ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3422件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2017/10/12のBlog
[ 17:02 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
【ヤフー記事】
「トランプ大統領と横田夫妻、面会で調整 拉致問題で政府」↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000026-asahi-pol




先日ブログでもご報告させて頂きましたが

9日、大阪ブルーリボンの会主催の

「府民の集い」に参加させて頂き、

横田めぐみさんの弟・拓也さんより

直接お話しを伺いました。



氏曰く「姉が北朝鮮に拉致されたと分かった時、

【実名報道】をするかどうか?

横田家で喧々囂々の家族会議が開かれました」とのことです。



「母と僕、弟は大反対でしたが、父(横田滋さん)のみ賛成で、

結局父に従い実名報道を決意し、

それが結果的に良かったんです。

【新潟市のYさんが拉致された】よりも、

実名報道の方が社会全体に対して

この問題の深刻さや解決の必要性をアピール出来るからです」。



このような感じで、実名報道による

様々な弊害を覚悟の上(実際遭われた上)、

長年拉致被害者の家族会の矢面に立たれた、横田ご夫妻。

本当に凄いお方だと感じます。



お二人共にご高齢で、

特に滋さんはなかなか外に出れないとのことですが、

【最後の望み】としてこの機会に賭けられるようにも感じております。

社会的世論も是非、その御決意に沿ったものにしなければなりません。



にしましても何故、我々日本人の問題をアメリカの大統領に

お願いしなければならないのでしょうか?

日本政府並びに歴代与野党の政治家は

一体何してしていたのでしょうか?

深い憤りを感じるざるを得ません。



我が国のこんな政治、おかしいと思いませんか?

なぜこんな時期に選挙しているのでしょうか?

他にすべき国家的議論や動きがこの選挙により

止まってしまっているのではないでしょうか。



現在衆議院議員の選挙期間中ですが、

自分達が犯し続けている【大罪】を棚に上げて隠し続け、

有権者に聞き心地の良い言葉だけを並べたてる

政治家に騙されてはいけません。



【ヤフー記事】
「トランプ大統領と横田夫妻、面会で調整 拉致問題で政府」↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000026-asahi-pol




2017/10/09のBlog
[ 21:02 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
今日・9日は、拉致被害者の方々の実情を通して、

国家体制並びに国民の大罪を痛感し、

所謂フンマン状態で帰宅して参りましたので

(先程下記にアップいたしました)、

ここで心地よいお話をして、

今日もステキな眠りにつきたいナと思いマス(笑)♪




帰宅後テレビをつけますと、

憧れの“大峯奥駈道”が。。。すごい偶然!

テレビ越しでしたが、法螺の音(ね)が、

私に憑く邪気を一気に祓い清めてくださいました。

南無神変大菩薩(T人T)☆



-------------------------



・・・人生生きておりますと、

いろいろな「快い感情」「善い気持ち」を抱く瞬間があり、

その瞬間をまた味わいたいがために、

また更に上を行く境地を味わいたいがために、

我々人間はそこに心血を注ごうとする存在かと思われます。



私自身、この人生で最も快い“光”を

感じる瞬間が何か?と考えた時、

真っ先に思いつくのが、

【嗚呼私って今、生きているんや!】と

ハタ!と実感した瞬間です。



過去何回かありましたが、解り易い事例を申しますと、

昨年夏に私は愛媛県にある霊峰・石鎚山を登拝致しました。



一緒に登った仲間は石鎚神社の祠がある

弥山(みせん、標高1974メートル)で終えられましたが、

私は更に上にある天狗岳(てんぐだけ、1982メートル)まで一人、

濃霧と言いますか、雲が素早く過ぎ去る・・・

左右崖&柵ナシの岩山を荷物を一切持たずに、

ゆっくりと歩いて行きました。



天狗岳までの道は一面真っ白で強風が吹き荒れ、

気を抜けば左右どちらかの崖から落ちて即死しそうで・・・

この世であってこの世でない、

恐ろしくもありだけど神秘的で惹きつけられる不思議な空間で、

私自身が透明人間になったような・・・

霧か雲か風になったような不思議な感覚がし、

例え崖から落ちても、

鳥になり空へ元気よく羽ばたいてゆけそうな

心境も少し感じました。




【恐ろし過ぎる】と【素敵過ぎる】と全く相反する感情が

私の一つの心に同居し、調和し、一つになっていました。



天狗岳に到着し、数分だけぼーとしてますと、

“お山”にある土や岩、木々と完全一致し、

私自体が“お山”になった心境になりました。

「ああ。私という存在は、こんな感じで大自然の一部であり、

そして【全て】なんやなぁ」と感じました。



そして仲間が待つ弥山にスタコラと帰って行きました。




無事弥山に着きますと、みなさん濃霧の為、

「よしこちゃんの姿が見えない!一瞬霧が晴れて見えたら、

とんでもない岩山をよしこちゃんが登って下りてるやん!」と

ヒヤヒヤしてはったそうで、そこで私は自分の無謀さ、

そして「嗚呼、私は無事天狗岳から生還し、

今生きているんやなぁ!!!」と、

何とも言えないレベルの快感【感謝の念】が沸いて来ました。

あの瞬間、石鎚山や光輝く金のお山に観えました。



人生、命かけて死ぬ気でやれば何でも出来るし

(=山より大きな獅子は出ない)、

めちゃくちゃ恐怖やけどそれと同じくらい快感で・・・

ほんと、人生における真の醍醐味はこの

【命がけの瞬間】に存在するのかも知れない、と感じました。



別に命がけの危険な事をするのではなく(笑)、

自分が寝食を忘れる程に没頭出来る【何か】なんやと思います。

その【何か】が自分だけではなく誰か・何かをも

幸せに出来る事だと最高ですよね。



・・・そんなかんだで私は、このような快感、

即ち【人生の歓喜】を多くまた深く味わい、

それを広めたいがために、日々この手のことをやり続け、

皆様にお知らせさせて頂いているのだと思います。



ですので、来月初チャレンジ致します

熊野古道(中辺路ルート)徒歩巡礼はまた違った角度から、

善き気持ちが沸いて来るような気がして、

今からものすごく楽しみにしております(^人^)☆





★捨身(しゃしん):身・命・・・全てを喜んで捨て

(喜捨す)ることにより【全て】を得ることが出来る。

(究極の「発顕還元の原理」)


