ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2330件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2019/12/31のBlog

ホームページをリニューアルしています。活動の種類をジャンルごとに掲載しています。
是非のぞいて下さい。このまま、ブログをご覧の方は、このまま下段をご覧ください。
http://toyoppy.jp です。



当法人はNPO法人「とよなか市民環境会議アジェンダ21」のプロジェクト活動として設立した法人です。市民が中心になって都市部で循環型社会の形成をめざす多様な活動をおこなっています。あなたも活動に参加しませんか。
お問い合わせは<事務局>NPO花と緑のネットワーク 火~金 10時~16時
〒561-0881 豊中市中桜塚1-24-20 
 豊中市立環境交流センター
NPOとよなか市民環境会議アジェンダ21内 事務局 (中村・山上)
 TEL06-6844-8611 FAX06-6844-8668
 <掲載の活動写真をクリックしていただくと画面が大きくなります>入会方法などしくは下記のPDFで。
2018/12/31のBlog
インターンシップの学生3人からお礼の手紙

昨年の8月26日(火)、豊中市伊丹市クリーンランド3Rセンターで受け入れているインターンシップ生3人に対し、花と緑の活動状況や緑と食品のリサイクプラザの施設の説明を行いました。
その後、3人の学生から次のような「便り」がありました。


この度は、短い期間でしたが、インターンシップにご協力をいただきましてありがとうございました。「とよっぴー」についての講習が主となりましたが、たい肥化装置の運用方式やたい肥化運動の現状と課題、地域住民からの声など貴法人でしか聞けない話もたくさんあり、大変勉強になりました。事業としての利益を求めるのでなく、廃棄物の分別・減量及び再生利用の促進を目的とするという話は、特に印象に残っております。食品の食べ残しは、排出されるごみの大部分担うとともに、個人の心掛けで削減できると自分は考えます。今後、市民や小学校の環境教育がより広がるよう願うとともに、自分の家庭内からも食べ残しや手つかず食品が出ないよう、努力していきたいと思います。また、10月の「とよっぴー祭り」にも参加したいと思います。忙しい時間を割いていただきご指導いただいたことを心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
インターンシップ参加者一同
予想を超える豪雨による甚大な被害、大型台風の進路と多大な影響、列島を揺るがす地震の脅威など、ここ数か月間、自然の怖さに驚くどころか恐怖を覚えます。日本のどこで起こっても不思議でないかも知れません。
被害の復旧に大変だと思いますが、当法人も施設や活動上に被害を受けつつ、日々の活動を続けています。

「※」ボランティア大歓迎の行事です。「※」

○9/15(土) たい肥化講習会&たい肥化容器助成の受付 10:00~12:00
生活情報センターくらしかん
ダンボールを用いて家庭の生ごみをたい肥にする講習です。受講料は無料。たい肥化に挑戦する方には容器助成もあります。

○9/15(土) ファミリーファーム作業日 13:30~15:30
緑と食品のリサイクルプラザ
秋ジャガイモの植え付け作業です。(受付終了、当選者の作業です)

○「※」9/19(水)・9/21(金) 「とよっぴー」の袋詰め作業 9:00~11:00「※」
緑と食品のリサイクルプラザ
10kg用を詰める作業です。自動袋詰め機の故障が治っています。

○9/19(水) たい肥化施設見学対応 11:00~
緑と食品のリサイクルプラザ
シニア自然大学の関係者が下見の見学です。全体で10月来られるそうです。

○9/19(水) 第2回とよっぴーフェスタ実行委員会 13:30~15:00
環境交流センター
会場図面の確認、案内ビラの確認、前当日のスタッフの届出など最終的な協議です。

○9/21(土) ポスティング 9:00~11:00
さわ病院周辺
27日(木)の野菜市の宣伝ビラの配布です。

○9/26(水) たい肥化施設見学対応 11:00~12:00
緑と食品のリサイクルプラザ
茨木市民の見学です。活動紹介と交流を行います。

○9/27(木) さわ病院野菜市 10:00~完売まで
さわ病院敷地内
お馴染みの地場産野菜の頒布です。

○9/28(金) 市民環境展プロジェクト 10:00~12:00
環境交流センター
11月に予定する行事の会議です。
 
 

食育フォーラムの報告書を作成


2013年11月に「食育フォーラム」を開催しました。農林水産省の助成を受けて「農のある暮らしづくり」の事業を進めていますが、その一環として実施したもので、報告書には「とよっぴー農園」での農体験活動、小学校での菜園支援や教室での環境教育(農業やお米さらには食育)などの活動を紹介しています。

ご希望の方はご連絡ください。

また、2015年12月には「元気野菜でかわるこころとからだ」と題する講演会を開催いたしました。その際の感想文をPDFで紹介します。

とよっぴー頒布について
 豊中市が製造しています。

 3kg―100円
10kg―200円(製造量に限りがあります)

