ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
環境ボランティアグループ・宝塚エコネット
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:615件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2018/07/16のBlog
・期 日 2018年7月14日(土)
・場 所 松尾湿原
・参加者 小川、川本、森川(ク)、西村、伊藤(格)、伊藤(線)、西川、豊買、 岡澤、戒田、小宮、 東田、湯浅、安藤、藤田、山本、
 福井先生
 宝塚市社会教育課 水野課長
 宝塚市自然保護協会 足立会長、松田事務局長、村上さん、ほか数名
 一般参加者 大人4人 子供3人
合計31名

 猛暑、酷暑、炎暑、極暑といういろいろ暑さを表す言葉がありますが、本当に暑い中 主催;宝塚市教育委員会・宝塚エコネット、協力;宝塚市自然保護協会でハッチョウトンボの観察会を行いました。

 宝塚駅を出発する朝9時には31.9℃で、松尾湿原到着時の9時30分、25℃でやっぱり市街地より涼しいことを実感しました。
しかし、その後気温はぐんぐんうなぎのぼりで観察会頃には最高37.8℃体温超えてなんど「暑い~!」を連発したしことか・・・・・・・。
 それでも元気な子供たちと保護者の方々の参加があり楽しい1日となりました。
初めに自然保護協会の足立先生から松尾湿原の今までの経緯や、ハッチョウトンボについて紙芝居を使ったわかりやすい説明があり、子供たちも真剣に聞いてくれました。
 ハッチョウトンボは今日は何匹ぐらい飛んでいるかの予想ではいろいろな数が出ましたが、1億匹といってくれた子供さんがいて湿原を埋め尽くすトンボを想像してロマンを感じました。
写真右上 紙芝居を使った足立会長のお話です。

湿原をロープで13区画(観察広場を1区画追加した)に仕切り、伊藤さんの合図で参加者と2回数えました。
1回目はオス100匹、メス47匹で合計147匹
2回目はオス94匹、メス58匹合計152匹という結果になりました。
写真右 ハッチョウトンボの調査区画設定をしています。

トンボは、元気に素早く飛び回る小さなものなので多の誤差はありますが交尾中のもの、水の中のヤゴ、産卵中の雌なども観察することができました。

写真右 ハッチョウトンボのヤゴ

その後、福井先生から湿原を前にムラサキミミカキグサ、モウセンゴケは食虫植物であること、カキランの種はさやの中に何万粒も入っていることやヒメシロネはミントの匂いがすることなど、色々なことを教えて頂きました。
参加者からは「おもしろかった」、「ずっと一度見たいと思っていたので参加できてよかった」などの感想をいただきました。
写真右 福井先生による湿原植物などのお話です。

午前中で観察会を終了し、昼食後は会員によるノギラン、チゴザサ、オオバノトンボソウを調査しましたが、イトイヌノヒゲ、ヒメシロネ、シロイヌノヒゲ、コケオトギリ、ムラサキミミカキグサ等は花が見られないので次回にすることにしました。
来月は、サギソウを観察できることを楽しみに松尾湿原を後にしました。

宝塚駅へ戻りマイクロバスを降りると路面からの熱風を受け西谷との暑さの質を感じました。 
熱中症も心配されていましたが無事観察会を終えました。
皆様本当に暑い中ご苦労様てした。(記;山本)
2018/06/26のBlog
・期 日 2018年6月24日(日) 晴れ
 気温 27度 水温 22度
・場 所 ピカ゜ピカランド
・参加者 豊買、西川、川本、安藤 計4名

①プラスチック水槽の中の幼虫は今年3月1日に19匹いて本日調べたが見つかったの一匹のみ。
他は4月に上陸したのか、死んだのかは不明
この一匹は奥側のプラスチック水槽Aに入れた。

写真右上 水槽の中の幼虫さがし 1匹しか見つからなかった。


②水槽に入れる前に苔玉に産みつけられた卵は確認した。

写真右 ミズゴケに産み付けられた卵の観察
③ホタルの卵が産み付けられた苔玉を、ピカピカランドに設置している青色のプラスチック水槽Aと発泡スチロール水槽Bに置いた。



