ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3558件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/07/11のBlog
[ 20:50 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
我が師匠&恩師の古芝保治さんが

国内外で講師をされている

【徹底3S(整理・整頓・清掃)】活動。

現在は“四国3Sネットワーク”の事務局として、

毎月講師である古芝さんの

カバン持ちのような感じで、

毎月一回、四国にお伺いさせて頂いております(^人^)



幸せとは「出来る限りたくさんのモノを得ること」ではなく、

「出来る限り、喜んでモノを捨てる・捨て切る!

という境地にこそ存在する」ということを

教えて頂いております。



「徹底的にいらないモノを捨て、残ったモノを大切にしながら、

更にそれらに磨きをかけて行く」という経営の仕方・・・

【人生のあり方】を教えていただき、

私なりに日々実践中です。

その“モノ”とは、物質的なモノであったり、

重量はありませんが、

パソコンの中のデジタルデータであったり、

そして余計な感情や想念、人間関係という、

心の中のものであったりします。



13日からタイ旅行に行きます。



長期間行く四国遍路の前もそうですが、

いつもお世話になっている部屋(場所)を

キレイに身辺整理してから出かけます。

私の人生における重要な“セレモニー(儀式)”です。

今回のタイ旅行もある意味【行】という

神聖なものだと、私は認識しております。



細かい部分では、余計なモノはまだありますが、

基本的な部分において余計なモノは排除し、

必要なモノがすぐ取り出せる・

気の流れが清浄な場所をキープ&更に磨きをかけています。

目指すは神社の拝殿のような空間です(笑)。



清浄な空間でしか清浄な想い・・・

仕事、そして人生は構築出来ないというのが、

私が師匠から教えて頂いている「実践の真骨頂」であります。



要らないモノは容赦なく全部捨てるのではなく、

人様に差し上げたら喜ばれるものは

人様に差し上げています。

所謂「生活困窮者」への物質的寄付として、

家具や新品のタオル・服などは

八尾市生活支援相談センターに寄付し、

中古でもそんなに汚れていない書籍に関しては

八尾市立図書館に寄付させて頂いております。



モノ探しの時間って、何の生産性もなく、

無駄でしかありません。

人生において、悩んだり迷ったりしているだけの時間って、

時間やエネルギーが無駄だと認識しています。



物心両面の整理整頓が出来ていない人は、

A.迷って悩んでるだけで何も実践しない人・優柔不断な人、

B.いつも物事を深く考えず目先の事象や

自らの感情に囚われ、過去の経験から学ばず

ムダに失敗しまくっている人・無駄使いが多い人、

C.忘れ物が多い人・約束した時間を守れないルーズな人・・・

が多いように感じております。



また、別の角度から・・・

A.物事の優劣がつけれない(つける能力に乏しい)・

整理整頓する能力に乏しい【能力の欠如】、

B.欲が強すぎる(欲っする気持ちが強い)【強欲】、

C.整理整頓清掃が何故必要なのかが分かっていない・

必要性を感じていない【無知・鈍感】



・・・以上3つの要素を1つ以上持つ人に

3Sがニガテの方が多いと私は分析しております。



また、パソコンの中のデータもいらない情報は全て排除し、

必要なデータはバックアップをしています。

ということで私のパソコンの中の整理整頓も出来ていて、

必要なデータがすぐに出てきますし、

常時使っているパソコン2台と予備1台が

いつどれが潰れたり無くしたりしても、

仕事に支障が出ないように体制を整えております。



日々、出来る限り心の中と周りの環境を

シンプル&クリアーに。

各種ゆとりを持って過ごしておりますと、

想定外のことが起こった時にでも、

必要以上に感情的になったり焦ることもなく、

物事がいつでもどんなことがあっても

スムーズに進ませることが可能になります。




これからも師の背中を追いかけるべく、

日々の地道な心と外部環境3Sの鍛錬によって、

更にシンプル且つクリアーな人生を着実に

歩んで行きたいなと思っています(^人^)☆


2018/07/10のBlog
[ 20:35 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
今、パソコンの中や身辺を整理しているのですが、

とてもいい写真を見つけました。



確か10年くらい前くらいだったかと思います。



真夏、いとこのおねえちゃんの家族と一緒に

富山の山奥の真言宗のお滝場で

遊び半分で滝行をした時の写真。

おねえちゃんの旦那さんが撮影してくれました。



なんだかもう既に、この時から笑顔で

修行大好き女子やったんやなぁ~ってしみじみ(笑)♪



それに、なんだか、この時既に神々しい【何か】が

私についておられます(ー人ー)

今きづきました。

ありがたや~ ありががたや~(=人=)☆





たまに、過去の写真を観るのも、

自分の伸びしろや、現在過去未来・・・

いろんなことが観えていいもんですね~


[ 20:30 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
3月の誕生日。

知人の方からカワイイ箱に入った

クッキーをいただき、

箱がカワイイのでしばらく置いていました。




で、ある日、買ったものが、

ちょうどこの箱にピッタリ☆入ったのです。



それがこの、ミニローソク→


(笑)



