ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
まなびの会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1524件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2019/12/14のBlog
[ 17:12 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 2019年12月14日(土)14時~15時30分
 フランスを中心としたヨーロッパの古代・中世の記録を後世に伝え
るための写本についてお話しがありました。
 まず最初に「アングロノルマン語」について解説がありましたが、
この言語はある時期ある地域で話されていたフランス語のことだそう
で、それは11~14世紀にイングランド地域であったとか。
 なぜ英国南部でフランス語が話されていたかですが、その昔バイ
キング(ノルマン人)がフランス北部に住みつき、ノルマンディ公国を
つくり、この一部が英仏海峡を渡って、イングランドを征服したことによるのだそうです。
 その時の王・ヘンリー2世(1154年即位)は歴代の王の歴史を編纂するよう命じ、この中にアーサー王の物語が入っていたことから、後世の私達が知ることになったわけです。
(英国はその後、1362年に英語が公用語になりました。)
 このように、他人や相手に伝える手段のひとつが「写本」です。
 この写本(書写)の歴史ですが、文字が発明されるまでは専ら絵画によるものでしたし、その記録媒体も紙が発明されるまでは、石や植物等を利用していたようです。
 たとえば、ロゼッタ石には勅令が書かれていますし、パピルスにはヒエログリフが書かれ、ポンペイには壁画が残っています。
 そして羊皮紙→紙へと進化し、1445年にはグーテンベルクによって活版印刷が発明されました。
2019/12/13のBlog
[ 21:57 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 2019年12月13日(金)13時30分~15時30分
 来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀が
主君・織田信長を本能寺で討ち、短い期間でしたが天下を
掌握した頃を中心としたセミナーがありました。
 光秀は1580年には丹波制圧を成し遂げ、丹波経営・坂本
城改修等を行い、加えて丹後や大和国支配の補助も任されて
大きく飛躍しました。
 光秀はこの時期、織田家中随一の実力者になりました。
 その後も光秀は多忙で、1582年には武田勝頼攻めに出陣したり、安土に逗留する徳川家康の馳走を命じられたりしています。
 そして信長は、武将達を最前線に立たせる一方、整備の済んだ領地は一族に与える等しており、このような状況が光秀ら武将に不満を抱かせる要因になったかもしれません。
 1582年5月に信長から西国出陣を命じられた光秀は、坂本から亀山に移動し、愛宕山で連歌を催しており、この時の発句が謀反の決意表明と言われています。
 すなわち、「とき(土岐)」「あめが下(天下)」「下しる(下知する)」と解釈されていますが、謀反の理由は怨念説・野望説・黒幕説・四国政策転換説等々諸説あり、いまだわかっておりません。
 光秀は束の間天下人になりますが、山崎の合戦で秀吉に敗れ、落武者狩りで殺害されました。
 本能寺の真相は本人が殺され、親族等も自害しており、資料も残されていないため不明とのことでした。
2019/12/12のBlog
[ 19:13 ] [ 文学・宗教 ]
日 時 2019年12月12日(木)14時~15時30分
 今回の関西文化に育まれた文学は、司馬遼太郎の「燃えよ剣」
が取り上げられました。
 この小説は新選組副長・土方歳三の生涯を描いたもので、松竹
が1986年に映画化し、1997年には宝塚歌劇でも舞台化され
ました。
 新選組は1863年に江戸で集められ、京都に移動した浪士組
から、芹沢鴨一派と近藤勇一派が手を組んで独立し、京都守護職
会津藩主の庇護のもと発足された組織です。
 任務は、倒幕武士の探索・捕縛や警備・反乱の鎮圧でした。
 また主な戦歴は、池田屋事件・尊王攘夷派志士の斬殺・捕縛、蛤御門の変・・・等々で戊辰戦争の終戦とともに解散されています。
 この小説の最後には、「五稜郭は降伏し、開城した。総裁・副総裁・陸海軍奉行など8人の閣僚のなかで戦死したのは、歳三ただひとりであった。8人の閣僚のうち、4人まではのち赦免されて新政府に仕えている。」とあり、この時歳三は函館政府の陸軍奉行でした。
 歳三は、「攘夷も開国もない。事がここまできた以上、最後まで徳川幕府を守る覚悟になっている。時勢など問題ではない。勝敗も論外である。男は自分が考えている美しさのために殉じるべきだ。」と言い、また「もしここで自分が生き残れば地下の近藤にあわせる顔がない。」として、生涯を閉じました。
2019/12/09のBlog
[ 19:05 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 2019年12月9日(月)14時~15時30分
