ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2749件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2022/12/31のBlog

ホームページをリニューアルしています。活動の種類をジャンルごとに掲載しています。
是非のぞいて下さい。このまま、ブログをご覧の方は、このまま下段をご覧ください。
http://toyoppy.jp です。



当法人はNPO法人「とよなか市民環境会議アジェンダ21」のプロジェクト活動として設立した法人です。市民が中心になって都市部で循環型社会の形成をめざす多様な活動をおこなっています。あなたも活動に参加しませんか。
お問い合わせは<事務局>NPO花と緑のネットワーク 火~金 10時~16時
〒561-0881 豊中市中桜塚1-24-20 
 豊中市立環境交流センター
NPOとよなか市民環境会議アジェンダ21内 事務局 (中村・山上)
 TEL06-6844-8611 FAX06-6844-8668
 <掲載の活動写真をクリックしていただくと画面が大きくなります>入会方法などしくは下記のPDFで。
2021/12/31のBlog
新型コロナウイルス感染症の「まん延防止等重点措置」が発出されたものの感染拡大が収まらないことから、社会経済活動の制限もあり、当法人でも予定した事業・活動を自粛しています。

中止する事業・活動は以下のとおりです。
①「とよっぴー」農園、畑のお仕事体験
②同サツマイモ応援隊
③同野菜クラブ
④堆肥化講習会&堆肥化容器助成制度受付
⑤地域こだわりマルシェ&野菜市場

です。それぞれ重点措置期間内の実施日は中止です。期間の終了以降の実施についてはその段階の状況で決まります。

引き続き感染防止対策を講じて実施予定は以下のとおりです。
①くらしかん「地産地消デー」
②さわ病院「野菜市」
③「とよっぴー」の有料配布
④ある時あるだけ野菜市
⑤「とよっぴー」の有料配布

なお、感染症がより深刻になり「緊急事態宣言」に移行した場合は、先の事業・活動も含めこれらも中止の方向となります。





■ボランティア募集中<ボランティア歓迎作業です>■

今月はPDFで活動計画(経過)も含めお知らせします。


※感染症ウイルスと共存する厳しい状態がこれ以降も続きます。感染症対策(密集・密接の回避や消毒対策等)を講じながら活動を進めます。

今後も見えない感染症の発生が続きます。ウイルスとの共存となります。第3波の爆発的感染が言われています。より防止対応していかねばななりません。感染症に照応した新しいスタイルを築くか難しいこともあるでしょうが、発生抑止の立場で対処していきます。ご協力をお願い致します。

ご用事並びにお問い合わせ等は以下にお願いします。決まった時間以外は対応することができません。ご了承下さい。

携帯電話:080-5718-7651 
(10:00~16:00 土曜日「活動がない場合」~月曜日はお休みです)


 

食育フォーラムの報告書を作成


2013年11月に「食育フォーラム」を開催しました。農林水産省の助成を受けて「農のある暮らしづくり」の事業を進めていますが、その一環として実施したもので、報告書には「とよっぴー農園」での農体験活動、小学校での菜園支援や教室での環境教育(農業やお米さらには食育)などの活動を紹介しています。

ご希望の方はご連絡ください。

また、2015年12月には「元気野菜でかわるこころとからだ」と題する講演会を開催いたしました。その際の感想文をPDFで紹介します。

とよっぴー有料配布について
 豊中市が製造(ただし、製造業務は当法人が担っています)しています。

 3kg―150円
10kg―250円(製造量に限りがあります)-出張有料配布7袋まで(1袋400円)

土壌改良材として、昨年(2013年度も、学校や農家の方をのぞいて、年間のべ1300人以上の方が購入していただいています。

市外の方はなるべく「とよっぴー倶楽部」(年間1000円)へのご加入をお願いしています。
 

<有料配布>
場所:緑と食品のリサイクルプラザ
毎月第2土曜日及び第4水曜日 10:00~11:00
 (7月「第4水曜日」・8月・12月・1月はありません)

●地場産野菜の有料配布(市内の農家が直接持ち込みます)
 毎月第1土曜日 10:00~完売まで 環境交流センター
 ☆<「地域こだわりマルシェ&野菜市場」として市内のこだわり商品が出ます。>
 毎月第2水曜日 10:00~完売まで 市生活情報センターくらしかん 
 毎月第4木曜日 10:00~完売まで 市内城山町さわ病院

