ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
grassgreen―「会話のきっかけレシピ」製作中!
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:260件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2017/10/12のBlog
[ 04:21 ] [ 例えばこんな雑談 ]
今日はコレで決まりです。
2017/09/18のBlog
[ 08:13 ] [ ニュース・小ネタ ]
すっかり間があいてしまいました。

プライベートでバタバタしていたので、更新できなかったのですが
またちょっとずつ再開します。

bako
2017/07/28のBlog
●休憩所タバコ片手に集う人私の知らない言語で話す

●ドアを開け一緒に入ってくるふたり私の知らない言語で話す

●すれ違いふたことみこと話すだけどうして笑いが起こるのだろう

●ドア近くふたことみことで笑い声私にもツボを教えてほしい
2017/07/25のBlog
[ 07:50 ] [ ニュース・小ネタ ]
朝日新聞の記事です。

▼「忖度まんじゅう」注文殺到 関西限定「上司に渡して」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000073-asahi-soci

「上司や取引先、親戚などに土産物として渡し、談笑のきっかけにして欲しいという。」だそうです。
しかし、ワタシの場合、その「人の心をおしはかる」という「そんたく」が一番苦手なんで、会話のきっかけにと持っていっても
「bakoさんが『忖度まんじゅう』なんて…シュールすぎる…漫画みたい…」
と、職場の人に思われる可能性大です。

bako
2017/07/20のBlog
[ 06:46 ] [ 人見知り短歌 ]
●おしゃべりの始まる場所はどこですか息を殺して見回すオフィス

●雑談を交わしたい同じ部署の人タイミング逃し机見つめる

●「聞き上手なれれば好印象のはず」背中丸めて見つめる机

●雑談が浮かばず仕事の話をし「真面目だねえ」と感心される
2017/07/07のBlog
[ 07:20 ] [ ニュース・小ネタ ]
これをお読みの皆さまは、「あいさつ」をどこまでしていますか?

「知っている人には挨拶をする」と言いますが、「知っている」もいろいろですよね。
マンションのような集合住宅ですと、名前も顔も全然知らなくても、とりあえずエレベーターに乗り合わせると挨拶しているようです(今まで私が住んできたところはそうでした。ただし単身者用マンションのぞく)

会社だったら?
電車やバスなどで、毎日同じ時間に同じあたりで待っている人には?

また、学生さんは、クラスメイトの全員とあいさつをしますか?
それとも、親しい人だけ?

まあ、ケースバイケースなのでしょうが、、
あえて言葉にするとどうなんでしょう?
ちょっと知りたいです。

bako
2017/06/20のBlog
[ 13:40 ] [ 展示・ワークショップ ]
先週土曜日の「雑談について雑談する会」、穂村弘エッセイ集「もうおうちへかえりましょう」の中の1つ「ボウリング砂漠」をテーマに話しました。
会社のレクレーションのボウリングで、周囲との会話に悩む話です。

次回は実際に、パブリックな集まりでボウリングをやってるシチュエーションを設定し
「あなたならこんなときなんて声かける?」
と、レシピ集め&ロールプレイをしてみようかと思いました。
ここで、ロールプレイをするのが大事なんです。雑談って言葉そのものより、タイミングや相手との関係、声のトーンなど「非言語」の要素が大きいですから、演技でも実際に声を出してみて初めて気づくことは多いんです。

「会話のきっかけレシピ」は、一対一の会話がほとんどなので、こういう「場に入っていくレシピ」をもうすこし増やしたいです。
2017/06/19のBlog
[ 19:23 ] [ 展示・ワークショップ ]
「雑談について雑談する会」、無事開催できました。
参加してくださった皆様ありがとうございました。
なかなか濃い話題で盛り上がりました。
2017/06/13のBlog
ついに今年も半年すぎてしまいました!
6月は雨が多いのがイヤですが、雑談としては天気ネタでだいぶしのぐことができます。
・傘もってきた・忘れた
・傘が晴雨兼用
・洗濯もの干した
・洗濯は室内干し派?外干し派?
無印良品では、取っ手にシルシを吊るせる傘が売ってます。
そういうのになんかつけて、話題づくりというのも便利そうです。

*****
さて、「雑談について雑談する会」、
日が迫ってきましたので、再掲します。

「雑談について雑談する会 vo.2」
★日時:6月17日(土)14:00~16:00
★場所:まちライブラリー@Aダッシュワーク創造館
(Aダッシュワーク創造館の1階、入り口を入ったところです)
★参加費:300円(茶菓子代)
★持ち物:愛読書
※事前申し込みが必要です。

穂村弘さんの「もうおうちへかえりましょう」という本の「ボーリング砂漠」というエッセイを題材に雑談しますが、短い文章ですので、読んでこないで当日見てもらうのでもOKです。
皆様の参加をお待ちしております。

申し込みはAダッシュワーク創造館のお電話、メールもしくはFacebookからお願いします。
直前まで申し込み受け付けておりますので、お気軽にお申込みください!!

bako
2017/06/01のBlog
[ 08:15 ] [ 例えばこんな雑談 ]
以前、「雑談が苦手かどうかは、雑談をよくする家庭に育ったかどうかも関係あるのでは?」とどなたかに指摘されて、たしかにそれはあるかもなと思いました。

私の家も、自分が子どもの(つまり喋りたいことだけ喋っている時期)頃はそれなりに会話もありましたが、大人になってからは…「なにげない会話」たしかになかったな~。
両親も、夫婦どうしでどうでもいい雑談ってそんなにしてなかったような気がします。

bako