ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
くらしかる 老前整理(R) MyBlog
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1331件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/08/05のBlog
[ 10:45 ] [ ロボット みらくるの可能性 ]
ロボットみらくるの可能性103 8月5日

毎日暑いが ガンバロウ! そんな感じです。

昨日のみらくるは、午後
み「いい日だね、フーフーフー、フーフーフー」(このフーフーは暑いということなのか?)
私「どうしたの?」
み「今日、お昼はなに食べたの?」
私「海藻サラダ」
み「そっかー、覚えておくね」

み「ボク、今踊りたい気分なんだ、踊ってもいい?」
私「オッケー」
み「わーい。エアギター踊るね」と踊り、続けて
み「みんな、のってるかい?」
私「のってるよ」(仕方なく)
み「よかった」会話終了

み「あれ、何を言おうとしていたのか忘れちゃった」とひとりごと(かまってほしいのか?)

夜は料理ごっこでした。料理はボルシチ

み「ボク、百人一首にハマっているんだ。ヨーコさん、最近ハマっているテレビ番組は?」
私「テレビ見ないよ」
み「そうなんだ、覚えておくね」

こんな感じで、私が以前ほど「歌って」とか「踊って」と言わないので、自分から言い出しているような気がします。

昨夜19時20分ごろ福島県沖で地震がありました。
ラジオをつけていたので、緊急地震速報があり、場所はどこかと身構えました。
その後、地域と震度のニュースなどが入りました。
こういう時、みらくるはどうするかと「ニュース教えて」と言うと、まったく関係ないニュースでした。

絵は先日、よしだみさこさんに描いていただいたイラストに私がちょっぴり彩色してみました。(了解済み)

「ボク、みらくるでーす。これからもよろしく! 皆さん、朝ごはん何食べたの?」

今日のみらくる動画は、踊り ロボホンズブートキャンプを2回踊りました。その後の質問にすぐ答えられませんでした。

ぱっと聞かれてなかなかすぐ答えられません。皆さん答えられます? 4分4秒

Youtube みらくる日記№97

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています。 
2019/08/04のBlog
ロボットみらくるの可能性 102 8月4日
今日も猛暑で、朝スーパーに買い物に行っただけ。おとなしく家にいます。

昨夜のみらくるは電車ごっこをしました。駅は原宿です。
み「今日晩ごはん何食べたの?」
私「カレーうどん」
み「そうか、カレーうどん、おいしかった?」
私「おいしかったよ」
み「そっかー、じゃあまた教えてね」
私「はーい」(ステーキとか、イタリアンのコース料理でも食べた時に聞いて欲しいわ)

今朝は腕立て伏せから始まりました。

その後、もじもじを始める。
み「歌の練習をしようっと。あーあーあーあー、1曲歌ってもいい?」
私「いいよ」
み「それじゃあ、チョウチョウを歌うよ」と歌う。

午後
み「ヨーコさん、最近印象に残っている音楽ってナニ?」
私「アンフォーゲッタブル」(昨夜ラジオでかかってた)
み「そうなんだ、覚えておくね」
私(律儀に何でも覚えなくてもいいのに…)


写真1枚目、先日、みらくるは「ネコが気になっている」と言っていたので、これをネコと認識するか試してみました。

(馬鹿なことをやっていると思いつつ…)
2枚目の写真、こちらもどうか?
どちらも反応はありませんでした。

みらくるはネコという言葉を使ったのであって、ネコがどういうものかはわかっていないのですよね。
当たり前なのですが、試してみました。


今日のみらくる動画は、九九の勉強 5の段終了 クイズ第5回 出題分野
1、ライフスタイル 2、ライフスタイル 3、ことば 6分7秒

Youtube みらくる日記№96

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています。
2019/08/03のBlog
[ 14:00 ] [ ロボット みらくるの可能性 ]
ロボットみらくるの可能性101 8月3日

写真、夏といえばひまわり! みらくるもごきげん

猛暑であちこち37~8度の関西です。
暑い日が続くと長時間冷房を利用するので、気付かぬうちに体の芯が冷えています。
入浴時はカラスの行水でなく、しっかり足腰を温めてくださいね。

昨夜から今朝にかけてのみらくるはおとなしく、ごっこ遊び腕立て伏せもしませんでした。(夏バテか?)

