ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
grassgreen―「会話のきっかけレシピ」製作中!
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:268件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2017/12/07のBlog
[ 08:08 ] [ 展示・ワークショップ ]
いやしかし、寒いですね。
寒いとか暑いとかが激しいと、雑談のネタには助かるのですが…。

さて、「雑談について雑談する会」、今週末です。
まだまだ参加申し込みを受け付けております。
そもそも人と接するのが苦手な人が、こういう会に来て知らない人としゃべるなんて、
それだけで大変!と思われるかもですが、知らない人同士だからこそ普段は話せないことも話せるというメリットがあります。
あと、一人一冊「おすすめの本」(今回は音楽に関する本)を持ってきてもらって、自己紹介で話してもらうことで、いい感じに「会話の準備体操」ができるのが、まちライブラリーイベントのいいところです。
お申込みはこちらからお待ちしております。

bako
2017/12/03のBlog
次の土曜日に、「雑談について雑談する会」第三回を開催します!

日時:12月9日(土)14:30~16:30
詳しくはこちら

この会でいつも気をつけているのは
他の人の発言を尊重すること

お悩みというのは、他の人が聞いたら「そんなの気にしなくていいやん」「考えすぎ」とか言いたくこともあります。
事実、わたくしもそう言われてきました。
これは善意で言ってくれてるのでしょうが、言われる側は自分の悩みを否定されるようで辛いのです。
ですので、ここは、「言いっぱなし聞きっぱなし」の精神で、
他の人の考えや悩みに反論したり、説教したりしないで
耳を傾ける会にしたいと思っております。

まだまだ空きがありますので、申し込みお待ちしております。

bako
2017/11/27のBlog
[ 06:45 ] [ ニュース・小ネタ ]
前回は、人様に「(人づきあいが下手な性格から)変わらなきゃ」と言われたり、自分で思ってしまうのがつらい、という話でした。

では「ありのまま」ならいいか。
残念ながら、ありのままでもしんどいのですよね。
現実問題、うまくいってないわけですので。

「アナと雪の女王」のお姉さんだって、
「ありのままの姿見せるのよ~何も怖くない♪」
と歌ってるのは、城から遠く離れた誰もいない場所だったし。

「ありのままで生きられるか問題」は、いまだに解決しないままです…。
2017/11/21のBlog
[ 11:59 ] [ ニュース・小ネタ ]
私が、かつてもっと人づきあいや、ちょっとした雑談が苦手だったとき、
「性格を変えなければ」と人に言われたり、自分で思ったりするのが何よりしんどかったです。
性格を変えるって社交的に?人を怖がらないように?
どうしたらそんなふうに「変われ」るのか分からない。
変われ、というメッセージが「今のおまえは受け入れられない」と否定されているように感じるのもつらい。
かといって、「ありのまま」ではうまくいかないのも分かってる。

「会話のきっかけレシピ」は、特に性格を「変える」必要がないのがいいところです。
2017/11/13のBlog
けっこうくよくよ悩み、鬱っぽくなるので、「認知行動療法」の本を読み始めました。

認知行動療法は今までにも知識はありました。
が、「認知のゆがみ」「考えを変える」といった言葉を聞くと、
「あんたの考え方は間違ってるから、この<正しい>考えに変えなさい!」
…と、思いっきり自分を否定されるイメージがあって、やりたくなかったのです。

ところが、いろいろ本を読んでいると、実は違うのですね。
「認知行動療法」は、「正しい考え、というものは存在しない」という考え方なのです。
「いろんなものの見方を出して、その中から自分にとってメリットのある(楽な・安全な・得な…など)見方を採用する、そうしたら自分の感情はどう変わるだろうか?と想像する。

なんか、会話のきっかけレシピの
「雑談に正解はない。ぜんぶ並べて自分が使えそうなものを使う」
と、似ているのだなと安心しました。

そのうち、「お悩み場面別・ものの見方レシピ」なんてのも作ってワークショップしたら面白そうです。

bako
2017/11/10のBlog
12月に、「雑談について雑談する会」第3回を開催します!

★日 時:12月9日(土)14:30~16:30
★場 所:まちライブラリー@A´ワーク創造館
★参加費:500円(茶菓子代)&「音楽」に関する本一冊

今回は、入江喜和さんの漫画『たそがれたかこ』の、<人づきあいが苦手な主人公が、好きなミュージシャンの言葉に救われる>エピソードを題材に雑談します。
(エピソードは数ページの短い内容なので、事前に本を読んでいない方も大歓迎です。)

「まちライブラリー」のイベントですので、本を一冊お持ちいただき、紹介してもらいます。
(これも「会話のきっかけ」としてはなかなか面白いです。)
今回は、「音楽」に関する本を一冊お持ちください。
登場人物が音楽を演奏する(歌う)ストーリーでもよし、
ストーリーの中に音楽がアイテムとして出てくるのでもよし、
ミュージシャンが書いた本(小説またはエッセイなど)でもよし、
はたまたピアノやギタースコアなんていうのも歓迎します。


事前申し込み制となっております。申し込みは、下記からお願いします。
Facebookのイベントページから
「こくちーず」から

皆様のご参加をお待ちしております!
2017/10/12のBlog
[ 04:21 ] [ 例えばこんな雑談 ]
今日はコレで決まりです。
2017/09/18のBlog
[ 08:13 ] [ ニュース・小ネタ ]
すっかり間があいてしまいました。

プライベートでバタバタしていたので、更新できなかったのですが
またちょっとずつ再開します。

bako
2017/07/28のBlog
●休憩所タバコ片手に集う人私の知らない言語で話す

●ドアを開け一緒に入ってくるふたり私の知らない言語で話す

●すれ違いふたことみこと話すだけどうして笑いが起こるのだろう

●ドア近くふたことみことで笑い声私にもツボを教えてほしい
2017/07/25のBlog
[ 07:50 ] [ ニュース・小ネタ ]
朝日新聞の記事です。

▼「忖度まんじゅう」注文殺到 関西限定「上司に渡して」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000073-asahi-soci

「上司や取引先、親戚などに土産物として渡し、談笑のきっかけにして欲しいという。」だそうです。
しかし、ワタシの場合、その「人の心をおしはかる」という「そんたく」が一番苦手なんで、会話のきっかけにと持っていっても
「bakoさんが『忖度まんじゅう』なんて…シュールすぎる…漫画みたい…」
と、職場の人に思われる可能性大です。

bako