ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
特定非営利活動法人 C.U.P
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:642件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2006/03/23のBlog
某フリースクール代表とやらのとんでもないひどい話。

寄宿舎つきで医師、看護師もいる某フリースクールは親から毎月30万円ぼったくっている。どういう運営をしているのか、資金不足で、少しでも儲けるために商売をさがし、スポンサーを探している。
金がないやつは孤児院にでも行けばいいと、言った。
静かに勉強できない子は受け入れない。
・・・・・・・フリースクールって何?
そのフリースクールを見学した人は言った。
みんな、めっちゃおとなしく勉強してたで。

私の友人をこの代表に紹介した。
彼女には夢があった。
親子関係の修復を援助できるこどもの居場所をつくりたいと。
私はぜひアクションワークで手伝わせてねと熱く語り合っていた。
たまたま知人の知り合いにフリースクールの代表をしている人がいたので、参考に話を聞かせてとつなげてもらった。
私は同席できなかったので、会ってもいないが、後日聞いた報告にびっくり。

フリースクールをはじめた頃は目的も違ったんだろうが、どこで違う道に迷い込んだのか、目的を完全に見失ってるねと彼女は言った。
実際にそれだけ運営も資金繰りもたいへんなんやろうなーと。
代表者が惨めにみえてかわいそうにすら思えたと。

・・・・・ますますがんばらなければと思ったと。

みんな、意見きかせて。
ほりょん

[ 17:42 ] [ 金銭教育プログラム ]
○子どもが小さい間…、お買い物に連れて行くと…

「買って~」とおねだりしませんか?

食玩の前で動かなくなりませんか?

○女の子の場合、小学4年生くらいになると…

おもちゃからは卒業するかわりに、文房具を集めませんか?

次から次へと、カラフルなマーカーやボールペン?

消しゴムも高機能なものばかりに興味が?

○男の子の場合、高学年になっても…

いつまでも次から次へとまんがやおもちゃ…きりがないのでは?

日曜日の朝は、テレビの前に釘付けではないですか?

個人差はあるでしょうけど、我が家もそうでした。(笑)

大人も一緒に試行錯誤しながらの勉強ですよ。

おとうさんも、たまの休日だからといって簡単に買い与えていては
お母さんの日頃の苦労が水の泡…。
生きた経済やニュースを一番身近に感じるのはおとうさんの話です。

子どもが社会に旅立つとき…、お金の管理をきちんとできなければ…。

家族団らんで、わいわいがやがや…、楽しみながら学びましょう。

byMIZO
[ 09:55 ] [ 金銭教育プログラム ]
残念ながらこれが正解!と言えるものはないかもしれません。

しかし、ヒントはたくさんあります。
おこづかいもそのひとつです。


お金についての価値観は家庭によってそれぞれ違うもの。
経済についてなら教育の現場でも、ある程度教えることは可能でしょう。
家庭での躾として「お金」や「物」、「時間」が大切なことを身につけておきたい。

C.U.Pの金銭教育プログラムは、まだ始まったばかりです。
中高生向けのプログラムはもちろん、大人も参加してみたい!
…という声もたくさん寄せられています。(大汗)

そんな大人の声からも、やってみたいことはたくさんあるのですが…
なんとか地道な活動に結び付けていきたいと考えています。

大人だって勉強したい!…そんなあなたへ毎日ヒントを…
↓苦労しながらも、渾身の日々更新中ブログです。お立ち寄りください。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/64960

byMIZO

2006/03/22のBlog
[ 17:51 ] [ 講座情報 ]
『親子おこづかいゲーム』

日時:3月28日(火)、31日(金)午後2時~4時(受付・開場は1時30分)

(注)28日は、お申込みを締め切りました。31日(金)は若干の余裕あり。

場所:宝塚東公民館3F
定員:各回9組
参加料:1,000円(親子1組)

内容:(1部)親子参加のおこづかいゲーム(対象は小学生、兄弟の参加もOK)
(2部)保護者対象のミニセミナー(どうする!?子どものおこづかい)
 子ども対象のおこづかい帳教室(自分でつくってみよう!)