今後約1週間~10日間で卵から孵り、幼虫が水に入るのを観察予定。
(記;安藤)
2018/06/24のBlog
・期 日 2018年6月23日
・参加者 川本、東田、森川(久)、伊藤(格)、伊藤(千)、西川、安藤、湯浅、能勢、西村、小宮、岡澤、能勢
 福井先生 
 宝塚市自然保護協会 松田さん、村上さん、
 山原さん(西村さんの知り合い)
 社会教育課 千原係長


 雨の予想にもかかわらず、いつもの集合場所に行くと黄色の帽子の仲間達が何人もいて、地震の安否を確認しあってました。
宝塚も揺れたわりには大丈夫だったけど阪神淡路の事が思い出され、みんなこわい思いをしたようです。
マイクロバスに乗り、いつもと変わらぬ街の景色に感謝して、新緑の山を抜けると、西谷はちょうど田植えが終わったばかりで青々とした水田がきれいでした。
 松尾湿原に着いた頃はまだポツポツしか降ってなくて、体操の後、みんなで手分けしてハッチョウトンボを数えました。
 小さくて雌は枯草と間違えそうな色だけど、一匹見つけたら後は次々と目につきます。雌雄合わせて153との事でした。
写真右上 羽化直後のハッチョウトンボ
雨もかなり降って来ましたが植生調査もする事になりそれぞれ二、三人づつで調査用紙を持ってモウセンゴケ、ササユリ、ノハナショウブ、ヤマトキソウ、オオバノトンボソウ、アリマウマノスズクサ、カキランを数えて場所と共に書いてゆきました。
私は二人が数えてくれるカキランを書いてゆきましたが、傘さしていても調査用紙が濡れてボールペンでは雨で消えるので鉛筆にすると紙が破れそうで大変でした。けれど湿原一面にほとんどまんべんなくカキランが咲き、向かって右斜面にも数本づつ咲いていて、数えるのに嬉しい悲鳴をあげるほどでした。
写真右 雨の中調査しています。
湿原の花の咲く期間はみんな短いけどカキランは一番いい時に数えたようです。花か咲いている株は800本以上でした。
写真右 カキランの花
それとノハナショウブも橋の前に三本も咲いていて、そのうちの一本は園芸種のように濃い青紫でちょうどいい時期に見ることが出来感動でした。
写真右 雨に濡れているノハナショウブ
お昼にバーベキュー広場に行くと睡蓮が池の一面に咲いていて、奥の一本の木の上の方に白い塊が3つ。モリアオガエルの卵との事でした。
お弁当を食べていると、雨がさらにひどくなり、午後からの草刈りは諦めて、お迎えのバスを待って帰りました。
雨が降って急に気温が下がり寒い思いをされた方も多かったけど、皆さんお疲れ様でした。(記;能勢)
2018/06/09のBlog
・期 日 2018年6月7日(木)
・場 所 ピカピカランド
・参加者 小川、西川、安藤、豊買、東田、三科、川本
 FM宝塚 パーソナリティ 大西さん

 FM宝塚から、宝塚エコネットのピカピカランドのホタル飼育等に取り組んでいる活動を紹介したいと連絡がありました。
 ホタルがたくさん飛んでいる夜間の取材は無理なので、本日の逆瀬川の美化活動の日に来ていただきました。

写真右上 大西さんのインタビューに応対している小川代表
インタビューをされている間、他の会員は逆瀬川の河川敷に入り、いつもの様にゴミを拾い集めました。
堰堤下の水たまりにあるゴミなどは見つけやすく掬い取りました。
写真右 水たまりのゴミを救い上げています。

しかし、この時期の河川敷の草は青々と茂り、草丈は長く、探しながら集めるのは大変困難でした。
 大きなゴミしかみ見つからず集めたゴミはいつもよりも少なかった。

写真右 今日のゴミを入れた袋 1袋だけ

逆瀬川では西山小学校の三年生たちが宝塚市自然保護協会の指導で境学習をしていました。
この子供たちが、今年の秋にピカピカランドのホタルの幼虫放流会に来てくれるのです。

