ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
環境ボランティアグループ・宝塚エコネット
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:720件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/06/30のBlog
・期 日 2020年6月29日 午前6時10分
・場 所 会員の自宅
・参加者 西村、川本

 今年のホタルシーズンは6月初めに終了し、現在は親ホタルから採卵した卵から幼虫がふ化しています。

 親ホタルは、それぞれの二人の会員の自宅で、数匹づつ採卵箱に入れ、一緒に入れたミズゴケに卵を産み付けさせています。
 6月中旬には親ホタルの寿命は終わり、ミズゴケに卵が産み付けられています。
この卵が産み付けられているミズゴケは、6月22日にピカピカランドと会員の自宅に設置した水槽の上に置き幼虫を孵化をさせています。


注;今年は"千種自治会"のご協力により羽化直後の親ホタルの入手につての支援を頂いています。


写真右上 ピカピカランドに設置している水槽
右の写真は会員の自宅に設置している水槽
循環用のポンプ、浄化槽、冷却器などがあります。
会員自宅の装置では、ミズゴケに産み付けられた卵が孵化すると、下に敷いた白い布の上に落ちるようにしています。
孵化は夜明けから始まり9時頃までのようです。
幼虫は体長2.5ミリ、太さは0.3ミリぐらいの黒い糸くずのようなものです。

写真右 白い布の表面に落ちている孵化した幼虫がいくらいるか詳細に調査しています。幼虫が見える範囲の四分の一に60匹を数えました。本日は240匹いると推定しました。
会員自宅の装置の布は25*20センチ角程度です。
本日の観察では約240匹の幼虫が見つかりました。

今年の幼虫の孵化はも6月22日から始まっています。もうしばらく孵化は続くことでしょう。

これから、孵化した幼虫が水の中で餌のカワニナを食べて生育することになるのですが、秋頃に行う放流会まで果たして何匹ぐらいになるのでしょうか?
(川本)
2020/06/24のBlog
・期 日 2020年6月24日 9時半頃
・場 所 ピカピカランド
・参加者 伊藤、川本

6月22日にピカピカランドに設置しているの水槽に卵が産み付けられているミズゴケを置きました。
 今朝その後の様子を見に行きました。

右の写真は6月22日のブログに掲載している卵が産み付けられている水苔の写真です。その写真では、卵の状態がはっきりしないのでサイズアップしたものに差し替えています。
卵が黒くなっているのが孵化直前の様子です。写真をクリックしてみてください。
本日6月24日に様子を見に行きました。
 
幼虫を見やすくするためにミズゴケの下に敷いた白い布の表面にはゴミや何か虫の糞か?沢山あり、ザっと見るだけでは幼虫がいるのかどうか判断できません。
ルーペでよく観察すると約30匹ほどいました。

ホタルの生まれたばかりの幼虫は体長2.5ミリ程度で糸くずのようなものです。

右の写真は、伊藤会員がカメラで撮影したものです。
肉眼では、全く分かりませんせんが立派な幼虫の体になっているのがわかります。

これからどんどん成長していくことを楽しみに、地道な世話を続けていきたいと思います。(川本)

2020/06/22のBlog
期 日 2020年6月22日(月)9:30~11:30
場 所 ピカピカランド
参加者 川本、西川、三科、東田、森川、湯浅、伊藤T、河野
村上(自然保護協会)

ホタルの幼虫飼育のため、ピカピカランドに設置している飼育槽を点検・整備しました。
 会員の自宅で親ホタルを育て、卵が産まれtらピカピカランドの飼育槽で育てていきます。今日は、Y会員宅で育てた親ホタルが産卵しそろそろ孵化し始めたのでここの飼育槽に移すべきタイミングと合致し、整備活動に元気をもらいました。もう一人K会員のももうすぐとのことでした。作業が終わって自宅に戻るとK会員のそだてているホタルも孵化し始めていたことがわかり、今後の成長が楽しみです。

この写真はY会員が育てていました。右側の白いつぶつぶが卵ですし、左側の黒っぽいつぶつぶは、孵化寸前の卵です
作業は、幼虫のエサとなるカワニナが水槽に確保できているか??
 生まれたばかりの幼虫は1~2mmなので大きなカワニナはエサにはなりません。小さいカワニナが必要なのです。カワニナはどんどん増えていくものの、現在小さなカワニナがどの程度確保できているか、じっくり調べました。

