ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
まなびの会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1237件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2017/12/06のBlog
[ 16:10 ] [ 環境・健康 ]
日 時 平成29年12月6日(水)10時~11時30分
 中山寺は阪急電車・宝塚沿線に位置しており、日本最初の観音
霊場で、安産祈願のお寺としても知られています。
 その中山寺周辺の岩石観察がありました。
 まずお寺の近隣を案内していただきましたが、民家の一部に比
較的小さ目の御影石による石積みが散見されました。
 これらの石はそのほとんどが土石流により流されてきたものと
推測されるとのことでした。
 同じ御影石でもお寺の門前となると大きく形のよいものが多く、これは山で採取された加工品である由。
その他お寺に使用されている岩石には数種類ありました。
 たとえば石碑や石燈籠など加工されたものの多くには、
六甲花崗岩(本御影石)が使われておりました。
 また大師堂前にある弘法大師の標石は、細粒・均質な
黒雲母花崗岩(庵治石)であるとか。
 さらに竜山石で加工されていると思われるのが阿弥陀堂
前の安産手水鉢と古墳の石棺で,これらは古事記に出て
くる忍熊王と大中姫のものである由でした。
2017/12/05のBlog
[ 13:30 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 平成29年12月4日(月)15時~16時30分
 中国・古代の東周時代の後半・戦国時代についてです。
 戦国時代は春秋時代から始まり、秦が天下を統一する紀元
前221年を終りとしています。
 戦国時代を知る書物としましては「戦国策」なるものがあり、
編者は劉向(前漢末)ですが、原本は散逸されているようです。
 内容は、秦や滅亡した六国(斉・楚・趙・魏・韓・燕)等の250
余年にわたる政治・軍事・外交・・・が、国別に収録されている
由です。
この頃から未開墾地域の開拓や戦争等によって城郭都市から
都市国家へと変貌していきました。
 また土地の開拓の他、農具の普及等により農業生産が向上し
人口が増加してきました。(商業の発達により貨幣も誕生)
 上記のような経過から、「人口増加・商業の発達」⇒「巨大都市
の登場」となります。
 戦争の仕方も、今迄の戦車(馬4、兵3)中心から、馬上から弓
を射る(+軍船整備)方式に変化していったようです。
2017/12/04のBlog
[ 16:28 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 平成29年12月4日(月)10時~11時30分
 第12代景行天皇の子・ヤマトタケルの軍旅物語です。
 天皇には80人の子があり、その中から3人の太子(皇位継承
の候補者)を選んだのですが、その1人がタケルでした。
 しかしタケルは乱暴者でしたので、天皇は側に置くことを危惧
し、熊襲退治等の西征を命じます。
 タケルはまず南九州に赴き、熊襲2人(兄弟)を女装して近づ
いて、これを刺殺いたします。
 次に出雲に立ち寄り、出雲建を計略(刀合わせ)を用いて討伐し、都へ凱旋します。
しかし都に帰着後、すぐに天皇から今度は東征を命じられます。
 タケルは早速相模に向かいますが、山に誘い出され、周囲
から火攻めにあってしまいます。
 この時は火打石と草薙の刀で難を逃れます。
 また走水の海では、海が荒れて船が進まない時には、妃の
弟橘比売が入水することにより、これを鎮めました。
 やがて伊吹山の従わない神を退治に出かけるも、反対に怪我
をし、ついに亡くなってしまいます。(死後「白鳥」となる伝説あり)
2017/12/03のBlog
[ 04:42 ] [ 文学・宗教 ]