[ 20:35 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
10月9日(月)。

ご縁ありまして、大阪ブルーリボンの会

http://osaka-blueribbon.org/)主催

「拉致被害者救出 府民の集い」に行って来ました。



日頃拉致被害者救出にご尽力されている方々や、

拉致被害者のご家族の方々から直接

お話しが聴けてとても善き時間となりました。



いろいろと考えること・気づくことがありましたが、

個人的な所感を少しだけ皆様にお知らせしたいと思います。



まず、13歳で拉致された、

横田めぐみさんの小中学校同級生の方が登壇され、

めぐみさんとの思い出等、お話頂きました。



小学校の卒業式の時に「流浪の旅」という歌を歌ったそうで、

その歌の中でめぐみさんが

「慣れし故郷を放たれて 夢に楽土求めたり」という歌詞を

お一人で独唱されたとのことです。



それに加え、その時の卒業文集の冊子の名前が『荒波』・・・。

そんなこと考えたくもないですが、

めぐみさんの暗雲たる未来を予言したっぽい偶然の出来事のお話でした。



めぐみさんの弟・拓也さん(現・家族会事務局長)からも、

めぐみさんが突然いなくなった時からの横田家の

リアル過ぎて悲しすぎる事実を淡々と語って下さり、

何とも言えない悲しい気持ちになりました。



横田めぐみさんが突如いなくなった1977年の1年前、

当時の金正日が工作員をたくさんいろんな国に送り込んで、

それぞれの国から若者達を拉致して来るという指令を出したそうで、

日本でも日本海側を中心に、若者がどんどん消えて行きました。



で、ここからが日本政府並びに国家体制全体の闇・ブラックボックス、

即ち【大罪】の部分になって来るのですが、

地元八尾の元市議会&衆議院議員の故・三宅博氏からも過去、

あれこれとお伺いさせて頂きましたが、

荒木和博氏(特定失踪者問題調査会代表・

拓殖大学海外事情研究所教授)より、

客観的証拠に基づく衝撃的な事実が

どんどん口から出て来たのですが、

要は、当時の日本政府(自民党55年体制真っ只中!)の

中枢部の人間は、知っていたんですよね。

「若者がどんどん消えているのは、

どうやら北朝鮮に拉致されているらしい・・・」と。



警察の中枢部の人間もグルで知っていた訳です。

ところがどっこい、北朝鮮の工作員を取り逃がしてしまい、

どんどん連れ去られて行く訳です。

それだけ、日本の国家体制が、

北朝鮮の訓練された工作員にとっては、

拉致しやすかった訳です。



その工作員は、北朝鮮で工作員としての教育を受けて、

日本に密入国して来た輩もいる訳ですが、

その輩に協力した日本在住の人間も存在する訳です。

つまり、そんな輩が今でもこの国でノーノーと暮らし続けている訳です

(※北朝鮮の工作員は誰一人として

日本の警察に捕まっていません!これ衝撃の事実です)



当時の自由民主党のドン的存在の政治家が、

某北朝鮮系の大連合会組織との

太いパイプがあったとかなかったとか・・・

もしかしたら、その組織の息がかかった、

日本の魂を抜かれた人間が、日本の政治家になり、

日本の国益とは真逆の工作をせっせとやっていたのかも知れません。



とにもかくにも、長期間の一党独裁政権は権力が集中し過ぎて、

こんなことも起こって来るようです。

そんな意味では今の自民党は腐っています

(だけど、他に託せる真っ当な政党も存在しない・・・悲しすぎます)。



この日本には、以上のような非人間的なことで

儲ける闇の人間がある一定数存在しております。

この娑婆法則としては致し方がない部分もあるかと思います。

しかしながら、そんな人間の形をした

虫ケラが蔓延る環境を作っているのは、

その他大勢の【無関心】【自分さえ良ければいい】という

人間が構築する社会的風潮【即ち、気】です。



結局、今日まで拉致問題を始め、多くの地域のまた国家の、

そして地球規模の問題を解決出来ないのは、

人間の我儘や無関心さに他なりません。



1990年代、拉致問題が隠し切れなくなり公に出て参りました。

やはり、地球とは人間とは、

【自浄作用】があるのだと、ちょっと安心しています。



そして何より、横田めぐみさん等拉致被害者のご家族の方々が、

【無関心】【自分さえ良ければいい】というしがない世相の場所から、

一所懸命自分たちの家族を北朝鮮から取り戻そうと

必死を頑張って来たことが、

ちょっとずつ【無関心】【自分さえ良ければいい】という世論を変え、

政治家たちも変えて来たのです。



そのすさまじい過去40年の活動を

リアルに聴かせて頂き、涙、涙です。。。

ほんと、いち日本人として、

ここまでこの問題をほったらかしに来てきた

自分を恥じた次第です。



だけど、過去40年間、

ずっとブラックボックスに入っているこの問題を

根本から解決するとなると、

現在与党である自民党の大罪を、

現政権が認めなければなりません。



つまり、自らの内蔵を、自らの刃物で

えぐり取らなければならないのです。



果たして、そんな肚の座った政治家は、

政府与党、いや日本の政治家に存在するのでしょうか?