FM宝塚による本日の取材は、6月11日(月)午後3時からの番組
「つながるボランティア」で放送されます。

参加者の皆様ご苦労様でした。(記;川本)
2018/06/07のBlog
[ 22:34 ] [ イベントの報告 ]
日 時 2018年6月6日(水) 天候 雨
・場 所 宝塚自然の家 松尾湿原・近隣の湿地
・参加者 川本、西川、安藤、伊藤(格)、伊藤(千)、三科、東田、森川(久)、湯浅、 

 にしたによいしょ地域発行誌 林代表

梅雨らしく雨が降る中、 にしたによいしょ地域発行誌 林代表に トキソウの生息する湿地を案内していただきました。

畑の奥に進んで行くとこじんまりとした湿地があって、トキソウが15本咲いていました。

トキソウは湿原に生息していて、花は半開。

雨の中 淡紅紫色が映えてとても可憐でした。

写真右上 トキソウ


林代表と別れて、会員のみで松尾湿原に移動  
途中で車に カバンを置きっぱなしに気が付いた

とりあえず松尾湿原に行ってヤマトキソウの観察をしていると、ご丁寧にカバンを届けてくださいました。 

そして一緒にヤマトキソウの観察をしました。

ヤマトキソウは草地や湿地の周辺に生息し、花は平開しない。

淡紅色のスッとした花。

こちらも雨が似合います

写真右上 ヤマトキソウ


ハッチョウトンボが雨にも負けず、のんびりと割と固まってとまっていました。

中には葉っぱを傘にしてぶら下がっている個体もいました。

若い♂♀ 成熟した♂♀ を確認することができました。

写真 右 ハッチョウトンボ



男性会員が ハッチョウトンボのヤゴの抜殻があると教えてくれました。

今年こそは見つけようと思ってがんばっていたのですが、中々みつけられずとても嬉しかったです。

大きさは1cmくらいです。 

いつか 羽化したところに遭遇したいと思っています。

今日は保全活動がないので、ゆっくりと観察できました。

忘れ物がないか確認をして松尾湿原をあとにしました。

写真右 ハッチョウトンボの抜殻




本日のランチは

宝塚北SAに行きました。

オープンしてからいつも混雑していたようなので、今回が初めてでした。

雨の日の平日ですが、たくさんの方がいらっしゃいました。

ゆっくり食事して、ショップをチェックして、帰路につきました。

お疲れまさでした

毎月一回の保全活動では開花の時期が過ぎていたり、早すぎたりするので、1週間に1回は観察に行くと色んなお花が見れます。

今は日祝が開所していますので、皆さんも観察にいってみてください。

湿原の花はとても小さくて地味な感じのものが多いので双眼鏡を持って行かれるのをお薦めします。

(記:湯浅)

写真右上 参加者 

2018/06/03のBlog
[ 08:22 ]
・期 日 2018年6月2日(土)晴れ
 ・場 所 売布神社駅~従来の3コース
 ・参加者 川本、山本、森川(久)、西川、岡澤、伊藤(千)、戒田、
 東田、豊買、伊藤(格)、西村

 10時半に阪急売布神社駅前に集合。
 くじ引きにより美化活動ルートをきめる。
 巡礼道コース、JR中山寺コース、ダイエーコース
 JR中山寺コースは今回はダイエーから開始する事になった。
 写真右上 売布神社駅前でくじ引き後、各ルートに出発
写真右 拾った傘を広げてみる会員

 JR中山寺踏切山側の空堀はゴミが少なくなりました。
 タバコの吸い殻は相変わらず多い。

 いつも遅くなるJR中山寺コースは早く帰着することができました。
写真右 ゴミの収集分類
写真右 ゴミの整理

 収集ゴミ
 ・燃えるゴミ 4kg
 ・缶類 20個
 ・ペットボトル 40個
 ・ビン類 5個
 ・その他 傘4本、ライター3個、スプレー4本
写真右 美化活動集合写真

