ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2510件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/06/18のBlog
先月30日(木)午後から生活情報センターくらしかんで「被保護者就労準備就労支援」業務の対象団体が一堂に集まり、活動報告会がありました。

当法人も、たい肥の袋詰め・有料配布、給食残飯のビニルはがし、ポスティングなどの活動で参画していることから、活動参加者の様子や成果について報告しました。

2019/05/29のBlog
[ 13:46 ]
23日(木)城山町さわ病院で恒例の野菜市を開店しました。10年以上の長きにわたり継続している地場産野菜の販売活動です。

当法人と連携あるいは正会員・賛助会員の農家の方が「とよっぴー」野菜として提供、毎回固定の購入者も含め、賑わいました。

最終的に少し残りましたが、環境交流センターで販売すると、予想を超えて短時間で無くなりました。
25日(土)、緑と食品のリサイクルプラザを会場にたい肥化施設オープンデー(「とよっぴー」にふれるデー)を開催しました。

施設の見学、里芋の植え付け、段ボールたたい肥の実演、紙芝居、野菜当てクイズ、「とよっぴー」温度の測定クイズ、「とよっぴー」のお持ち帰りなどを組み込みました。
10:00~12:00までの2時間、ひょっとしたら誰も来ないのでは(30℃超える)、との心配もある中でスタート。最終的に大人5人、子ども2人で、前回よりも激減したものの、熱心に参加され、喜んでいただきました。

色々な工夫をしてみましたが、たい肥化施設はなかなか馴染みがなく、来にくいのか、いい勉強になり米s多。
2019/05/24のBlog
22日(水)は朝から「とよっぴー」の有料配布でした。畝づくりもほぼ終わり、苗等の植え付け時期ですので、購入者は少ないのではとの予想でスタートしました。

最終的に60人を超え、昨年同期の倍の配布数となりました。
18日(土)、家族で農体験するファミリーファームの作業を行いました。
今年度初めて市内小学校の児童がたい肥化施設の見学に訪れました。最近は、来られる学校が少なく、期待して対応しました。

たい肥製造施設の見学では、臭気がするため敬遠気味でしたが、中には熱心に撹拌槽を覗き込む児童もいました。

自分たちが残したあるいは給食の残渣がたい肥に変わる様子を直に見ることで「食品ロス」に関心を持っていただく絶好の機会となりました。

これからも児童の見学をアピールしていきます。
「とよっぴー農園」での食育推進プログラムの充実化を図るため、今年度は従来のファミリーファームに加え、サツマイモや里芋など「お芋」さんに特化した「芋っこ」の取り組みを18日(土)行いました。

当日は、整えられた畝にピーナツの種を撒き。その後はサツマイモの苗を植え付ける作業を行いました。
今後里芋も予定して、収穫期には揃ってきていただきことになります。
15日(水)に続き17日(金)も作業を行いました。予定する22日(水)の備えたもので、スタッフ一生懸命、精力的に作業を熟しました。
14日(火)、bioa(ビオア)「参加型ビオトープ作り」「環境共生」「自然再生」などの活動を展開する茨木市民など10人がたい肥化施設の見学に来られました。

たい肥システムの説明の後、ミーティングルーム(詰所)で改めて生ごみたい肥化活動の経過や現在の状況を詳しく説明して、懇談しました。

皆さん熱心に見学され、説明の後も質問が多く出て、良い交流になりました。大体、長くても30~40分が定番ですが、この日は1時間を超え、走井給食センターに行くのが遅れる始末でした。
2019/05/16のBlog
[ 10:25 ]
15日(水)は「とよっぴー」の袋詰め作業です。いつもは伊丹空港へ着陸する飛行機が真上に降りてくる場所で作業しており、一陣の風が舞起こります。

「とよっぴー」がその度に舞い上がります。この日は、いつも違う風向きのため、飛行機は作業の場所のほぼ真上を飛び上がっていきました。

飛行機による影響はありませんでしたが。風が強く、飛行機以上の風が吹き大変でした。
5月の青空の下、有料配布作業を行いました。15人のグループが一斉に来られ、いっぺんに90袋が出たところです。

今回は95人の来場に対し、それほど多くの袋が有料配布しませんでしたが、好天に恵まれ自転車・単車の方が多い印象でした。
「とよっぴー」の有料配布の他、野菜なども販売し好調でした。