今の、訳ワカラン、衆議院解散総選挙の体を観て、

その体たらくを、私はただただ嘆いております。



ほんと、拉致被害者・・・

ひいては、かつての大東亜戦争で戦死した方々・・・

公害問題、人権問題、ワクチンの問題、

農業問題等など、かつての国家的犯罪(政治的な判断ミス)で

命を奪われ、人生を狂わされた、多くの同胞日本人が、

犬死状態で見捨てられてしまっております。

全ての国家的問題の諸悪の根源がここにあります。



ほんと、こんな国家体制・政治家でいいのでしょうか。



時代は戦後72年経っておりますが、

根本的なものは何も変わっていないですよ。

むしろ悪くなっているのではないでしょうか。

目先の物質的な豊かさに惑わされて、

精神が退化しております・・・南無阿弥陀仏。



年金問題も社会保障の問題も、

根本解決が成されないまま、借金(国債)が増えに増えて、

先送り状態。政治的手腕もクソもない。

今の政治家には能力が無いし、

やる気もないと国民に言われても、仕方がないでしょう。



だけど、結局のところ、

そんな政治家並びに国家体制を作り上げたのは、

我々国民であります。



大罪は我々国民にあります。

【無関心】【自分さえ良ければいい】という

一人ひとりの意識が、そんな国にしてしまったのです。



もうここで我々日本人が、その大罪に気づき、

懺悔反省し、自らを正しい方向へと持って行かないと、

自分たちだけではなく、

子々孫々その大罪で苦しみ続けます。

北朝鮮が本当にミサイルを打って来たら、

もう最期(おわり)ですよね。

生命と財産がぶっ飛んで無くなりますよ。



政治は政治家が作るものではなく、

我々国民(民意)が作るものである。



果たして、この終わりというこの危機意識、

一体何%の日本人が持っているのでしょうか。。。



絶望に近い失望を日々、感じておりますが、

結局のところ、自分で出来る範囲の学びや実践を

コツコツするしかないよな~と思い、

日々過ごさせて頂いております(ー人ー)。



まとまりのない稚拙で主観的な感想文ですが、

とりあえず以上です。



【写真】本日のNHKニュース7の映像。

5人の拉致被害者の方々が帰国されて15年になるんですね・・・




【参考資料】横田めぐみさん拉致、3回の隠蔽(荒木和博氏ブログ)↓

http://araki.way-nifty.com/araki/2017/…/3-news255929101.html


[ 18:16 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
先日、知人の市議会議員の

オジサマと話しておりますと、

5歳くらいの男の子が私に

「このオッチャン誰~?」って聞いて来ましたので、

私はその男の子に、

「このオッチャンは

【しぎかいぎいん(市議会議員)】さんやねんでー」

と教えてあげました。



するとその男の子がガッテン☆して大きな声で




「【このハゲ~~~~~~!】って言う人やねんやろ~!」



って、めっちゃドヤ顔で言われ、

一同大爆笑&ズッコケました(>0<)どっひゃ~★



「いやいや。。。

その人は豊田真由子という名の衆議院議員

(国会議員)やし^^;」って思わず、

ちゃんとしたことを教えてあげようかとも思いましたが、私も




「うん♪同じようなもんやでぇ~(^0^)♪」

って、更に輪をかけて教えてあげました(笑)。




この何気ない会話ですが、

その深層に根深い問題があると感じ、

国家の教育的角度からの猛烈な危機感を感じました。



ま、5歳の幼児なんである程度は

仕方がないのかも知れませんが、

政治家=【このハゲ~~~~~~!】という

人間性に大いに欠陥のあるアホな人間・・・

という図式が子どもたちの脳裏に

こびりついているということが分かりました。



きっと、昔に比べ政治家の先生方だけではなく、

学校の先生方も、子どもたちに尊敬されず、

卑下されているのかも知れませんね。。。




確かに、政治家の質的問題は大いにあるかと思います。

私も「永田町に、我々国民の生命と財産を本気で

ド真剣に守ろうとしている政治家はおるのか?!

ワレ~オンドレ~!!!」と、

“河内のオッサン”ばりにステキに

怒り狂い吠えまくっております(笑)。



今の永田町の問題にはホンマうんざりで、

いろんな政治家のアホな情報を知っているだけに・・・

過激発言ですが、某国のミサイルが永田町に飛んで来て、

アホな大罪な政治家のみ抹殺し欲しいと

チョット願ってしまっております(ブツブツ。)。



これに加えて、【このハゲ~~~~~~!】的な

情報をアホみたいに何回も公共電波を使って流し続け、

国民総痴呆化を目論む、

アホなマスコミも抹殺しなければなりません・・・って、

まー、マスコミに関しましては、

アホなテレビ番組を見なければ彼らを、

ちょっとでも「兵糧攻め」に出来るので、

私は一切見ないことにしております。



ほんと、アホな政治家とマスコミに

【このハゲ~~~~~~!】って叫んでやりたい、

今日この頃のよしこちゃんでゴザイマス(笑)♪




さぁー、次の選挙も行くゾ~~~~(^0^)!!!


