ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2038件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2017/12/29のBlog

ホームページをリニューアルしています。活動の種類をジャンルごとに掲載しています。
是非のぞいて下さい。このまま、ブログをご覧の方は、このまま下段をご覧ください。
http://toyoppy.jp です。



当法人はNPO法人「とよなか市民環境会議アジェンダ21」のプロジェクト活動として設立した法人です。市民が中心になって都市部で循環型社会の形成をめざす多様な活動をおこなっています。あなたも活動に参加しませんか。
お問い合わせは<事務局>NPO花と緑のネットワーク 火~金 10時~16時
〒561-0881 豊中市中桜塚1-24-20 
 豊中市立環境交流センター
NPOとよなか市民環境会議アジェンダ21内 事務局 (中村・山上)
 TEL06-6844-8611 FAX06-6844-8668
 <掲載の活動写真をクリックしていただくと画面が大きくなります>入会方法などしくは下記のPDFで。
2017/12/28のBlog

食育フォーラムの報告書を作成


2013年11月に「食育フォーラム」を開催しました。農林水産省の助成を受けて「農のある暮らしづくり」の事業を進めていますが、その一環として実施したもので、報告書には「とよっぴー農園」での農体験活動、小学校での菜園支援や教室での環境教育(農業やお米さらには食育)などの活動を紹介しています。

ご希望の方はご連絡ください。

また、2015年12月には「元気野菜でかわるこころとからだ」と題する講演会を開催いたしました。その際の感想文をPDFで紹介します。

とよっぴー頒布について
 豊中市が製造しています。

 3kg―100円
10kg―200円(製造量に限りがあります)

土壌改良材として、昨年(2013年度も、学校や農家の方をのぞいて、年間のべ1300人以上の方が購入していただいています。

市外の方はなるべく「とよっぴー倶楽部」(年間1000円)へのご加入をお願いしています。
 

<頒布>
場所:緑と食品のリサイクルプラザ
毎月第2土曜日及び第4水曜日 10:00~11:00
 (7月「第4水曜日」・8月・12月・1月はありません)

●地場産野菜の頒布(市内の農家が直接持ち込みます)
 毎月第1土曜日 10:00~完売まで 環境交流センター
 ☆<「地域こだわりマルシェ&野菜市場」として市内のこだわり商品が出ます。>
毎月第2水曜日 10:00~完売まで 市生活情報センターくらしかん 
 毎月第4木曜日 10:00~完売まで 市内城山町さわ病院

●堆肥化講習会、堆肥化容器活動・活用助成受付
 毎月第3土曜日 10:00~11:30 市生活情報センターくらしかん
 <8月・12月はありません>
 <7月・11月・2月は栽培講習もあります>
 
 

●「野菜栽培を楽しむ人のための農業講座」は終講しました。 
 

●食育講演会の感想文を掲載
昨年12月18日(木)に開催しました講演会の感想文を掲載します。

 
「※」ボランティア大歓迎の行事です。「※」

○03/17(金) 「とよっぴー」袋詰め作業 9:00~12:00
緑と食品のリサイクルプラザ
350袋を詰める予定です。

○03/17(金) ポスティング 9:00~10:00
さわ病院周辺
「とよっぴー」野菜の頒布宣伝ビラの配布

○03/18(土) たい肥化講習会&助成制度受付 10:00~11:30
生活情報センターくらしかん
家庭の生ごみをたい肥にする講習会です。

○03/18(土) あおぞら野菜栽培の応募者募集
緑と食品のリサイクルプラザ
無農薬・やさい栽培実践講座の応募者対象の現場見学

○03/22(水) 「とよっぴー」頒布 10:00~11:00
緑と食品のリサイクルプラザ
3月2回目の頒布です。

○03/23(木) 野菜市 10:00~完売まで
城山町さわ病院
「とよっぴー」野菜の頒布です。

インターンシップの学生3人からお礼の手紙

昨年の8月26日(火)、豊中市伊丹市クリーンランド3Rセンターで受け入れているインターンシップ生3人に対し、花と緑の活動状況や緑と食品のリサイクプラザの施設の説明を行いました。
その後、3人の学生から次のような「便り」がありました。


この度は、短い期間でしたが、インターンシップにご協力をいただきましてありがとうございました。「とよっぴー」についての講習が主となりましたが、たい肥化装置の運用方式やたい肥化運動の現状と課題、地域住民からの声など貴法人でしか聞けない話もたくさんあり、大変勉強になりました。事業としての利益を求めるのでなく、廃棄物の分別・減量及び再生利用の促進を目的とするという話は、特に印象に残っております。食品の食べ残しは、排出されるごみの大部分担うとともに、個人の心掛けで削減できると自分は考えます。今後、市民や小学校の環境教育がより広がるよう願うとともに、自分の家庭内からも食べ残しや手つかず食品が出ないよう、努力していきたいと思います。また、10月の「とよっぴー祭り」にも参加したいと思います。忙しい時間を割いていただきご指導いただいたことを心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
インターンシップ参加者一同
2017/03/31のBlog
「とよっぴー農園」での活動の二つ目です。
16日(水)、活用する畑に土を戻す作業をメンバーが出て行いました。18日(土)・21(火)にも予定しており、4月1日(土)スタートが切れるよう、作業が当分続きます。
作業準備はあと少しです。11日(土)には応募者の見学受付を行います。
募集に並行して畑の整備や温室も整いへ
4月から「とよっぴー農園」の農体験活動を刷新します。それに併せて、今後は「農園活動情報」を逐次、提供することとします。