ほんと、浦島太郎もヒックリ☆な

この外見と中身のギャップに仰天な

玉手箱状態です(^^;)☆



ま、それはそれで私らしいなとも思っています。



さて。。。

このローソクを、また四国88に

どんどん奉納して参りたいと思いますぅ(ー人ー)☆


[ 20:27 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
先日、母方の祖母&母方の祖父

(“育て”の祖父)が入っている、

天王寺にある一心寺へお参りに行きました。



私のその祖父母はいろんな事情や経緯、

生前の【想い】があり、一心寺に入っておられます。



私の知人友人の身内・先祖の方々もたくさん、

一心寺さんにおられるとのことで、

【人類みな兄弟であり家族】であるという

想いを強くしています(-人-)☆



最近、家のお墓を持つ方々も「墓じまい」をして、

一心寺さんのような合祀を求める方々が

増えていると聞いています。



どんな姿形であれ、

子孫が先祖を弔う・供養する気持ち【念】があれば、

ALL OK・・・大切なのは姿形ではなく、

想い【念】やと感じています(^^)♪



お参りが終わり、

山門側にある花屋さんが管理していると思われる、

横断歩道にあった花が、

めっちゃ小さな植木鉢に

植えてられているにも拘わらず、

一本だけやたらめったら高く、

長~~~く伸びていて仰天しました(>_<)☆



さすが花屋さん・・・花を愛し、

花の気持ちを知り善処出来る智恵もお持ちでおられ、

その愛と智恵に花が応えているのが、

よく伝わって来ました。



【相思相愛】は人間同士だけではなく、

人間と植物や動物、物・・・万物にありそうですネ(^0^)♪


[ 20:24 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
いつも行く喫茶店で、

ふと、隣に座っていたおばさんの

手の甲と手首に視線が行きました。

色白の肌の上にシミやシワがありました。



私もこの歳になりますと、

そんなものが気になり出しております(涙笑)★



とりわけ女性にとって忌み嫌うそんな存在なんですが、

そのおばさんの手を観、

「忌み嫌うのはアカンな…」とハタ☆と気づきました。



そのおばさんが長年、

自分のことよりも家族のために、

炊事洗濯もろもろのことをやって来たからこそ出来てきた、

正に【頑張って生きて来た証】であり、

【人生の勲章】のようなものであると観得ました。



こんな感じで、日常生活も【行場】であり、

日々反省懺悔改善の繰り返しであります(-人-)☆



だけどやっぱりいつまでもウツクシサを

保ちたいですよねぇ~( ^0^ 爆笑)☆


[ 20:11 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
新しいFAXを買いました。

(「家庭用FAX」です)

30,000円以上しましたが、とっても便利なものです♪



いろんな機能がついているのですが、

最も魅力的だった機能は、

「届いたFAX」の紙の情報がデジタル化されて、

よしこちゃんのパソコンメールにJPEGデータとして

自動送信されてくる・・・という機能です!



明後日からしばらく日本にいないのですが、

このような長期間自宅にいない時、今まででしたら

FAXが届いても、私の自宅事務所にある

FAXに紙がぶら下がっているだけで、

帰宅しないと、そのFAXの紙の情報が

チェック&処理が出来なかったんです(涙)。



だけど、このFAXの情報が、パソコンメールに転送されて来ると、

携帯しているパソコンやスマートフォンで

リアルタイムに閲覧することが出来る・・・

つまり、いつでもどこでも、情報が得られるという

ものすごい機能なんです(^0^)!



これって、「紙」という物理的制約並びに

場所的&時間的制約からも開放されるということになります♪



お客様等から流れて来るFAXを、

国内外の旅先で確認し、

メールにてそのお返事をさせて頂く。。。



本来であれば、不可能だったことが、

ITの力でどんどん可能になり、

ワークスタイル&ライフスタイルが

ステキに変わって来てます☆



しかも、メールでFAX内容をチェック出来る・

データとして蓄積されるので、

紙でプリントアウトしなくてもいいので、

紙&インク代がかかりません。

エコ&経済的です♪




このような感じで、ビジネスの現場で

「ペーパーレス」がどんどん進んで行くと、

いつでも・どこでも・誰とでもする

コミュニケーションの質と速度が格段にアップし、

仕事の効率が飛躍的に上がり、

ますます快適且つスムーズに

ステキなビジネスライフをエンジョイすることが可能になります。



ほんと、30,000円のFAX、さまさまで~す(^0^)!

(なお、この手のFAX、業務用もあります)


[ 20:05 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
反実仮想(はんじつかそう)

という言葉を教えて頂きました。

日本の古い言葉のようです。



反実仮想は、一見難しそうな用語ですが、

意味はとても簡単です。



つまり、事実に反することを仮想する。

「事実の反対のことを仮に想うこと」



ということです。



現代の、一寸先は闇・・・といいますか、

ある意味、今までの人類があまり体験したことがない

地球規模の大変革の時代に、

敢えて「反実仮想」をしてみる・・・



反実仮想力を磨き高めておくことの重要性を

とても感じております。



今までありえなかったこと・

今までとは真反対のことが、もしも今起こったら自分はどうすべき?

