ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
環境ボランティアグループ・宝塚エコネット
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:655件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/03/19のBlog
・期 日 2019年3月14日
・場 所 宝塚男女共同参画センター 1AB会議室
・参加者 小川、川本、西村
 発表23団体 パネル展示18団体 阪神北県民局室長外3名

プログム
 ・北県民局室長挨拶。 
 ・」8団体発表し質問10分後、
 ・7団体発表し質問10分。
 ・15時から休憩時間。

今回の報告会は宝塚エコネットは展示のみで、当日展示資料を持ち込みました。
展示資料の説明は休憩時間中に行いました。
写真右上 会開の挨拶
ホタルに関心のある団体(三田市)の方が見えてホタルの飼育についての質問が
ありまあした。
5月末頃ホタルが出るのでピカピカランドへ来て下さいと話しました。

休憩時間後、8団体の発表。質問の時間があり16時から意見交換の交流タイムが
あり終了しました。

写真右 交流タイムの様子


今回で宝塚エコネットへの助成金が最後となります。
ご支援頂きました阪神北県民局県民交流室に御礼申し上げます。

 
 皆様 お疲れ様でした。 ( 記:西村 )

2019/03/10のBlog
・期 日: 2019年3月7日
・場 所: ピカピカランド 逆瀬川
・参加者: 川本、西川、安藤、伊藤(格)、豊買、森川(久)、岡澤、湯浅、戒田、勝間、小宮

心配されていた雨はどこ吹く風の好天に恵まれた午前中、まだまだ肌寒さが残るピカピカランドで幼虫調査と逆瀬川の美化活動が始まった。
いつものように男性陣は手作りのゴミ拾いの道具や袋などを手に川に下りて行った。
相変わらずプラゴミやペットボトルやゴルフボールの散乱が目立つ中、目を凝らすと川べりに土筆が顔をだしている。寒いながらも確実に春が近づいていることを知らせてくれた。




女性陣はピカピカランドの建屋の前に水槽を持ち出して幼虫の数を数えた。
去年の12月に32匹あった幼虫は何匹になっているだろう?
 皆熱心に目を凝らして幼虫を見つけだす作業に夢中になったが、気が付くと鼻水が・・・寒さで震えてしまった。
幼虫は食欲旺盛にカワニナを食べたと見えて、空になったカワニナがたくさん見つかった。

中には餌のカワニナに有りつけなくて死んでしまったかわいそうな幼虫も4匹ほどいたが、最終的に滝つぼの砂利の中の幼虫と合わせて27匹が確認できた。
その後、ピカピカランド内に戻された幼虫たちはしばらく水中で過ごした後、来月には陸に上がって蛹になり、やがてホタルになって飛び交うことだろう。
 4月の雨上がりの夜に幼虫たちが光りながら陸に上がる様子もぜひ見てみたいと思った。

幼虫調査の砂利の中で奇妙な生き物に遭遇した。全身小粒の砂利に覆われているが、かすかに動く不思議な生き物は、後でYさんが調べてくれて「ニンギョウトビケラ」と判明した。

2,3年前から逆瀬川の畔の日当たりのいいところに、ホタルブクロを植えていたが、なかなか花が咲かないので3株ほど建屋内に移植した。
無事に花を咲かせてホタルとホタルブクロの競演が観られますようにと願いを込めて植えこんだ。
帰るころには雲行きが怪しくなったが、無事に活動を終えた皆さま、お疲れ様でした。
(記;小宮)
2019/03/07のBlog
・期 日 2019年3月2日(土)
・場 所 従来と同様 
・参加者 川本、西村、豊買、安藤、西川、森川(久)、伊藤(格)、三科、勝間、東田、藤田さん、山根
 
 本日は、天気も良く例年通リ中山寺梅林へも足を延ばしました。、売布神社駅から巡礼コースとダイエー前コースの2コースに分かれて出発し、11時に山門前に集合するようにしました。
 巡礼コースは梅林まで゛わずかなごみでした。
ダイエーコースを受け持っ会員は、マナーの悪いところがあり思わず何でこんなところにごみを捨てているのかと言っていました。