 第2次世界大戦敗戦後、すぐに食料事情の悪化等により闇市が
起こります。
 因みに「闇市」とは、公定価格を外れる価格(闇値)で売買する
店舗群のことを言います。
 今回は神戸市における闇市を例にしたお話しでした。
 戦後すぐ、すなわち1945年(昭和20年)の9~11月頃には
はやくも神戸市内の中心地である三宮や元町の高架下と南側
街路上ならびに湊川・新開地に闇市ができました。
 まず「三宮国際マーケット」についてですが、1945年に三宮自由市場の地域指定と組織化が計画され、中国人・台湾人・朝鮮人・日本人の各営業者が県警で協議して、外国人と日本人の営業地域を分けることになった由。
 次に「三宮ジャンジャン市場」ですが、路上不法占拠店舗の撤去に伴い、三宮町一丁目の北東部に2区域(東:新興街、西:三宮市場)ができ、このうち「三宮市場」のことを通称「ジャンジャン市場」と呼ぶようになったとのことです。
 そして「湊川公園商店街」のことですが、ここは戦前から湊川の付け替え・埋め立てによって商店が生まれた所ですが、戦後引揚者の救済目的もあって店舗兼住居群として開業されたものです。
 このような闇市はやがて「市街地改造事業」や「土地区画整理事業」によって整備されていきました。
2019/12/08のBlog
[ 17:31 ] [ 音楽・美術 ]
日 時 2019年12月8日(日)13時30分~16時
 富岡鉄斎の絵・書法にまつわる講座がありました。
 彼は1836年に京都三条通に生まれ、1861年に長崎へ
遊学しました。(この頃から絵画を志す。)
 その後15年間ほどは神社の宮司を歴任し、以後隠棲
生活に入ります。
 やがて京都市美術学校の教授を勤め、1924年に自宅で
没しました。
 彼の絵画は日本画とは少し異なり、中国人の視点や中国の理念を直視したものである由。
 因みに、中国画は(1)北宗画(画院画)と(2)南宗画(文人画)に分かれ、(1)は絵具を使った絵画であるのに対し、(2)は墨で描く水墨画が多いとのことです。
 彼の絵画は正に文人画であり、これは詩心を画にしたもので、老荘思想(自然賛美)とも言われているものだそうです。
 したがって、絵の中にその説明のため、詩を書いているものが散見されます。
 さて彼は京都に生まれ、京都で没しているわけですが、当時の京都は円山(応挙)四条(呉春)派が主流で、その円山四条派は写生画がメインでしたので、彼とは一線を画していたようです。
 ただ彼は、四条派の呉春の弟子(小田)に学んだことがあったとか。
 またやはり四条派の幸野楳嶺とも交友があって、品評員としても招かれたことがあった由でした。
2019/12/05のBlog
[ 21:21 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 2019年12月5日(木)13時30分~15時30分
 来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀が
織田信長の家臣となって頭角を現す頃のお話しがメインの
セミナーがありました。
 1571年の比叡山焼き討ちの功績によって、光秀は信長から
坂本城(大津市)の築城を命ぜられましたが、この坂本城の
目的は、(1)比叡山の監視、(2)湖西地域の敵対勢力への
押さえ、(3)上洛ルートの確保・・・等々でした。
 光秀はこの坂本城を拠点として、湖南をほぼ手中にします。
 1573年に将軍義昭が信長に反旗を翻すと、光秀は将軍方の今堅田城を落城させる等いたします。
 この戦いは正親町天皇の調停により一時休戦となりますが、義昭は武田信玄の進撃を期待して、再び御所を出て宇治の槙島城に立て籠もりました。
 これに対して信長はすぐ出陣を命じ(光秀も従軍)、結局 義昭は降伏して室町幕府は滅亡します。
 その後信長は1575年に長篠合戦で武田勝頼に圧勝し、この時の功績によって光秀は「惟任」と「日向守」を与えられました。
 光秀はこの後、丹波攻略を命ぜられるも、他に羽柴秀吉の加勢のため播磨上月城へ出陣したり、荒木村重の謀反の際に有岡城へ援軍として派遣される等しています。
 結局 光秀は1579年に丹波・丹後を平定し、安土の信長に報告いたしました。
2019/12/03のBlog
[ 19:53 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 2019年12月3日(火)13時30分~15時30分
 来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の
前半生に焦点を絞ったセミナーがありました。
 まず大河ドラマの題名に出てくる「麒麟」についてですが、
ひと口で言えば中国の伝説の生物のことだとか。
 中国には「博物学」というものがあり、その分類は(1)うろこ
(例:龍)、(2)羽(例:鳳凰)、(3)甲羅(例:カメ)そして(4)毛
(例:麒麟)だそうです。
 「麒麟」は殺生をいやがるやさしい動物で、戦国時代に人々は仁政を求め、人殺しのない世の中にしてくれる英雄を心待ちにしている様を表現している由。
 その英雄を明智光秀に求めたのでしょうか。