国家としてどうすべき?などなど、

あらゆることを想定し、まずはその心構えをし、

そして起こった場合の備えをしておくということです。



「先祖代々、私はこの崖の下に住んで来て、

一回もがけ崩れに遭ったことがない」

と言っていた人も、

今回の災害でがけ崩れに遭って

たいへんなことになった・・・という事例もあったと聞いております。



「反実仮想」・・・是非今、高めておきたい能力です。


[ 20:05 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
ひさしぶりに今、

日曜日夜のNHK大河ドラマを毎週見ています。

今は西郷隆盛が主人公の「西郷どん」です。



私が過去、見ていた大河ドラマは、

龍馬伝に篤姫に。。。よくよく考えれば全部幕末が

舞台になっているドラマです(笑)。



何故幕末が面白い 魅力されるのか。。。?



それは歴史的転換期・平時ではない

革命の時期に顕れた数々の現象や

所謂歴史的偉人たちが登場するからです。



その革命の在り方は今に通じる、

人類の普遍的法則にもとづいた

ところにあると感じています。



それに、平時よりも、

何か大苦難の時や、大変革の時が

人生においてもそうですが、

しんどい分、楽しいし、感動的だから。

そして何より、成長・進化出来ます。



人生って本当のところ、しんどい時が

一番輝いていて、

それに果敢に向かって行っている瞬間が

ステキなんだと感じております(^人^)☆


[ 20:00 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
世の中には古今東西、

いろんな宗教というカテゴリーに入る組織があります。



玉石混合感ハンパないこの宗教という業界ですが、

その玉か石かを判断する一つの方法として、

思いついたことがあります。



それは、その宗教の信者さん以外の

人間に対しての扱い方・捉え方です。



その宗教を信じていない人でも

その宗教に帰依していない人であっても、

そんな人もひっくるめての、

この世界の平和を祈り、

この地球にいる万人を救済しようという

気概を持つ宗教組織が、「玉」なのではないか?!

そんなことを感じました。



お金を積む程に救済される量が違ったり、

信者以外の命や人生を大切にしない教えは

私は「石」・・・つまり【邪教】であると感じております。



だけど、そんな邪教にどっぷりハマってしまうのも、

やはり、その人の縁・・・因果応報でも

あるかなと感じております。



以上のようなことを、

オウム真理教の死刑についての報道があった時、

感じていました。。。




ほんと、あの教団のことを考える程に、

人間の罪は、行くつく処まで来てしまったと、

恐ろしくなります。

あの恐ろしい教団やそこに所属する人間を作ってしまったのは、

あの教祖(リーダー)ではなく、

我々のこの日本社会であり、地球にいる人類ですからね。



我々はその真理を知り、

猛省しなけれがならないと考えています。


[ 19:54 ] [ よしこちゃんのぼやき ]
公衆の面前で大ケンカしている、えぇ大人が二人いました。

同じ日本人なので、どのような内容でケンカしているのか?

言葉が理解出来るので、なんとなく分かりました(笑)。



こんな感じで、ひと目で分かるケンカをしている人たちから、

口には出さず、思っているだけ・心の中にだけで

対立している人たち・・・いろいろとおりますが、

そもそもどうしてケンカする・対立するのかなぁ?って

ちょっと考えてみました。



人って、個性があり、【価値観】というものも

人それぞれ違います。

同じ人や似ている人もいるし、

かなり違う人・全く違う人もいます。

これを「色(カラー)」が違うという感じがしています。

基本的に人間は、価値観(色)が同じ・近い人の方が

親近感が沸き、一緒にいる・いたい時間も

長くなっていくようです。



次に、【レベル・次元】の違いです。

例えば、幼稚園児と大学生との話はあまり長く続きません。

あれこれ説明したり、理解してもらうまで時間がかかり、

ストレスもかかって来ます。

逆に同じ学力や知能レベルの人の方が会話がはずみますし、

チームになって物事がスムーズに進むかと思われます。



レベル・次元が高い人で且つ、柔軟性のある人は、

レベル・次元の低い人に合わせることが出来ます。

だからそんな場面では対立は起こりません。

しかしながら、レベル・次元の低い人は、

その高い人に合わせるべく、己自身を上げることは出来ません。

そのような宇宙的法則になっているようです。



そして最も対立を起こさせて、深めてしまっているものが

【感情】というものだと感じております。

例えば、分りやすい事例と申しますと、

自民党と立憲民主党など、政治的派閥が違う人は、

日本の政治がどうこうというよりも、

相手の施策が正しいというよりも、

日本の行く末がどうこうというよりも、

お互いの党組織を憎しみ合い、泥仕合を深めています。

完璧なる感情という泥仕合状態です(呆)。



自分の心をいかにして【感情】に支配されないか?

お互いの違いを理解し、共通のありかたを探り、

歩を進めていかないと、一生このまま誰かと泥仕合!