2017/10/07のBlog
[ 21:16 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
「徳の貯蓄」

↑いい御言葉やなぁ・・・と感じました。

日々、この有限世界(娑婆。日常生活)を

賢く生きる上で常に、

お金の貯蓄、時間の貯蓄、気(持ち)の貯蓄

(使うもの・ことへの取捨選択)を

意識して過ごしておりますが、

この「徳の貯蓄」もせなアカンなーと思いました。



日頃から無駄に使わずまた、

貯蓄が多い程に【気持ちに余裕】が出来、

そして【まさかの時】に、

必要以上に感情的になったりせず、

冷静に対処出来るかと思われます。



徳とは「自分が他者と共に、

よりよく生きていくために必要な精神の能力」

また「善くなる行為(善行)」なんだそうです。

シンプルで分かり易い説明ですよねー。



逆に、悪行の積み重ねが悪徳つまり【罪】。

徳も罪も自分自身の心の中・・・

魂にぺた!っとくっついて酷い場合には、

魂にも侵食して、魂自体が腐敗しそうな勢いですね(^^;)。



どうやら、この徳も罪も、自分だけではなく、

家系や自分が属する組織のDNAを通り、

伝って下流(子孫・後継者)方面に流れていくようで・・・

例えば親の徳が子に、初代の罪が二代目に・・・

ということも起こって行くようですね。

正に因果応報の恐ろしさと言いますか、

摩訶不思議なところでございます。



徳を積むポイントとしまして

「事を先にして、得ることを後にする」

「為すべきことを先にして、利得を後回しにする」

ということのようです。



要は見返りを求めず、

(自分の出来る範囲で精一杯)誰か・何かの為に尽くす」

ということでしょうか。

行く着くところは、我儘(私欲私心)を捨てた境地。。。

うーん。なかなか行けない境地でんナ~(>0<)にゃっは☆




【写真】ご近所の氏神様♪ 

目には観えませんが、美しい“空”が、

いつも私たちを光の愛で包み込んで

下さっております(ー人ー)☆

それを感じれれるか否かはその人その人の

【感性の周波数】によるようです。


2017/10/03のBlog
[ 21:08 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
10月3日(火)午後。

久しぶりにマイ畑へ、

畑好きの母親(愛称:オカン)と

一緒に行って来ました。



さすがに【時期】がありますので、

一週間前に、慌てて“ダイコン”の種のみ、

撒きに来ましたが、それが見事に発芽しており、

ほっとしています。

ほんと、摩訶不思議でアメイジングな

“天(大自然)”の恵みに感謝いたしております(ー人ー)☆



サツマイモ2畝も、おかげさまで順調に育っており、

後一ヶ月もすれば収穫でしょうか。

その後、そこにタマネギの苗を植えたいと思っています。

(ほんと、メンテナンスの

あまりかからないものしか植えておりません^^;汗)



夏の間も草刈り&抜きがあまり出来ていませんでしたが、

昨年、イチゴちゃんの苗を新しいものに

殆ど変えたこともあり、

元気よく育ってくれていて、安心しました。



あとは、知らずのうちに増えているイチゴちゃんの苗を、

空いている場所へ移植すれば、

この秋の畑作業は、ほぼ終わりとなります。



だけど、オカンと一緒で2時間半・・・

おかげさまで随分草刈り&抜きが進み、

ある程度の肩の荷が下りました。



オカン・・・

来年のGW頃に実がつくイチゴちゃんの収穫を

かなり楽しみにしており、

私がいない・行けない間にも、

父の車に乗って草抜きしに行く!と

宣言してくれました(感謝)。

昨年は不作だったので、意気込んでいるようです。

それに畑に来ると活き活きしてはります♪



まだ一週間程、ドタバタな日々が続くので、

まだしばらくは十分な畑作業が出来ませんが(涙)、

八尾の里山の美しい季節の中で、

娑婆(大阪平野)を静かに見下ろしながら、

畑作業をするのは、

なかなか心地良いもんやなぁ~と改めて感じた、

善き時間となりました(ー人ー)☆


2017/10/01のBlog
[ 18:59 ] [ よしこちゃんのおススメ! ]
普段テレビを見ないよしこちゃんですが、

オススメのテレビが2つありますので、

ここでご紹介させて頂きます(ー人ー)☆


①「世界ふれあい街歩き」

巡礼者が目指す街

~サンティアゴ・デ・コンポステラ/ スペイン ~ 


(BSプレミアム)

本放送は9月26日に終わりましたが、

再放送が10月4日(水)朝8時などからあります。

http://www6.nhk.or.jp/sekaimachi/archives/arukikata.html?fid=170926



今年3月・・・

40歳の記念に無謀にもチャレンジした

「サンティアゴ・デ・コンポステラの巡礼路」。

その終着地のぶらり街歩きです♪



②「熊野へ!命がけの修行の道 紀伊山地の霊場と参詣道2」

10月8日(日)午後6時~6時半 (TBS系)

http://www.tbs.co.jp/heritage/



今日・1日、1回目が放送されたのですが、

よしこちゃん的に“萌え~”過ぎる内容でしたぁ(>0<)!

奈良・吉野の「金峯山寺蔵王堂」にあります、

“金剛蔵王権現様”(写真)が、

んも~~~何とも言えません!!!!!

金剛蔵王権現様にいつも激しく叱られ・・・そして愛されている、

よしこちゃんでゴザイマス(ー人ー)☆



いよいよ来月中旬、熊野古道(中辺路ルート、

滝尻王子→熊野本宮大社間)を徒歩巡礼チャレンジ!ですので、

その予習も兼ねてテレビにかじりついて拝見させて頂きます!