 光秀は織田信長の家臣として活躍する頃からは、よく知られているところですが、前半生となると大きな謎に包まれています。
 死去した時の年齢は「当代記」によれば67才となっており、そうすれば生年は1516年(永正13年)ですが、「明智軍記」ではこれが55才としていることから、その場合の生年は1528年(享禄元年)となり、干支でひと回り異なります。(その他にも諸説あり)
 また誕生の地も、「明智」の町名がある岐阜県恵那市とする説や、明智荘という荘園があり、重臣達の出身地でもある同県可児市とする説が有力ですが、いづれも決めてがありません。
2019/11/30のBlog
[ 17:01 ] [ 生活・社会 ]
日 時 2019年11月30日(土)13時30分~15時30分
 最近 高経年マンションが増加してきており、またそこに住ま
う人々も高齢化してきていること等により、いろいろな問題が
起こってきていることもあって、マンションの管理についての
講座がありました。
 ただマンションの管理は、管理規約だけでも出来ないし、法律
だけでもすることはむつかしく、そこに住む区分所有者の知恵
や工夫があってこそ、はじめて良い管理が出来るということの
ようです。
 戸建ての所有者は法律等を知らなくても管理はできますが、マンションの区分所有者は公に対しても適正な管理(適正化法第4条)の義務を負っています。
 したがいまして行政もセミナーや調査・研究会を催したり、役所に相談窓口を設けています。
 マンションの実質的な管理は、区分所有者をメンバーとする管理組合が行います。
 この管理組合の目的は財産の管理で、その財産とは共用部分(付属設備含む)と敷地である由。
 また管理組合と自治会や町内会との違いですが、(1)メンバーの違い(区分所有者:居住者)、(2)目的の違い(財産管理:コミュニティ活動)、(3)加入の違い(強制:任意)です。
 「管理」とは、「財産の価値を維持する営み」とされ、具体的には、物(建物・敷地等)、人(区分所有者・占有者等)、文(議事録・契約書等)、金(管理費・積立金等)の管理を言うとのことでした。
2019/11/29のBlog
[ 19:00 ] [ 文学・宗教 ]
日 時 2019年11月29日(金)14時~15時30分
 芥川龍之介の作品には「典拠物」が多いという切り口の講座が
ありました。
 今回は「今昔物語」を典拠にした芥川の作品「鼻」をご紹介して
いただきました。
 「今昔物語」は平安時代末期の説話集で、仏教的・教訓的傾向
の強い生き生きとした人間性が描かれているものです。
 また芥川の言によれば、「今昔物語」は「野生美の美しさがあり、
優美とか華美とかに最も縁の遠い美しさがある」・・・・としています。
 「今昔物語」には多くの『笑』をもたらす物語があり、笑われる側は窮地に陥ります。
 たとえば、ある舎人が美しい女をみて言い寄ったところ、その女は自分の妻だった・・・という話しです。
 このような視点で芥川の作品を見てみますと、「鼻」という作品の典拠は「今昔物語」巻5第20で、鼻の長い和尚が食事時に邪魔になるので弟子に鼻を持ち上げさせますが、その弟子がくしゃみをして鼻を粥の中に落とし、和尚は「もし相手が高貴な方だったらどうするんだ」と怒りますが、弟子は「こんな大鼻の人は他にいません」と反論して、これを聞いた他の弟子達は大笑いした・・・です。
 このように痛いところをついて皮肉を笑いに代えるわけですが、芥川はこれをベースにしながらも、人間の心理を描いています。
 すなわち、「鼻の長さを気にする」「自分より鼻の長い人を探しては安心する」・・・等々です。
2019/11/28のBlog
[ 16:28 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 2019年11月28日(木)14時~15時30分
 ユネスコの世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連
遺産」の世界遺産としての価値や登録への道のり等について、
お話しをお伺いしてきました。
 まず、日本のキリシタン史ですが・・・
 1549年 ザビエル来日、キリスト教伝来
 1614年 全国に禁教令
 1637年 島原・天草一揆
 1650年~長崎・天草では潜伏キリシタンが維持される ・・・です。
 さて、世界遺産としての価値ですが、登録基準としまして「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産は、17~19世紀の2世紀以上にわたる日本の禁教期に密かに信仰を継承した潜伏キリシタンが育んだ独特の宗教的伝承を物語る他に例を見ないもの」と説明されています。
 具体的には、(1)人間の創造的才能を表す傑作、(2)建築、科学技術、記念碑等に重要な影響を与えた、(3)文化的伝統を伝承する物証、(4)歴史上の重要な段階を物語る建築物とその集合体・・・等々である由。
 そして世界遺産登録への道のりですが・・・
 平成18年9月:提案→平成26年7月:推薦候補として選定→平成27年1月推薦書をユネスコに提出→平成28年2月:一旦取り下げ→平成29年2月:再び推薦書提出→平成30年6月:登録決議 ・・・です。
前のページ   |   次のページ