コース)のフランス語の授業を生徒と一緒に受けれる地域住民向け 「フランス語入門」 を開講し、地域住民の方々〈保護者含む〉の受講生を募集するとの連絡がありました。①授業内容は、初めてフランス語を学ぶ人向きです。②毎回、日本人のフランス語教員とALT(外国語指導助手)の2名で教えられます。(本校のALTは、2名ともフランス語が十分に話せます。1名はフランス語が第1言語です)③募集期間は、3月1日~3月25日(月)必着です。 ④その他の詳細は、下の資料をご覧ください。

 県立西高の地域オープン講座「フランス語入門」実施要綱・受講申込書資料は、ここをクリック!!

 県立西高のウエブサイトは、ここをクリック!!




2019/02/16のBlog
 西宮市・西宮市環境衛生協議会が主催された平成31年2月15日(金)、西宮市立勤労会館で盛大に開催されました。地球規模での環境は地球温暖化、異常気象、自然災害、生物多様性の危機といった種々の問題が山積しています。私たちは、常日頃からの小さな心がけが大切であります。地球温暖化防止や環境保全のためにゴミ分別や節電と省エネ対策など、家庭でできる大切なことが、たくさんあります。この大切な行動の積み重ねが地球規模の深刻な問題の解決につながって行くはずです。


2019/02/11のBlog
[ 09:00 ] [ 広域会議・フォーラム・現地踏査             ]
 2019年2月9日(土)、アピア5階で 「第6回役員会」 を開催した。会議に先立ち生活協同組合コープこうべの買い物支援で、コープ仁川での 「無料送迎車試験運行」 について担当の店舗事業部から説明があった。高齢化が進み 「住み慣れた街で安心して暮らし続けたい」 の願いに 「コープ仁川」 が2019年2月下旬から運行をスタートさせる。運行エリアは店舗から片道20分程度の宝塚市第1・第2地区と西宮市一部であり利用対象者は65歳以上など条件がある。
役員会では次年度の役員改選に伴いローテーションを図るとともに総会日を元号改正に伴い10日間の連休や県・市議会議員選挙日があり検討した結果、総会日を2019年4月27日(土)とした。


2019/01/26のBlog
 ゆずり葉コミュニティは、2月度役員会を平成31年2月3日(日)、ゆずり葉コミュニティルームで開催します。オープンな会議ですから何方でも参加し、ご意見や提案の発言は自由です。但し役員以外の方の議決権はありません。

 平成31年2月度役員会レジメ&資料は、ここをクリック!!


2019/01/18のBlog
 今回、当会が合意形成を以って策定した 「地域ごとのまちづくり計画見直し」 原案では、
■小学校・中学校・高校の体育館や運動場・空教室・体育施設を一定条件の下に地域住民に開放し、スポーツ活動・コミュニティ活動の活性化を図る。スポーツ行政を推進する立場から 「小学校体育施設開放事業」 の運用強化を図り、住民ボランティアによる逆小体育施設運営委員会に積極的に参画する。また、市教育委員会の施策である 「宝塚コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)」 を設置し学校、保護者、地域が一体となって子どもの教育に関わっていく。
 となっている。今後学校園との連携・協働が大切となる。

 宝塚市立逆瀬台小学校のリンクは、ここをクリック!!

 宝塚市立光ガ丘中学校のリンクは、ここをクリック!!

 兵庫県立宝塚高等学校のリンクは、ここをクリック!!

 兵庫県立宝塚西高等学校のリンクは、ここをクリック!!






2019/01/17のBlog
 阪神大震災から24年を迎えました。残り3カ月あまりで幕を閉じる 「平成」 最後の追悼行事となりました。大震災の教訓を風化させることなく引き続き命を守る誓いを新たに1月17日に毎年行われています 「ゆずり葉緑地公園鎮魂之碑」 の前で献花と記帳が行われました。

 宝塚市犠牲者追悼の献花・記帳の動画2分57秒は、ここをクリック!!



2019/01/15のBlog
 今朝は、大阪市街地の遥か生駒山系の裾野にオレンジ色の靄(もや)が立ち込め幻想的で素敵な光景を作り出していた。とは、霧と同様に空気中の水蒸気が凝結して細かい水滴となり浮かんでいて視程が妨げられる状態である。気象観測では水平視程が1km未満のものが霧、1km以上のものがである。霧は乳白色に見え、は青みがかって見える、のが定説であるが、今日の生駒山系のは初めて見るオレンジ色だった。
2019/01/12のBlog
 1月12日(土)11時30分から、宝塚市立中央公民館・ホールで 「ゆずり葉いけばなこども教室」 が、毎月活動している子どもたちの、いきいきと個性あふれる、素晴らしい、作品展を開催しました。平成17年(2005年)から文化庁の支援を受けて毎月活動しています。14年目を迎えました。文化庁の主旨は、日本の長い歴史と伝統の中から生まれ、守り伝えられてきた伝統文化を、将来にわたって確実に継承し、発展させるとともに、子どもたちが歴史、伝統、文化に対する関心や理解を深め、尊重する態度を育て、豊かな人間性を涵養することを目的としています。参加の子どもに加え、多くの保護者の方々にもご出席いただき、修了式を開催しました。皆さんの前で、一人一人に、伝統文化“いけばな”への取り組みを証する「修了証」も授与されました。現在は小学校では逆瀬台、第一、西山、末広、五月台、市外では名塩の広域小学生、それに中学生と高校生までが広く参加されています。モットーは、子どもたちの初心者、大歓迎!!気軽に、楽しく、皆で、「いけばなこども教室」 で学びましょう!!です。