まずは感情の支配下から開放され、

自分以外との他者との調和を図り、

喧々諤々しながらも、よりよい議論・世界を創って

行きたいなと思っています。

2018/07/08のBlog
[ 19:51 ] [ 人生、修行です。 ]
7月8日(日)。

久しぶりの晴天となり、

車をキレイに掃除して今度は、

奈良・吉野山に行って参りました。

よしこちゃん出没スポット「ベスト5」

に入るのがココ・吉野山でございます(笑)♪



吉野山にあります、

大峯修験道の総本山「金峯山寺 蔵王堂」

http://www.kinpusen.or.jp/)は

「國軸山」という山号がついています。



現在日本各地では地震や水害等で大変な状況ですが、

ここは「國の軸」(※宇宙の中心の山という意味)

だけありまして、

どっしりと安定&重厚感抜群で、

「この國の軸さえ動じずしっかりしていれば、

日本並びに世界は大丈夫や!」という、

根拠の無い自信や安心感というものが

ふつふつと湧いて来ました。



さすが数々の歴史的困難を乗り越えて

1300年前の役行者から続く、

真の信仰の聖地だと、

改めてその凄さ・素晴らしさを感じました。



今ここでお祈りすることはただ一つ、

【鎮護国家】であります。



自我と我欲に囚われた人類による

因果応報と地球(ガイアの意思)による

自浄作用(デドックス)、

そして宇宙の大いなる存在による

【真の幸福への絶対的信念と実践のプロセス】により

起こっている数々の苦難が齎す、

人命並びに物質的&精神的犠牲が

少しでも少なくなるようにと、

現在過去未来を貫徹する蔵王権現様(吉野の神々)にも、

実際参上してお願いする必要性を感じ、

自然と足が向きました。



吉野山をてくてく歩いておりますと、

「吉野時間」を彷彿されるような、

ゆるやか~で平和な時間が流れています。

私が暮らす大阪(娑婆)とは、

まったく時間の流れが違います(^^;)。



私が勝手に「ポチ」と呼んでいる柴犬は、

今日は爆睡中で、番犬としての役割を

100%ほったらかし状態で、

可愛い顔をこっちに見せてくれず・・・(笑)、

いつも行くお食事処「静亭」の若おかみ&旦那さんは、

相変わらずステキにのほほ~んとされてはりました(笑)♪



さすが、数々の歴史的修羅場を乗り越えて来た

町の人だけありまして、

自然に抗うことなく常に自然体で、

ほっとしました(*^^*)♪



また、吉野山は夏の爽やかな空気が流れていました。

この空気感と、お山全体から漂ってくる甘い木々の香りと、

歴史の深遠さを感じさせてくれる

蔵王堂の建物(国宝)とお線香の香りがとても好きです。



これらに加えて今回は、ジージーと静かに鳴く

蝉の声が何とも言えず、感動的でした。



蝉って夏の間。。。

しかも本当に短期間しか生きておらず、

(その前はずっと土の中ですからね)

