ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
くらしかる 老前整理 MyBlog
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:768件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2018/06/21のBlog
ネットで、情報収集されていると思いますので必要ないかなと思いましたが、念のため、以前作った災害時の持ち出し品リストの例を張っておきます。

緊急災害時の持ち出し品の例です。(高齢者向け)
お薬手帳、持病の薬、メガネ、入れ歯がポイントでしょうか。あと、付け足すとすればサランラップです。これはいろいろ使えて便利。

ご参考までに。
[ 08:54 ] [ 仕事・講演など ]
雨が上がり、夏至の蒸し暑い大阪です。
近畿だけでなく、九州、四国なども大雨が降ったようです。

この写真は何かおわかりでしょう。トイレットペーパーの芯です。

ここ数年、老前整理の講演で私は毎回、

「お宅で1か月に使うトイレットペーパーは何ロールですか」と尋ねます。
1000人以上の方にこの問いをしましたが、答えられたのは3人です。

それくらい、意識しておられないのです。補充はどうしているかといえば、スーパーの安売りのときに買っておくのだそうです。

経産省では1か月分のトイレットペーパーの備蓄を進めています。理由は、地震が起こった時に被災地はもちろん、生産地(静岡など)が被災した場合、供給がストップするからです。(東海地震を想定)

食料や水は家庭の備蓄、自治体の備蓄である程度何とかなりそうですが、トイレットペーパーは難しいのです。ところが1か月分のトイレットペーパーの使用量を知らない人が多いことに驚きました。

また水は1人1日3リットルとか、目安がありますが、トイレットペーパー何ロールと決めるのは難しいのです。

なぜか?
まず男女の使用量の違い、家族の人数、在宅時間。シングルとダブルではm数が違う、巻きmも60mもあれば長巻100mもあります。だから1か月○ロールとなかなか分かりにくいのです。

だから、老前整理では1週間の使用量を確認して×4で1か月分の備蓄の目安にしてくださいと話しています。

備蓄は、たくさんありすぎても無駄になります。足りなければ、いざという時に困ります。つまり管理が重要。これは老前整理に含まれます。
昨夜スーパーに行くと、水やお茶の2リットルのペットボトルの売り場に、
「地震の影響で品不足が生じています、おひとり3本までとさせていただきます」と張り紙がありました。

日頃の備えが大切です。水や食品はまず頭に浮かぶと思いますが、トイレットペーパーのチェックもしておいてください。

また介護用品ですが、断水などのときに、ウエットティッシュ、ドライシャンプーはもちろん、「からだふき」や「清拭料」「歯みがきティシュ」も出ています。

大阪では余震の不安を抱えていますが、日本のどこで、いつ地震が起こっても不思議はないと思います。他人ごとでなく、備えておいてください。



2018/06/20のBlog
[ 07:54 ] [ ご近所 ]
昨夜から、雨。

この雨で、がけ崩れなど起きないようにと、祈るばかりです。

気分が沈んでいるので、元気を出すために、希望の黄色い花をアップしようと思いました。

2018/06/19のBlog
朝、自宅を出るときは小雨でしたが、事務所のある駅に着くと、くもっています。これから雨が心配です。

地震お見舞申し上げます。亡くなった方、けがをした方など、思いもかけないことショックで悲しい、つらい思いをされておられる方も多いでしょう。また避難所に避難されている方は、不安でしょうが、できれば少しでもからだを動かしていただきたいと思います。
エコノミークラス症候群予防のため

被災地現状はわかりませんが、今後のために周辺情報を書いておきます。

昨日、地震直後から鉄道関係はほとんど止まっていました。職場に行けない人多数、それでも近くのデパートは14時開店。Loftをはじめとした付近の商業施設は休業。

近くの銭湯は変わらず営業。大きいところほど、従業員が職場に通勤できずに休業しているみたい。

職場で仕事をしていた人は、夜になっても電車が動かず帰れないので歩く、バス、家族が迎えに来るなど。

被害のない地域のスーパーでも、夜までにはパンや水などの飲料品は品切れ。多くの人があわてて買いに行ったのでしょう。

商品がなく、空いた棚も多かった。たぶん、工場、もしくは運送トラックなども動いていないので商品の補充ができないと推察。

電車や地下鉄が動かない状態で、観光客への説明がどうなっていたかは不明。観光客が地震を体験し、避難や余震についての知識があるかどうかも不明。

こんなところでしょうか。
地震が起こると、周辺地域にもいろいろなことが起こっています。
2018/06/18のBlog
[ 06:28 ]
大阪では、朝から大きな地震がありました。
大きな揺れで、阪神大震災の記憶が蘇りました。
幸い自宅では、家具が倒れたり、ものが落ちたということはありません。

家の外に出ても、特に変わったことはありません。
今日はゴミの日で、各戸の前にゴミが出してあるのを見て、なんとなくホッとしました。

電車や地下鉄が止まっているので、出勤もできず、待機中。
事務所の地域の方が揺れは大きかったのではないかと思います。

マンションのエレベーターが止まっているところもあるようです。

いざ、地震が起こると、冷静に行動するのは難しいと思いました。
地域により、停電、ガスの供給を止めているようです。

まだはっきりした被害状況は分かりません。
友人たちから、大丈夫かというメールが届き、有難いです。

大きな余震がなければと思います。
前のページ   |   次のページ