[ 18:15 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
10月1日(日)。

今日は日曜日で参拝者が多いので、

時間をずらしてお昼の時間帯に、

いつもの大神神社

(三輪大社。奈良県桜井市・大和國一之宮)へ

朔日参りに行って参りました。

今回は偶然、倫理法人会の先輩・

お二方とご祈祷のタイミングが一緒になりました♪



私はこうして自分が朔日参りをしていることを

人様にお話しておりますが(笑)、

お二方は誰に言うこともなく粛々と

長い間されておられるようで・・・



やっぱり、デキル経営者の方は、

このような感じで、

人から見えない・人の知らないところで

「するべきことをちゃんとされておられる」からこそ、

事業も人生も生成発展されて行くのだと、

お二方の後ろ姿を拝見させて頂き、感じました(ー人ー)☆



帰りの車であれこれ考えていたのですが・・・



人間だれしも夢や「なりたい自分」が

あるかと思われますが、

どうして今、そんな状態になれていないのか?

ということを考えてみました。



1.やるべきことをやっていない。

思っている・願っているだけ、行動していない、

自分がこうなりたいとアウトプットしていない。

(例:「来年の冬に、大根を収穫したい」と思っていても、

自分の畑の畝に、大根の種を未だ撒いていない)



2.やらんでいいこと・無駄な・無意味なことをやっている。

間違ったこと・方向性の違うことをやっている。

(例:「来年の冬に、大根を収穫したい」と思っていても、

なぜかコスモスの花の種を撒いている。

また畑に行かず、遊びほうけている)



3.ジキ(時期・時機)がまだ来ていない。

(大根の種は晩夏~今頃に種を撒くと、ちゃんと成長し、

来年の冬には収穫出来ます。

それ以外の時期に種を撒いてもちゃんと育つ可能性が

一気に減るそうです)



この人間社会(娑婆)は時間軸に

縛られた物質(有限の)世界ですので、

いくら正しい道を歩んでいても、

このジキという縛りがあるように感じています。



例えば「これから大阪から東京へ行くぞ!」と

ちゃんと正しい行き方通りに行っても、

間違いなく1秒では到着しません(笑)。

最低2時間半くらいはかかるのではないでしょうか。



野菜を植えるように、

人間の人生においての

【ジキ】の見極めは難しいですが(^^;)、

それは日々感性(正邪や物事の本質を見極める心)

を研ぎ澄ましつつ、

すなおな心で持って謙虚に&

世のため人のためと生きていれば、

おのずと観得て来る・掴めるようになってくるようです。



それではみなさま、

この一ヶ月もどうぞ健やかに朗らかに

お過ごしくださいね(ー人ー)♪


2017/09/29のBlog
[ 22:16 ] [ よしこちゃんのぼやき ]

