ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2394件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/01/09のBlog
9日(水)、豊中市生活情報センターにおいて「地産地消デー」が開催されました。この行事は豊中市内をはじめ能勢や三田の産物が提供される幅の広い行事になっています。

以前は、野菜の提供は、豊中市農業委員会と能勢そして「とよっぴー野菜」に限定されていましたが、今では他地域や市内の野菜も出され競合する状況になっています。
本日も、開店前から野菜は3店舗あり、後で2店舗が加わる野菜が主体の行事になっています。

当法人は、野菜に加え、豊中産米、市内和菓子店のお餅、「とよっぴー」を提供、さらにはサービスとしてクイズによる粗品(野菜)提供を組み込んで参加しました。

最初は売れ残りを心配しましたが、途中の報告では好調とのお話し、最終的には僅かが残りましたが、満足感のある活動となりました。
2019/01/08のBlog
本日8日(火)、「とよっぴー農園」の作物の一部(ニンジン・青梗菜・丸ダイコン、ブロッコリー)を朝採りし、豊中市環境交流センターに持ち込み今年最初の頒布を行いました。

売行きはぼつぼつですが、今年も旬の野菜を「ある時あるだけ野菜市」として頒布する予定です。
本日8日(火)は豊中市緑と食品のリサイクルプラザ「とよっぴー製造施設」の製造開始日です。

この間、撹拌槽で発酵・熟成させてきたたい肥を取り出し、第1次熟成槽に移送する作業からスタートしました。

約23日間、火~土の間毎日、攪拌機を操作し発酵促進と熟成促進を行ってきたものを、次の進行過程に移す作業です。

ローダを用いてすべて移送をさせました。移送後は下部から空気を送り込み、さらに発酵・熟成させていきます。切り返しも重要な作業です。
豊中市の学校給食は9日(水)から始まります。したがって10日(水)に調理くずと給食の食べ残しがたい肥化施設に搬送されてきます。

この残渣類を発酵・熟成させるため、空になった撹拌槽に剪定枝に発酵菌を加えて種菌づくりを行いました。

いつもは満杯近いたい肥が滞留していますが、すべて取り出した後ですので、すっきりした槽に種菌を配しました。
4日(土)、豊中市環境交流センターで毎月第1土曜日に実施している「地域こだわりマルシェ&野菜市場」をオープンしました。今年最初の活動です。

年末27日(木)に実施した「野菜市」はすべて売り切れる盛況でしたが、年明けということもあり、野菜のニーズも少ないことから、客足もいつもより少なく、若干残りました。

当日は、新年お年玉として、2枚の絵(野菜類)の違いを当てていただくクイズを行い、当たった方(実質先着40人)に野菜のプレゼントを行い、1年の感謝を申し上げ、今年もよろしくお願いしますと、申し上げたところです。

ちなみに、残った野菜はスタッフが買い取り、農家の皆さんには迷惑をおかけしませんでした。
2019/01/01のBlog
穏やかな元日です。皆様には旧年中さまざまな活動をご覧いただきありがとうございました。

本年も、日々の活動を絶えずご報告させていただきます。資源循環の活動を開始したのが1999年夏、たい肥化事業が始まったのが2002年、今年で満20年となります。

「地球環境を守る豊中市民の活動計画」である豊中アジェンダ21として細やかなたい肥化実験活動の開始から現在では「とよっぴー」の製造まで担う組織に変貌しました。

持続的な活動がどこまでできるか、市民活動が抱える課題に対する特効薬がなかなか見つからない中で、試行錯誤を繰り返しつつ、有機性資源の地域内循環のモデル形成の深化に向け努力を続けます。

ところで、筆者の悪趣味であるジオラマ、久しぶりにレールや各車両の磨きを行い、いくつかの手直しをして列車の運行をしてみました。

昔の客車から新幹線まで、同時に走行する醍醐味を味わいました。

5日(土)の「地域こだわりマルシェ&野菜市場」から情報を提供していきます。どうかよろしくお願いします。

会員やボランティアを募集しています。ご遠慮なくお訪ねください。


正月ゆえのわがまま情報、お許しください。
2018/12/27のBlog
27日(木)は毎月第4木曜日に開催しています。市内城山町さわ病院での「野菜市」です。

本日は市内農家から朝採り野菜が届けられ、また、「とよっぴー農園」の作物も提供しての活動となりました。

年末も迫ってきたことから野菜市をどうするか検討した結果、定期行事であり続けることを確認しての実施でした。

すでに前日までに案内ビラを配布しての行事です。

開始19分後にすべてなくなりました。たくさん農家から出されましたが、あっという間が実感でした。

これをもって外部での活動は年内終了。年明けは5日(土)、豊中市環境交流センターで「地域こだわりマルシェ&野菜市場」から活動開始です。ちなみに、当日はお年玉として「2枚の野菜絵の違いクイズ」に挑戦したいただいた方40人に粗品を進呈する予定です。
緑と食品のリサイクルプラザに併設する「とよっぴー農園」ではミニ田んぼを設け、子ども達にお米作りに体験行事を毎年続けています。

この度、田んぼの土をすべて掘り起し、水漏れ対策を施すことになりました。
元々、田んぼでない場所に田んぼを造ったことから、ビニールシートを底に敷き、その上に土を被せて米作りをしてきました。長年経っていることから田んぼの土らしくなっていますが、難点は粘土質でないことでした。

この程、田んぼの土をいただくことができ、先般、いただいてきました。

年明け、その土を入れて水漏れ対策を施す予定です。
2018/12/26のBlog
本日26日(水)朝から緑と食品のリサイクルプラザに併設する「とよっぴー農園」の東区画の畑の耕し作業を行いました。

ここ畑と隣の畑は、春からサツマイモの栽培や春から夏そして秋から初冬にかけて野菜を育ててきましたが、1月から樹木の養生を行うことから整地の後、耕ししたものです。

また、来春から例年のようにサツマイモ(1000株以上)をメインに作物を育てていきます。

なお、すでにサツマイモを植えた畑は耕しが終わり、畝づくりを済んでいます。
2018/12/21のBlog
来年1月に予定してます当法人の活動をお知らせします。

入会大歓迎です。資源循環の活動をしませんか。
2018/12/20のBlog
[ 12:04 ]
18日(火)、緑と食品のリサイクルプラザで年末の片づけ作業を行いました。倉庫から備品類を取り出し、清掃の後、不必要な物を以外を整頓・整理して倉庫に戻しました。

また、農園に残っているダイコン、ほうれん草などをすべて収穫し、本日20日(木)に管理機で整地作業を行いました。

サツマイモ畑と本日整地した畑は、畝をつくり春先まで樹木の養生に使用されます。それまで一部の畑を除き、農作業は休戦です。