2019/01/11のBlog
 ゆずり葉コミュニティの 「地域ごとのまちづくり計画」 は、実現化を基本としている。平成15年に 「地域ごとのまちづくり計画」 で策定したこの案件は、進展がなかった。しかし平成30年4月から盤滝トンネルの西宮北有料道路は無料化となり、県道明石・神戸・宝塚線の交通量も急激に増加してきた。この場所は、交通死亡事故発生現場でもあり、安全対策からも歩道の設置が必要になっている。この県道の 「ゆずり葉台分岐点」 から 「盤滝口」 間に 「歩道幅員2m」 と 「ガードレール」 の片側を新設する事を 「阪神南県民センター・西宮土木事務所」 へ申請した。併せてこの県道にある白瀬川橋の橋梁補修工事を 「阪神北県民局・宝塚土木事務所」 に依頼していたが、1月中には橋の補修も完了し安全性が保たれる事になった。

 「県道の歩道拡幅工事(片側)の依頼状」 は、ここをクリック!!


2019/01/01のBlog
 平成31年元旦、逆瀬台小学校裏の北側 「ゆずり葉散策路」 から、午前7時7分に生駒山系から太陽が顔をだし、ご来光を仰ぎ、今年も明るい年となりますことと皆さんのご健康とご多幸を祈願いたしました。

 ご来光の動画2分5秒は、ここをクリック!!




2018/12/27のBlog
 1月12日(土)11時30分から、宝塚市立中央公民館で 「ゆずり葉いけばなこども教室」 の作品展を開催します。平成17年(2005年)から文化庁の支援を受けて毎月活動しています。14年目を迎えました。文化庁の主旨は、日本の長い歴史と伝統の中から生まれ、守り伝えられてきた伝統文化を、将来にわたって確実に継承し、発展させるとともに、子どもたちが歴史、伝統、文化に対する関心や理解を深め、尊重する態度を育て、豊かな人間性を涵養することを目的とされています。現在は小学校では逆瀬台、第一、西山、末広、五月台、市外では名塩の広域小学生、それに中学生と高校生までが広く参加されています。毎月活動している子どもたちのいきいきと個性あふれる作品とその教室風景などが展示されます。

 「ゆずり葉いけばなこども教室」 のチラシは、ここをクリック!!




2018/12/24のBlog
 毎年恒例となっている第14回宝塚ハーフマラソン大会が平成30年12月23日(日・祝)、暖かい最高の天気で盛大に開催されました。地元宝塚市民や全国各市町から約5,200人のランナーが参加しました。

 3分19秒の大会の動画は、ここをクリック!!
2018/12/08のBlog
[ 15:56 ] [ 広域会議・フォーラム・現地踏査             ]
 平成30年12月8日(土)、宝塚市立中央公民館で第2地区自治会連合会の 「人権問題に関する自治会長研修会」 が開催されました。アトラクションとして落語家の第一小学校区在住の 「てんご堂 雅落さん」 で 「人がいれば笑いがある」 を楽しく語って頂きました。
人権問題に関する講演は、和久 有彦先生でテーマは、人権 「人とのつながりで楽しいひとときを」 分かりやすく講話を頂き人権意識の向上に繋がりました。



2018/12/04のBlog
 広報紙 「ゆずり葉だより」 新春・第94号は、1月1日付発行です。ゆずり葉コミュニティは、平成29年度から2年間にわたり、まちづくり計画の見直しを進めてきました。 「たたき台」 「素案」 「原案」 とそのプロセスにおいて、皆さんの提案・意見を反映し、合意を頂いて 「計画見直し」 を図りこの度その原案が決まりました。地域が目指す将来像は、 「豊かな自然・美しいまちなみの中で、健康で安心してくらせるまち」 であります。その内容は5つの基本目標と40項目の具体的な取り組みから構成されています。大切なことは、まちづくりにあたっての地域計画を単なる計画に終わらせないことです。今後行政と内容を協議・精査してまとめ、その計画を実現するため定期的に仮称 「計画推進会議」 を開き、進捗状況を確認していきます。

 「ゆずり葉だより 」新春・第94号1面~4面は、 ここをクリック!!




 ゆずり葉コミュニティは、12月度役員会を平成30年12月2日(日)に開催して議案の一つ 「 逆小の地域ごとのまちづくり計画見直し (原案) について 」 その資料が配布され議論を行い原案通り決定しました。

「 地域ごとのまちづくり計画見直し (原案) 」 は、ここをクリック!!