ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
環境ボランティアグループ・宝塚エコネット
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:720件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/06/21のBlog
モリアオガエルの白い泡状の卵塊を3か所で観察しました。
まず、リーダーハウス跡に新しく作った池の横のコブシの葉に今回初めて2個見つかりました。
従来から見つけることができるバーベキュー広場の近く池に8個、松尾湿原の東側池で1個が見つかりました。

写真右 コブシの葉にモリアオガエルの卵が産み付けられています。
この場所では初めてでした。
リーダーハウス跡に作った池の水路で村上さんが卵塊より育ったセトウチサンショウウオ(4㎝)を10匹見つけて来られ、これから8月頃に体長が最大になると説明がありました。
 20㎝位のカナヘビの発見とリーダーハウス跡の池でシマヘビを発見しました。

植生調査の後は、リーダハウス跡地の湿原化整備に伴って出来た"広範囲の草地"の草刈り作業です。



午前中の作業終了後、福井先生にリーダハウス跡地の湿原整備後の"実情について説明して頂きました。
現状は田のような湿地で水の流れがあり、栄養分があるので”湿原”には成りにくいが、ハッチヨウトンボが育つことやトノサマガエルやセトウチサンショウウオが卵塊するので良いとのこと。 今、生えている草は引き抜かないと元のように草藪になるので午後からその作業を全員でやることにしました。

 現地で福井先生による説明を聞いています。


早速跡地の草刈り等の整備作業をしました。

福井先生の子供さんが初めて鎌で草切りや草運びの手伝いをされました。

会員の皆様久しぶりの作業をされてお疲れになったことでしょう。
ご苦労様でした。(東田)

2020/06/05のBlog
・期 日 2020年6月4日 9時30分~11時
・場 所 逆瀬川?ピカピカランド
・参加者 川本 西川 安藤 三科 西村(千種ヶ丘自治会副会長)

 今日は良く晴れましたが気温が高く、朝から暑い一日となりました。
前回は新コロナウイルス緊急事態宣言発令で活動を中止しており、久しぶりの逆瀬川の美化活動でしたが、すっかり草が生い茂り、草の中に分け入ってゴミ探しをする状況でした。ゴミを見つけるのが難しくわずかなゴミしか集められませんでした。
カワニナの餌の野菜などを入れました
今年誕生する蛍の餌ために会員が近くの水路で採取したカワニナ約900匹を丁寧に洗浄し、ピカピカランドの流れの中や設置している飼育用の水槽に分けて投入しました。

ピカピカランドの周辺の竹や樹木の枝を3月に伐採してもらいましたが、早速元気なタケノコが生えて来ましたので、まだ柔らかいうちに伐採しました
今年から千種自治会がピカピカランドのホタルに関心を持たれ”ホタル子ども会”を立ち上げておられるようです。しかし今年は新コロナウイルス禍のためにまだ行動するまでに至っていません。
 なお、すでに千種ヶ丘自治会の支援を受けて今年から、新たに親蛍の購入を実現しました。現在、川本会員と湯淺会員が、採卵されています。
 本日は、支援していただいた自治会副会長の西村様がピカピカランドに。自治会の西村様を囲み集合写真を撮影しました。(記;三科)

2020/05/16のBlog
・2020年5月16日(土)の松尾湿原の植生調査などの活動は、新コロナウイルス発生に伴う緊急事態宣言発令の延期伴って中止としています。
2020/05/07のBlog
2020年5月7日(木) ピカピカランドの様子見と逆瀬川の美化活動は、新コロナウイルスの緊急事態宣言の延長に伴いない"逆瀬川の自然を守る会"からの連絡により活動を中止しました。
2020/05/05のBlog
2020年4月25日の松尾湿原の植生調査などの活動は、新コロナウイルス発生に伴う緊急事態宣言発令に伴って中止としています。
2020/04/23のBlog
[ 10:15 ]
・期 日 2020年3月21日から4月初旬
・場 所 松尾湿原

