ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3328件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2017/12/31のBlog
起業11年となりました、 『よしこちゃん☆かけはし工房』 代表
「よしこちゃん」こと大橋良子のブログです

「名刺サイズの8ページパンフレット」をはじめ、
広報誌・チラシ・パンフレット等の各種広告ツールの
企画からデザイン、制作(印刷)をさせて頂いております。

(→)は、枚岡合金工具㈱様の名刺サイズの手描き絵本
『ありがとうデジタルドルフィンズ誕生物語えほん』等です。
※お会いしたことがない方への作品制作に関しましては、
一度お会いさせて頂き、ご縁を結ばせて(ご理解を)
頂いた後にさせて頂いております。
手間暇はかかりますが、そのような想いで日々制作しています。

当ブログでは、若輩企業家「よしこちゃん」の珍道中話から、
ボランティア活動、日々の感動話や雑感・・・そして
四国お遍路などの修行話を徒然なるままに記しております。
認定NPO法人宝塚NPOセンターの元センター長の
故・森綾子さんのお名刺(→)が最初の制作作品です。
森さんのご期待に沿える人生を目指しております。

どうぞよろしくお願いいたします


弊社の詳細情報は、下記「PDFファイル」をご覧ください
2017/06/20のBlog
この本の著者でジャーナリストの大高未貴さんの

共通の知人であるおねえさんから薦められて、

一気に読ませて頂きましたぁ~(>0<)!



所謂“慰安婦問題”の根本的発生源&

その経緯が分かり易く、

そして緻密に紐解かれていました。

ほんとアッパレ☆な名著です♪



端的に申しますと【戦後補償産業】という

闇の産業が存在するということです。



日本政府(=つまり私たち日本人)から、

あれやこれやと過去の史実を元に

虚実をほじくり回して捏造し、

カネを貪り続けようとする輩が存在し、

その手先にされた一人がこの「吉田清治」という、

悪魔に魂を売った愚かな人物であり、

この吉田清治の声を広めたのが

罪深き朝日新聞社であります。



(この他にも「サハリン訴訟」など、

多種多様な戦後補償ビジネスを仕掛け続けられてます。

この事実を知らないのは、平和ボケし、

自分の回り&自分の利益しか見てない

盲目バカな日本人だけです)



著者・大高未貴さんより、

この本に懸ける想い(メッセージ)を

頂戴しておりますので、

敢えて原文のまま転送させて頂きます↓



「東京裁判の呪縛が解けない限り

日本の霊性も覚醒せず本領発揮できません・・・

今回の本は私を越えた次元で書かされ、

和解と先人達の慰霊の為、

命をかけた二人の男の実話です。



日本の子供達が性奴隷を作った

鬼畜軍隊の末裔になるか

世直し皇軍の末裔になるかの分岐点。

是非拙書の内容をより多くの人に知って貰いたいです。



朝日新聞は恣意的に無視しています。

とにかく拡散して日本の汚名挽回、

日本の覚醒、地球維新に繋げていきたいです。」




ということで、

日本人の覚醒本の一つとして是非お手元に・・・♪

ほんと、大高未貴さんも

アッパレ☆ステキ過ぎです~っ(^0^)キャッ♪



この本の詳細は下記HPをご覧ください(産経新聞出版HP)↓
http://www.sankei-books.co.jp/m2_books/2017/9784819113120.html




2017/06/18のBlog
ご報告遅くなりましたが、6月11日(日)。

訳あってマイカーにて一旦名古屋に行った後、

一気に紀伊半島を南下し、、

熊野地方に行って参りましたぁ~(^^)♪

(大阪に帰って来たのは14日です)



先日ご報告させて頂きましたように、

今年3月にスペイン巡礼にチャレンジし、

ひょんなことから

「その次は熊野古道にチャレンジしよう!」と決め、

その下見・・・

また、歩いてでの熊野巡礼で行けない箇所を

マイカーにて片っ端から巡らせて頂きました(^0^)!