●堆肥化講習会、堆肥化容器活動・活用助成受付
 毎月第3土曜日 10:00~11:30 市生活情報センターくらしかん
 <8月・12月はありません>
 <7月・11月・2月は栽培講習もあります>
 
 

●「野菜栽培を楽しむ人のための農業講座」は終講しました。 
 

●食育講演会の感想文を掲載
昨年12月18日(木)に開催しました講演会の感想文を掲載します。

 
2021/05/11のBlog
当法人では四季を通じて作物の栽培活動を実施しています。ほぼ毎週火曜日を基本に会員スタッフが農園で作物栽培に勤しんでいますが、この活動に参加していただけるボランティアを募集しています。

以前はシリーズ化して農園作業を通じて作物栽培のノウハウを学んでいただける機会として設定していましたが、今年度は、「やさいクラブ」として会員と一緒に汗を流しながら、栽培物が見事に育つ喜びをより実感していただけるよう、サブ的でなく、一緒のスタッフとして取り組んでいただける方を募っています。

青空の下、広々とした空間(畑)で、のびのびと愛情をもって作物を育て、実らせることで充実感を味わい、快い動きを通じて健康増進に繋がる取り組みです。

ぜひ、ご参加下さい。

募集案内はPDFをご覧下さい。
2021/04/20のBlog
当法人では、新年度も昨年と同様に標記事業を実施します。

緑と食品のリサイクルプラザに併設する「とよっぴー農園」や「ミニ田んぼ」での農体験の事業です。

お米やお芋などを育てながら、野菜の簡単な調理法や稲わら工作などを学び、生ごみを堆肥にして土に戻すなど、「循環菜園」を体験してみませんか?

PDFで実施要領をお示しします。長期の期間となります。それを前提でお申し込みください。
2021/04/14のBlog
先般土曜日の有料配布日に電話での予約注文があり、本日袋詰め作業の合間をぬって5袋を現地の家庭まで届けました。

先月は2軒の注文があり雨の中での出張配布でしたが、今日は往復で50分ほどかかりました。

それでも喜んでいただき、出向いた快がありました。
本日14日(水)朝から「とよっぴー」の袋詰め作業を行いました。スタッフは全体で8人です。

いつもは10人程度ですので、1人2役の場合もあり、かなりきつい作業となりました。初めてのが9時まえです。終了は11時をを過ぎており、ハードの作業でしたが、348袋を詰めることができました。
昨日13日(火)、定例会を開催しました。コロナ対策としてソーシャルディスタンスを確保しての会議です。

ちょっと聞こえにくい状況ですが、経過報告から当面の課題まで約1時間30分をかけて行いました。

4月から向こう3年間、堆肥製造と資源循環啓発事業を行います。また、被保護者就労支援準備「とよっぴーボランティア等」体験業務を1年間行います。

コロナにより「まん延防止等重点措置」により幾つかの活動の中止を決め、また、「緊急事態宣言」が出た場合の対応も確認しました。

「かからない」「うつさない」を徹底していますが、会員皆の健康管理を徹底することを申し合わせました。
2021/04/10のBlog
本日、朝10時から新年度最初の「とよっぴー」の有料配布を行っています。10時30分現在、多くの方が来場されています。

本日から検温も実施し、コロナ対策を強化して配布です。

また、インスタグラムの配信も実験的に行っています。
予定していた標記行事は中止です。新型コロナウイルス感染症の「蔓延防止等重点措置」発出に伴い、市関係部局から活動の自粛指示があり、申し訳ありませんができなくなったものです。

当面、5月5日(日)の措置解除まで、市民参加の環境教育に関する活動は中止です。

なお、「とよっぴー」の有料配布は、対策を講じて行います。これまでの対策に加え、検温を行います。
2021/04/02のBlog
本日、「とよっぴー」袋詰め作業の後、理事会を開催しました。

議題は、引き続き堆肥製造と資源循環啓発事業を受託することになった経過や決定内容、被保護者就労準備支援「とよっぴーボランティア等」体験業務の関係、製造担うスタッフの退職と補充、スタッフとの雇用契約書の締結他の手続きなどを報告しました。

続いて、新年度における年間の基本事業・活動のスケジュールの確認、先般逝去された会員の家族からの貴重な寄附金の取り扱い、「とよっぴー農園」の活動計画、新規媒体情報の配信に伴う対策委員会の設置とSNSの具体化 などでした。
前のページ   |   次のページ