3月広報でお知らせし本格的に市民募集を行いますが、活動募集の案内ビラをまず、ブログに掲載します。また、準備活動の状況をお知らせします。

コメント等よろしくお願いします。

(写真:東農園「ファミリーファーム」)
10組を募集する予定です。1組10㎡の畑で作物づくりです。16日(木)、10区画分の畝づくりに管理機を使って作業を行いました。こちらも準備を整えています。
急ピッチで作業です。4日(土)場所の見学会と参加者募集の受付です。
4日(土)11時から12時の間で「ファミリーファーム」受付及び現地見学会を開催しました。

参加家族は2組でした。市広報の案内で2組が応募されており、これで4家族の参加が決まりました。

本日7日は電話での問い合わせがあり、19日の締切、何組なるか注目中です。

すでに畑は用意万端です。
19日締切で参加者を募集していますが、7日現在で10組を超えています。さて、ファミリーファームの畑、鳥害対策用のネットを張る作業を行いました。
2017/03/20のBlog
[ 11:40 ] [ 堆肥化事業 ]
豊中市が製造している「豊中市緑と食品のリサイクルプラザ」の事業が委託化されることとなり、当法人もこのほど入札参加しました。その結果、製造を担うこととなりました。今後は、製造と資源循環活動を一体的に進めることになり、領域が大きく広がることとなりました。
2017/03/17のBlog
本日17日(金)、午後1時30分から環境交流センターで、標記の応募に対する抽選会を厳正に行いました。

「とよっぴー農園」をこれまでのスタイルから変更して、家族単位を軸に自分たちで作物を育てていけるような場所にしようと、する活動です。

10組の予定に対して19組の申し込みがあり、厳正に抽選を行い、10組を確定したところです。

4月1日から、当選された方の野菜作りがスタートします。豊中では古くから「市民農園」がありますが、家族が野菜作りに挑戦する新たな試みで、これから期待されるところです。

活用する農園を現在、ブログで紹介していますが、これからは随時、シリーズで紹介しながら、野菜作りの楽しみを、多くの方と共有したいと思います。
本日17日(金)、「とよっぴー」の袋詰め作業を行いました。メンバーが揃った段階で、本日はいくら詰めるかの問いに、350袋と確認。それから作業を開始し、皆さん、頑張りました。

約2時間以上かけた作業により、最終的に360袋を詰め、前回までの残り分を含め1,000袋をストックしました。

いよいよ、たい肥が必要となる時期です。

安心して購入される方に対応できるための作業が終了したところです。
2017/03/16のBlog
写真はこの時期に咲く菜の花ではありません。「とよっぴー製造施設」で育てていた小松菜の花です。

菜の花も小松菜も同じアブラナ科です。小松菜はアブラナ科の変種といわれますが、花と見たとき、菜の花が咲いていると錯覚しました。

15日(水)朝から、「とよっぴー」の袋詰め作業を7人のスタッフで行いました。作業環境は、冬への逆戻りのような寒さと、時折小雨がパラツキ、そして寒い風が強く最悪ですが、スタッフそれぞれの持ち場で活躍、1時間30分の作業で約250袋を詰めることができました。

22日(水)が頒布日です。17日(金)にも再度、袋詰め作業を行い、1000袋以上詰めて春の需要に備えることにしています。
14日(火)午後から3月定例会を開きました。

報告では、豊中市緑と食品のリサイクルプラザにかかる新年度からの「製造業務」に関する現場説明会の報告や今後の対応を含め、4月からの活動計画について協議しました。

中でも「とよっぴー」農園におけるファミリーファームやあおぞら野菜栽培の応募状況の確認と今後の対応なども話し合いました。

当法人は、豊中市が製造する「とよっぴー」を活用して資源を循環させる活動を展開しています。活動分野は多岐に及び、活動会員を中心にそれぞれの活動に参加しています。

定例会は、自分が参加しない活動を情報を知り、そして共有化し、問題意識を持ちながら活動が進められるよう、定例会で意思疎通を図っており、毎回2時間近い会議をしています。
なお、定例会の後、新規事業に関しての最終的な判断を行う理事会を開催し、意思統一を図りました。

新規事業はどうなるか未知数ですが、実施するようになれば、今まで以上の活動領域となります。
前のページ   |   次のページ