失敗して利口になる

挫折して強くなる

人生に

無駄は無い




全ては“私”が引き寄せている因果応報

即ち【縁】である。



南無大師遍照金剛(ー人ー)☆



[ 21:59 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
「準備・後始末、心構え」

↑物事を結実成就させるために必要なことかと思われます。



私は四国遍路をする度に確信を深めていることが、

【死ぬ】という事に対しての準備即ち

“心構え”が、必要であるということです。



一般的に【死ぬ】という事を忌み嫌い、

縁起でもない!と避けて通りたい&

無視したいという気持ちが人間社会に蔓延っています。

しかしながら古今東西、

どんなに偉い・賢い人やお金持ちでも、

未来永劫死なない人間は存在しておりません。

また老いているから早く、若いから遅く来るとも限りません。



とりわけ突然死んでしまった人や、

老いて死んだ人でも人生の後始末(遺言、遺産相続等)を

きちんとしていなかった人の周りにいる人たちはその後、

大変なご苦労や修羅場を味わってしまう可能性が高いようです。



自分が死んだ後、遺された人ためへの“愛の発顕”として、

きちんと後始末をした方がいいのではと感じ、

私は母親には「万が一、私が先に逝った時」のことを

さらっと話してます(いくらなんでも準備早過ぎ?!笑)。

私が親よりも早く死んだ際は、

私の亡骸にお遍路の白衣を着せて欲しい等と、

あれこれ頼んでおります。



以上がいつかは死に逝く自分自身がすべき、

周りの人のための準備・後始末、心構えのお話しです。



次に自分自身の今歩む善き人生のために、

【いつかは必ず死ぬ】という事実に、

たまにはちゃんと向き合うべきかと考えています。



毎日生きてますと、生きていることが【当たり前】になり、

生きていることに対して傲慢になりがちです。



「あれが欲しい!」「あいつはイラン!」などなど、

我儘ばかりです。

今ここに生きているからこそ、

いろんな物が手に入れることが出来るし、

あれこれ一喜一憂出来るのです。



不足不満を感じるその悪想念の根本は、

生きていることに対する傲慢さのように

思えてなりません。



だからそんな不自然な、

虚実であるその想念を正すために“天”は、

我々に様々な苦難を与えるのだと感じています。



苦難を与えられて始めて「いつまでも命がある訳やない」

という至極当たり前の事(真実)に気づき、

反省懺悔・改心し、【有難いという感謝の念】が

沸いて来るのではないでしょうか。



人間の傲慢さ・我が儘が他者との摩擦や対立を生み、

逆に感謝の念が、自身に謙虚さを生み、愛和を生み、

そして物事が結実成就してゆくのではないでしょうか。






・・・そして

自らの【死】というものを意識して始めて

自らの【死生観】というものが

確立されてゆくのではないでしょうか。



死から生を観る。

今の人生を死という“裏側”から観てみる。

そうすると【全て】が覆される。

今までの見方考え方とは全く違う物凄いパワーを

秘めた生き方に気づき、

人生が今までとは全く異なる次元へと上昇し、

飛躍的に善くなっていくものなのではないでしょうか。



【生は死の仮相であり、死は真の永遠の生である】

【死は生の実相である】




それを真心から理解して始めて、

即身成仏=真の幸福の域に達するのではないでしょうか。

死(への恐怖)を超剋して始めて、

全て(娑婆に存在するありとあらゆる恐怖や制約)から開放されて、

(心の)自由を得、平安な真の幸福に至るのだと感じています。



死というのものは人が生まれ育ち・・・

そして朽ちて行く節目であり、

一木一草の営みと同じ、自然現象の一つであります。

ですので、いちいち一喜一憂していることこそが

不自然なのはアタマでは分かっているのですが、

やっぱり死は怖いと感じるし、悲しいものですよね。



かれこれ10年以上、

曲りなりにもお遍路行をさせて頂いている身といたしましては、

やっぱり即身成仏は憧れの境地であります。



ほんと我ら人間にとって、

この【死】という苦難は最大且つ最強の苦難であり、

永遠の課題でありますが、また課題があるからこそ、

それが生きる希望の糧にもなっていたりもします。



そうなりますと、やっぱり苦難・試練というものと、

幸福というものは同一のもの(セット)であり、

コインにのよう表裏一体のような存在なんだと思います。



きっと、生と死も見た目の現象だけが違っていて、

実は表裏一体のもの【大自然そのもの】なんでしょうね。



ほんと、人生って、面白いですねぇ~(^^)☆


2017/09/28のBlog
[ 20:01 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
成程。

面白い。

人間の本質の一端が観得る。


人間はこの上なく美しく・・・と同時にこの上なく醜い。

陰陽具有の存在である。



「金正恩氏の行動は、元経済ヤクザの眼から見れば驚くほど合理的だった」↓
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52970



[ 20:00 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
「やった」「やらん」の国家や個人間での泥仕合はどうでもいい。

要は【やったらやり返される】【出せば入る】という

“天”が与える功罪・・・つまり

因果応報というものの正しさの証明である。



「ベトナムの韓国大使館前に「ライダイハン母子像」建立計画」↓
https://www.news-postseven.com/archives/20170926_615821.html
>


2017/09/24のBlog
[ 19:34 ] [ ぶらり旅日記 ]
先日、奈良の洞川温泉でゆっくりしている時に、

朝のNHKニュースで、上空ヘリコプターから、

棚田に突如現れた「ビック かかし」が

映っているのを見聞きして・・・

ちょうど帰りしな通り道ということもあり、

行ってみました。



明日香村・稲渕地区の地元の方々が

「NPO法人 明日香の未来を創る会」という会を形成し、

棚田を継承するためにまた、まちおこしの一環として、

このデカイかかしを始め、

日本国内外の方々が創作されたかかしが大地の美術館の如く、

たくさん掲げられていて・・・

なんだかほほえましい、ニッポンの秋の田舎風景でした。

(かれこれ20回以上も開催されているとか・・・すごい!)



棚田で稲作をするのは、

現代の機械化された農業からすれば、

非効率で全国的に荒れて廃れる運命にあるようですが、

先人達がゼロから山を切り拓き田畑にし、

命を繋いで来たその【想い】を未来へと繋げるためにも、

このような風景が、日本各地にたくさん継承されることを、

切に願っています(-人-)☆



NPO法人「明日香の未来を創る会」

公式ホームページ

http://www.asukamirai.org/



2017/09/19のBlog
[ 20:52 ] [ ぶらり旅日記 ]
9月18日(月)・19日(火)。

私の母(愛称:オカン。年齢は永遠に非公開らしい、笑)

の誕生日が近づいて参りましたので、

そのお祝いとして、

妹・アッコも一緒に三人でワイワイガヤガヤと、

洞川温泉に行って来ましたぁ~(^^)♪

(母の旅行代は兄私妹の三人で

プレゼントさせていただきました)



洞川温泉に行く前に、「みたらい渓谷」

http://www.dorogawaonsen.jp/sightseeing/180/

という有名らしい景勝地に行きました。

洞川温泉にはかれこれ7年くらい通っていますが、

ここに行ったのは始めてです。

(妹が、近鉄電車でここの宣伝を見て、行きたくなったらしい。

電鉄会社の広告戦略にマンマと引っ掛かった模様・笑♪)



その後、洞川温泉(http://www.dorogawaonsen.jp/)に移動し、

散策などした後、私がいつも泊まるお宿・

紀伊国屋さん(http://www.kinokuniyajinpachi.com/)で

夕食など食べたりして、

まったりとした時間を母娘3人で過ごしました。



基本的にこの手の場所は、一人でしか行かないのですが、

たまにはこんな時間もいいかなぁ~と感じる時間でした。



にしましても、やっぱり大峰界隈は、

ただそこに身を置いているだけで、

心身が凛!とするなぁ。。。☆

個人的に娑婆イチのパワースポット!!!