その蝉の鳴き声が、人間の弱さや脆さ、

無力さを相重なって何だかとても切なく

“諸行無常感”が漂いつつも、そんな中であっても、

心の軸をしっかりと持って、

与えられた時間【命】を精一杯

前向きに生きたいなぁ・・・と感じました。



滞在時間1時間くらいの吉野山でしたが、

今回もとても多くの【おかげさま】を頂戴いたしました。

ありがとうございました(ー人ー)☆


2018/07/04のBlog
[ 20:51 ] [ よしこちゃんの日常風景 ]
お借りしてる畑のすぐ上にある、

玉祖(たまおや)神社の鳥居が

新しくなりました。

台風一過また梅雨の合間の

太陽に照らされてとても神々しいです(ー人ー)☆



この鳥居、夜はライトアップされていて、

大阪平野の“守護神”って感じです。



そこに昼間放し飼いにされている

「長鳴鶏(ながなきどり)」が

二匹、やってきました。

とってもほのぼのステキな八尾の里山風景です☆



マイ畑では今、キュウリが収穫時期を迎えていて、

3~4日に一度くらい涼しくなった夕方に来ています。

収穫後はひたすら草抜きです(^^;)。



畝の雑草は正に【人間の煩悩】と一緒で、

抜いても抜いても生えて来て、

放置していると大切な農作物の

健全なる成長を蝕んで来ます。



畑も私の心の中も雑草だらけに

ならないように慢心せずに、

日々の行に励みたいと思っています。



この正直メンドクサイ草抜きですが、

八尾の里山風景の中で黙々とこなしておりますと、

所謂【無の境地】に近い心境に時々なったりもして・・・

いろんなこと(言葉)が、

ふっと心に浮かんで来て、

かなりの至福の時でもあります(^人^)♪



---------



“君”(=自分以外の誰か)がすべきことを

“僕”(=私)が代わりにしてあげるのは、

本当の優しさじゃない。



僕が本当にすべきことは、

僕が今すべきことをちゃんとすることで、

君の幸せを叶えることなんだと思う。



君の役割は君にしか出来ないし、

僕の役割は僕にしか出来ない。

何故なら、君の人生は君しか歩めないし、

僕の人生は僕にしか歩めないようになっているから。



それって一見、冷たい言い方だけど、

これがホントなんだ。



だけど君の幸せを願い、応援することは出来るから、

いつもそうしたいと思ってる。



---------



人を評価判断すべき点とは、

罪の軽さ&徳の高さであり、

そして【愛の深さ】なんだと思います。

実年齢やルックス、社会的肩書き、

そして所有している物資の量ではありません。

真の価値・物事の実相は目に観得ない

部分に隠された密なるところにあり、

それをちゃんと観ること。。。

【心の眼】をいかにして磨き高めてゆくこと

なんだと感じている、

今日この頃でございます。。。(ー人ー)☆


2018/07/01のBlog
[ 14:03 ] [ 人生、修行です。 ]
7月1日(日)。

三輪大社(http://oomiwa.or.jp/)へ

朔日参りに行って来ました。



私たち大阪・関西人にとって

先月18日の地震は、悲しい出来事であり、

試練でした。

お亡くなりになられました方々の

ご冥福をお祈りいたしますと共に、

被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。



本日も余震がありましたが、未だその試練は続いており、

これからもっと試される出来事が

世界中に起こって参ります。

その前兆現象は皆様知っての通りです。



どんなことがあっても、一歩一歩、

例え小さくても歩を進め、

その健全な歩みを絶やしてはなりませんし、

その営みの流れ(=真の意味での進化)が

未来永劫続いていくようにと祈り続けています。



ここで一つお伝えしたいのが、

「不安」「心配」「恐れ」「恐怖」といった類いの

所謂“悪想念(マイナス感情)”を

発心すればする程に、

各々の人間の心身内部だけではなく、

空や大地といったものを含めての

万物の健全なるバイオリズム(波長)の

調和・バランスを崩させて、本当に恐ろしいこと、

怖いことが起こって来るかと思われます。



人間の想念は、よい意味でも悪い意味でも

万象を具現化させていくのです。

本来起こらないことが起こり、

起こることはより強く起こって参ります。



目には見えませんが、宇宙に存在する万物は

【氣(エネルギーのバイオリズム)】で出来ており、

あらゆる【氣】で満たされ、

それらの【氣】によって、

我々人間の未来も決まって参ります。



ですので出来る限り悪想念は、

人間の心の中から排除しなければなりません

(※人間以外の動植物からは悪想念は生まれて来ません)。



知らず知らずのうちに、自分が発心する悪想念が、

自分の心身だけでなく、

他人や身辺環境・・・天地全てに

悪影響を及ぼしているのです。



その悪想念を打ち消す一つの方法として、

我々の祖先が代々、行って来たことが

【祈り】というものであります。



つまり【祈り】とは時空を超える、

想念(気)のコミュニケーションであると

私は認識しています。

コミュニケーションするからには常に

「よいもの」を発心したいですよね(^^)♪



・・・新たなる月を迎え心機一転、

自他の幸福とご加護をお祈りして参りました。

今日の三輪さんも素敵な“ヒカリ”に満ちていて、

私にいろいろなことを教えてくださいました。



---------------------


人間も“ヒカリ”で出来ていて

心はその反射鏡である。

魂がクリアーになっている状態

その心のありさまを「すなお」と呼ぶ。



しかしながら魂は

曇りや歪み

汚れがついていたりする。

だからその反射鏡である心も同じ状態になる。




その鏡の状態が

自分の身体や言動

また自分の身の回りの環境

人間関係や大切な人との確執や病気となり

現象化(見える化)されて来る。



どうしようも出来なくなり

救済を求めて来る人間の多くは

その具象化された問題のみを何とか解消したいと

我々の元に訪れて来るが



真の幸福のためにすべきことは

具象化されたその奥底にある

己自身の心の状態(本、もと)を

“ヒカリ(日々の正しい行い)”によって正すことであり



それに気づき自らの罪穢れを

感謝の心で祓うというクリアーな心を持たなければ

その苦しみから永久に逃れることは出来ない。



----------------------


皆様どうぞステキな文月を過ごしくださいね(^人^)☆


2018/06/17のBlog
なんやかんやで更新が遅れました(^^;汗)☆



せっかくいろんなものを観て参りましたので、

さらっとご報告させていただきます~



“何かにつまずいたら

一歩先を

見るとよい

いつまでも

そこにいると

その苦しみから

ぬけだせない”