春の松尾湿原
新型コロナで私たちの生活がいつも通りに過ごせない日々が続いております。
身近な樹々や草花や野鳥や昆虫を見つけて春を感じている今日この頃です。
松尾湿原の春 いつも通りきました。

(※今月の松尾湿原の活動日は4月25日となっていますが”緊急事態宣言”の発令で中止となっています。)

桜が咲き終わり頃山を彩るミツバツツジの仲間
松尾湿原でも満開になりました

写真: ミツバツツジが満開の松尾湿原

何時も一緒に活動している方に教えてもらいました。成体のままで越冬して春を感じたら一番乗りにひらひら~ こらひら~ とても気持ちよさそうに舞って、みんなに春が来たよ~って教えてくれます。
一緒に舞いたいです。
写真に撮ってはじめて気づくことってあります。体がふわふわっと毛におおわれて、とても暖かそうです。色もコバルトブルーで素敵ですね、

写真 テングチョウ
湿原のあちこちにショウジョウバカマが咲き誇っています。薄いピンク、ムラサキぽい物などどれもかわいい色使いで清楚さを感じさせてくれます。
湿原の正面右の斜面が特に多いです。

写真 ショウジョウバカマ
優しい淡見紫色のお花が可憐です。心型の葉松尾湿原周辺には色んなタチツボスミレの仲間が咲いて、種類を見分けるのが私には難しいです。
見分けられるように観察して行こうと思います。

写真 タチツボスミレ
花は深紅色~濃紅紫色葉は三角状裏面が赤紫色で見分けています。
松尾湿原で一番早く咲くお花と思います。

写真 シハイスミレ

コロナにも負けず、力強く生きている植物や動物たち。何よりも私たちに元気を届けてくれます。

いつも通リ活動が゛着る日を心待ちにしています。
(記;湯浅)
2020/04/21のBlog

・期 日 2020年4月13日 21時30分から22時
・場 所 ピカピカランド


桜の咲く頃の雨の日。 お花見よりも気になるのがゲンジボタルの上陸です。 ゲンジボタルの幼虫は孵化してすぐに川に入ります。そしてカワニナを食べて桜の咲く頃までスクスクと成長します。そして雨の日に川から上陸してサナギになる為に最適な土のあるところを探します。この瞬間をホタルの上陸とよんでいます。光ながら移動をします。次に私たちの前に現れるのは成長したホタルの姿です。きれいな神秘的な光の舞を披露してくれます。
この活動に参加して、春を感じるアイテムが増えました。春の上陸です。ホタルと言えば6月頃にピカピカと光って私達を楽しませてくれると言う感じだけでしたが、ホタルの生態を通して、環境のこと、近隣の方の河川の美化活動のこと、そして子供たちも凄く興味深々で観にきてること、などなどたくさんの出来事がリンクして、美しく光ってくれるんですよね。住宅がたくさんあるこの逆瀬川でこれからもずっとホタル鑑賞ができる様に頑張ろうと思います。
4月13日 夜に確認できたのは 1匹でした
建屋の一番奥のフキの根本辺りを移動しているのが見えました。
時間も遅かったのもありますが、今年も確認できて良かったです。
今回は写真もうまく撮れなかったです。
6月に会えるのを楽しみにしてます。

(記;湯浅)

※(参考)
この日近くの男性会員が、ピカピカランドへに行き、20時30分頃まで幼虫の観察したが1匹も見れなかった。
 


2020/04/09のBlog
・期 日 2020年4月9日 9時から
・場 所 ピカピカランド
・参加者 西川、安藤、川本
 宝塚市役所 環境政策課 山本係長、他3名、
 公園緑地課 5~6名

ピカピカランドの側の斜面に生えている竹などが宝塚市により4月1日に伐採され、公園内に積んでいたものを運び出されることになり、その作業に立ち会いました。

写真 伐採されて積まれている竹や小枝

トラックに積み込める程度の長さぐらいに短く切り積み込みました。
のこぎり作業は手伝いました。

写真右 竹の積み込み作業
樹木の枝等は竹とは分けてプレス方式のゴミ収集車で押し込んで運びました。
写真 プレス式収集車に積み込んでいます。
取り出した後の公園の清掃作業 
散り落ちた桜の花びらもたくさんありました。


