ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2473件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/05/16のBlog
先般、4月13日(土)に今年度最初の「とよっぴー」の有料配布を行いました。過去最大に匹敵する126人の方が訪れ、10kgが639袋出ました。その後、24日(水)は352袋でしたが、5月最初の11日(土)は再び上昇し、472袋が販売されました。

次回は5月22日(水)です。平日や使う時期が過ぎたこともありますが、在庫が品薄のなり、今回2回作業を行いました。

17日(水)は、314袋を詰め、在庫を含め460袋程度ストックできることから、安心しています。
2019/05/02のBlog
先月29日(土)は、①連合豊中地区メーデー前夜祭 ②スプリングフェスタ ③上野園芸市 が重なりました。①は野菜や「とよっぴー」の販売、後の二つは「とよっぴー」のプレゼントと販売でした。

いずれも「とよっぴー」の宣伝を兼ね、併せてスプリングフェスタでは「とよっぴー」に関するアンケート調査を行い、協力者300人に「とよっぴー」2.5kgをプレゼントしました。

肌寒い中での行事でしたが、連合メーデーは市内労働組合が出店、市民の皆さんのリサイクルバザーがあり、市民と労組がコラボする行事でした。

<写真は上野園芸市>
先月26日(金)、5月の理事会を急きょ開催しました。毎月第1週の金曜日を基本に開催しており、連休のさなかになることから前倒しいたものです。

議題は、消費税の増額(10%)時に「とよっぴー」価格(これまで消費税を取っていない)をどうするか、高齢の方々の免許証返上に対応して「とよっぴー」の出張販売や出先での販売先を設けていくかを中心に、「とよっぴー」農園の多面的な農体験活動の諸計画などでした。

いずれもこの間、内部協議をしていますが、6月の年次総会に向け、組織として価格に関しては整理を図るため収れんしてくためです。
2019/04/25のBlog
25日(木)は、月1回第4木曜日に実施している市内さわ病院での野菜市でした。当法人が行っている地産地消活動では、最も古いものです。10年以上の長きにわたり続けています。

季節や天候の加減で訪れる人にバラツキがありますが、当日は、多くの春野菜の提供に対し、訪れる人が若干少なく、併せて提供農家からは「エンドウ豆」が多く出され、少し残りました。

売れ残った野菜は、市環境交流センターでいつものように販売しました。
[ 11:24 ]
24日(水)、「とよっぴー」の有料配布を実施しました。前回は土曜日で600袋を超えましたが、水曜日にため、購入者は約半分、配布数も半分でした。

自転車がいつもより多く、ビックリしました。そろそろ土づくりを終わり、苗などを撒く時期になります。当日はトマトやナスビの苗を販売しましたが、ナスビは夜の気温が定まるまでは、植えないでなどのお話をしながら販売しました。

昨年1年間の定期有料配布のおける購入者数は延べで1,300人です。21回ですので大体1回60人強、今回は65人の購入者数ですので、ちょうど平均でした。
2019/04/24のBlog
[ 12:35 ]
20日(土)、「とよっぴー農園」で食育推進プログラムの一環である「ファミリーファーム」の活動を行いました。

当日は、最初にミーティングを行い、作業内容を説明、その後それぞれ草刈りやジャガイモの選別作業を行いました。
昨年に続き2年目ですが、今回は趣向を変えて、ジャガイモに特化した活動や新しい農園での活動も加え、基本的に毎週土曜日に農作業を行います。

家族そろって青空の下での作業、収穫を楽しみ継続した活動が続きます。

当日は、たい肥化施設も見学いただき、有機性資源の利活用の実態を知っていただきました。
たくさん有料配布された「とよっぴー」。次の有料配布に備え作業を実施しました。

両日で約700袋を詰めました。

大体、300袋を詰めるには2~3時間要します。随分慣れてきましたが、ホッパーにたくさん投入すると機械が止まることもあり、調子を見ながら作業を行い、両日ともスムーズな作業でした。
4月13日(土)、今年度最初の「とよっぴー」の有料配布でした。約700袋ストックして待機です。

毎年、この時期は多くの方が購入されるため、十分なストックで開始を待ちました。9時40分にスタートする前には車が並び、途中では12~3台が列をなしました。

間断なく訪れることから休む間もない忙しさです。

最終的に購入者は126人。配布数は639袋でした。購入者は過去の最高記録にもう一歩でした。
2019/04/11のBlog
10日(水)は生活情報センターくらしかんで毎月開催されている「地産地消デー」でした。

室内での開催ですので雨の影響はありませんが、やはり雨がこたえ客足が伸びず、野菜を中心に残る結果となりました。

そのため、今度は環境交流センターで残った野菜を販売し、お馴染みの方を軸にほぼ当日販売できました。

室外はもちろん室内でも雨の影響は大きいことを実感しています。
[ 12:36 ]
9日(火)、定例会の後、予定のない会員が残って「たい肥化容器助成制度」の説明と「家庭の生ごみをダンボール」用いてたい肥にする講習会を実施しました。
毎月第3土曜日を基準に生活情報センターくらしかんで「たい肥化講習会&たい肥化容器助成制度の受付」を実施していますが、限られたスタッフが携わっており、会員も理解を深め活動グループに加わっていただくことを主眼に勉強するものです。
いつもの担当者が説明用に持ち込んだ段ボールに「とよっぴー」と米ぬかを5対3の比率で投入し、その後水を補給して混ぜ込む作業(デモですので実際の生ごみは投入せず)や、その際の注意点などの説明を受けました。
持ち込んだ段ボールの横には担当者が取り組んだ生ごみたい肥を用意し、完熟状態になった生ごみたい肥を見て、良い勉強の機会となりました。

当法人のメンバーが少なくとも生ごみたい肥のつくり方をマスターすることが重要で、今回はその1回目でした。