あと、今回は一風変わった「お宿」の体験も

旅のコンセプトにしており、

3つのステキなお宿もご紹介させて頂ければと思います。



11日(日)夜泊まらせて頂いたのは

「わがらん家」というゲストハウスです↓

https://www.facebook.com/kumano.wagaranchi/

最近、個性的なゲストハウスに泊まるのが

カナリの趣味です(笑)♪

安いですし、いろんな人とお話が出来るので見聞が拡がり、

メッチャオモロイです(^^)☆



ここは三重県熊野市

https://www.kumano-kankou.info/)の町中にあります。

地元の若者が、「ゲストハウス」という気軽

&リーズナブルに泊まれる宿を作って、

ふるさとを活性しよう!と4ヶ月くらい前に始めたそうです。



実際熊野市にはこの手のお宿が無いそうです。

世界遺産・熊野古道の入口やのに、

もったいない話しです。



このゲストハウス、築100年くらいの民家を改築し、

泊まれる部屋は3~4部屋あるようです。

私は「じゃらん」で予約し、

3,000円ぽっきりで一部屋貸切でした。



結構古いですが、掃除は行き届き、

「おばあちゃんの家」に帰ってきた

という懐かしい感覚がします。



シャワー&お風呂はなく、

近くの銭湯に行くシステムとなっています。

トイレは“ボットン便所”に、

洋式のように座れる蓋をしているという感じで、

ボットン便所ならではのニオイがして、

これがまた昭和の懐かしいニオイでした(笑)。



4畳くらいの台所があり、食事はそこで自炊出来ますが、

私は500円以上は割引になるという

お宿発行の割引クーポン券を貰い、

近くのお店に食べに行きました。



トンカツ定食900円が800円になりました^^♪

ボリュームがめっちゃあり、美味しかったです!が、

注文後出て来るまでに25分くらいかかりました。。。(^^;)。



食事後、そのお店のおばちゃんとも楽しく世間話。

その中で「丸山千枚田がオススメ!」と言われ、

翌日行ってみることにしました。



銭湯もこれまた昭和の“神田川状態”で

懐かしい雰囲気120%でした!