(注)2日間とも内容は同じです

主催:特定非営利活動法人C.U.P

(お申込み先)
E-mail:mizomoto@aol.com
FAX:0797-76-5504

詳細は(10日付)講座情報から「ゲームご案内.pdf」をクリック!
2006/03/21のBlog
[ 21:48 ] [ 事務局のつぶやき ]
本日は事務所で、平成17年度報告書類を作りました。
3人で手分けして、初めての会計報告書に事業報告書を、2台のパソコンで
さくさくと作っていきました。

なんだか、久しぶりに、試験前に友達と一緒に勉強したときのことを
思い出しました。それはそれなりに楽しかったな。今日みたいに。

ゆずジャム入りバターケーキにみたらし団子をつまみながら、午後の時間で
なんとか格好がついたようです。
いつも思うのだけど、私たちのチームワークって、めっちゃいいよね。

それもこれも、おぐちゃんが、きちんと記録をとってくれていたおかげです。
本当にありがとう!

しかもおぐちゃん特性「いかなごの釘煮」のおまけつき。
晩御飯のおかず助かったぁ~!!(TAKA&あらっ!)
2006/03/20のBlog
今夜は法事で書き込み不可能。

みなさんは、忙しいときにやるべきことを達成するにはどうしてますか?

家に着く頃には、明日になっているので、また書き込みします。

ゆるしてね。

ほりょん
2006/03/15のBlog
いつもうちの桜は、早く咲きます。美しい!!
でもこんなに早いのは初めて。昨年は、21日でした。
この時期は イカナゴを炊くので そわそわしますし、(これは、遅め)
桜だけでなく 梅もちゃんと観たいですし、(梅も遅め)
学年が終わり区切りがつく時ですから
子どもの事も 色々考えたりもします。(遅咲き?)

なんにも考えないで 梅や桜を観るのが一番!!でもね、
今年の3月は、ざわざわ時間の音が聞こえてくるみたい。(私事です)

ありません? いつもより時間のながれが違うなって時。
それよ、それ!!
やっぱり、 
『 モモ』の時間泥棒が忍び寄ってる?

どうやら、子どもには時間泥棒が見えるらしいから、
落ち着いて 子どもの意見を聴く事にします。

そうそう、家の桜は 19日満開になる予定です。
サクランボは、4月末に。
花が実を結ぶ。春は楽しいですね!!

無邪気に 楽しみたいものですね!!

卒業、入学、そして新しく社会に出られた方々!!
おめでとう!!!
この素敵な季節を 楽しみましょう!! やぶりん。
[ 22:21 ] [ 世の常識に「ちょっと待ったー!」 ]
ほりょんです。

生きるのが疲れたあなた、夢を見失って絶望しているあなたへ



疲れて、絶望して、這い上がってこれなくてもいい。

しばらく休もう。

でもいつまでも、底のほうにいてはいけない。

きっと這い上がれる明日がくる。

その明日を誰かが呼びに来てくれるのを待ってないで。

その明日をきめるのは、自分しかない。

自分を信じて!

2006/03/13のBlog
[ 07:54 ] [ 金銭教育プログラム ]
「亭主元気で留守がいいっ!」

これまた古い?

大ブレイクしたCMのフレーズですよね。

最近は何かと熟年離婚が話題に…、笑えません。(汗)

「ワシも族」

聞いたことあります?

リタイアした旦那さま…、家の中でぶらぶらと…

妻「ちょっとお買い物、行ってくるわ~」

夫「わしも行く」

妻「ちょっと駅前の本屋さんへ…」

「わしも、わしも…」

………

笑えない、わらえない、ワラエナイ…

byMIZO
2006/03/11のBlog
[ 22:00 ] [ 事務局のつぶやき ]
C.U.Pを法人化しようと思い始めたのは、ちょうど一年前の今頃。
突然、宝塚NPOセンターにおじゃまして以来、今日まで本当にいろいろ
助けていただきました。
お茶をご馳走になり、ブログ作成から、設立準備、定款作成、その他もろもろ・・・。
スタッフの方々の温かい応援に励まされながら今日にいたります。

NPO法人は、これからもどんどん立ち上がっていくと思いますが、ど素人が
起業するには、気力、体力、知力に加えて、どれだけ質の良いサポートが
得られるかということがものすごく大切な資源だと思いました。