また、カワニナやホタルの幼虫を食する水生動物がいないかも調べました。
サワガニ、ヒルなどを取り除きました。


写真は、設置した水槽の中身をチェックしています。(写真準備中)
逆瀬川のカワニナはあんまり多くはないので、近くの川から集めてきたカワニナを水槽やピカピカランド内の小川に放流しました。

写真は水槽にカワニナを補充しています。右側は、会員が持ってきたホタルの卵を置いて幼虫が孵化し水槽に移動できるようにセットしました。
!!うれしいニュース!!
 ピカピカランド内を流れる小川の滝つぼ(最下流)を点検していると、ホタルの幼虫が4匹見つかりました。それもわりと大きい(約30mm)のでビックリ。今季成虫になれなかった幼虫でしょうか・・・・来年はきっと立派に羽化して飛んでね!!!
本日の作業に参加された皆さん お疲れさまでした。(記;伊藤T)
2020/06/21のBlog
年 月 日 2020年6月20日(土)
場 所 松尾湿原
参 加 者 小川、川本、西川、西村、安藤、伊藤(格)、三科、藤田、山本、
 森川、岡澤、 村上(宝塚市自然保護協会)、西村(会員の友達)、体験初参加者 (河野さん、山田さん)、 東田
 福井先生と福井先生の息子さん
 千原係長 (宝塚市教育委員会・社会教育課)

 本日の活動は、「新コロナウイルス」緊急事態宣言解除後、久しぶりの保全活動です。バス組は阪急宝塚駅前に集合して9時30分に出発し、乗用車組と自然の家で10時頃に合流しました。
 参加者全員は松尾湿原前で恒例のラジオ体操を行い、小川代表より、「新コロナウイルス」で活動が出来なかった事と宝塚市教育委員会よりの社会教育の振興に係るイペント等開催のガイドラインの基本的な感染症対策の実施とイベント開催の目安、特に注意と対策などの説明がありました。
引き続き川本副代表から本日初体験参加される2名(河野さん、山田さん)の紹介があり、本日の活動内容について説明後作業を始めました。



最初にハッチョウトンボの 数を全員で数えました。

 松尾湿原内では74匹です。
昨年10月19日に重機を使用してリーダーハウス跡地を湿原化整備した場所に今回初めてハッチョウトンボが出現しました。3匹でした。こんなにも早くこの場所にトンボが出現するとは予想もしていませんでした。

本日は77匹でした。

来月7月11日は宝塚市教育委員会と宝塚エコネットの主催でハッチョウトンボの観察会を開催します。この頃には多くの数のトンボが出現するのを楽しみにしています。
ハッチョウトンボ
真っ赤な色です。雄です。
植生調査はカキラン、ヤマトトキソウ、オニスゲ、ノハナショウブ、ササユリ、シライトソウ、アリマウマノスズクサ、オオバノトンボソウ、オオミズゴケ、モウセンゴケ等を分担して行いました。

写真右 担当を決めて観察し植生マップに記載しています。

写真右 カキランの花です。
RDB 県のCランクです。

※ このブログは次の"その2"に続きます。
モリアオガエルの白い泡状の卵塊を3か所で観察しました。
まず、リーダーハウス跡に新しく作った池の横のコブシの葉に今回初めて2個見つかりました。
従来から見つけることができるバーベキュー広場の近く池に8個、松尾湿原の東側池で1個が見つかりました。

写真右 コブシの葉にモリアオガエルの卵が産み付けられています。
この場所では初めてでした。
リーダーハウス跡に作った池の水路で村上さんが卵塊より育ったセトウチサンショウウオ(4㎝)を10匹見つけて来られ、これから8月頃に体長が最大になると説明がありました。
 20㎝位のカナヘビの発見とリーダーハウス跡の池でシマヘビを発見しました。

植生調査の後は、リーダハウス跡地の湿原化整備に伴って出来た"広範囲の草地"の草刈り作業です。



午前中の作業終了後、福井先生にリーダハウス跡地の湿原整備後の"実情について説明して頂きました。
現状は田のような湿地で水の流れがあり、栄養分があるので”湿原”には成りにくいが、ハッチヨウトンボが育つことやトノサマガエルやセトウチサンショウウオが卵塊するので良いとのこと。 今、生えている草は引き抜かないと元のように草藪になるので午後からその作業を全員でやることにしました。