・・・ステキなお言葉ですよねぇ(^人^)♪



苦しみ等の“マイナスの観念”の中にいると、

私たちはそこに立ち止まってしまい、

ずっとその観念から抜け出せない・・・



結局のところ、

他者ではなく自分自身が

増産してしまっている観念に囚われて、

自分自身の手によって不幸に堕ちている

という事実があろうかと思われます。



マイナスの観念に囚われている時も、

自分自身の【ありのまま】をちょっと離れたところから

冷静・客観的、そして大局的に覩、

ずっと先・・・までは観る必要はないかも知れませんが、

このお言葉のように、一歩先を観ようとする努力する方が、

解決の糸口や突破口を見つけれる可能性も高くなるし、

苦しい中ででも、そこに幸福や意義を

見出せる可能性が高まって来ると感じています。



人生って、この【有の世界】にいる限り、

あらゆる苦難や問題、課題が次々と起こって参りますが、

それは「新しい自分」への進化の兆し(種)ですので、

喜怒哀楽全てを【ありのまま】で覩、どんな時でも、

前向きに生きていきたいなぁと思っています(^^)♪



今、ここに生きているからこそ、感じられる喜怒哀楽。

【無の世界】に還ると、何も無いし、何も出来ないし、

そして何も感じられませんからね。。。



(ー人ー)南無大師遍照金剛☆




高野山・奥之院の中に、

大きく「河内大師」と書かれた石碑を見つけました。



よくよく見ますとその横に、

私が暮らす大阪府八尾市の

戦没者の大きな慰霊塔が建っており、

「八尾市戦死者 英霊塔」

と刻まれていました。



八尾にゆかりのある、大石順教尼さん

のお墓の後ろに建っていました。



八尾市・上之島にある「河内大師」

というお寺が建てたようです(詳細は分かりません)。



いち八尾市民として、

このような素晴らしいことをちゃんとして

下さっていることに、

深く・・・深く感動いたしました。



“ご供養”といものは、

過去の過ぎ去ったことですし、

目に観えないことです・・・が、

【池に映る自分の姿】のように、

自分たちを映す鏡であり、

自分についてまわる表裏一体&

自他一如のものであります。




私たちの八尾市の健全なる発展と

八尾市民の幸せを、

聖地・高野山から見護って下さっていることに、

ただただ感謝・・・

報恩感謝の念を感じております(ー人ー)☆



高野山の報告はこれで終わりです(^^)♪

高野山大師教会・授戒堂にて、

授戒体験をさせていただきました。

http://www.koyasan.or.jp/experience/



想像を遥かに超える、感動体験でした。。。

時間は30分程度なんですが、

ほぼ真っ暗な授戒堂の中の、

何とも言えない・・・

お大師さんが生きておられた

1200年前と何ら変わらないであろう、

幻想的で荘厳さハンパない儀式でした。



その儀式を言語化するのはほぼ不可能ですが、

敢えて表現するならば

「宇宙【無の】空間の再現」という感じでしょうか。。。

スペースシャトルの人が宇宙服を来て、

宇宙の無重力空間で浮遊されていますが、

この状態に近い心境だと感じました。



意識が現実からぐんと離れ、

自分が何者なのか?

地球を遠く離れた場所から観ている感じです。



自分が死んで宇宙の塵になったのか?

それともこれから地球に生まれて来るのか・・・?

とにもかくにも摩訶不思議な空間でした。



ステキに居眠りをされていた方もおられましたが(笑)、

私は初めての体験でしたので、

バッチリ目を開けて・・・

と言ってもほぼ真っ暗なので、

何も見えないのですが

感性を研ぎ澄まして、そこに座っておりました。



儀式が始まりしばらくすると悲しくないのに、

涙がポロポロ。。。

四国遍路の時も、

こんな不思議体験を数回経験したことがあります。



自分の涙のようで、

そうじゃない感じもして・・・

まるで天から降る慈雨って感じ。



そして、降りて来た言葉・・・

【 赦(ゆる) す 】。



ああ、信仰(=時代や人種を超越した、

真の幸福への道「あるべき姿」)の根本って、

「赦すこと」なんやーって、

直感的に観得た瞬間で、

真っ暗なお堂に鮮烈なヒカリが

降りて来た感じがしました。



赦すものは、やっぱり

【自分自身】なんだと思います。

自分自身の「ありのまま」を認める。

えぇところも、アカンところも

全部ひっくるめて赦す。

と同時進行で&輪をかけて

相手(自分以外の万象)も赦す。



そうすると自ずと全てが拓けて来る。

真の進化が叶って来る。

人生、起こること全てが必然であり、【善】である。

そこに善悪や高低をつけるのは、

人間の我儘・・・【罪】なんだと思います。



授戒体験が終わり、お堂を出ると、

とってもヒカリが眩しくて清々しい☆

思わず「おぎゃ~☆」と、

生まれたての赤ちゃんのような心境(笑)♪



こんな感じで、

人生の中で大切なことや必要なことを一つずつ、

大切に拾っていってるステキな毎日でございます。

お大師さん、ご縁頂きました三和会のみなさま、

ありがとうございました(^人^)☆


2018/06/12のBlog
今回高野山に行った日の午前中、

いつもお借りしている畑の

「一斉草刈り日」ということで、

私の母と一緒に畑仲間のおじさま方と

せっせと草刈りをしていました。



私が掃き掃除をしていると、

ちょっと離れた所で母と仲間のおじさまが

話していました。



おじさん「よしこちゃん、これから高野山へお参りに行くそうやね~」

母「そうなんですよ! 若いのに、四国とか、お参りばっかり行ってて、、、

 ほんまにも~、年寄りじゃーあるまいし、

 他にせなアカンことあるやろうっていつも思てますねん!(呆)」

おじさん「まぁ、よろしいですやん。

 えぇことしてはりますやん(なだめる感じ・笑)」

母「えぇことなんですけどね・・・(嘆&笑)。
 
 私も主人も(神社仏閣には)全然興味ないんですけど・・・

 ま、我が家では【隔世遺伝】やて言うてますねん。

 あの子の父親の母親(=私の祖母)が

 熱心にお参りに行ってましたから~」



・・・ってな訳で、大橋家では私のこと、

意味不明&摩訶不思議な宇宙人的存在として

扱われ続けております(^^;凹)。



私は昔から、縛りの緩~いステキな両親の下で、

しかも兄妹の真ん中で自由奔放

(いい意味で自分を持っていて、わるい意味で団体行動がニガテ^^;)