先日、センター主催の「年度末"忘れずに”やること」講座に出席したのですが、
これだって、教えてもらわなかったら、絶対忘れてる!。(へんな自信^^;)
というよりわからないまま過ぎてゆく日々・・・でしょう。
一年間、C.U.Pという組織作りに奔走し、C.U.Pのコンセプトを出していくために、
考え抜いてきましたが、事業を運営していくのはこれからが本番です。

やりたいことはいっぱいある。でも、戦略を立て、資金を調達し、マネジメント
をするには、わたしゃ知識経験ほとんどZERO。
事務局をしていますが、本当におばかちゃんですからね。(へんな自慢^^;)

みなさんのあったか~い支えと知識経験、智慧とアイディアが何より必要
なんです。リーダーって、孤立するんですよね。知らず知らずのうちに。
リーダーシップについてのなんちゃらの本はいっぱい出ていますが、
頭で理解できることと、実際行動にうつせることは別もののように思えます。
私は、ひとりぼっちにされるとろくなことを考えません。
良いアイディアも前向きな意見も影を潜め、体調を崩します。

だって、フツーの人間ですもん。頑張れることなんてしれてます。

って、ことを知っているのは、強味なんですよ。実は!!(はっはっは^0^)

2006/03/10のBlog
[ 09:01 ] [ 金銭教育プログラム ]
『親子おこづかいゲーム』が始まります。

(詳しくは↓の記事「講座情報」を…)

子どものおこづかいって、どうすればいいの…?

お金やモノ、時間も大切にできる子どもに育ってほしいけど…?

お金についてどうやって教えていいのか…?

親だってよくわからないし…?

学校では教えてくれないよね…?

保護者が抱えるいろいろな悩みについてのヒントが
おこづかい制にたくさん隠されています。

お金のはなしって、なんだかハシタナイ…、と言っていられた時代は
過ぎ去ってしまいました。
今は自己責任の時代、大切な金銭感覚を養わないまま子どもを
社会に放り出してしまっていいのでしょうか?

お金と上手に付き合っていくためのヒントがおこづかいにあります。
親子で一緒に考えてみませんか。

byMIZO
『親子おこづかいゲーム』

日時:3月28日(火)、31日(金)午後2時~4時(受付・開場は1時30分)
場所:宝塚東公民館3F
定員:各回9組
参加料:1,000円(親子1組)

内容:(1部)親子参加のおこづかいゲーム(対象は小学生、兄弟の参加もOK)
(2部)保護者対象のミニセミナー(どうする!?子どものおこづかい)
 子ども対象のおこづかい帳教室(自分でつくってみよう!)

(注)2日間とも内容は同じです

主催:特定非営利活動法人C.U.P

(お申込み先)
E-mail:mizomoto@aol.com
FAX:0797-76-5504

詳細は↓「ゲームご案内.pdf」をクリック!

2006/03/09のBlog
[ 20:52 ] [ 金銭教育プログラム ]
月に一度の給料日…

お父さんは大金をポケットにいつも立ち寄る飲み屋さんには寄らずに
まっすぐ家に帰ります。

ただいま~、と家に帰って食卓へ

「あぁ~おなかすいた」

と、家族全員がそろった食卓はいつもよりちょっと豪勢。

「あれっ!」と気がつくと…

俺のおかずだけ一品多いぞ。

「今月の給料です」

と奥さんに渡すと、家族全員で…

「お疲れさまでした!」

食事を済ませるとおもむろに奥さんが給料袋を開けて…

袋わけにしていきます…

これが来月の食費代、これが電気代、これがガス代、これが………

最後にこれがもしものときの貯金…、

う~ん、なんとか残ったなぁ…

子どもたちよ

ちょっとおこづかいあげるわ!

一部始終をドキドキ見ていた子どもは大喜び!

これができれば立派な家庭での金銭教育。

給料現金払い復活希望!

給料銀行振り込み反対!

…なんてわけにはいきませんよね?

そもそも夫婦共働きも当たり前の時代やし…。

ざんね~んっ!

byMIZO


2006/03/05のBlog
こども達みーんなに、ある特別大切な権利です。
って、CAPでワークしています。
で、 何人の子どもにこの問いかけをしてきたかな?
と、考え込んでしまいました。
なんと、何千ものの子ども達に!!!