 現地で福井先生による説明を聞いています。


早速跡地の草刈り等の整備作業をしました。

福井先生の子供さんが初めて鎌で草切りや草運びの手伝いをされました。

会員の皆様久しぶりの作業をされてお疲れになったことでしょう。
ご苦労様でした。(東田)

2020/06/05のBlog
・期 日 2020年6月4日 9時30分~11時
・場 所 逆瀬川?ピカピカランド
・参加者 川本 西川 安藤 三科 西村(千種ヶ丘自治会副会長)

 今日は良く晴れましたが気温が高く、朝から暑い一日となりました。
前回は新コロナウイルス緊急事態宣言発令で活動を中止しており、久しぶりの逆瀬川の美化活動でしたが、すっかり草が生い茂り、草の中に分け入ってゴミ探しをする状況でした。ゴミを見つけるのが難しくわずかなゴミしか集められませんでした。
カワニナの餌の野菜などを入れました
今年誕生する蛍の餌ために会員が近くの水路で採取したカワニナ約900匹を丁寧に洗浄し、ピカピカランドの流れの中や設置している飼育用の水槽に分けて投入しました。

ピカピカランドの周辺の竹や樹木の枝を3月に伐採してもらいましたが、早速元気なタケノコが生えて来ましたので、まだ柔らかいうちに伐採しました
今年から千種自治会がピカピカランドのホタルに関心を持たれ”ホタル子ども会”を立ち上げておられるようです。しかし今年は新コロナウイルス禍のためにまだ行動するまでに至っていません。
 なお、すでに千種ヶ丘自治会の支援を受けて今年から、新たに親蛍の購入を実現しました。現在、川本会員と湯淺会員が、採卵されています。
 本日は、支援していただいた自治会副会長の西村様がピカピカランドに。自治会の西村様を囲み集合写真を撮影しました。(記;三科)

2020/05/16のBlog
・2020年5月16日(土)の松尾湿原の植生調査などの活動は、新コロナウイルス発生に伴う緊急事態宣言発令の延期伴って中止としています。
2020/05/07のBlog
2020年5月7日(木) ピカピカランドの様子見と逆瀬川の美化活動は、新コロナウイルスの緊急事態宣言の延長に伴いない"逆瀬川の自然を守る会"からの連絡により活動を中止しました。
2020/05/05のBlog
2020年4月25日の松尾湿原の植生調査などの活動は、新コロナウイルス発生に伴う緊急事態宣言発令に伴って中止としています。
2020/04/23のBlog
[ 10:15 ]
・期 日 2020年3月21日から4月初旬
・場 所 松尾湿原

春の松尾湿原
新型コロナで私たちの生活がいつも通りに過ごせない日々が続いております。
身近な樹々や草花や野鳥や昆虫を見つけて春を感じている今日この頃です。
松尾湿原の春 いつも通りきました。

(※今月の松尾湿原の活動日は4月25日となっていますが”緊急事態宣言”の発令で中止となっています。)

桜が咲き終わり頃山を彩るミツバツツジの仲間
松尾湿原でも満開になりました

写真: ミツバツツジが満開の松尾湿原

何時も一緒に活動している方に教えてもらいました。成体のままで越冬して春を感じたら一番乗りにひらひら~ こらひら~ とても気持ちよさそうに舞って、みんなに春が来たよ~って教えてくれます。
一緒に舞いたいです。
写真に撮ってはじめて気づくことってあります。体がふわふわっと毛におおわれて、とても暖かそうです。色もコバルトブルーで素敵ですね、

写真 テングチョウ
湿原のあちこちにショウジョウバカマが咲き誇っています。薄いピンク、ムラサキぽい物などどれもかわいい色使いで清楚さを感じさせてくれます。
湿原の正面右の斜面が特に多いです。

写真 ショウジョウバカマ
優しい淡見紫色のお花が可憐です。心型の葉松尾湿原周辺には色んなタチツボスミレの仲間が咲いて、種類を見分けるのが私には難しいです。
見分けられるように観察して行こうと思います。

写真 タチツボスミレ
花は深紅色~濃紅紫色葉は三角状裏面が赤紫色で見分けています。
松尾湿原で一番早く咲くお花と思います。

写真 シハイスミレ

コロナにも負けず、力強く生きている植物や動物たち。何よりも私たちに元気を届けてくれます。

いつも通リ活動が゛着る日を心待ちにしています。
(記;湯浅)