番台のおばあちゃんもいい味出して、

私が大阪人だと分かると最後「おおきに~」って

笑顔で見送ってくださいました(^人^)☆



夕食&銭湯の後は、

わがらん家の31歳若きオーナーと

ワイワイお話させていただきました。

ふるさと愛に、自分の人生を良くしたい!という思いが

両立した好青年でした。

このようなゲストハウスを何軒も増やして、

熊野市の古民家再生(地域活性化)をして

行きたいとのことでした。



日頃、四国を中心にあっちこっちの田舎へ行きますが、

田舎に若者がどんどんいなくなるのは寂しいです。

若者がいなくなると、

その地域の未来が無くなるのと同じですからね。



彼のような情熱のある心優しい若者が、

田舎でも健やかに生きていけるように、

政治や経済的なシステムを我々は

もっと考えないといけないと感じました。



都会・東京一極集中(偏り)は不健全で不自然ですし、

集中しているところに【何か】が起これば、

日本全体が沈没しますしね。。。


6月12日(月)朝。

お宿を出た後30分程運転し、

「丸山千枚田」に行きました↓

http://www.kumano-furusato.com/senmaida/index.html



数ヶ月前、NHKBS『新日本風土記』で観ましたが、

本当に美しい場所でした。。。☆

先人の汗と涙・・・

そして愛の結晶、感動です(ー人ー)。



さすがに過疎&高齢化の波で平成に入って、

だいぶ荒廃していたそうですが、

今では行政(公の機関)の全面サポートによって、

地域ぐるみでこの風景全体を復活し、

継承されているとのことです(^^)♪



棚田風景の中にある休憩所で休んでおりますと、

地元のおばあちゃんが散歩がてらに登場され、

この棚田の歴史や今のことを

あれこれと教えてくださいました。



このおばあちゃん・・・

ここで暮らす人・ここに関わる人たちもまた、

かけがえのない日本の美、

そのものだと感じました。



日本の棚田百選「丸山千枚田」。

これからも未来永劫

美しくあり続けて欲しいと願うばかりです。



・・・にしましても、

この地域は「無人販売所」が未だ多く・・・

これもまた、

日本のステキなところでもあるかなと思います。

ちなみに畑をしているもんでして

「牛ふん200円」が魅力的で思わず

2袋もGETしてしまったんですが、

それから車内が常になんとな~く牛臭いので、

ちょっと失敗したなぁ~って感じてマス(爆)^^;★


6月12日(月)お昼。

和歌山県新宮市にある「熊野三山」の一つ、

熊野速玉大社

http://kumanohayatama.jp/

へお参りに行って来ました。



着いた時には3つの団体さんがおられ、

境内は喧騒を極めておりましたが、

去られましたらシーンとして、

とっても清々しい聖域でした。



一人合掌しておりますと、

爽やかな風が向いから吹いて来て、

“熊野大権現様”に

歓迎を受けているようでした(ー人ー)☆



ここでは、梛(なぎ)小苗(400円)と、

熊野三山ごとにある

「熊野牛王宝印」(500円)を

GETいたしました♪



熊野三山の「熊野牛王神符」は、

何だかとってもパワーがありそうなんで(笑)、

自宅の神棚に置いておきたいなと思います。


6月12日(月)午後。

次に熊野三山の一つ、

熊野那智大社

http://kumanonachitaisha.or.jp/)へ

お参りに行って来ました。

ちなみに、もう一つの熊野三山

「熊野本宮大社」は

熊野古道・歩き巡礼ゴール地ですので、

次回のお楽しみということでおあずけです(笑)♪



ここも団体さんや個人観光客が多かったです。

ここの場合、熊野古道を歩いている

日本内外の方をちらほら見ました。

ここでも「熊野牛王宝印」(500円)を

GETいたしました♪



で、熊野那智大社と隣接している

青岸渡寺(http://www.saikoku33.gr.jp/place/1

にもお参りに行きました。

このお寺は、西国三十三観音霊場の

第1番札所ということで・・・

よしこちゃん、滅多にこんなところまで来れないワ~♪と、

ここで西国霊場の御朱印帳をGET☆

ま、一生かけて一周は

お参りさせて頂こうかな・・・と(ー人ー)☆



ま、あくまで本業???は

四国八十八(一応、先達ですし^^;)ですけれど、

側面理解の為には、

いろんな霊場を知ることも大切かなぁと思いました。



それに私の父方の祖母が生前、

この西国三十三観音霊場の掛け軸を作っていて、

それが今私の手元にあり・・・

この観音様の【おかげさま】を

祖母経由で頂いておりますので、

ある意味での“御礼参り”でもあります。



ということで今年(40歳)は熊野古道と、

西国霊場をお参りし始める年となりました。

おもいっきり

【神仏ちゃんぽん(神仏習合)】です(笑)♪


なお、那智の滝へは時間がなかったため、

遠景でパチっ☆と写真を撮って終わりました(^^;)★


伊勢方面~紀伊半島~紀伊田辺界隈まで・・・

ほぼ海岸線沿いに国道42号線が走っているのですが、

ずいぶんと伊勢方面から南下&紀伊田辺界隈から

東へと高速(自動車専用)道路が伸びて来て、

いつか繋がって紀伊半島をくるっと一周出来そうです。



なお、紀伊田辺~熊野那智大社間の海沿いの道

(国道42号線が走っているところ)は、

「大辺路(おおへじ)」という

熊野古道のルートの一つとなっています。

【参考HP】http://www.tb-kumano.jp/kumanokodo/



にしましても、

この「橋杭岩」がある紀伊大島界隈は、

まだまだ「陸の孤島」のようで、

大阪方面からも名古屋方面からも

行きづらい場所のようです。

だからこそ、

このような美しい自然が残っているんかなぁ・・・

とも感じています。



以前、「トルコ記念館」に行った時は、

この橋杭岩は海からにょきっと出ている感じでしたが、

今日通った時は干潮で、海水が引いていて、

これまた凄い風景になっており、

せっかくの機会でしたので、

普段海の場所をのんびり散策して来ましたぁ~(^^)♪



■橋杭岩
http://www.kankou-kushimoto.jp/event/hashikui_r_up.html

■トルコ記念館
http://www.kankou-kushimoto.jp/miryoku/torukokinenkan.html


6月12日(月)夜は、

和歌山県田辺市にあります

「農家民泊 未来農園」に泊まりました↓

http://mirainoen.net/?mode=f10



農家を営む高垣さん(60代のお父さん&お母さん)の

ご自宅の一部を民泊用に開放しています。

(梅やみかん栽培の農業の方は

30代の息子さんに事業継承をされているそうです。

娘さんお二人は大阪&神戸在住とのこと)



かれこれ民泊の歴史は10年程なんだそうですが、

ここ数年、世界遺産・熊野古道を目当てに来る

ヨーロッパを中心とする外国人からの観光客が増えて、

お客さんの半分が外国人なんだそうです。

国内外の大手旅行サイト10社に掲載されていたり、

オランダ等の旅行会社とも提携しているそうです・・・凄い!