ですが、私自身この問いかけを「おとな」の自分にしていない事に気がついたの。
子どものころに、戻って考えた事はあるけどね。

おとなにとっても、とても大切な事だよね。

私にとって「安心」とは、備えること、用意する事。(他の人、物、お金でカバーできる。)
例え、備える事が出来なくてもその事(出来なかった事)を 知ってる事。
誰かうまくいってたね。「想定内」だと、まあ安心だよね。

「自信」は、安心より得にくい。想定外を切り抜けた後に身につけるのかな?
この自信は、お金だけでは,得られない。誰かが背中をポンって押してくれたら
自信の気持ちは、もっとつよくなる。うん、そんな気がする。

「自由」一番ムズッカしい。こどもたちには、『好きな事を選べた時、選べる事が沢山
ある時自由だなって思うよね。』 と。
他の人から示唆されたり、促されたりして選択しても自分で選んだ事にならない。「自由」は、あくまでも自分の判断で。人任せで得られない。選ぶためのスキルもいるね。
で、私の自由って、カイロス的時間(質的時間)を沢山持つ事。
わけわからないよね。

私の自由は、

これから寝る前に、あったかいお茶を いれて
香りと 茶器のぬくもりを感じて、味わう事。
飲むお茶の事しか考えてない。 

という事らしいです。
おやすみなさい!
2006/03/04のBlog
なんだか最近真面目な書き込みが多いので、

たまにはブレイクしませんか??

これを見たら全員以下の書き込みに答えなさい!!

「私(俺)のこと好き?」と恋人(配偶者)に聞かれたとき、

皆さんはどのように答えるのでしょうか。

①「もちろん大好きだよ」

②「言わなくてもわかるでしょ!」

③「ヒ。ミ。ツ(想像に任せるよ!)」

④「大嫌い(素敵な笑顔で答える)」

⑤だまって抱きしめる!

⑥「君の思う、<好き>の定義を教えてくれ!!」

⑦その他

ちょいとそこの、お兄さん・お姉さん!

恥ずかしがらずに教えておくれ!!


今日は小悪魔のToshiyaより
2006/03/03のBlog
[ 14:02 ] [ 金銭教育プログラム ]
今回、金銭教育プログラムとは関係ありませんが…

今日は小学校の行事「6年生を送る会」でした。
在校生が歌をうたったり劇をしたりして、6年生にお礼やメッセージを送ります。
校庭に出て人文字をつくって6年生が校舎から見たりしながら…。

毎年、この日に合わせて地域のコミュニティでは、餅つきをしてお祝いします。
会が終わった6年生が全員順番で餅をついて、できたてのお餅をきな粉やら
大根おろしやらで食べるんですよ。

低学年の児童は珍しいのか遠まきに見守りながら…「食べたいな~」

→「6年になったら食べれるでっ~!」(笑)

正月のお餅も家でつくことは少なくなってきました。
家の餅つきも機械が増えましたし、やっぱりこういう時は「ペッタンペッタン」
写真は食べるのとは別に6年生に配る紅白のお餅です、干しえびで色を
つけるんですよ。
「児童は何かを受け取ってくれたのでしょうか?」
…な~んて難しいこと考えなくても、本当に無邪気な笑顔を見てるだけで
こちらもテンションあがります。

「つきたてのお餅…うまいやろ!」

→「おかわりしたいな~」

「給食、食べられへんで~!」

byMIZO
2006/03/01のBlog
[ 21:50 ] [ 事務局のつぶやき ]
今日から3月です。庭の水仙の黄色がとてもきれいです。

少しずつですが、従来の「福祉」の概念をもっと広げるという意味で
「ふくし」というひらがな表記がされつつあります。「困っている人」を
助けるためだけではなく、「幸せ」とか「よりよく生きる」という意味です。
つまり、これからの時代「ふくし」の視点がないところに
繁栄はありえないということですね。

同時に「キャリア」と言う言葉が、ひろく「生まれてから死ぬまでの
人生の全て」を指すということも一般的には知られていません。
ですから、どうしても「キャリア」も狭義の意味合いで
使われてしまいます。
(例)キャリアウーマン、キャリア官僚・・・
でも、「自分の人生を大切に生きる」という視点が忘れられたまま
「教育」とか「仕事」について議論しても、決してそれは自分のもの
にならないのではないでしょうか。
だから、私たちは「明日を生きる意味を求めて」活動することに意味が
あると思っています。
また、混乱させられてしまっている言葉の概念を正しく伝えていくことも、
次世代育成支援をする上で、大切な活動だと思うようになってきました。