土壌改良材として、昨年(2013年度も、学校や農家の方をのぞいて、年間のべ1300人以上の方が購入していただいています。

市外の方はなるべく「とよっぴー倶楽部」(年間1000円)へのご加入をお願いしています。
 

<頒布>
場所:緑と食品のリサイクルプラザ
毎月第2土曜日及び第4水曜日 10:00~11:00
 (7月「第4水曜日」・8月・12月・1月はありません)

●地場産野菜の頒布(市内の農家が直接持ち込みます)
 毎月第1土曜日 10:00~完売まで 環境交流センター
 ☆<「地域こだわりマルシェ&野菜市場」として市内のこだわり商品が出ます。>
毎月第2水曜日 10:00~完売まで 市生活情報センターくらしかん 
 毎月第4木曜日 10:00~完売まで 市内城山町さわ病院

●堆肥化講習会、堆肥化容器活動・活用助成受付
 毎月第3土曜日 10:00~11:30 市生活情報センターくらしかん
 <8月・12月はありません>
 <7月・11月・2月は栽培講習もあります>
 
 

●「野菜栽培を楽しむ人のための農業講座」は終講しました。 
 

●食育講演会の感想文を掲載
昨年12月18日(木)に開催しました講演会の感想文を掲載します。

 
2018/11/17のBlog
台所から出る生ごみをダンボール等を使ってたい肥にする方法を説明する講習会です。
2018/09/14のBlog
「とよっぴー農園」の横に梅の木が2本植わっていましたが、そのうちの1本が台風の被害を受け根から折れ樹皮だけがつながっている様子です。

倒木した時点で小さな花が咲いており、時期が全くずれているのに咲いているのに驚いています。

本日、倒れているのを3人がかりで起こしましたが、可哀そうでした。
2018/09/12のBlog
昨日の定例会で議論となった生活情報センターくらしかんの「地産地消デー」が12日(水)朝からありました。

以前は野菜類は限られていましたが、現在は豊中以外の地域からも野菜が出され競合しています。

いわばパイを奪い合うような状況で、本来的な地産地消の観点が課題になることと、来場者の状況で売れ残りが出るところです。

今回もその心配を持ちながらスタートしました。最終的には完売でしたが、多少スタッフが買ったこともあり、本来的にはやはり課題が残る活動でした。
昨日11日(火)、午後3時30分から当法人の9月定例会を実施しました。いつもは1時30分からですが、今回は夕方、退会した人の慰労会を有志で行うためです。

短い時間ですが、議案が多くあり5時までかかりました。たい肥化施設の台風被害状況の報告、予定する「とよっぴーフェスタ」の担当配置、年末までのイベントの体制、市民環境展の出展内容の確認、農園でのサツマイモ収穫行事のスケジュールの確認などを行い、先月の活動報告と今月の活動計画の承認と時間が正直足りませんでした。

中でも毎月実施している生活情報センターくらしかんの地産地消デーの取り組みに関し、作物販売が競合し、地場産とういう命題が薄れており、参加継続がどうか、議論になりました。

いつもは比較的平穏に終わりますが、今回はいろいろな意見が出た活発な定例会でした。
2018/09/11のBlog
8日(土)、9月最初の頒布活動を行いました。

どうも活動と雨の関係根強く、今回も雨が降ったりやんだりする天候の下での活動です。

影響は特に、2輪車が少なく最終は37人の購入者で前回の3分の1でした。それでも200袋が頒布され、安堵です。

雨と緑の関係どうも因縁があるようで、雨の活動を余儀なくされ、次の晴天を期待して終了です。
7日(金)、翌8日(土)の頒布に備えた袋詰め日でした。停電で前回使えなかった機械、今回は停電も回復し使用可能で、期待を込めて運転したところ、台風で飛んだブルーシートの一部が自動袋詰め機の回転軸に絡まっていたことから、回転軸が回らない現象に遭遇しました。

最初の点検を怠ったことが悔やまれ、最終的に外蓋をあけて絡まったブルーシートの一部を取り出し、運転再開に至りましたが、今度はセンサーが作動せず、自動的に止まる機能が働かない始末でした。

半自動の状況で作業をした結果、約300袋を詰めきり、やれやれでした。台風の影響はいろいろなところに出現です。
6日(木)、当法人の理事会を開催しました。台風被害の後の点検を理事で行った後、10時過ぎから開催。当面するフェスタの詳細を説明したうえで、中味の議論を行い、次回に予定するフェスタ実行委員会に提案していくこととしました。
台風一過の5日(水)は「とよっぴー」の袋詰めを予定していました。スタッフが揃って作業に入る間に施設が停電していることから、袋詰め機が使えず、手作業で行い、他方、損壊した倉庫の解体作業を行ったところです。

手作業では効率的でなく、停電が回復することを来たして次の予定日に作業することにして終了しました。
前のページ   |   次のページ