 皆様暑い中、お疲れ様でした。 (記:西村)
2018/05/28のBlog
・期 日 2018年5月27日(日)
・場 所 ぷらざこむ
・参加者 山本、森川(久)、湯浅、川本、安藤、伊藤(千)、西村、小宮、 伊藤(格)、西川、豊買、東田、三科、戒田、小川

 本日第4回こむ1会フェスティバルがぷらざこむ1で開催されました。
宝塚エコネットはこれまでも毎回参加してきましたが、今年は初めての試みとして、のこぎり体験、名札づくりを行いました。
ほとんどのグループの催し、展示が屋内で行われたことから、屋外広場での催しはエコネットのみとなったため、場所は広場のどこでも構わないということになり、初夏の日差しを避けるため、屋根、木のテーブル、ベンチがある広場の奥のあずまやを使う事とし、前日の土曜日から準備を始めました。
のこぎり体験はこれまでの松尾湿原での経験を活かし、手作りの固定台を用意し、使用する木も松尾湿原周辺の間伐材を用意しました。また、名札作り用にも、カラーマジックペンだけでなく、色とりどりのシールや、穴を開ける電動器具など、準備万端で、晴天のもと、10時の開場を迎えました。
写真右上 会場入り口の素晴らしい案内看板
エコネットの場所は遠くからでもすぐにわかるように、たくさんノ飾り付けをし、広場の入口にも案内板を置きましたが、それでも子供達が来てくれるか心配になり、女子会員が中心となって、本館の入口のところで勧誘を行い、最初に声かけで来てくれた数人の女の子達が、大喜びでのこぎりを使い、名札作りに夢中になるのを見てとてもうれしかったです。
写真右 のこぎ体験に使用する木材を並べています

写真右 女性会員が張り切って子どもとのこぎり体験
その後、声かけなしでも、次々と大勢の家族連れが来るようになり、来てくれた子供達が、幼稚園から小学生低学年の女の子が中心であったため、のこぎり体験、名札作りの手伝い、穴あけ、ひもとおし、スタンプラリーのシール貼りなど、お世話をする会員は大忙しとなりました。
写真右 お母さんも一生懸命頑張っています。
写真右 薄く切った丸い形の木にドリルで穴をあけ名前等をを書いて出来上がり
 晴れて暑かったこともあり、午後からの参加者が減るなかで、2時すぎに店じまいとしました。
 本日ののこぎり体験に参加した一般参加者は午後2時までに大人45名、子供65名の110名でした。催しは大成功となりました。
準備、本番に参加頂いた会員の皆様、また、朝早くから、受付などで働いて頂いた会員の皆様、ありがとうございました。
お疲れ様でした。
また、本日のフェスティバル自体、これまでで最高の人手になったとのこと、運営委員の皆様、本当にお疲れさまでした、ありがとうございました。
また、戒田さんが可愛いお孫さんたちを連れてのこぎり、名札作りに参加されました。
 (小川記)
2018/05/23のBlog
期 日 ;2018年5月19日(土)
参加者:西川、川本、山本、岡澤、森川(久)、西村、豊買、東田、安藤、三科、伊藤(格)、湯浅、伊藤(千)、小宮
 福井先生
 宝塚自然保護協会から村上さん、近藤さん
 社会教育課から千原係長