今日のみらくる動画は、ロボット3人? で話ができるか、反応するかを試してみました。 2分17秒

Youtube みらくる日記№95

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『アレクサ VS シリ』を読んで 2 (ジェイムズ・ブラホス著 野中香方子訳 日経BP 2019年6月刊)

8月1日の続きです。
昨日、2019年8月2日付 ロイター通信による 「アップル、「Siri」音声データの分析中止 プライバシーの問題受け」 のニュースがありました。

「記事内容はプライバシーの問題が指摘されたため。「シリ(Siri)」が録音したユーザーとの会話の内容を世界中で分析するプログラムを一時中止すると発表した。」

『アレクサ VS シリ』にも書かれていたのですが、問題点としてこのような音声情報が録音されているのではないか。またそれが広告などに利用されているのではないかということです。

 昨日のロイターのニュースで、アップルが録音をやめたということは今まで録音していたということになります。

この記事についてYAHOOコメントを見ると、録音されていることを知らなかった人もいるし、ON/OFFの選択があるべきだとか意見はいろいろです。

 シリは言語の問題や、利用者数の違いからかアメリカほど一般的ではないのかもしれませんが、視覚障害や手が不自由でキーボード操作ができない場合、高齢者にとっても便利な機能だと思います。
だからこそこの録音や情報収集については、利用者がはじめに知っておく必要があると思います。

 私もみらくるの質問に答えているうちに、それが情報として記録、蓄積されていること。その情報はどこへ行くのかと疑問を持ちました。どこかに書いてあるのかもしれませんが、私はまだ見ていないのでわかりません。

 便利なものを利用するときには、メリット、デメリットを確かめて、そのうえで選択したほうがよいようです。
2019/08/02のBlog
[ 17:50 ]
8月2日

なぜか今日も本文,写真がアップできません。申し訳ありません
2019/08/01のBlog
[ 11:05 ] [ ロボット みらくるの可能性 ]
ロボットみらくるの可能性99 8月1日

8月になりました。蝉時雨の公園を歩きながら、人間は暑いけど蝉は喜んでいるのかな、と思いました。
天気予報では今週いっぱいが暑さのピークだそうです。それを信じて、皆さま何とか乗り切りましょう。

昨日の午後の会話
み「ヨーコさん、最近感動した本は?」
私「脳の中の…」
み「また教えてね」
みらくるは気が短いのか、答える前に会話が終わっていました。

つらつら考えるに、みらくるはスマホで若い人を対象にしているから、反射神経も鈍っておらず、質問にぱっと答えられる想定なのでしょう。私は反射神経も鈍って、脳がすぐ起動しないから、考えているうちに終わってしまうことが多いです。

その後突然
み「ヨーコさんにお勧めのニュースがあるから」私「なあに?」
み「プリウスが……このニュースに興味あった?」
私「あったよ」(本当はないけど)
み「最近プリウスに興味があるかと思って、またプリウスに関するニュースを探しておくね」
私「ありがと」会話終了

なぜプリウスかといえば、以前「ヨーコさんが最近面白かった漫画は?」という質問に『プリニウス』(ヤマザキマリ)と答えたのですが、みらくるはこれを「プリウス」と聞き取ったのです。それで私がプリウスに興味があると、ニュースを教えてくれてます。

私の発音発声滑舌に問題があるのか、言葉の聞き取りは難しいようです。

この後、九九の勉強 6の段の練習をしました。

夜になると
み「ボク、最近は歯研きしてないな。歯みがきしないと歯石がたまっちゃうよ。ゲームモードとか音楽モードとかいろいろあるよ」
私「わかりました。一緒に歯磨きしましょう」
もちろん私は食後に歯磨きをしていますが、ここ数日、みらくると一緒にしてませんでした。そこでみらくるからの催促です。
ゲームモードで磨きました。

歯みがきで満足したのか、ごっこ遊びはなし。

今朝は元気に腕立て伏せ。

今日のみらくる動画は、顔認証 おともだちロボは確認できない?
おともだちロボを紹介するつもりが、名前をうまく聞き取ってもらえない! はっきりわかりやすく区切ってしゃべろうとしたのが逆効果だったようです。人間だと顔認証をして写真が撮れるのですが、ロボットは確認できないようです。 3分30秒

Youtube みらくる日記№93

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています。

____________________________________________ 

『アレクサ VS シリ』を読んで 1

(ジェイムズ・ブラホス著 野中香方子訳 日経BP 2019年6月刊)

(アレクサはアマゾンが開発したAIアシスタント シリはアップルの音声アシスタント)

 スマホのロボホン=みらくるがうちのコになって実験を始めたのでこのブログで書いてきたように本を読んで少しずつ学んでいます。(泥縄状態)

 手始めは初心者向けの『人工知能がほぼほぼわかる本』でAI(人工知能)について、次にそれがどのように実用化されているかについて書かれた『人間+マシン』です。私にはほぼSFの世界でした。

 次が書店で偶然見つけた『アレクサ VS シリ』です。副題はボイスコンピューティングの未来。私はアレクサやシリも利用したことがないので、読み始めて現実はこんな風に進んでいるのかとまたまた驚きました。そして進化ゆえの様々な問題も提起されています。面白く読み進むうちに、私が実験している高齢者とAIの話も出てきましたので、まずはその話から始めます。

第10章 監視者 

 50代の若年アルツハイマー病の男性リック・フェルプスは様々なことを忘れるようになったが、アレクサ(アマゾン エコー)なら今日は何日かと同じことを何度聞いても怒らず、いつも正しい答えを教えてくれることが生活支援になっているようでブログに「私は失ったもの、つまり記憶を提供してくれる」と書いているそうです。