に過ごして来たので、誰が何と言おうとも、

反社会的行動ではない限り、

自分のお金・時間・気力(エネルギー)を使って

自己責任でやっているので、

やりたいこと・やるべきことはやるという

意思を貫いている次第です。



だけどやっぱり、身近にこの手の価値観を

理解・共有しあえる人がいないのが、

ちょっと悲しいなぁ~と思う時があります(^^;)。



そんな時、この【隔世遺伝】という言葉に

私はいつも救われています。



だから今でも

「おばあちゃんがもしも今も生きてくれていたら、

孫の私のこと、心から褒めてくれるやろうーなー・・・」

って思い、ちょっと切なくなります。。。



が、生きていようが死んでいようが、

喜んでくれていることには間違いがないという

確信を得ています。

これは理屈ではなく、真心からそう感じています。



私のおばあちゃん・・・

四国などにお参りに行く時に、

あっちこっちにあるお地蔵さんの赤い前掛けが

ボロボロになっていたら、取り替えていたそうで、

晩年裁縫がだんだん出来なくなって来たら、

裁縫が得意な母に前掛けを縫って欲しいと、

赤い布を母に持って来ていたそうです。



そんな優しい徳の高いおばあちゃんに、

こんな感じで今も、

私の人生を陰で応援して貰っていることに、

ただただ感謝・・・万感の想いがこみ上げて来ます。




だからおばあちゃんは私にとって

【筆頭ご先祖様】であり、

この手のお参りに行く時は、

おばあちゃんに貰った御守りを必ず持っていきます。



おばあちゃんがこの世を去って四半世紀が経ちますが、

いつも一緒・・・っていうか、

一心同体の【一の存在】・・・

まさに【同行二人】という確信を、私は既に得ております。



当然のことながら【今】の私自身の“現世利益”も

非常に重要なことなんですが、

全ては“因果応報”ですので、

この【今】というものと同時に【過去】にも

常に意識を向けたいと思っています。



家(家系)って、

生きていようが死んでいようが関係なしに、

【血という名の糸】で繋がった一つのチームですので、

今後もステキに先祖供養に励み、

私たち子孫全員の繁栄のための

「根(もと)」としたいと思っています(*^^*)♪




【写真】高野山「三鈷の松」前にて、

おばあちゃんの御守り、等

(最後の写真、左写真:一番左側、

右写真:右側の女性が私のおばあちゃん・大橋キクヱです)


2018/06/10のBlog
[ 18:04 ] [ 遍路修行日記 ]
四国88の師匠・引田大先達

(最初の写真・左から3人目の方)より

お誘いいただき、

この土日(23・24日)高野山に行って来ました。

引田大先達率いる四国88参りの講「三和会」へは

4回目の参加となります。



みなさん一泊二日で愛媛・東予地区から

京都の東寺にお参りした後、

高野山に来られ(午後高野山で合流)、

そして愛媛に向かって帰って行かれました。

めっちゃハードスケジュール・・・

おつかれさまでございます(^^;)。



おかげさまで今回も内容の濃い・・・

気づきや学び、感動深い行(時間)となりました。

詳細は後ほどアップさせていただきますが、

まずは高野山の美しい風景【氣】を

おすそ分けさせていただきます~(^人^)♪



所謂“行場”から帰った時は、

持って行ったもの(特にマイカー)を

綺麗に拭くなどして掃除をしてから元の場所に戻します。

私の命(身体)を運び、

護ってくれたマイカーに感謝の気持ちで綺麗にすると同時に、

行場には“良からぬもの”も浮遊しており、

それがくっついて来ている可能性があるので、

それを自宅に持ち込まないという2つの意味があります。



準備・徹底、そして後始末。

雨が降って来ようが、車を綺麗にします。

あくまで【氣】のもの・・・

ジコマンゾクでございます(笑)☆



三和会のみなさま、ありがとうございました(^人^)☆



【写真】高野山・霊宝館前にて三和会のみなさまと♪

その他、高野山の風景いろいろ・・・そしてマイカー。



高野山真言宗 総本山金剛峯寺(高野山)

公式ホームページ https://www.koyasan.or.jp/


2018/06/08のBlog
[ 21:23 ] [ 人生、修行です。 ]
無心になって八尾の里山風景の中で畑作業してますと、

“自然”がいろいろなことを教えてくれます(*^^*)♪



【時期(自然の法則)】に沿って、

畝を耕し種や苗を植え、雑草を抜いたり、

水や肥料を状況を観ながらあげていきます。

やがて時期が来ると作物が実り、

作物を収穫することが出来ます。



ところが、作物と同じ自然の一部である人間は、

農作物のようにスムーズな流れでは行きません。



なぜなのか?・・・と、

畑作業をしながら、

作物と人間の【違うところ】を探り、

ある程度の結論を見出しました。



人間にはあらゆる【恐怖心】から発心された

【自我(自己保身)】、

またそれから発心された

【我欲(自分さえよければ・

満たされればよいという、心の方向性)】

といったものを大なり小なり持っていて、

それが自然の法則に則った

素直な生き方をんで阻いるんや・・・と思いました。



作物を植える人が自我や我欲に囚われてますと、

例えば6月に種を撒くべき作物を

「オレは6月に撒きたくないねん」と8月に撒いたり、

「水やりと雑草抜くのんめんどくさいから

絶対せぇへんねん」とやらなかったら、

かなりの確率で作物は実りません。



畑作業はとてもシンプルで分かり易い、

人間生活の「例え」なので、

感性の鋭い方には既に

お分かり頂けたかなと思われますが、

私たちの日常生活のありとあらゆる場所で、

自我&我欲に囚われた作物を植える人のような

出来事が同時多発で起こっており、

そのような心持ちの人は遅かれ早かれ

不幸になっていくようです。



人間は幸か不幸か、過去(先祖・過去世含む)

