ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
くらしかる 老前整理 MyBlog
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:584件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2017/12/17のBlog
今日も寒いです。日差しはあかるい!

近頃の広告は、お金のかけ方が変わってきたような気がします。
有名人を出して、バーッと全国的にテレビや新聞で広告しても以前ほど、効果がないのではないかと思います。

これは12月初めの地下鉄の中吊り広告,
意味が分かりますか。

はじめは 「なんだ、こりゃ?」
この写真を見て 「そうだったのか」

11月26日の大阪マラソンの個人のタイムとコメントだとわかりました。

走った人はSNSで自分のタイムと写真を発信しているでしょう。

それがどのくらいの数になるか…広告料に換算すると。
化粧品でもこんなことをしています。

マスカラを使った女性たちの写真がモザイクのように張られています。
これは駅の壁面広告で、かなり大きいです。


繁華街では、ハンドクリームの宣伝で、セットが作ってあり,そこに立って写真を撮り、
SNSで発信した人にはハンドクリームがもらえます。(確認の上)

というのもありました。(オバサンはお呼びじゃない)

これで数時間で何百人がSNSで流すのです。

私が気付くくらいですから、世の中はもっと進んでいるのでしょう。
疲れるわあ!
2017/12/16のBlog
今日は寒波が戻ってきました。

寒い、寒いと言ってますが、ご近所の花園は次々と花が咲いています。

彼岸花に似ているような…。
色がやさしいピンクです。
これはヤツデの花でしょうか。

子どもの頃はご近所の庭の隅、トイレの横などにヤツデがあったけれど

今はあまり見ません。
南天もたわわに実っています。

難をを転じる縁起ものの南天ですからお正月のいけばなには欠かせません。
切り花で飾っておくと、 実が赤から黒へ変わる。

経済が赤字から黒字に代わるという意味もあるそうです。

日本の難も転じてくれますように!
2017/12/15のBlog
今日の大阪はくもり空で今にも降り出しそうな気配。
寒くはありません。
空気が乾燥しているみたいなので、風邪や火事にご注意です。

さて通勤途中のこの木は紅葉も終わり、葉が落ちているのですが、枝の先に…。

左の上のほうに何か黄色い物体が。








わかりますか?

落ちずに頑張ってます。

私がこの木を見上げていたら通りすがりの女性が私に「花梨ですかね」とひとこと
言って足早に立ち去りました。

ふぅむ、 何なのでしょうか。

オー・ヘンリーの『最後の一葉』を思い出しました。

これは「最後の一果」ですね。

この実はいつまで頑張っているでしょうか?
冬の晴天。

駅から事務所へ歩く道筋、なんとなく車が多い気がしてなぜだろう?
 「五,十払いかしら」(ごとばらい)と考えておかしくなりました。もう死語でしょうね。

今のような振込みが当たり前ではない時代、5のつく日と10のつく日は集金日、支払日で、(会社により違う)そのために奔走する車が多く、ごと払いの日は道が混むから、車の移動はやめようとか言ってた時代でした。

年末、週末だから車が多いと感じたのでしょうか。
無人で車が動くようになれば、車は増えるのか、減るのか、どうなのでしょう。


師走も半ばで、ハロウィンにかぼちゃを飾っていた工事現場は、クリスマスも力が入っています。

昼はこんな感じ。
夜はこんな感じ。
他社の隣の現場も負けじと光っています。

そのうち、工事現場も無人になったりして???
2017/12/14のBlog
毎日、寒いと思っていますが、今日神戸で初雪、京都の金閣寺にも雪が積もったというニュースを聞くと、大阪はあたたかいようです。

今日は阿倍野近鉄に飾ってあった、白いクリスマスツリーの紹介です。

何でできていると思いますか。

点字新聞です。 紙でできた大きな花がいっぱい咲いています。
近寄ってみると白い紙に点字のポツポツがありました。

点字はこのポツポツを指で触って読むため、紙が厚いのです。
案内板

点字新聞についてここには書いていませんが、大阪では毎日新聞がずっと点字毎日を出し続けています。

今ではパソコンが文字を読み上げてくれる時代ですが、以前は、視覚障がい者にとり貴重な情報源だったと思います。(今でも大切)
エレベーターの階数表示の 横にも点字表記がしてあります。

見回せばいろいろあります。まずは知ることから。

みんなが少しでも暮らしやすくなればと思います。
前のページ   |   次のページ