日 時 平成29年12月2日(土)10時40分~12時10分
 開港150年を迎えた神戸を古典文学から見てみようとする
セミナーでした。
 具体的には、平安時代に書かれた「大和物語」の第147段
(生田処女)の話しで、この乙女に二人の男(摂津の兎原、
和泉の茅渟)が求婚してきます。
 二人は年齢・容姿・身分等とも同じで、したがって乙女は
愛情の深い方を選ぼうとするも、これもまた同じ位でした。
 乙女はほとほと困り果てていますと、乙女の母親が次のような行動にでます。
すなわち「そばで見ていて心苦しく、二人の男を見ていても
気の毒でしかたがない。」と言って、二人の男を呼んで次の
ように提案いたしました。
 「生田川にいる水鳥を射当てた方に娘を差し上げましょう」
と言いますと、男達は早速川へ行き、一人は鳥の頭を、あと
一人は鳥の尾を射当てたので勝負はつきませんでした。
 乙女は思い悩んでついに生田川に身を投げてしまいます。
 男二人も後を追い、三人とも死んでしまう悲恋の話でした。
2017/12/01のBlog
[ 13:51 ] [ 生活・社会 ]
日 時 平成29年12月1日(金)13時~14時30分
 イスラム国がメインの活動拠点であるイラク共和国を中心と
したお話しでした。
 同国は人口3000万人強で、世界有数の石油埋蔵国です。
 民族構成はアラブ人80%、クルド人15%、その他で、宗教は
イスラム教シーア派が65%、スンニ派が35%です。
 イスラム国の成り立ちは、2003年頃から活動していた組織
「唯一神と聖戦」が、その後「イラクの聖戦アルカイダ」と名を
改めました。
やがてスンニ派組織を吸収し、2006年に「イラク・イスラム国」、
そして「イラク・大シリアのイスラム国」とまたも名前を変え、
2014年に現在の「イスラム国」といたしました。
 全体的な説明の後にイスラム国が一時占拠していました
モスルの街等を映像で紹介していただきました。
 自動車が爆弾を満載して敵の戦車に体当たりする瞬間や
瓦礫化した家々、さらに故郷を逃げ出した難民の様子等々
戦争の悲惨さを実感いたしました。
2017/11/30のBlog
[ 16:38 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 平成29年11月30日(木)13時30分~15時
 平安時代初期に和歌と政治の大人物が二人いました。
 ひとりは「小野 篁」で帝にも意見をするという熱血漢で、昼は
朝廷に仕え、夜は地獄の閻魔庁に仕えたという伝説の人です。
 また小野小町の祖父とも父とも言われていますが不明です。
 32才で遣唐副使に任じられるも、大使の船に欠陥があって
交替を命じられ、これを不服として役職を降板します。
 それが嵯峨天皇の怒りにふれて隠岐へ流罪となり、その時に詠んだ
歌が百人一首にある「わたの原 八十島かけて 漕ぎいでぬと 人にはつげよ あまのつり舟」です。
あとひとりは「僧正遍照」で数々の浮名を流した人ですが、出家した
あとは修行を積んで僧正の位にまで上りつめました。
 また平安遷都した桓武天皇の孫で、寵遇をうけた仁明天皇が崩御
しますと35才で出家いたしました。
 その間 小野小町や在原業平と交流を深め、光孝天皇が即位すると
僧正に取り立てられました。
 百人一首では「あまつかぜ 雲のかよひじ 吹きとじよ 乙女のすがた
しばしとどめむ」と詠んでいます。
2017/11/28のBlog
[ 12:29 ] [ 歴史・考古 ]
日 時 平成29年11月27日(月)10時~11時30分
 中国・古代の東周時代の前半・春秋時代についてです。
 春秋時代の始まりは紀元前770年に平王が洛陽へ遷都した時で
終りは諸説あり、紀元前403~481年等様々です。
 「春秋」の作者は孔子で、儒教を体形づけた人とされています。
 孔子の教育内容は、詩(歌)、書(歴史)、礼(所作)、楽(音楽)、
孝(親への心情)、仁(思いやる心)が人の道とするものです。
 後に六国を統一することになる「秦」はこの頃から台頭しはじめ