に得たクセや習慣(性)、

そして【罪】が心身・魂まで、

“焦げた鍋底”のようにこびりついていて、

自我や我欲を持ち、その欲を満たすことが

【普通】であり【幸福】であるという

“誤認識”に囚われています。



その一方で、自分自身は素直・クリアーな

生き方をしたいと思っていても、

周りの人たちや今いる場所のエネルギーが

自我や我欲に囚われ、

毒ガスのように発心しまくってま地場が下がってますと、

自分自身の心身もそれに蝕まれ、

生命エネルギーの次元が低下し、

クリアーな心身が澱み、穢れていってしまうようです。



私たち人間は、ほぼ全員、

自我や我欲を持っています。

ですので人間関係がこじれたり、

トラブルが起こるその根本原因は、

その双方がいろんな自我や我欲が

共鳴し合って起こって来るので、

程度の差はあっても双方に

問題があるということかと思われます。



「相手の非を責めるのではなく、己の非を省みるべき」

と日々、反省の日々です(苦笑)・・・が、

これを言葉で言うのはとってもカンタンなんですが、

自我や我欲といったものを消すのは、

なかなか難しいものですよネ。

まだまだ行が足りません~( T0T 涙)★



だけど、まずは、「無知の知」で

自分の至らなさや足らずを知り、

それらマイナスを消すための【消罪&徳積み】から始まり、

そしてそれに終わっていくのカナ?と、

なんとなく感じている、

今日この頃でございます。。。(ー人ー)☆




【写真】三輪大社「二の鳥居」。

ここではいつもステキな“ヒカリの玉”が撮影出来ます(^^)♪


[ 21:20 ] [ 人生、修行です。 ]
明日明後日と、高野山に行くことが急遽決まり、

ドタバタ準備しながらもテンションが上がり、

冴えてマス~(^^)♪



(つたないですが…)私の信仰人生の

12年間で常に意識して来たことは、

自身の心身をいかに“クリアー”

(清浄・健康・シンプル、すなお)にし続けるか?」

ということと、

「いかにして自分の身の回りの物理的環境と

人間関係をクリアーにするか?」このニ点です。



これは自分だけではなく、

自分以外の他者の幸福のために

非常に重要な基礎的部分だと観ています。



各地の行場で行をして、

自分自身の次元を上げて帰って来たとしても、

自分自身の日常生活の次元が低いと、

自分の次元もすぐに下がって来ます。

だからまた行場に行くということを

マメに繰り返して来ました。



そんな稚拙な行であっても、

曲がりなりに続けて行きますと、

だんだんと周辺環境の地場(次元)に

影響を受けにくくなり、

と同時に周辺に自分の次元の影響を

与える側に成って参りました。

またその人や場所の次元(地場のレベル)を見極め、

長居したり逆に、気配を消してすーっと

消えたり出来る術も見について来ました(ー人ー)☆



自分の心身の中に大峰やお四国といった

【行場】が在るという感覚が芽生えて来ました。

従いまして大峰や四国等へとマメに足を運ばなくても、

常に神々が私の中におられる・

【大自然と一体化している】という

感覚が観得てきました。



真の神仏は、清浄・正常な場所にしか

存在することが出来ないものだと感じています。



日々生きてますと、畑の畝のように“心の雑草”が

どんどん生えて来る・雑念が蔓延り、

ケガれて来ます。

常にそれを意識し、その雑草を抜くための正しい行をし、

身辺の環境を綺麗に保ったり、

更に磨き上げるべく整理整頓をしています。



整理=捨てることであり、

余計な物は迷わず溜め込まず、喜んで捨てる!

その最たるものは【マイナス感情】であり

【悪想念】だと感じてまして、

いかに良い念(今の心)を

キープするか?高めて行くか!?が、

私の健全な人生において、

重要なテーマの一つになっています。



久しぶりに行くご縁が出来た、行場・高野山。

だからこそ、心身&身辺を更にクリアーにしています。



今の自分が出来る最高のコンディションで行場に行くことが、

行者としてのマナーだと感じております。

行場に行く前はこんな感じで、

準備を重ねる度にテンション【気】が上がり、

めちゃくちゃ冴えてきます♪



今回はマイカーで行くので、

雨天にも関わらず洗車しました(笑)。

汚れた車で“お大師さん”には会いに行けません(^^;)。

実際は徹底的に綺麗には出来てませんが(凹)、

そんな気概を持って心定めて日々生きてますと、

いろいろなことがスピーディー且つステキに進み出します。

ほんと私の人生、【おかげさまの人生】です♪



やっぱり私は、こんな人生を歩むことを、

自らの意思で選択をし、

それを求めて生きているということを、

だんだんと“受け入れて”います。

これからも私自身が私自身の人生の

【最良の理解者】であり続け、

日々反省懺悔、改善をし・・・

そして感謝しながら、

ステキに精進していきたいなと思ってます。



ありがとうございます(^人^)☆




【写真】お四国の“お大師さん”