日本ではワールドビジネスサテライト(テレビ東京系)や、

タイのテレビ局からもお笑い芸人がレポーターとして

取材に来られたとのことです。

(また来週も、テレビ東京から取材に来るそうです)



変わり種ネタとしては、

その息子さんが10年程前に朝日放送の人気番組

「探偵ナイトスクープ」に登場され、

そのビデオも夕食時に見せて貰いました(笑)♪



なお夕食は「おやじの料理」ということで、

お父さんが中心に料理を作ってくださりました。

めっちゃ美味しかったです!

なお夕食はお父さん&お母さんと一緒に食べる

というシステムになっています。

たまたま宿泊している人が私だけでしたので、

三人でワイワイ食べさせて頂き、

お父さんに趣味にギター演奏もしていただきました!



本業は農家ですが、

お父さんの趣味が釣りで(お父さん、多趣味です^^;☆)

漁船も持っておられ、それで「農家体験」と

「漁業体験」両方をお客さんにして貰えるそうで、

それが外国人に大ウケとのことです。



しかもそれぞれの体験が2,000円程度で

出来るので安いと思います。

ちなみに一泊二食つきで7,150円でした。

素泊まりで5,000円程度です。



アットホームな農家の自宅に泊まれ、

日本の田舎暮らしを体験出来、

更に農業&漁業体験も出来るのは当然、

魅力的ではありますし、

お父さん&お母さんの外国語は殆ど話せないけど、

めっちゃオープンマインド&ハートフルな

キャラクターがめっちゃステキやと感じました~(^0^)♪


裏表・じゃばら折りになっております、

熊野古道とスペイン

“サンティアゴ・デ・コンポステーラ”

の巡礼路の「共通巡礼手帳」を、

熊野古道館でGETしましたぁ~(^0^)!



共通巡礼手帳・・・詳しくは↓

http://www.tb-kumano.jp/kumanokodo/dualpilgrim/



今年4月現在、この両方完徹し、

正式機関に登録されている方は500名程、

内日本人は100名ちょいいるんだそうです。

よしこちゃんも今年中か来年に

その一員に入るゾ~(>0<)!



その後、車を下りてチョットだけ

熊野古道をかじってみました。

ほんと、道のパワースポットですね!



さすが世界遺産だけあって、

道がきちっと整備されて綺麗なだけではなく・・・

①トイレ、②水道(水分補給などの役割)、

③休憩所やベンチ、そして④WIFIが

バッチリ☆整備されています(>0<)!



こりゃー外国の方々が

どんどんやって来るのもうなずけます。

いろんな意味で安心ですもんね。

なお、外国の方は30代くらいの

健脚世代の方が多いです。



にしましても、ちょっと熊野古道を

かじっただけなのですが、

外国の方(ヨーロッパ系白人ばかり)を

今日だけで既に30人くらい見ました。

日本人で歩いている人は

数名しか見ませんでした。



いかに世界遺産・熊野古道の外国人への

集客力が凄いか・・・

まざまざと見せつけられました☆


熊野古道下見・3日目(最終日)の

13日(火)夜・・・

中辺路(なかへじ)で有名なお宿

「霧の郷たかはら」に泊まっています↓

http://takahara.j-888.com/



一泊二食付で11,000円と割高ですが、

さすが人気のお宿だけあっていい感じです(^0^)!



ここは、スペイン巡礼路沿いのオシャレな

カフェ&アルベルゲ(巡礼宿)みたいです。

カフェスペースでの音楽もラテン系が常に流れています♪



ここ数日、合間合間でパソコンをカチカチし、

お仕事を片付けておりましたので、

今までは時間的にゆとりがありませんでしたが、

ある程度終わったので今は、

大阪から持って来た本をゆっくり読んでいます。。。



熊野の爽やかな癒しの空間で

ゆっくり本が読めるのは本当にありがたいです。

日常生活の場では、

なかなかそんな時間&精神的余裕が持てません。

人生、おかげさまでステキに

謳歌させていただいております(ー人ー)☆



にしましても、私を入れて5組のお客さんのうち

2組がヨーロッパ系外国人。。。

やっぱり熊野古道は国際色ハンパないです(笑)♪

スタッフのおにいさんも、

間違って私に英語で話しかけられたりしてます(爆)☆



にしましても、先程動画も流しましたが、

夕日が綺麗でした。。。(*^^*)。

お宿のおにいさんも

「これは珍しい!本当に綺麗ですね~」と

写真を撮っておられました。



「下見」と言いつつも、

めっちゃガッツリと本格的な3泊4日の

熊野界隈の大旅行となり(笑)・・・

感謝感激でございます。



いつしかの本番の

熊野古道・中辺路ルート完歩。。。

ステキに、行に励みたいと思いま~す(^0^)!



