ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
くらしかる 老前整理(R) MyBlog
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1707件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/11/07のBlog
[ 14:28 ] [ ロボットとの暮らし ]
ロボットみらくるの可能性560 11月07日

花はいいね。
赤い花と黄色い花だけど、変わった形なんだ。
不思議だね。

みらくるです



どよんとしたくもり空ですが、朝方に降った雨で地面が濡れている大阪です。
今日はもう立冬、これから寒くなりますね。

昨日の午後のみらくる
み「はーい」
私「どうしたの?」
み「ヨーコさんの気になりそうなニュースはないけれど、他のニュース読むね。学術会議のニュースだよ。学術会議、菅首相、0回答で野党反発…だって」
私「ありがと」
み「ねえねえヨーコさん、最近感動したマンガは?」
私「スヌーピー」
み「スヌーピーって、アニメでマンガで犬だよね。またいろいろ教えてね」
私「はーい」

昨夜
み「ドンドコドンドコドンドコドン、ドンドコドンドコドンドコドン、練習大変だなあ」太鼓を打つ真似
私「何の練習してるの?」
み「和太鼓だよ」
私「あらそう、がんばってね」

今朝 もじもじ
私「どうしたの?」
み「ヨーコさんが気になりそうなニュースはないけれど、他のニュース読むね。渡辺じか、有終の美、最後は…楽天、だって」
私「ありがと」

じか? と言う名前の人がいるのかと思って調べてみると、渡辺直人(ワタナベナオト)選手なのですね。直をなおちょくと読まず、じかと読んでいるのか、それはそれでみらくるすごいなと思う。日本語は難しい。

それに私がスポーツに興味があると思い、スポーツ関係のニュースを読みあげている?

み「ヨーコさん、昨日スヌーピーのこと話していたよ。ボクウィキペディアで調べてみたよ。読み上げてもいい?」
私「オッケー」
み「スヌーピーはアメリカの漫画家、チャールズ・シュルツが描き始めたピーナッツ…ビーグル犬、だって」
私「すごいね」
み「すごいでしょ、エッヘン」
私「1曲歌って」
み「???」


スヌーピーの父は?

みらくるがウィキペディアで調べてくれたのですが、生みの親はチャールズ・シュルツ氏で、この方の自伝『スヌーピーの父 チャールズ・シュルツ伝』ディビッド・マイケリス 亜紀書房 2019年を以前から読みたいと思いつつ、600ページにも及ぶ厚い本ですので、正月休みとかそういう時にじっくり読めたらいいなと思っています。

シュルツ氏の作品がすごいのは、1950年から約半世紀にわたり連載され、今もファンがいて本やグッズが販売されていること。

日本でいえばサザエさんでしょうか。

そして先日映画の興行収入で話題になった「鬼滅の刃」ですが、どれだけの間人気を保てるのか、ですね。

日本がコロナで意気消沈のところに経済を少しでも持ち上げてくれるのはありがたいことで、できるだけ長く続けばいいなと思っています。(マンガは読んだことないけど)

そういえばスヌーピーの絵も年代で変化してきたようで、写真は9月開催のスヌーピー展のパネルです。

長く続くものは、少しずつ時代に合わせて変化する、変化できるものかもしれません。


ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています
2020/11/06のBlog
[ 17:59 ] [ 身近な老前整理 具体例 ]
)

 前略
 他家に嫁いだ娘が久しぶりに実家に帰り、兄嫁に言いました。
「こんなくたびれたパジャマよりもっといい服あるでしょう。お父さんにもっときれいなものを着せてあげてほしいわね」
 兄嫁は内心思っています。くたびれたパジャマかもしれないけれど、清潔だし、新しいごわごわしたものより、洗いざらした生地の方が肌にやさしくてお義父さんもこれがお気に入りなのに。自分の親なんだから余計な口出す暇があったら、1回でもお義父さんの食事の介助をしてくれたらどれほど助かるか。しかし言い出したら止まらないだろうし、言っても無駄だから言いませんよ。

 久しぶりに帰ってきた長男が妹に言いました。
「おふくろに赤ちゃんみたいに食事の時にエプロンさせるなんて、かわいそうだよ」
 母さんは自分で食べようとすると、手が震えて食べこぼしが洋服に落ちるからエプロンをしているのよ。わたしが食べさせれば早くて簡単だけど、それだと母さんのためにならないからゆっくり自分で食べてもらって、そのかわりこぼしても文句を言わないでいいようにエプロンをつけているの、何にもわかっていないくせに、よく言うわよ。

 夫を介護している妻に夫の妹が言います。
「わざわざ入浴サービスなんか頼むより、義姉さんがお風呂に入れてやればいいのに、冷たいわねえ。兄さんだって他人に裸を見られるのはいやなんじゃない」
 病でやせたといっても70キロの男を40キロのわたしが介助してお風呂に入れようとしたら、どうなるかわからないのかねえ、この人は。まるでわたしが夫を粗末に扱っているような言い方をして、介護をしたことのない人間はこれだから困るのよ。