本日収集したごみの量
・ペットボトル 9
・缶 27 (内猫缶9)
・びん 10本
・可燃ごみ 3Kg
・その他 ライター2個


お寺さんは多勢の人でした。
梅林の入り口近く1本の幹からピンクと白の花が満開、ぜひ皆さん見に行ってください。八分咲き、5分咲きもありまだ楽しめます。
梅林での活動晴れて暖かく梅の花も見事に咲き、幸せを感じるひと時でした。
(記;山根)
2019/02/24のBlog
・期 日 2019年2月21日(木) 1時~4時
・場 所 キセラ川西プラザ 2階 大会議室
・主 催 阪神北県民局 北摂里山博物館協議会
・参加社 応援事業活動団体の会員中心に約60名
 宝塚エコネット 小川、川本、伊藤(千)、三科 藤田さん

 事例報告は下記3団体 各団体とも発表時間は30分間
① 宝塚エコネット 「松尾湿原の保全活動と植生調査」 小川 代表
② ブイブイの森 「まちなか里山公園を市民とともに次世代へ」 高木 代表
③ 川西里山クラブ 「里山林の若返り」 辻本 会長

 県民局の挨拶後の報告会は、宝塚エコネットがトップバッターで、少し緊張しましたが、先日来数回の打ち合わせてみんなで作り上げたパワーポイントを使い無事30分間の発表を行いました。
参加者の皆さんに活動の内容をよくわかっていただけたと思います。

写真右上 松尾湿原の保全活動の説明




写真右 ハッチョウトンボの発見当初からの調査結果のグラフ

団体の発表後、会場の後ろに並べた応援事業参加団体のパネル(協議会が準備したパネル)を見ながら15分間の休憩があました。

写真右 展示されたパネル
その後 3時から、パネルディスカッションが行われました。
パネラーは4人です。
・宝塚エコネット 小川代表
・ブイブイの森クラブ 高木代表
・川西里山クラブ 辻本会長
・菊炭友の会 中川代表
司会
・北摂里山博物館協議会 大嶋事務局長

大嶋さんの司会で、各活動場所で見られる生物について(森での活動は鹿のカッションが行われました。

写真右パネルディスカッションの様子
最後に2019年度の助成金募集についての説明があり午後4時に予定通りに終了しました。
寒い中参加いただいた会員の方、藤田さんありがとうございました。(記;小川)

2019/02/07のBlog
・期 日 2019年2月7日(木) 9時30分~。
・場 所 ピカピカランド
・参加者 川本、安藤、東田、三科、勝間 、西川

本日は曇り空ながら気温も平年より高く作業は順調にはかどりました。

写真右上 ピカピカランド内部
 美化活動開始前に建屋内部の様子を見ました。
 今は水中でホタルの幼虫は4月の上陸時期を待ちながら生育しています。
逆瀬川は最近の雨不足で水流も少なくゴミ拾いには好都合でした。

写真右 ごみ拾い

ゴミの量は思った程多くありませんでしたが川にはコサギやカモ等が見られ心を和ましてくれました

写真右 本日集めたゴミです。
写真右 逆瀬川で遊んでいる水鳥
皆様ご苦労様でした。
( 記;西川)


※ 特記
 上流から流れてきて水底に沈んているゴルフボール、投げ捨てられている空き缶などを掬い出す4mぐらいの竹竿の先に網を取り付けた手製の専用道具をピカピカランドの建屋の横の軒下に置いていましたが、使用をしようとしたらありません。周囲をいくら捜しても見当たりませんでした。???????
2019/02/03のBlog
・期 日 2019年2月2日
・場 所 阪急売布駅から3ルート
・参加者 豊買、三科、川本、西川、東田、山根、森川、山本、伊藤(千)、安藤

 昨日の冷たい雨の後、日本晴れの快晴で心配していた風の穏やかの中いつも通り売布駅前に集合。
本日は参加会員が多いので駅前からダイエー中山店コース、中山寺巡礼コース、JR中山駅コースの3通りでの美化活動になった。
このTENの美化活動は一日一善の行いではないかと思います。
写真右上 JR中山駅近くのの中筋4丁目の公園の周りのごみを拾っています。
本日は、会員の一人がJR中山寺駅コースで活動中に小さなポリ袋を歩道で見つけ、この中身は診察券、お薬などが入っていた。
診察を受けた後に落としたものと考え、この会員が診療所の場所を聞いてわざわざ届けた。
看護師さんから感謝されたそうです。
この会員は本日一日二善の行いになったのではないでしょうか。
写真右 子供たちと挨拶している会員
美化活動のなかで気がついたことは二点ありました。
まず相変わらずタバコの吸殻が道端に沢山見かけ集めるのにくろうした。もう一つはJR線路内に外から投げ込まれた色々のごみがあったが危険なのでこのごみ集めは見送った。いづれも歩行者のマナーを良くして欲しいものです。
二月になったところなのに小春日和のせいか1時間ばかりの活動で少し汗ばむばかりでした。
今年も温暖化の影響がはやくも出ているのかと心配になった。
写真右 アンダーパスに投げ捨てられているゴミを拾う会員
燃えるごみを含めいろいろなごみを沢山集まりました。これでめふ駅前近辺近辺は多少きれいになっgたのでは。
本日のごみの種類と量
・缶 133個 (内猫缶 23)
・ペットボトル51
・可燃ごみ 9Kg
・その他 傘 3本
写真右 拾い集められたゴミを分類しています。
皆様お疲れ様でした
(記 安藤) 
2019/01/28のBlog
2019年1月27日 日曜日