今度は真冬に、一人で行こ~っと(萌)♪



今朝・8時前に、

どこからともなく聞こえて来た法螺貝の音色が、

個人の心身の平安から国家・世界、

地球の安寧までを鮮烈にそしてしなやかに願う

【浄化&昇華の祈りのエネルギー】だと感じました。



その法螺を立てている御方の心の清らかさ、

勁さに何とも言えない深い感動を味わい、

私自身ますますステキな霊気を

頂戴いたしました。。。(ー人ー)☆



そんなかんだで、

先日15日からずっと神仏関連のスポット探訪が重なり

大変なスケジュールとなっておりましたが、

明日からはしばらく八尾でじっとして・・・いませんね(^^;)笑★



2017/09/17のBlog
[ 21:02 ] [ ぶらり旅日記 ]
9月16日(土)。

この手のことが好きな方々と、

淡州(淡路島)・諭鶴羽神社(https://yuzuruha.jimdo.com/)へ

正式参拝しに行って参りました(^人^)☆



普段四国にはしょっちゅう行っており、

淡路島はいつも「通り道」という感じで、

淡路島に対して、ちょっとした

申し訳なさ&もったいなさもあり・・・

ご縁あって、今回この神社への参拝をお誘い受けた

この日にちが空いていた上、

この神社は元々神仏習合の

修験者の場所だったということもあり、

喜んで参加させていただきました。

(私は神仏習合型の修験道が好きですので♪)



淡路島で一番高いお山の上にあり

(標高608メートル)霊験あらたかで、

さすが、元修験者の集まる修業の場!という感じでした。



雨が降っていた分、なんだかとても幻想的で、

個人的にカナリ萌え~な感じでした!

ここは、海岸線沿い・県道76号線から神社へと向かう車道が、

めっちゃ急勾配&狭いので、

信心深くまた運のいい方(?)は、

宮司さんが車で送迎してくださりますが、

運転に自信のある方は自力で運転して行くことも可能です。

(個人的には、海岸線沿いの場所に車を置いて、

そこから歩いて登るのもいいなと思いました)

夜は近くの旅館で一泊し、翌朝美しい朝日を見て、

台風が来ておりますのでそさくさと大阪に帰りました。



そんなかんだで、神社にも相性(色)等があり、

自分自身に合う場所を、

ご縁ある時にマイペースでお参りするのが、

いいかなと思います。

今回も善き【おかげさまの力】をいただきました。



この神社の名前にまた由来に、

そしてこの雰囲気(写真)にビビビ☆と

来られた方は是非お参りに行かれてくださいね。

淡路島の魅力(島のパワー)を

改めて感じた2日間となりました。

ありがとうございました(ー人ー)☆


2017/09/15のBlog
9月15日(金)。

朝一番の難波・OCAT発の高速バスに乗って、

香川・高松へ♪(なんだか、つい先日も来たような・・・笑)



40分程遅参してしまいましたが、

今年も「四国八十八ヶ所霊場会 公認先達大会」

に参加して来ました。



この先達大会・・・

今年も1000人を超える公認先達が集まり、

熱気ムンムン!

【公認先達】としての意識&気概の

向上の善き機会となりました。



終了後すぐに高速バスに

乗って大阪に帰っています。

まさにトンボ返り?!

ワタクシ、いろいろと忙しいんデス~(>0<)!!!



最近ますます・・・なんやかんやとステキに

【動かされております】。

ほんと、おかげさま。。。

南無大師遍照金剛(ー人ー)☆



なお、明日は淡路島に行きます。。。

今日、バスで通りましたが。

ほんと、意味不明&不思議な動きをしております・・・

詳細は後日に。台風大丈夫カイナ?(^^;)笑★




ま、それもまた【南無大師遍照金剛】・・・

“お大師さん(天)”にオマカセ(=南無)です。

粛々とまた朗らかに、自然に任せて処置を取ります。





[ 09:13 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
「女性専用車両に居座る男性観察♪」



私が電車移動する際、

その車両に「女性専用車両」がある場合、

たいていそれに乗っています。



不特定多数の男性の横にいますと、

気分があまりよろしくないからです。



男性は女性に比べ身体が大きく筋肉が多いので、

放出される【気 ~エネルギー~】が強いので、

そのエネルギーの質が悪いとあらゆる不快感を感じ、

酷い場合は、下車してからも私の身体の外側

【悪想念】として纏わり付いて来るので、

いちいち祓う作業が非常に面倒臭いです(笑)。



人生より快適に過ごす為には、出来る限り、

自らの外部環境を穢さない・綺麗に保つことであります。

余計な汚れはつけるべきではないと私は考えています。



で、時々見かけるのが、

女性専用車両とは知らずに乗って来る男性。



女性専用車両と分かるように

あらゆる案内や乗っている人全員が女性であると見えておらず、

そして車掌さんのアナウンスも完全スルー。


そんな男性たちの共通項は何であるか?

分析を試みますと、

やはり【空気読めない愚者】なんですよね。



本人が認識してる・していないかは別として、

その人間の身体的機能である目や耳を持ち、

ちゃんと機能しているにも拘わらず、

そこから入って来る情報が、

うまく心で処理されていない・・・。



その心が、女性専用車両であると

知らせる看板とかを認識させてない訳です。



心というものは、

【囚われた感情(想念から発心された負のエネルギー)を持つ程に、

曇り重くなっていくように感じます。

だから身体的機能が正常であっても、

見えていない・聞こえていないのだと思われます。



逆に、心を曇らす感情が無くなる程に、

心、即ち【物事をありのままに観る心の目】の機能が

高まって来るかと思われます。



過去を悔い、未来を憂え、

そして他者を羨み恨む人間は、

心の曇りが消えることなく、

ありのままの真実が観えずに、

結局は自分自身が生み出したその悪想念により、

人生全てが負のスパイラルに

堕ちていくように感じております(ー人ー)☆


2017/09/10のBlog
[ 11:34 ] [ 商工会議所青年部(YEG) ]
今日・10日(日)。

ジュニエコの実践販売が、

「やお河内音頭まつり」の中で開催されました。

八尾市内より「我こそは!」という、

小学校4~6年生の子供達6チームが集結し、

自分たちで企画立案をした商品を販売しました。



自分たちで考えて決める教育プログラム

「ジュニエコ」

(ジュニアエコノミーカレッジ http://jec-net.com/)。

八尾商工会議所青年部主催で始めて

今年で4年目(4回目)となります。



今まで受け身であまり何も

分かってなかった子供達が

自分たちで考え行動しています。

(まわりにいる大人たちは

あくまでサポーターです)