作業終了後に逆瀬川で採取した約100匹のカワニナをピカピカランドの流れに放流しました。
(記;川本)

2020/04/03のBlog
期 日 2020年4月2日
場 所 ピカピカランド、逆瀬川
参加者 川本、西川、安藤、伊藤(格)、三科、西村
昨日は雨でしたがピカピカランドは桜が満開で見頃でした。ピカピカランドへ数人の人がお花見に来られていました。ピカピカランド内の小川は水量が多くカワニナ餌の野菜が食べられていて補充する必要があると思いました。数日前から会員が雨の日の夜間にホタル幼虫の上陸を確認しています。5月下旬からホタルが何匹飛ぶか楽しみです。

写真右上側 ピカピカランドの桜
写真右側 川床のゴミ収集

昨日の雨で逆瀬川は水量が多く流れが速いので、水の中のゴミは少ないでした。川の両サイドの道沿いには、ポイ捨てゴミがありました。マナーが悪いと思いました。
スナック菓子袋、飴玉の包み紙、たばこの空き箱等。
逆瀬川上流部のゴミ拾いでは、川の中から上を向くと満開の桜が見え、美しさにほっとしました。
写真右側 収集したゴミ

空き缶、空き瓶、ゴルフボール、プラゴミ、その他ゴミで、3袋でいつもより少なかったです。
写真右側 集合写真

本日は好天気に恵まれ、ピカピカランド満開の桜の中で作業が出来ました。

皆様、お疲れ様でした。 ( 記:西 村 )
2020/04/02のBlog
・期 日 2020年3月29日、 4月1日
・場 所 ピカピカランド
 桜の花の咲く時期の雨天の夕方にホタルの幼虫は水の中から這い上がり、土の中に潜り込みます。
この様子を観察に行った。
写真右 昼間のピカピカランドの桜(4月2日撮影)
 
3月29日:桜が三分咲きで雨模様でした。時期的に早いかと思ったが念のため夜8時半ごろピカピカランド・蛍幼虫上陸の観察を開始。
 小屋の左側の草むらに1匹の明かりを発見。しばらく後に右側の餌の白菜の上で1匹の明かりを発見。小屋の中では結局2匹のみ確認した。
 小屋の周りの観察時に小屋の外側左側の網元で二つの明かりを発見。懐中電灯の明かりで見ると大きいのが一匹と小さいのが一匹であった。
 これはヒメボタルかも知れないがとにかく捕まえて小屋の草むらに放した。
4月1日:低気圧の通過中で風が強く、雨が強かったが夜8時過ぎには雨もほぼ小止みになったので思い切って観察に出発。
 8時半ごろ小屋に到着してみると小屋全体が桜吹雪でまるで雪を被ったような状態。小屋奥の木根元の草むらで光一つ発見。近づいて見たがお尻の光が二つに割れてみえた。幼虫の光はこのように見えることがあるらしい。ただしサイズは分からなかった。
 あと一つの光は入り口付近の草むらで発見だが光が弱く動きもなかった。今夜はこの二匹のみでした
 今回も小屋の外で弱い光一つを見つけたので懐中電灯で見たが枯葉の陰に隠れて発光していたため幼虫自体は目にできなかった。これはヒメボタルか
 この夜は強雨風のため早々に退散した。
写真右上 幼虫が光りながら移動しています。
今後の天気予報では一週間晴れ・曇りで雨は期待できないが、気温が上がってくるので晴天の夜でも幼虫の上陸が見れるかもしれない。
(安藤 記)

追加 写真右 
ピカピカランドの建屋に陽当りをよくするために市役所へゴルフ場側の斜面に生えている常緑樹の伐採をお願いしています。既に準備のため斜面に生えている竹などが刈り取られていました。