まだ諸侯ではなかったのですが、馬が巧みで軍事力を養っていました。(写真は孔子)
そして襄公の頃(紀元前777~766年)に周王朝の臣下となり、
西戎を征討して諸侯に列せられます。
 やがて西周時代の諸侯たちは権威を失墜していき、諸侯の
下にいた大夫や士と呼ばれる中級から下級の貴族階級が
勃興してきて、諸国の実権を握っていくことになります。
 これらの人々が実権を握った代表的なところとしましては、
晋・斉・魯・鄭・・・がありました。
 そして東周時代の後半・戦国時代へ舞台は移っていきます。
2017/11/27のBlog
[ 16:36 ] [ 政治・経済 ]
日 時 平成29年11月27日(月)10時~11時30分
 世界の経済は、米国・欧州・中国は金融引き締めの方向ですが
日本はひとり金融緩和の方向を堅持しています。
 ただ中国はバブルの程度が激しいので、近い将来には金融緩和
に転じる可能性はあります。
 日本の金融緩和政策は、マネーベース(現金+日銀当座預金)は
確かに増加しているようですがもうひとつの金融であるマネーストッ
クすなわち前のマネーサプライ(現金通貨+預金)はあまり増えて
いないのが現状です。
そこで日本銀行は短期金利をマイナス金利に、長期金利をゼロ
金利にいたしました。
 しかしいくら金利を下げても将来に不安があって(過去には
バブルの崩壊を経験)、企業はお金をなかなか投資に回さず、
また一般国民も預金を消費に当てようとはいたしません。
 日本銀行はなんとか物価を2%アップすることにこだわって
いますが、それより雇用の増加等の方が先だと思われます。
 市中銀行もマイナス金利によりリストラを考えるのでは・・・?
2017/11/25のBlog
[ 14:00 ] [ 生活・社会 ]
日 時 平成29年11月25日(土)14時~15時30分
 海外の代表的な世界自然遺産を紹介していただきました。
 最初に行ってみたい世界自然遺産としまして、①ハ・ロン湾
(ベトナム)、②黄龍(中国)、③グランド・キャニオン(アメリカ)
④マチュ・ピチュ(ペルー)をあげられました。
 ①は大小さまざまな奇岩が湾を埋め尽くす景観で「龍が降り
る」という意味であり、②は石灰岩の層が浸食されて出来た
池が段々畑になっている渓谷で、③は目もくらむような絶壁等
の景観があり、④はアンデス山中にあるインカ帝国の都市遺跡です。
次に少し極めてみたい世界自然遺産としまして紹介していただい
たのが、⑤武陵源(中国)、⑥カッパドキア(トルコ)、⑦パムッカレ
(トルコ)、⑧イエローストーン(マメリカ)でした。
 ⑤は1979年に発見された秘境で、⑥はキノコや煙突のような形
の奇岩が林立するところで、⑦は幾重にも白い石灰棚が重なる
幻想的な斜面で、⑧はロッキー山脈に位置するアメリカ最大の
国立公園です。
 現在世界自然遺産は206カ所あります。(写真は①・⑤です)
2017/11/22のBlog
[ 11:57 ] [ 環境・健康 ]
日 時 平成29年11月22日(水)10時~11時30分
 紫雲山・中山寺(西国三十三所の24番札所)付近の活断層に
ついての実地研修がありました。
 この辺は有馬・高槻断層帯(有馬~宝塚~中山~川西~千里
~高槻)約60㎞の中間にあり、1596年の慶長伏見大地震時に
右横ずれした地形も見ることが出来るとのこと。
 山側は斜面・盛り上がり・段差等が散見され、川の周辺も上流が
低く、下流が高くなっているところもあって断層が動いたことがよく
わかりました。
近くの御殿山中学校の敷地には、真中に断層が通っているとかで
それを挟んで校舎は左右に建てており、阪神淡路大震災の時も
そのおかげで被害は少なくて済んだ由。
 近隣の住宅街は、元々森だったところを切り土・盛り土等して
宅地化したところでしたので、先の震災では特に盛り土をした
ところに被害が出たようだとのことでした。
 なお近く起きるであろうとされている東南海地震時でも、特に
下地が粘土質のところは要注意であるとのことでした。