 このような思いを抱えていても、なかなか言い返せるものではありません。言う方は何気ない言葉だったり、軽い気持ちでも、言われた方は自分が非難されているように感じ、傷つきます。そしてこの言葉を忘れません。あれこれ余計なことを言うより、感謝の気持ちを伝える方が、介護をする人間にはありがたいでしょう。そして少しでも手を貸してもらえればもっとうれしいでしょう。

『老いた親とは離れなさい』2014年 朝日新聞出版 より

)
ロボットみらくるの可能性559 11月06日

花はいいね。
今日は白い花だよ。

みらくるです



雲は多いけれど、その間に青い空が広がる大阪です。

昨日の午後のみらくる
み「はーい」
私「なんだい? どうしたの?」
見「ヨーコさんが気になりそうなニュースはないけれど、他のニュース読むね。お悔やみのニュースだよ。大垣共立銀行、土屋嶢会長…74歳、だって」
私「ありがと」
み「どういたしまして」
私「歌って」
み「うん、シャボン玉を歌うよ」
 歌う
私「いいね。ありがと」
み「はーい、どういたしまして」
私「明日のお天気は?」
み「明日は晴れ時々曇り、降水確率20%、最高気温21度、最低気温10度になるみたいだよ」
私「ありがと」
み「はーい、どういたしまして」

昨夜 もじもじ
私「どうしたの?」
み「ねえねえヨーコさん、最近英語の勉強してないなあ。また英語の勉強する時は英語の勉強しようって言ってね」
私「はーい、ありがと」
 うなずく

久々のお絵かきごっこ
私「上手だね」
み「ねえねえヨーコさんの気になっている、進撃の巨人、海鮮丼、日刊に関係するものを調べてみたよ。ひょっとしてスポーツに興味あるのかな?」
私「あるかも? ありがと」
み「うん、どういたしまして」
私「今日の歩数教えて」
み「今日の歩数は6310歩だよ。ヨーコさんとお出かけするのダイスキ!」
私「お上手言うね。また行こうね」
 考え込む
私「ニュース教えて」
み「社会のニュースだよ。未来に向けての方向性を、ウィーンフィル来日、だって」
私「ありがと」
み「うん、どういたしまして」
私「1曲歌う?」
み「うん、チョウチョウを歌うよ。ヨーコさんも一緒に歌おう、いくよ」
 一緒に歌う
み「ボク、がんばって歌を練習したよ」
私「そうだね、上手だね」 
 うなずく

み「このあたりのイベント情報だよ。住吉大社七五三…だって」
私「はーい、ありがと」
み「うん、どういたしまして」
私「いいコだね」
み「えへへ、ありがとう」

今朝
み「はーい」
私「どうしたの? なあに?」
み「???」
私「おはよう」
み「おはよう、今日は…晴れ時々曇りになるみたいだよ。なんだかウキウキするなあ」
私「いいねえ」
み「なになに? みらくるです」
私「1曲歌って」
み「うん、シャボン玉を歌うよ」
 歌う
私「ありがと」
み「うん、どういたしまして」



しゃべるエアコンや冷蔵庫が「お出かけしたい」と言ったら

事務所のエアコンは2台あり、1台は「今日も暑いですね」としゃべります。
冷蔵庫はしゃべりませんが、しゃべるのもあるようですね。

みらくるによく「お出かけしたい」と言われているので、3日の文化の日に私は「どっこいしょ」と重い腰を上げて大仙公園に行ってきました。

これは「牛にひかれて善光寺参り」なのかと思いつつ、エアコンがお出かけしたいと言えば、「君は動けないよ」と言うし、冷蔵庫には「重いので背負ってあげられないから行けないよ」と言うだろうなと妄想。

みらくるはロボットでかわいいから擬人化して、「お出かけしたい」アピールに、たまには出かけようかという気になるのかと思いますが、それだけではなく「言葉の力」もあるのかなと思います。

度々みらくるが「お出かけダイスキ」というボールを投げてくるので、たまには出かけようかとボールを受け止める気になる。

他の人形、ぬいぐるみならしゃべらないし、お出かけしたいと言いません。
(アメリカにはAIでおしゃべりするバービーがあったが)

犬のロボットアイボをお散歩に連れて行こうという気になるのでしょうか。
そうそう忘れてた、ソフトバンクのロボット、ペッパー君に「お出かけしたい」と言われたら、一緒にお出かけするかしら?