ジュニエコの子供達を観ておりますと、

こうやって人間は

だんだんと大人になってゆくんやなぁ・・・

としみじみ思います。



人間は社会的動物であり、

人と人との交わりの中から、

いろんなことを吸収し、

自律・自立して真の大人になってゆくのですね。




私自身、ジュニエコの子供達から、

“すなお”であることの必要性、

全てにおいて全力投球で一所懸命であれ!ということ、

そして好奇心と希望を持ちながら、

仲間と共にあるという素晴らしさを、

日々教えられています(^人^)☆


[ 11:00 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
最近の雑感・・・。



「“する”のではなく、“なる”」



・・・分かりやすい事例で言いますと、

例えば「我社を百億円企業にしたい!」と

意気込む経営者がいるとします。



「言霊の力!やれば出来る!」

なーんて周りに豪語しながらガンガン動いておられます。

が、それだけでは永久に百億円企業にならないと思われます。



私は【物事を有言実行通りに結実成就出来る人の条件】も

日々の考察項目に入っており、日々いろんな人を観察しています。



私は日々の観察を通して最近気づいたことが、

「人生とは“する”という自分中心で主観的のみの要素よりも、

“なる”という自分の主観(意思)も含めた

ありとあらゆる万物の意思やニーズに基づいた

客観的且つ大局的な要素の方が非常に重要で、

物事を結実成就させる決定打やな」と感じています。



百億円企業を創っておられる方は

【自社売上が百億円になる要素】を

全てお持ちでいらっしゃいます。



その要素の中には、自分(人間)の意志とは

次元を越えた【時期】や【時流】と言ったものも含まれています。



つまりそれらの要素を全て持てば、

自然と百億円企業に“なる”訳です。

当然のことながら、自らの想いを成し遂げるためには、

【自力本願(自己努力)】が基本中の基本ですが、

清く正しく美しいすなおな自力本願が、

【おかげさまの力】である他力本願を呼び醒まし、

人間技とは思えない程の物凄い流れに乗り、

物事が結実成就するのです。



これは、春になれば桜が一気に咲いて、

秋になれば稲穂が実るのと同じ【自然の法則】であります。



従いまして、自社を百億円企業にしたければ、

まずはそうなるための要素を知り、

その要素全てを手に入れるべく努力するのと同時に、

その要素に当てはまらないものは徹底的に

止める・捨てなければならないと思われます。



なぜ私はこのことに気づいたのか?

それは、実際に百億円企業を創り上げた経営者の方々から、

その要素を口(言葉)からまた背中から教えて頂いたからです。



ほんと世の中…

いろんな人がいて、日々の出会いの中で、

多くの気づきや学びを頂いております(^人^)☆



私はしがない個人事業主を

未来永劫続けたいと思っておりますので、

百億円企業になるための要素は必要ありませんが(笑)、

自分が目指したい人生になるための【要素】を、

ホウボウから学び検証し、自らの言動に取り入れて、

自他の更なる幸福に繋げて参りたいと思っています♪


2017/09/09のBlog
[ 11:45 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
ある日の我が家の風景。

自宅南&東側側の所謂“オカンブース”では、

我が母が、自分が好きな実の成る木(花卉)や野菜、

花など植えています。



ナスの横に菊、バラの横に青葉などが植わっており、

景観配慮ゼロ&とにかく空いている空間に

手当たり次第植えていくという

ある意味での“カウス状態”となっております(笑)。



一方、自宅北&西側の所謂“オトンブース”では、

我が父が、自分が好きな植木を育てています。



父は景観重視で、プロの庭師のように、

樹木や石を組み合わせた空間を構築しています。

植木の剪定や針金を使った植木の枝の方向性など、

かなりの見た目重視となっております。



以上のように、

【植物を育てること】が好きな両親ですが、

そのこだわりの植物の種類と方法が全く違うので、

観ていてとても面白いです。

それぞれ我が道を行かれてます(笑)。



私の両親はこんな感じで、

趣味嗜好が同じというものがなく、

陰と陽・水と油という感じで、

二人一緒に何かをしたり、同じテレビを見たり、

二人だけで旅行とか行くとかは絶対にありません。

(子供・孫と一緒に行くとかはありますが)



いろんな夫婦の形があるかと思いますが、

そんな感じで、陰陽対極な両親の下に生まれ、

どっちの要素も併せ持ち・・・

私は父と同じく、景観重視の美しい畑づくりを目指し、

また植えているものは母親と同じ系統ものとなっています。



私は昔から、両親の両方の要素をそれぞれ観、

陰陽両方をうまく取り入れて来たように思います。



どっちかではなく、どっちも・・・

またどちらでもない人生の選択を

これからも楽しくし続けて参りたいなと思います。



この両親に、この子供アリです(ー人ー)☆