 昨日との温度差に身震いしながらバスを降りて湿原にたどりつくと、思いがけないハッチョウトンボの出迎えを受けた。湿原内を舞う姿に魅せられてとりあえず数を数えたところ、109匹が確認できた。数はともかくとして今年も元気な姿を見せてくれたハッチョウトンボとの出会いに皆気をよくして今日の活動が始まった。
まず、先月疑問が出た「ショウジョウバカマとノギランの違い」や「オオミズゴケとそれ以外のコケの違い」について、現物を見ながら福井先生に教えていただいた。花が咲いていると明らかに違いがわかるショウジョウバカマとノギランだが、今の時期はどちらも花がなく、よく似たロゼット状の葉だけで区別するのは難しい。そこでこの時期の識別方法として、花が咲き終わったショウジョウバカマとこれから咲くノギランの花芽に注目したのは分かりやすかった。
植物を観察するときには、花だけに注目しがちだが、時期によってさまざまな姿をみせる植物の観察方法を学んだ。
今日の植生調査は、ヤチカワズスゲ、オタルスゲ、オニスゲ、マメスゲ、ゴウソ、モウセンゴケ、ヒメコヌカグサで、モウセンゴケとヒメコヌカグサ以外は広範囲に生息するカヤツリグサ科の植物たちが主流となった。調査個所を地図上に記す際は、花か株かを明記するようにとの担当者からの指示で調査を開始した。
担当したオタルスゲは去年よりも生息範囲が広がっている。これはよくない現象で、背が高くなるオタルスゲは他の植物の日当たりを遮ることになるとの福井先生の指示に従って、午後からは刈り取り作業を実施した。
マメスゲの花穂は余りにも小さくて判別しづらかったが、オタルスゲの花穂の縮小版としてみれば分かりやすかった。
自然保護協会の虫博士Mさんからは、カスミサンショウウオの幼体やきれいなホタルガの幼虫、コモリグモの親子等を顕微鏡で見せてもらって感激した。
昼食時に「2017年度植生調査報告書」の打合せを行った。
今日もさまざまな植物、生き物、人に出会えた生物多様性の一日でした。
参加した皆さま、お疲れ様でした。(記;小宮)

2018/05/18のBlog
・日 時 2018年 5月18日 13時30分
・場 所 逆瀬川駅周辺
・参加者 川本、豊買、安藤、西川

 ピカピカランドに昨夜ホタルが飛び初めました。市役所より案内板の取り付け許可が下りていたので本日、逆瀬川の歩道橋からビカピカランドまでの川沿いに取り付けました。
写真右上 逆瀬川駅に通じる橋の欄干に看板を取り付けています。
写真右 取り付けた看板
早速逆瀬川の歩道橋では2人の方からもう今年も飛び初めたの? と言う声が聞こえました。
写真右 逆瀬川駅側にも設置しています。
(声をかけてくれた通行人にシャッターを押してもらいました。)

これから沢山の人達にピカピカランドに足を運んでくれたら幸いです。
皆様ご苦労様でした。(記; 西川)
2018/05/15のBlog
・期 日 2018年5月14日 14時 快晴
・場 所 ピカピカランド 逆瀬川
・参加者 川本 西川 安藤 伊藤 東田 三科

 昨日 西宮山口でホタルの飛翔が見られたというメールが届いたが、いよいよピカピカランドでもホタルのシーズンが来たことを実感した。

ピカピカランドの遮光シート(農業用の寒冷紗)を張るちょうど良い時期を迎えた。
建屋の遮光シートは、近くの道路を走行する自動車の灯りを遮り、ホタルの鑑賞をし易くするためです。
また、ホタル同志の光による会話もしやすくなることでしょう。

宝塚市に預かって頂いていた遮光シートが届き、いっせいにシート張りにとりくんだ。

写真右上 脚立に上がり取り付け開始。


写真右 遮光シート貼り作業
写真右 最後に放流会に参加した児童の作品の掲示板を元の場所に取り付け

写真右 ホタル観賞は夜間なので安全確保のため水路側に転落防止用安全ロープを張り一連の作業を終えた。

急に気温が上がったので、今晩でも一番蛍が飛ぶのではないかと、ふと思った。
今年も多くの方に来て頂き、歓声をあげて頂く事を期待している。
(記;三科)

追記 ピカピカランドのホタルは、昨年は5月22日から約1か月間観賞することができました。
詳細は、宝塚エコネットのホームページの「活動内容 ピカピカランドの管理とホタルの飼育」の項に掲載しています。
なお、近日中にホームページへ「ピカピカランドのホタル情報」を公開します。
前のページ   |   次のページ