ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
中国茶サロン
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:186件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/02/16のBlog
3月4日姫路イーグレアートホールで14時から源氏物語第19帖「薄雲」を大藪旭晶先生の作詩作曲で「薄雲」を開催致します。
永遠の女性「藤壷女御」の死に悲嘆にくれる光源氏を琵琶の音色が悲しく奏でてくれます。
又源氏の漢詩の書作品、詩吟、朗誦(日本語、中国語)オカリナ演奏、和歌のピアノ演奏と吟詠などのコラボレーションを是非お楽しみ下さい。
[ 13:42 ]
2月26日(月)姫路新北京の恒例春節祭開催します。
今年もモンゴル人マハバル・サウガゲレルさんと山本敦子さんのモンゴル音楽と中国茶・中華料理フルコースの一夜をお楽しみ下さい。今年はどの様な演奏か楽しみです。
マハバルさんは昨秋モンゴル国の「モンゴル国北極星勲章」を国より受賞されました。
6時半から料金5,500円です
2017/11/29のBlog
[ 14:54 ]
11月27日6時30分、姫路「新北京・茶芸貴族」開催しました。42人と沢山の方に
来て頂きました。茶芸貴族は毎月1回10年以上の142回目です。
今日の演奏者は中国西安出身の「陳曼麗」さんの二胡と「寺田瑞穂」さんの笛子の演奏です。
最初に一曲演奏して、中国茶「鉄観音」(福建省)を工夫茶で聞香杯と茶杯を使って、香と味を楽しんで頂きました。
中華料理フルコースを頂きながら、ワイングラスで緑茶「信陽毛尖」(河南省)を飲みました。途中恒例の漢詩の「楓橋夜泊」を、田中峰翔先生の詩吟と米家さんの中国語、日本語の朗誦とおかりな千賀子さんのオカリナ演奏が有りました・。
デザートと「雲南紅茶」が始まると、今日の演奏です。
陳さんの姫路の感想は、前回姫路城の桜に感動し、この度は紅葉の美しさに感動したと日本語でお話も交えて、お二人の中国の曲、日本の曲の演奏は素晴らしいでした。
次回は、モンゴル音楽の演奏で、マハバル・サウガゲレルさんですが、彼の功績をたたえて ALTAN GADAS(モンゴル国北極星勲章)を受賞されました。
週末毎に台風の雨が続き心配していましたが、「源氏物語」当日の11月5日は秋晴れの良いお天気に
恵まれ、沢山の参加者の皆様に来て頂き、70席余りの椅子が足らなく、急きょお席の椅子を足して現光寺の中の本堂はまんぱいになりました。
恒例の漢詩の書もこの度は掛け軸が1本、色紙が4枚と盛り沢山で漢詩作詩は、東洋文化と茶を楽しむ会代表「出田恵美子」です
この度の書家は神戸大学名誉教授で大英博物館に10作品収蔵の「魚住卿山先生」の作品です。「朝顔」「胡蝶」「蛍」「常夏」「篝火」と20、24、25、26、27帖の巻の漢詩です
いつもの様に漢詩詩吟を「田中峰翔先生」、漢詩日本語、中国語の朗誦を「米家哲郎さん」と、おかりな演奏の「高橋さん」、和歌をキーボード演奏と吟詠で「尼子先生」で、第一部終了です。毎回の様に司会は福崎郷土史研究会代表の「鎌谷泉さん」です。
第2部はいよいよカルチャーで 人気の歌人「林先生」の朗読とお話が「小池さん」の笛
演奏と共に始まりました。
先生のファンの生徒さんが沢山みえておられます。さすがに林先生のお話は皆様笑ったり感動したりでもっと聞きたい様子でした。林先生の合間の笛演奏も素敵でした。
今年の「源氏物語」は最後になりました。
来年は3月4日(日)姫路イーグレ・アートホールでの第19条「薄雲」琵琶弾き語りです。
2017/11/06のBlog
11月27日姫路「新北京茶芸貴族 月夜の宴」は中国西安出身 二胡奏者「陳曼麗 チェン マンリ」さんと日本の中国笛子奏者「寺田瑞穂」さんの演奏会です。
美味しい中華料理と中国茶と一緒にお楽しみください。
6時半開演です