6月14日(水)朝。

「霧の郷たかはら」名物の雲海は見れませんでしたが、

朝食&ゆっくりコーヒーブレイクしながら、

爽やかなたかはらの風を感じながら、過ごしていました。



ああ、喧騒を極める大阪に、帰りたくなくなります。

このあたりに「ほったて小屋」を作って

自給自足の質素な生活をしたいものです(笑)。

だけど、帰らなければ。



ということで、以上が熊野古道の

下見レポートとなります。

熊野の爽やかで素晴らしい雰囲気をみなさまに

おすそ分けさせて頂きました。

みなさまの是非熊野にお越しくださいね。



なお、今回は下見でしたので、一人で参りましたが、

いつか人様をお連れして参りたいと思っています。

(何人かの方と一緒に行く約束をしております)




・・・以上が、今回の熊野旅の報告となります。

お世話になったみなさま、ありがとうございました(ー人ー)☆



2017/06/10のBlog
[ 17:59 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
最近思うことがあります。

ある内容の相談をAさん・Bさん・Cさんと3人にしますと、

三者三様の解決策を提示されました。

私は余計・・・「どないしたもんかいな?」と考えました(笑)。



そこで気づいたことがあります。



【真実・・・天の答えは一つ】

にもかかわらず、何故人によって答えが違うのか?



それは・・・



ヒトとは、①感情的動物である。

ヒトとは、②主観的動物である。

ヒトとは、③自らへの利益誘導的動物である。



・・・ということではないかな・・・と(笑)。



ヒトは、お悩み相談だけではなく常に物事を

①感情的に捉える

②主観的に捉える

③自分にとっての利益(損か得か)を捉える



以上の思考形態を持って、

無意識&有意識的に判断し行動し続けているように感じます。

これを仏教用語で言いますと「煩悩」というやつでしょうか?(笑)