土曜日からの寒波で日曜日の朝外を見たら、うっすらと雪化粧でした。
めったに雪化粧の松尾湿原をみることができないので、写真を撮りに行きました
早朝は路面が心配でしたので、ここに着いたのは12時前。
気温は1度でした。


写真右:松尾湿原の入口
土曜日のような突風もなく、ほぼ無風でしたので、寒さは感じることはなく、むしろワクワクしました。

誰も踏んでいない雪の上をサクサクっと歩くのは童心にもどって楽しいですね


写真右: 松尾湿原の様子
広場から松尾湿原の方を撮影したのですが、 なんかいつもと違うな~って思いました。

しばらく眺めていて漸く気が付きました

古い小屋がなくなっている
解体されると聞いていましたが延期になっているとも聞いてました。

写真右: 写真の左端に小屋がありました。
※ 追記参照
綺麗に撤去されていました。
これから撤去跡をどう活用されるのか気になりますが、とても古い小屋で朽ちて一部は破損し、見苦かったがこれですっきりしました。

宝塚自然の家は、日曜日と祝日の開所している時に、宝塚市の職員の方と、西谷の方々が交替でいらっしゃいます。

湿原を通過して裏の林道の方面、草刈りをしたので、通りやすくなってますよと情報をいただきました。

早速散策がてらバードウオッチング

この冬も野鳥が少ない中、
ルリビタキ、ミヤマホオジロ、アカゲラ、ジョウビダキ、シジュウカラ、コゲラ、エナガ、メジロ、ホオジロ、アオジ等たくさん出会うことができました。

いつも遊びに来る人達の為に色々考えてくださってありがとうございます。

雪の宝塚自然の家を堪能できて、楽しかったです

(記:湯浅)
写真右上: 撤去跡

追記
 撤去された「小屋」は、木造2階建で当初は「リーダーズハウス」とし使用されていました。 用途については、一般用ではなく、当時のスタッフのスペースとして物置や広場スペースの管理として使っていたようです。
 撤去は2019年1月25日から27日にかけて実施されています。

2019/01/20のBlog
いつも宝塚エコネットのブログを覗いて頂き大変有難うございます。

宝塚エコネットは、ホームページ(HP)も公開しています。
従来から公開して頂いたHPのプロバイダー(yahoo ジオシティーズ)が今年3月でサービスを終了することになっています。
これを機会に昨年から新しいソフトを購入し新規にHPの作成に着手し、yahooから紹介して頂いた別のプロバイダーで今年から公開しています。
 そこで、従来から公開しているHPに新規に作成したHPの"お知らせのこと"を記載しようとしていますが何故か出来ないのです。もちろん行事予定なども更新もできない状態で現在ネット上に公開されています。

新規のホームページは、このブログ画面の右側のリンク先欄にある「宝塚エコネッホームぺージ」を開いていただければ見ることができます。
 今後は、新しいホームページを見ていただくようにお願いいたします。(記;川本)
2019/01/13のBlog
・期 日 2019年1月12日
・場 所 ぷらざこむ
・参加者 小川、山本、山根、能勢、西川、戒田、川本、東田、安藤、森川(久)、伊藤(格)、伊藤(千)、三科、小宮、湯浅、勝間、藤田、松田、村上、岡澤 

