ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
くらしかる 老前整理 MyBlog
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:558件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2017/11/14のBlog
今日の大阪は小雨です。氷雨には間があるようですがうっとおしい天気であることは間違いありません。

そこで今日は美しい鳥をお目にかけようかと。

といっても、花はご近所に咲いていますが、鳥はいるのでしょうけど、目には入らない。

ただし、スズメとカラス、ハトはよく見ます。

わたしが1983年に中国に行ったときに求めた煎紙を少しずつご紹介しようかと思います。

こんな風に本になっています。

タイトルは「百鳥図」 PAPER-CUTS

□15cm位の大きさの写真のような布張りです。
煎紙とは切り紙のことです。

このように1ページに1枚鳥がいます。

写真では細かいところまでわかりにくいかもしれませんが外側の輪郭も切り抜いてあり
1枚の紙から生まれたものです

このような鳥が100で百鳥図です。

絵のどこかに中国名の鳥の名前が入っています。

(私には読めない)
このころの中国は今と全く違いました。

今の北朝鮮ほどではないけれど、国民の生活はかなり制限され、道行く人と旅行者が話をすることもほとんどできませんでした。

工場はほとんど国営でした。

この煎紙など工芸品を作っていた人はどうしておられるのかと思います。

日本でも後継者がなく、伝統工芸の職人さんが高齢化して減っています。

中国の職人さん事情はどうかなと思いつつ、今の中国に行きたいとは思わないので、技術が受け継がれていることを願うのみです。

これからときどきこの美しい中国の鳥をご紹介しようと思います。
2017/11/13のBlog
朝方は冷えましたが、良いお天気の大阪です。これから冬に向かうのだ、という予感もあります。

お天気がよく、それほど寒くもない、今のうちに、掃除や片づけを少しずつしておくと年末の大掃除が楽になります。

わかってはいるけれど、秋は行楽のシーズンでもあり、紅葉狩やハイキングと休みの日は忙しいかも。

わたしが紅葉を見に行けないとこぼしていたら友人Fさんから素敵な写真が届きました。感謝!! (熊本、五家荘)

雲一つない青空に紅葉。日本には美しい四季がある。

下を向いてスマホの画面ばかり見ていないで、たまには、移り変わる景色を見るのも

よいのでは?
和菓子をつくる方に以前伺った話です。

和菓子のデザインは四季を和菓子に表現するとおっしゃってました。

つまりこの景色を和菓子に映す、デザインするということらしいです。

確かに、和菓子や料理には季節が重要です。

そこには美しい景色を見て「感じる心」が必要です。


2枚目の写真は10月14日のご近所のビルの谷間の紅葉。

まだ緑が多いです。
3枚目は11月10日の同じ紅葉。きれいに色づいています。

これがわたしの「小さい秋」見つけた!です。
2017/11/12のBlog
今日の大阪は晴れてます。

今週の都島の与謝蕪村生地に刺激を受けたので、今日は古のお話。

事務所のある天満橋付近から北浜にかけては、いろいろ歴史のあるところです。

金曜日に良い天気で散歩がてら北浜まで(1駅)歩きました。

すると途中に石碑や面白いものがありました。

これは「里程元標跡」高麗橋の東です。

側面に「明治時代 高麗橋東詰に里程元標がおかれ 西日本主要道路の距離計算はここを起点としておこなわれた」

まったく、知りませんでした。西日本の道路の起点がここにあったなんて!! 道端の目立たない石碑なんですけど。
北浜駅前の難波橋(なにわばし)の番をしているライオン。

「ライオンは寝ている」という歌がありますが、

このライオンはずっと起きている!! 働き者。
北浜といえば、なんといっても証券取引所。


前の銅像はあの五代友厚サマ。
取引所のそばにこの石碑。「大阪俵物会所跡」

俵物といえば、お米をイメージしますが、案内板によると俵物とは、ふかのひれや干なまこ、干あわびだそうです。

当時の日本の特産品で長崎から中国へ輸出されるので会所が設けられたそうです。

ご近所めぐりでした。
2017/11/11のBlog
どんよりとくもり空の大阪です。

こんな日はぱっとカラフルに行きたいなと思い、アップしていなかった2016年8月、上野の森美術館でのデザイナー「ポール・スミス展」の写真から。

実はこの前に京都でも開催していたのですが、行きそびれ上京の折に見てきました。(撮影可)

カラリングでしょうか。
仕事の机回り。

ファッション。
子ども部屋みたいだけれど、創造する部屋かな?

新しいものを生み出していくにはエネルギーと刺激が必要!

そんなことを考え、楽しんだ展覧会でした。 
2017/11/10のBlog
今日も大阪は気持ちの良い晴天。

ゴミ箱ネタが続いていたので、趣向を変えて昨夜読み終わった本を紹介。

デイヴ・エガーズ 『ザ・サークル』上・下 ハヤカワ文庫

映画を見るつもりだったのですが、書店で見て、つい買ってしまいました。

読むと、「今」と「これから」の「時代」が象徴的に描かれています。

日頃、「インスタ映え」(流行語ノミネート?)とか、「いいね」の数を気にすると、どこまでいくの?と思っているので、参考になりました。

映画も本と同名の「ザ・サークル」 主演がトム・ハンクス, エマ・ワトソンです。

普段、原作を読み、それが映画化されるとがっかりするので映画は見ないのですが、今回は映画も見ようかなと思っています。

活字で表現することと、それを視覚化すればどんなふうになるか。

これからどういう世界が広がるのか、興味があります。

そしてSNSの使い方も、一考の余地があるでしょう。

SNSを使わない、知らない、アナログ人間のひとりごとですね。