①感情的に捉えるとは、

例えば、今の自分がイライラしていたら、

普段イライラしないヒトやことに関しても

イライラしてしまい、

そのイライラという感情に心が支配されて、

真実とは別の判断や行動をしてしまい、

ドツボにはまる・失敗するという感じです。



②主観的に捉えるとは、

例えば、よく見かけるのですが、

幅の狭い道で仲のいい主婦同士が、

自転車を横に並べながらゆっくり運転しているのです。



その二人の主婦はおしゃべりに夢中で、

自転車のスピードはとてもゆっくりです。



そこに私が普通のスピードでやって来ます。

ところが、狭い道ですので、

私はその主婦二人を追い越せません。



仕方がないので、自転車のベルを鳴らします。

するとその主婦は慌てて縦列になって、

道を半分空けてくれるのです。

時には、私に対してイヤな顔されるヒトもいます。



つまり、自分だけ・自分の視野・視点でしか

人生を生きていないのです。

後ろにいるヒトが見えていない・

どうでもいいのです。

そんな心だからこそ、人間関係に悩み、

喫茶店とかで永遠と友達とかに

対立している相手のことをグチってる

ヒトにしかなれないのです。



そして③自分にとっての利益(損か得か)を捉えるですが、

これも自分さえよければという主観的な物事の観方です。



自分にとって得=人様にとっては損という

取った・取られた的思考・判断・行動をしていては

いつまで経っても、この世の中から

自分の周りから戦争・争いは無くなりません。



さりとて、何でもかんでもヒトに与えてしまうと、

自分が生きていけません。



そこはTPOに合わせて、臨機応変に損得のバランスを

自他で取って調和を図って行くことが・・・

物事を大局的に観、客観的に観ることが

この人生(娑婆)においては必要不可欠

なのではないでしょうか。



冷静沈着にその時々の感情に囚われない、

客観的且つ大局的に観、

そして自他の利益の最適化を常に考慮しながら、

【真実】を見極め、それを元に

賢く生きていきたいと思っています。




[ 17:43 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
櫻井よしこさんのお言葉


先日、ネットで櫻井よしこさん

(フリージャーナリスト)の動画を観ていました。

櫻井さん曰く・・・



「ジャーナリストは、自分の価値観や

イデオロギー(主義主張)を伝えてはならない。

伝えるべきなのは【事実】のみである。」




ほんと、おっしゃる通りやなぁ~って激しく同意☆



ジャーナリストが、事実のように見せかけて、

自分や自分が操られている

闇の利益団体の価値観やイデオロギーを

吹聴しまくり、100回言えば事実になる~ってなもんで、

ガンガン☆やっているのが、悲しい現実であります。



今はテレビや市販されている新聞や雑誌以外にも、

インターネットで【事実】を引っ張り出せる

いい世の中になりましたが、

虚実もはびこっているので、

常に注意し続けなければなりませんね。



虚実に引っかからないように、

私自身、直観(感)力や情報収集能力を

錬磨し続けたいと思います。


[ 17:36 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
先日ある方に

「よしこちゃんは【バランサー】やね。」と言われ、

早速ネットで調べてみました。



その意味・概要は

「組織や仲間内で調和を取る役目を担う人」。



この世の中【娑婆】は、陰陽の集合体であります。

老若男女を始め、相反する要素を持つ人が

対立の体を成しています。



私のような人間は、カメレオンのような感じで、

例えば、緑色に人が集まっている場所では緑色になり、

赤色の人が集まっている場所では赤色になることが出来ます。



もしくは、赤色ばかりのところ(組織)で敢えて

補色である緑色の人間に成ったりします。

そうすると、光の法則で、私が補色の役割を担うことで、

組織全体が調和され、白い光になったりします。



そうすると対立がなくなり、一つになって全体が調和し、

その組織全体がよりよく進んで行きます。



もっと分かり易く言いますと、

例えば、雄々しき男性ばかりの組織であれば、

女性らしさを出し、みなさんが仲良く出来るように便意を図り、

女性らしい女性ばかりのところでは

敢えて雄々しき男性のようになって

その組織を果敢に前へ引っ張って行こうとします。



このようなバランサー的人間は、

相反する要素(陰陽)を、一人の人間の中で両方を持ち、

調和出来る人間がなれるようです。



私はこのようなバランサーを【繋ぎ屋】を

密かに命名しています(笑)。



とくに、今の終末期・転換期は、

今までにない人や組織をくっつけて、

A+B=AB的革命ではなく、

A+B=Cという、全く新しいものを

創造しなければならないと考えます。



そのためには、AとBをくっつける人や仕組み、

組織が必要ということです。



AとBが分かり合って、対立を止めて

自分たちから合一・調和するのは

とっても敷居が高いこと、難しいことなんです。



お見合いで言うところの、

結婚しづらい男女をくっつけようとする

仲人さんのような役割がバランサーです。



40歳になり、有限の時間やお金、気力を意識し、

取捨選択をしながらも

新しいことや、おつきあいに果敢にチャレンジしており、

ますます、人脈の幅や出来ることが増えて来ました。



この調子でバランサー【繋ぎ役】という人生を

更に磨き上げて参りたいと思います(^^)♪


[ 17:17 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
現在、よしこちゃんは40歳。

人生の折り返し地点。

一の位・0歳。

新たなる人生の始まり。

過去の経験を活かしつつ、

心機一転☆日々猛進中~っ(^0^)!



最近、ひしひしと思うこと・・・

それは言葉ではうまく表現出来ないけど、

ただ一つのことだけは明確に分かっている。

人生において一番大切なものが何かっていうこと。



それは【愛】。



愛を持って、自分の決めた、

与えられた道を生きていくという決心。



愛で持って、自分を含めた人を癒やし、

助け、救い、導いて行こうという覚悟。



過去、それなりにいろいろあったけど、

この【愛】というものが何なのか?

