ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2861件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2021/12/07のBlog
本ブログから当法人のホームページへアクセスができますが、ホームページからブログへ飛ぶことができませんでした。

本日、作業を行い、双方からアクセスできるようになりました。併せてインスタグラム・フェイスブックにもアクセスできます。

新規媒体情報(SNS)の開発も含め発信情報の豊富化に努めており、今後も努力し、アクセスされた方と相互交流ができるようになればと願っています。
6日(月)読売新聞朝刊「大阪版」に「とよっぴー」の製造や資源循環啓発活動の一環である「とよっぴー農園」での栽培活動記事が大きく掲載されました。

以前は多くの新聞北摂版に掲載されましたが、久方ぶりの掲載記事です。

この間、堆肥製造施設を取材、活動の状況等も聴取され、6日の掲載予定のお話を伺っていました。

新聞はカラーでありませんが、ブログでは1葉カラー写真で掲載します。

会員から掲載されたとの情報がたくさん寄せられ、皆さんモチベーションがあがったようです。

<写真は読売デジタル版の転載です。ご了承ください>
4日(土)は今年最後の「地域こだわりマルシェ&野菜市場」でした。環境交流センターロビーで開設です。

10時のスタート時には、購入者が並ばれ、ロビーには朝採り野菜や、地域の一押し商品が並ぶ中、オープンです。

寒さが加わり、出足を心配しました。結果は少し残りましたが、さほどの心配もなく、筍はスタッフの一言で好調です。

皆さん購入時の笑顔が素敵でアットホームな雰囲気での取り組みとなりました。

当法人では年内、18日(土)生活情報センターくらしかんでの地産地消デー、23日(水)さわ病院での野菜市を予定しています。

今年も「とよっぴー野菜」の販売、順調に行うことができました。後2回頑張ります。
去る3日(金)、今年最後の理事会でした。毎月第1金曜日、定例的に行っています。

市民環境展の総括やサツマイモ収穫イベントの報告の確認、新年度の事業・活動計画の素案を討議しました。

とくに、「とよっぴー農園」における年間の作物栽培や各取り組みの詳細を決めたところです。

新年度は当法人にとっては理事の改選期になります。選考委員会を設けて新しい体制を3月中に確認できるよう、考えています。
2021/12/01のBlog
昨日30日(火)、久しぶりに市環境交流センターで「とよっぴー農園」作物による「ある時あるだけ野菜市」を開きました。

栽培中の作物で出品したのはダイコン、こかぶ、里芋、サツマイモ、春菊などです。

以前は10時過ぎから販売を開始していましたが、朝一番収穫した物を水で泥を払い、そして出荷です。そのため、11時過ぎになります。

早い方は10時過ぎ来られます。リピータが中心ですが、道行く人が足を止め、館内な入られ買っていかれます。

一番はやはりダイコン、そしてサツマイモのです。多くは女性ですが、中には男性もおられ、リピータからは評価もあれば、注文もあり、栽培に活かせています。
2021/11/30のBlog
26日(金)~27日(土)の2日間、市内豊島体育館で毎年開催の「しみん環境展」が行われ当法人も所属するNPO豊中市民環境会議アジェンダ21のプロジェクトとして出展や機材の運搬などの作業に係りました。

展示の方は、給食残パンの展示をメインに農機具や栽培中の野菜展示、段ボール堆肥の実演や堆肥化システムのパネルと各活動パネルに加え、今回は「とよっぴー」のDVDを大型テレビで流して、「食育の大切さ」アピールしました。

展示場所が奥まったところでした。ボツボツしか人が訪れませんが、逆にじっくりと活動内容の説明や食育交流ができました。

とくに、段バール堆肥の実演コーナには2日間で32人が説明を聞かれ、3kgの「とよっぴー」は27日の昼前に21袋(展示用も含め)売り切れました。

当法人はレンタカー1台で機材の運転や積み下ろし、当法人機材を2台の軽トラックで持ち込み、撤収などの作業を熟したところです。

男性スタッフは60代~70代のそれぞれ後半の年齢です。正直、立っての対応や機材の運搬、積み下ろし、配置や撤収など、しんどかったですが、何事もなく終えたこと何よりです。
5日(金)の理事会に提出する予定表です。
2021/11/23のBlog
20日(土)、家庭の生ごみを堆肥するための実演も兼ねた講習会と実際に取り組む方への助成制度の受付を行いました。

毎月第3土曜日を中心に生活情報センターくらしかんで開催です。

新型コロナウイルス感染症の広がりがあって以降、事前申込制に移行し、今回は10人の応募で締め切った後、6人も問い合わせがあり、受講者が確実に増えています。

講習会では、堆肥化方法(ダンボール・密封バケツ・コンポスト)の説明を行い、とくに、講師が日々取り組んでいるダンボール堆肥を実際に持ち込んで説明です。

説明の途中では「落ち葉」も入れていいですかとの、質問を始め皆さんから聞きたい事柄があり、講師が丁寧に回答されていました。ちなみに、以前「落ち葉堆肥のモニター」を設け実施した経緯もあり、「落ちているタバコ」は混ぜないで、と講師が強調されていました。

助成申請はダンボール9人でした。

2021/11/19のBlog
昨日18日(木)、緑と食品のリサイクルプラザが新聞社の取材を受けました。

SDGs(持続可能な開発目標)ー2030年までに持続可能でよりよい世界をめざす国際目標ですーにかかる「食品ロス」をテーマに生ごみの堆肥化と資源循環の仕組みについての取材です。

施設全体のシステム、「とよっぴー」の効果、市内農家での活用など、事業・活動内容など多面的に聞かれました。

「とよっぴー」農園での活動の様子も、今週20日(土)も取材を受ける予定です。
2021/11/18のBlog
緑の食品のリサイクルプラザで育てていた皇帝ダリアが今年も咲きました。

皇帝ダリアは晩秋から初冬にかけて咲く、写真のように薄紫がかったピンク色の花です。

木立ダリアの一種で、草丈は1メートルから6メートル以上に伸びることもあるそうです。

今のところ3メートル程度の背丈ですが、先の方に立派な花が咲いています。

皇帝ダリアは短日植物だそうですが、先日まで全く気が付きませんでしたが、秋ごろから急激に茎が伸びると言われ、ふと昨日、咲いているのに目が行きました。