初めての会場プラザコムでの新年会。
準備組(5人)は11時に集合して会場の設定、パソコンのチェック、デザートの果物ケーキも盛り付け、すまし汁の準備などしました。取り寄せの弁当も12時半ごろには届き、あとは松尾湿原尾活動を終え帰ってこられる会員を待つばかり、準備組もホッと一息でした。
写真右上 本日の料理
予定とおり1時に代表の挨拶と乾杯で新年会が始まりました。今回は宝塚市自然保護協会の松田さん、村上さん2名と藤田さんが加わり、美味しい食事と暖かいすまし汁をいただきながら歓談が弾みました。

写真右 挨拶をされる小川代表
食後は昨年末から取り組んでいるエコネットフォトライブラリのお楽しみテスト版「2018年の活動を振振り返って」を見ました。
鮮明な大きな写真に映し出される月ごとの活動に「あの時は暑かったね」とか「この活動に私は参加できなくて残念だった」とか・いろんなことが思い出され、昨年の活動が無事終えられたこと、感謝しました。 
松尾湿原の植物の写真も普段肉眼ではなかなか見られない貴重な写真も見せていただき、感動でした。試行錯誤しながらまとめて下さった三科さんはじめ係の方がた有難うございました。
パソコン作業の続きで、川本さんから新しくなった宝塚エコネットのホームページの見方など実際にパソコンを操作しながら見せていただきました。 
老化が進むエコネット会員?ですが駆使する技術は進歩を続けていて「すごい!」そのエネルギーに感服です。
写真右 皆さん画像を熱心に見ています。
その後はデザートとお茶で一息入れながら、いつものビンゴゲームで盛り上がりました。
松尾湿原の動植物の名前が網羅されているので、5つ揃ったビンゴ。あちこちで「リーチ」の声は上がるのですが・・5分ぐらいたって安藤さんが第一号のビンゴ!山本さんが用意して下さった景品をもらって一言メッセージ「うれしい!」。
その後も次々とビンゴが現れ楽しいひと時を過ごしました。
写真右 楽しいビンゴゲーム大会 景品を手にして喜び(?)のコメントをする参加者
最後に小川会長から簡単な直近の行事の連絡、確認があり閉会しました。
エコネットらしい和気あいあいとした会になり、今年も楽しく活動できそうと思いました。

(記;岡澤)
・期 日 2019年1月12日
・場 所 松尾湿原
・参加者 小川、川本、安藤、伊藤(格)、森川(久)、東田、西川、小宮、湯浅、勝間、能勢
 市役所; 藤田さん、宝塚市自然保護協会; 松田さん、村上さん

今にも雪の降りそうな曇り空の下、肩をすぼめるようにしてバスに乗りました。どなたかがバスの中から外の温度表示板をみて2℃との事でした。
宝塚自然の家に着くと子供連れの先客で賑わっていました。
(「宝塚にしたに里山ラボ」主催のミニとんど体験とお餅つき&ふるまいぜんざいのイベントが開催されていたのです)
湿原は氷も張ってなくて風もなく思ってたより寒くなく、ラジオ体操を終わる頃にはすっかり体がほぐれてきました。
本日の作業は、湿原内の草刈りと右斜面の幼木を抜く作業です。

湿原の方はぬかるんだ中熊手で丁寧に湿って重い枯れ草をかき集めてもらい黒っぽい土の原になりました。
ここに次々と草花などが芽生えると想像するとワクワクするほどでした。
 
写真右上 湿原内の草刈り、後方では刈り取った枯草をかき集めて袋に入れ運び出しています。

常緑樹の幼木の抜き取り作業はちょうど雨の後で土が湿っていて抜きやすいと思ったのは最初の5センチから10センチ位の木の時だけで、それ以上になるとしっかり広く深く根を張っているので大変力が要ります。
 男性陣はすごい斜面にもかかわらず、一メートルほどのも抜いてすごいなと感心しました。
 私達は抜いた木を下に運んでは杉、桧、松に別けて数えてもらいました。
ほとんどがヒノキで全部合わせて472本ほどあったそうです。

写真右 斜面に生えている幼木の抜き取り作業する会員
写真右 抜き取った幼木を運んでいます。
2時間休みなく働いた人も、しばしば休んだ人も、それなりに疲れて事務所前まで降りたら、西谷地区のイベントに運よく遭遇し、つきたてのお餅の入ったおぜんざいをいただきました。

写真右 暖かいゼンザイを頂きました。
新年初めての活動はおかげで楽しく終わりました。

これからマイクロバスに乗って新年会に向かいます。
(記;能勢)