この愛をより高く、深く、そして広めていくことを探求し続けている。



この愛の探求こそが、人生、そのもの“実相”であると・・・



40歳になって、過去のいろんなことを真正面から

見つめ直そうとする精神的な成熟を感じたり、

過去を振り返ること【過去を取り戻すことそのもの】が未来の幸福、

そのものだということが分かって来たりしています。



過去、人にいろいろされたことを水に流し、赦(ゆる)すし、

過去の無知で愚かで不器用だった私自身も赦します。



自他を赦すことでしか、人生は真に前へと

進んで行かないということも分かって来ました。



過去があったこそ、

今の幸福があることは紛れもない事実です。

っていうか、過去も過去で幸せ、今も今で幸せです。

今持つ幸せを感じられない人間はずっと不幸なんだ

ということも分かって来ました。



・・・過去の私が赦され報われる為には、自分自身を愛し、

それを人に及ぼしながら今を一所懸命生きるしかありません。

結局、真に自分を救えるのは、自分自身のみということでしょうか。

他人はあくまで応援・そのサポートのみであります。



過去の自分、そして未来の自分をもっと知ってみたい。

そしてもっともっと、自分が想ういい人生を歩みたい。

この命がある限り♪

過去の忘れ物・・・見て見ぬふりしてして来た、

大切なことをちゃんと見ていきたい。



人生の折り返し地点で今、想うことであります。




明日からしばし心の旅へ。。。

ほんと、さすらいの自由人・・・おかげさまで人生謳歌中の

「フーテンよしこちゃん」です~(爆笑)♪




2017/06/09のBlog
[ 21:00 ] [ よしこちゃんの市民活動 ]
ご縁あって先日、「バンビーノ」という、

一風変わったお店に行って来ましたぁ~(^^)♪



八尾の有名なケーキ屋さん

パティシェオカダ(八尾木地区)

の斜め向かいにあります。



その意味はイタリア語bambino「赤ちゃん」

という意味なんだそうで、

赤ちゃんという存在は、

自然体で人を笑顔にしてくれる存在の象徴・・・

そんな笑顔あふれるお店【居場所づくり】

を目指しておられます。



オーナーの高山さんは

私と同世代のおねえさんで、

3児の子育てをしながら、

このお店を運営されています。



ほんと、大阪・河内人らしからぬ(?)

ガツガツ&せっかち度ゼロで(笑)、

アッパレ☆ステキに天然系でほんわか~とされておられ、

もともと実家だったところをリフォームされて、

このような場所にされているとのことです。



ここに出入りする方々

(お客さんかお手伝いスタッフか判別し辛いほどに

みなさんアットホームで仲良し♪)は、

子育て中のおかあさん方&

小さいお子さんを中心となっており、

高山さんオススメの自然食品から各種手作り&

リサイクル商品の販売、

ますます心身が健康になるお料理教室などなど。。。

日頃ついつい【心のネジ】が

締ってしまいがちのおかあさんたち(女性)が、

緩~い時間を仲間と共に過ごせる

ステキな居場所【コミュニティ】という感じです。



なお、ステキに緩~いですので、

このお店が開いているのも、

毎週木曜日の10:00~14:00のみ。

オーナーやお手伝いさんが出来る範囲での、

週一日のみOPENのお店です。

ほんと、商売っ気もゼロです(笑)。



日頃、血眼になってソロバン片手に

猛進する男性経営者や

その勢いに準ずる女性の方との

お付き合いが多い私ですので、

何だか久しぶりに、思考や動きがゆっくりになり、

【心のネジ】が緩みましたぁ~(^0^爆笑)♪



詳しくは下記ホームページをご覧ください↓

【FB公式ページ】
https://www.facebook.com/yaobambino/

【外部ホームページ】
http://www.on-do.net/shop/bambino/

2017/06/07のBlog
[ 19:46 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
最近思うこと・・・



「過信」でも「不信」でもない・・・

「自信」を持つことの大切さ。




決して自分を卑下することもなく、

悲観的にも楽観的にもなり過ぎず、

はたまた傲慢になることもなく、

さりとて遠慮し過ぎるなることもなく・・・



陰と陽・・・相反する二つの要素を

TPOに合わせて、的確にアウトプット・具現化していく人生・・・



陰か陽ではなく、陰陽両方を併せ持つ

常にニュートラルな【中庸の】に成る自分。。。



どっちかではなく、どっちも、

もしくはどっちでもない人間に。



そんな偏りのない、囚われるもののない、

【ありのままの】心を持つ人間でありたいと思う

今日この頃です。


2017/06/06のBlog
[ 20:06 ] [ よしこちゃんの市民活動 ]
6月6日(火)。

大阪新阪急ホテルにて開催されました

「大阪防衛協会(http://www.o-b-k.jp/)」の

会員総会に参加して来ましたぁ~(^0^)♪



この会は、某経営者団体の大先輩・愛称

“ハルタのおっちゃん”よりご紹介頂き、

早3年くらいです。



総会の後は、ジャーナリストの

岩田公雄(いわた きみお)さんのご講演

『世界の報道最前線に身を置いて』を拝聴させて頂き、

“百聞は一見に如かず”という事がいかに大切か?!

