ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2361件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/09/14のBlog
「とよっぴー農園」の横に梅の木が2本植わっていましたが、そのうちの1本が台風の被害を受け根から折れ樹皮だけがつながっている様子です。

倒木した時点で小さな花が咲いており、時期が全くずれているのに咲いているのに驚いています。

本日、倒れているのを3人がかりで起こしましたが、可哀そうでした。
2018/09/12のBlog
昨日の定例会で議論となった生活情報センターくらしかんの「地産地消デー」が12日(水)朝からありました。

以前は野菜類は限られていましたが、現在は豊中以外の地域からも野菜が出され競合しています。

いわばパイを奪い合うような状況で、本来的な地産地消の観点が課題になることと、来場者の状況で売れ残りが出るところです。

今回もその心配を持ちながらスタートしました。最終的には完売でしたが、多少スタッフが買ったこともあり、本来的にはやはり課題が残る活動でした。
昨日11日(火)、午後3時30分から当法人の9月定例会を実施しました。いつもは1時30分からですが、今回は夕方、退会した人の慰労会を有志で行うためです。

短い時間ですが、議案が多くあり5時までかかりました。たい肥化施設の台風被害状況の報告、予定する「とよっぴーフェスタ」の担当配置、年末までのイベントの体制、市民環境展の出展内容の確認、農園でのサツマイモ収穫行事のスケジュールの確認などを行い、先月の活動報告と今月の活動計画の承認と時間が正直足りませんでした。

中でも毎月実施している生活情報センターくらしかんの地産地消デーの取り組みに関し、作物販売が競合し、地場産とういう命題が薄れており、参加継続がどうか、議論になりました。

いつもは比較的平穏に終わりますが、今回はいろいろな意見が出た活発な定例会でした。
2018/09/11のBlog
8日(土)、9月最初の頒布活動を行いました。

どうも活動と雨の関係根強く、今回も雨が降ったりやんだりする天候の下での活動です。

影響は特に、2輪車が少なく最終は37人の購入者で前回の3分の1でした。それでも200袋が頒布され、安堵です。

雨と緑の関係どうも因縁があるようで、雨の活動を余儀なくされ、次の晴天を期待して終了です。
7日(金)、翌8日(土)の頒布に備えた袋詰め日でした。停電で前回使えなかった機械、今回は停電も回復し使用可能で、期待を込めて運転したところ、台風で飛んだブルーシートの一部が自動袋詰め機の回転軸に絡まっていたことから、回転軸が回らない現象に遭遇しました。

最初の点検を怠ったことが悔やまれ、最終的に外蓋をあけて絡まったブルーシートの一部を取り出し、運転再開に至りましたが、今度はセンサーが作動せず、自動的に止まる機能が働かない始末でした。

半自動の状況で作業をした結果、約300袋を詰めきり、やれやれでした。台風の影響はいろいろなところに出現です。
6日(木)、当法人の理事会を開催しました。台風被害の後の点検を理事で行った後、10時過ぎから開催。当面するフェスタの詳細を説明したうえで、中味の議論を行い、次回に予定するフェスタ実行委員会に提案していくこととしました。
台風一過の5日(水)は「とよっぴー」の袋詰めを予定していました。スタッフが揃って作業に入る間に施設が停電していることから、袋詰め機が使えず、手作業で行い、他方、損壊した倉庫の解体作業を行ったところです。

手作業では効率的でなく、停電が回復することを来たして次の予定日に作業することにして終了しました。
皆さん、台風21号の影響はありませんでしたか。近畿を直撃した台風は停電をはじめ多くの被害をもたらしました。

私どもも緑と食品のリサイクルプラザに設けている「とよっぴー」のストック倉庫の一つが損壊する被害を受けました。

昨年の台風20号では「フェスタ」の後、大きな被害を受け、今回も痛手を被りました。

二つある倉庫。たまたま、被害のない倉庫は1トン程度のたい肥が残っており、被害を受けた方は空で、その点、台風前に気が付いていてはと反省しきりです。
1日(土)は毎月恒例の「地域こだわりマルシェ&野菜市場」でした。他の場所で行っている地場産野菜の頒布より、いつも購入者が多く、今回もスタート時は一斉に人が寄りました。
開始から30分すると人でも少なく、並べた野菜も少なくなり、最終的には売切れました。
2018/08/30のBlog
10月20日(土)11:00~14:00で開催するフェスタの参加団体による会議を29日(水)午後から開きました。

昨年は台風の影響を受け、苦い経験を味わったことから、今回実施するか躊躇してきましたが、捲土重来を期して行うこととなり会議を開いてものです。

「食」と「農」&「資源」と「循環」をテーマに色々な出店(展)を設けて行う予定です。とりわけ、たい肥化施設で行うことから有機性資源の利活用を知ってもらうことや作物収穫を通じて農と食への理解促進を図ることにしています。

飲食のコーナも設けて家族ぐるみで楽しめるイベントにすることにしています。