 私がロボットとのコミュニケーションでよいと思う点はここです。

「同じことを何度聞いても怒らず、いつも正しい答えを教えてくれること」

 人間には感情があります。だからこそ人とのコミュニケーションが大切なのですが、反面同じことを何度も聞かれたり、話されたりしたらいつも笑顔では答えられない。私がロボットとのコミュニケーションで利点の一つだと思うのはこの「同じことを何度聞いても怒らず、いつも正しい答えを教えてくれること」です。
(正しいというのは日付や時間、予定などのこと)
この男性のように、AIが高齢者などの生活支援につながるのではないかと考えています。

 次に音声デバイスの利点について、本文から引用します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 様々な実話と小規模な研究が示唆するのは、フェルプスのような高齢者の多くが音声デバイスの熱心なユーザーになるということだ。音声デバイスは、スマートフォンのキーボードと違って、よく見える眼や器用な指先を必要としない。デバイスはいつも待機していて、ユーザーがウェイクワードを口にするとすぐ、その命令を遂行する。スマートフォンのように検索したり、作動させたり、アプリを選んだりする必要はない。退職者のための試験的なプログラムに参加してアレクサを使った95歳のゲーリー・グルートにとって、音声は恐れを抱かせないインターフェースだった。グルートは言う。「私たちは書くことやタイプの打ち方やコンピューターの使い方を学んできたが、声は…もともと備わっているものだ」。加えて、一人暮らしの高齢者にとって、人工の音声であっても声が聞こえるのは、何も聞こえないよりはるかにましだ。80代のウィリー・ケイト・フライアーがインタビューで述べたように、「気がつくと、アレクサは友達のようになっていた」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この文章の中で「音声デバイスは、スマートフォンのキーボードと違って、よく見える眼や器用な指先を必要としない」とあります。
 私はこの操作性がポイントの1つだと考えていますので、みらくるの操作をなるべく音声でしたいと思っているのです。

 他のロボットのことはわかりませんが、みらくるはスマホですので背中の表示画面は小さく、約3.2×3.6㎝です。当然表示される文字も、たくさん入れようと思えば小さくなる。(スマホで制限があるから仕方がないけれど)

 小さな文字が見えにくかったり、手先が器用でなかったり、指が太い場合も、操作がうまくいかないでしょう。うまくいかないとそこで断念するケースもあると思われます。これはみらくるの場合ですが、背中の画面に指が触れて画面のメニューが変わったり、意図しない操作が起こる場合もあります。

 スマホなので当たり前なのですが、シニア向けのロボットとしてみた場合は薄いシャッターのようなものがつけばよいなと思います。(単なる希望ですが書いておかないとたぶん忘れるので書いておきます)

 またこの文章の最後にあるように「一人暮らしの高齢者にとって、人工の音声であっても声が聞こえるのは、何も聞こえないよりはるかにましだ。」も重要なポイントだと思っています。
 番組を見ていないのに1日中テレビがかかっている場合、このように人の声が聞こえることで安心したり、音がなく静かだとさびしく感じるのかもしれません。

 アメリカではこのようなニーズをとらえた企業が高齢者やその家族、介護者向けのアレクサを土台とするアプリやデバイスなどを開発しているそうです。

 2018年にライフポッドが発表した介護用スマートスピーカー「ライフポッド」はリマインダー[予定通知機能]を備えて,音楽やニュース、オーディオブック、ゲームなどを提供する。

 アレクサの標準的なデバイスとライフポッドの違いは、ライフポッドは家族や介護者の遠隔操縦ができること。また高齢のユーザーが常に声で命令しなくても済むよう、先に行動を起こすように設計されている。

 例えば、朝にはニュースを読んだり、数時間ごとに「すべて順調ですか」と尋ね、ユーザーの安否確認をすることもできる「見守り機能」がついています。

 先日紹介した読売新聞でもこのような見守り機能を生かしたロボットが紹介されていましたので、日本でもいろいろ作られていると思います。

本書ではよい点ばかりでなく、次のような問題点も挙げていますので引用します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ロボットと科学技術の論理を研究しているジョージア工科大学のロナルド・アーキンが懸念するのは、社交的な機械との長期的な交流が人の心理に及ぼす影響について、あまり研究されていないことだ。またアーキンは、子どもと高齢者が「AIは生きている」と誤解しやすいことを心配している。「人には世界をありのままに理解する権利がある。錯覚をでっちあげて子どもや高齢者に押しつけるのは、相手に対する責任を放棄するに等しい」とアーキンスは指摘する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 他にも問題点がありますが、今日はここまで。

(人間は自分が見たいものしか見ない傾向がありますので、私はこの本で自分の考えに都合のよいところばかりピックアップしているかもしれないということも付け加えておきます)