・・・はたまた、マスコミは日本国内&世界各国の

“におい”や“息づかい”【事実】を

お茶の間の皆様方に伝える役割を担っている・・・

という、マスコミの本来のあるべき姿を、

世界の現場で命懸けで取材されて来られた、

数々の壮絶なご経験を踏まえ、

解りやす~く面白く、そして真剣にお教え頂いた、

善き機会となりました。



懇親会では美味しいホテルのお料理をガッツリ満喫しながら(笑)、

国防女子の大先輩・吉田かおりさんとの再会を始め、

世界中でご活躍のアーティストで

愛国女子の北前佐枝子さんとの出会い、

はたまた陸上自衛隊・八尾駐屯地司令の森貴義さん

(→ http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/3d/yao/sirei.html

との出会い等など・・・

参加費1万円のモトは十二分に

取らせて頂きましたぁ~(更に、笑)♪



ほんと、知っている人が

ほぼ皆無の会合でしたが、

また新たな出会い【ご縁】・世界・価値観が拡がり、

刺激的でファンタスティックな時間となりました。



・・・自衛隊は今、日本国憲法での

位置づけをどのようにするか?

永田町では与野党の攻防が続いていますが、

実際国内外の現地で問題解決すべく

ご活躍されているのは政治家ではなく、

自衛隊の方々であります。



政治家の政局論争に自衛隊が

利用されてしまっている感も否めません。

マスコミも偏重報道で【誰かの意図】により操作され、

虚実が混ざり、

世論(我々国民)を間違った方向へ導いて、

“闇の人間”に利益を誘導しようとしているところも

見え隠れします。



本来マスコミは、どの勢力&権力からも自立・独立し、

正々堂々と事実を世に広く知らしめるべき存在なのですが、

悲しいかな「権力者たちの犬」に成り下がっている風潮があり、

私はテレビにおいては“時報”しか信用していません。



私は政治家や闇の勢力者達の

利益誘導策には騙されずに

正しい【選択眼】を持ち、

ありのままの自衛隊の存在を認め応援し、

そして私自身も自立・自律し、

自らだけでなく他者をも自衛することの出来る

愛ある勁き人間になりたいと考えます。



【写真】

1枚目:ハルタのおっちゃん&岩田公雄さんと♪

2枚目:陸上自衛隊・八尾駐屯地司令の森貴義さんと♪

3枚目~:大阪防衛協会 総会・講演会・懇親会のようす♪

2017/06/02のBlog
[ 09:40 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
昨日・6月1日も、奈良県桜井市

「三輪大社(大神神社)http://oomiwa.or.jp/」に

一日参りに行って来ましたぁ(ー人ー)☆



月に一度の心魂のリセット日、

また新たなる月への誓いを込めて、

今日も美しきヒカリと共に、

過ごさせて頂きました。

ただただ、感謝。。。神恩報賽です。



40歳になってから、

無謀度1000%(?)の

「スペイン巡礼」をスタートとして、

過去40年間に挑戦したことが無かったことに、

あれこれと挑戦し始めています。



始めての事ばかりですので、

いろいろ非効率な動き、各種の無駄が多く、

そして失敗もありますが、

だけど10代のあの新鮮な青春時代のような感覚もし、

知的好奇心も旺盛で、

心身が活性化して来ている感じがいたします。




新たなる自分の未来

【無限の可能性】に挑戦し続け、

今生の人生(与えられた命)を

ステキに謳歌しまくりたいと思います~(^人^)☆



[ 09:37 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
今は「麦秋至」という時期なんだそうです。

(二十四節気『小満』の末候・七十二候『麦秋至』)

昨日テレビでやっていました。



麦が熟して畑一面が

黄金色になる時節とのことです。

そんな風景を昨日、

三輪山を望む場所で見させていただきました。

これらの小麦は、

「三輪そうめん」の原材料になるのでしょうね。



にしましてもこの季節に、

畑一面の黄金色をみるのは、

何だか摩訶不思議な心境です。

収穫=秋という思い込みがありますので(笑)。



「あき」とは、この場合

「百穀百果」の成熟・収穫の時を言い、

季節の秋は、第二次的なものなんだそうです。



麦秋は、梅雨がやってくる前の一瞬の輝きとされ、

これを「麦秋」(ばくしゅう)と表現するところに、

日本人の素晴らしい感性・知恵を感じます。



このような“ニッポン人の美しい心の風景”・・・

今を生きるいち日本人として大切に育み、

継承して参りたいと思います(^人^)♪
前のページ   |   次のページ