ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2670件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/09/17のBlog
昨日16日(水)朝から「とよっぴー」袋詰め作業に精を出しました。スタッフ9人で最終的に421袋詰め、23日(水)予定の有料配布に備えました。

当日は、数日前のような気温でなく、比較的楽な天候でしたが、途中2回の休憩を挟み熱中症対策も講じての作業としました。

空の倉庫一杯に「とよっぴー」をストックしたところです。
2020/09/14のBlog
11日(土)は9月最初の「とよっぴー」有料配布です。

前回は600袋超えました。今回も期待しての作業です。何時もより湿気が多く、「とよっぴー」を車両に積み込むことはもちろん、汗が滴り落ちる中での販売となりました。

最終的に77人の方が購入に来られました。前回より少なくなりましたが、順調に販売できています。
12日(土)朝から大学教員3人の方が、緑と食品のリサイクルプラザの見学に来られました。

お聞きすると大学内で生ごみを堆肥しているグループで、生ごみが堆肥になる様子を自ら学ぼうと来られたものです。

見学に30分、当法人の活動など聴取されましたが、質問も多く、お互いに大いに学ぶ機会となりました。

今後も連携や堆肥化についてお互いが情報交換しながら、生ごみの堆肥化を推進していくことを確認することができました。

約2時間、緊張の中にも良い勉強ができました。

2020/09/09のBlog
5日(土)は「地域こだわりマルシェ&野菜市場」、9日(水)は「地産地消デー」でした。前者は市内の商店からの一押し商品と一緒に「とよっぴー野菜」などを販売しました。後者は何時ものように能勢や三田なども含め域内の産物が並ぶ行事です。こちらの方は「とよっぴー」3.0kgも含め「とよっぴー」で育てたいわゆるブランド野菜を提供しました。

どちらも40人を超える人が購入され、活動の意義が高まりました。
昨日8日(火)は当法人の9月定例会でした。嬉しいことに先月に続き2人の新しい会員もあり、ちょっと活気づいてきました。

定例会に先立ち年1回、会員対象に行っている人権研修のDVDを鑑賞、市民活動での差別や偏見の根絶に向け気持ちを新たにしました。

定例会では、当法人が抱える焦眉の課題10点(「とよっぴー」認知度、市民ニーズの把握、花いっぱい運動の調査、堆肥化助成制度の見直し、野菜販売支援、有料出張配布の改善、小学生向けスライドの作成など)を説明、今後整理することとなりました。

また、サツマイモ収穫行事の日程やスタッフ確保について確認しました。
5日(土)、緑と食品のリサイクルプラザで、堆肥化施設の見学や堆肥化の進行過程にある「とよっぴー」を触って温度を当てる体験や「とよっぴー農園」で農作業を行う「お仕事体験」行事を開催しました。

給食残渣類が堆肥に変わっていく様子を見学し、実際に熟成中の堆肥を触って温度を当ててもらうことにも挑戦していただきました。

当日の温度はちなみに69度ありました。
行事に中心は農作業です。とにかく暑い中でこれまで育ててきたトマト畑の後片付けと畝の周囲の雑草抜きをしていただきました。

暑いことから、わずかな時間のお仕事体験としましたが、皆さん元気でもう少しやりましょう、との声が多くありました。
2020/09/04のBlog
「とよっぴー」袋詰めの後、11時過ぎから当法人の理事会でした。議題が多くあり終わったのは午後1時過ぎ、昼食も忘れ議論しました。

議題は多岐に及びました。堆肥製造や資源循環事業の中間検証、組織や媒体物強化の検討を始め、「とよっぴー農園」後期のの栽培計画やイベントの確認、出張有料配布の改善策、野菜市等でのポスティングの見直し、小学校向けの宣伝(スライド)の作成、堆肥化容器助成制度の見直し、農園ボランティアの確保活動など14項目に及びました。

一応、理事会で同意を得た内容を、8日(火)の定例会に諮って最終確認として、措置する手続きに入る予定です。
本日4日(金)、朝から「とよっぴー」の袋詰め作業でした。一昨日に続く作業です。準備頃雨が降り出し、どうするか悩みましたが、テントを張って行うこととなりました。

目標数は350袋です。途中でテントにたまる雨水を外へ掘り出し、2回休憩を挟んで11時前に終了しました。

前回の328袋と今回377袋です。予定した700袋を確保。過去の例からしても12日(土)の有料配布には対応できます。

スタッフが帰る頃は雨も止みました。
2020/09/03のBlog
本日3日(木)、緑と食品のリサイクルプラザに見学がありました。電話で申し込みがあり、
ちょうど本日は残飯の搬入日であることから、8時30分に来られました。

事前に調査もされており、興味と関心も深く1時間30分かけて食品残渣が生成品になる過程を見学、その後、堆肥製造事業に至る経過や資源循環活動の様子を聞き取り、活動参加の希望もあったことから、お誘いしたところ早速、会員になっていただきました。

2020/09/02のBlog
毎年、当法人では給食のタマネギの栽培用や農業祭向けに野菜栽培を希望する市内農家に「とよっぴー」を配付しています。

今年も8日(火)より23軒の農家に順次配付をしていきます。

毎年、農業祭では市内で育てた野菜が一斉に出され、短い時間で完売の状況です。今年は新型コロナウイルス感染症の動向により、いつもとは違う農業祭になるようですが、「とよっぴー」を利用して野菜を育て、それを市内で消費するという、地域内資源循環活動の決定版です。

「身土不二」という言葉が明治の昔からあります。「人間の身体と土地や環境は切り離せない関係にある」という意味です。今回のケースはそれにあたります。