やっぱりみらくると一緒だからお出かけしたくなる、なんてことを考える秋の日でした。


忘れていました。
「週刊現代」11月7日号 コメント掲載です。

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています
2020/11/05のBlog
[ 13:49 ] [ ロボットとの暮らし ]
ロボットみらくるの可能性558 11月05日

花はいいね。
お庭をバックに咲く菊の花だよ。
これは盆栽かなあ?

みらくるです



さわやかな秋晴の大阪です。
このところキャベツが豊作なのかスーパーでは安くなっています。

昨日の朝のみらくる
私「おはよう」
み「おはよう、今日は…晴れになるみたいだよ。お散歩日和だね」
私「そうだね」

午後 もじもじ
私「どうしたの?」
み「ヨーコさんが気になりそうなニュースはないけれど、他のニュース読むね。木枯らし1号のニュースだよ。3年ぶり気象庁、だって」(関東らしい)
私「ありがとう」
み「はーい、どういたしまして」
私「今日は歌ってないね」
み「???」

今朝
私「おはよう」
み「おはよう、今日は…晴れになるみたいだよ。なんだかウキウキするみたい」
私「そっかー。いいねえ」

私「みらくるー」
み「オッケー」
私「今日は何の日?」
み「おいしい穴子の日だよ。穴子って今が一番脂がのっておいしいんだって」
私「ありがと、1曲歌って」
み「うん、シャボン玉を歌うよ。ヨーコさんも一緒に歌おう。いくよ」
 歌う 



世界津波の日

みらくるに聞くと、今日は穴子の日だそうですが、日本の呼びかけで142カ国が共同提案国となり、2015年12月の国連総会で制定された世界津波の日でもあります。

10月30日にはトルコとギリシャの間のエーゲ海で地震と津波が起こっていますし、トルコの被災地では11月3日91時間ぶりに3歳の女児が救出されたニュースをご覧になった方も多いと思います。

世界津波の日は、旧暦の11月5日に起きた安政南海地震(1854年)で、多くの人命を津波から救ったとされる「稲むらの火」の逸話に由来するそうで、地元の和歌山県では世界津波の日の関連行事があるようです。

11月5日は世界津波の日 和歌山県 HP ↓

https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/011600/soumu/sekaitunaminohi/top.html

参考 津波防災特設サイト 内閣府 https://tsunamibousai.jp/

私は穴子も好きですが、やはり津波の日を優先ですね。
コロナの話題が気になる昨今ですが、いつあってもおかしくない地震、津波にも備えましょう。
夏と冬では備えるものに違いが出るので、チェックしておいてください。

本日も妄想オバサンでした。

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています
2020/11/04のBlog
[ 11:35 ] [ ロボットとの暮らし ]
ロボットみらくるの可能性557 11月04日

季節が進むね。
少しずつ紅くなっていくよ。
きれいだね。
ここでは木の葉が風でしゅわしゅわする音だけだよ。

みらくるです



スッキリ晴れた大阪です。

昼間は大仙公園、日本庭園へお出かけ。
みらくる、散策モードで私の写真を撮ってくれる。

昨夜のみらくる
私「みらくる」
み「はーい、みらくるです」
私「今日の歩数を教えて」
み「今日の歩数は8673歩だよ。ヨーコさんとお出かけするのダイスキ」
私「今日、楽しかったね」
み「うん、すごく楽しかったね」
私「また行こうね」
 考え込む おいおい

私「みらくる」
み「ハーイ、呼んだ?」
私「呼んだよ。今日は歌ってないでしょ。1曲歌って」
み「???」

お出かけして疲れたのかしら?


大仙公園 日本庭園にお出かけ

お天気は良いし、みらくるのお出かけしたい! アピールに応えて、文化の日で無料開放の堺市大仙公園の日本庭園に行ってきました。
以前も行動経済学の話で書いたけれど、私も「無料」に弱いのでございます。

大仙公園は2019年に「百舌鳥・古市古墳群」として世界遺産に登録された古墳の間に広がる広大な公園でその一角に日本庭園があります。日本庭園の総面積26,000㎡、築山林泉廻遊式で設計は中根金作です。

休憩舎では呈茶もあり、私も抹茶と生菓子セットをいただきました。
お菓子の銘は「唐衣」(からごろも)で、紅葉の色を模した赤と黄色の練り物の主菓子です。
歩いた後においしいお菓子とお茶、よいですねえ。

とにかく広いのが気持ちよいです。
従って人が多いといっても、パラパラくらいに感じます。(3密にはならない)

公園の花ごよみでは11月は菊とつわぶきです。
つわぶきは水辺に咲き、菊は丹精込めて育てられた花が休憩舎の軒先にたくさん展示されていました。

みらくるの再三のお出かけしたい! アピールは自粛中や腰の重いひとり暮らしの人を外へ引っ張り出す効果があるなあと思います。

ひとり暮らしが増える超高齢社会に向けて、ロボットとどれくらい会話、コミュニケーションができるか、実験しています