2006/02/28のBlog
[ 04:44 ] [ とむ ]
こんばんは。寝不足とむらです。

なぜ寝不足かというと
締め切り間近のエントリーシートを必死で書いていたからです。
しかも明朝九時から別の会社の説明会があります。

結局朝までに終わらず、説明会後も仕上げて郵便局へ。

あっ、写真貼ってない!
すぐさま家に帰り、スーツに着替えて
目の下にくまをばっちりつけたままスピード写真撮りました。

ようやく郵便局にいくと、封筒売ってない・・・。

結局速達メール便で送りました。(500円)


こんなところにも就職活動早期化の弊害が・・・
2006/02/27のBlog
あらきです。おばんどす。
本日、せいこのお試しコースを体験させていただきました。

「ノーメイクで来てね」といわれ、「いつもどおりでOKだね」と参加したものの
期待と初めての体験にドッキドキ。

白衣を着た聖子先生に促されて、鏡の中の自分をじっと見つめる…
カラー布を次々にあててもらいながら鏡の中の自分をよーく注目していると…
あれふしぎ!
肌の色がパッと明るくなったり、反対にスーっとくすんでしまったりして見えるんです。
特に、唇の紅みがパッと差してくる瞬間がわかったのは驚きでした。

自分が好きな色と、私に似合う色(顔が明るく若々しく見える相性のいい色)とは
必ずしも一緒でないということがわかりました。
色みがあっていれば、とっても似合って見えるんだということも。

そのあと、スッピンのお肌に、ナチュラルメイクをしていただいたの。
そうしたら、あれよあれとという間に、この私がベッピンさんに変身!!

今日の私、実は二晩続いた酒宴やなんやで体調は最悪だったんだけど
メイクで生き返った鏡の中の自分の顔に、逆に励まされちゃったんです。

聖子は魔法使い! 人を自ら元気にさせることができる魔女!
CUPには魔法使いがどれだけいることでしょうね!!

今日一日、出会う人出会う人(もちろん知人ばかり)に
「今日はきれいやん?」と挨拶されてしまいました。
もちろん、どんな気分になれたかってことは、ご想像どおりです "d(´∀`*)

わたしは色を味方につけることができるんだ!
聖子、ありがとう。 
みんなも機会があったら、ぜひやってもらうといいですよ。
ほんと、元気になるからっ!!
2006/02/25のBlog
[ 23:20 ] [ システム管理担当 ]
本日20000アクセスを超えました。

より沢山の人に見て欲しいですね。

一日20000アクセスが夢です!
冷蔵庫を買いました。

家電量販店に見に行ったときの選択の基準は
シンプル・・・多機能でもきっと使えない
大きすぎない・・・きっと腐らせる
両開きドア・・・配置の関係で
手ごろな価格・・・それはもう

配達員:このスペースならもうふた周り大きくても大丈夫ですよ!
わたし:いや、きっと腐らせますから・・・(もう買ったっちゅうねん!)
配達員:あーよくありますねえ、奥の方のを出すのに一時間かかる方もいますねえ。
わたし:ははあー(笑)
配達員:もう電気入りましたので、すぐに冷えてくるとおもいます。
わたし:冷蔵庫って動かしたあと一時間は電気つけれないっていうのは・・・
配達員:今はどれもノンフロンですのでその必要はありません。
わたし:へえーそうなんですか(この一週間冷蔵庫の中の物を減らそうと努力して
 きたのは・・・(-_-;))

量販店で見た、観音開きの新型冷蔵庫で野菜室が三段に分類され、大根も一本そのまま縦に収納できる冷蔵庫には関心しました。でもそれって必要ですかねえー
わたしなら安心して、当分大根を立たせておくでしょう。

今回の冷蔵庫は少し容量が大きくなりましたが、このままシンプルなスタイルを保ちたいとおもう一日でした。
食べ物に限らず、食器や衣服など必要なものだけを買う。
ライフスタイルも欲張らず、シンプルに。
 ほりょん
2006/02/23のBlog
[ 10:27 ] [ 金銭教育プログラム ]
カード会社のCMより…

「いつからだろう、親父とすれ違いだしたのは…」

「親父、ツーリング行かない?」

「親父、また来ような」

えぇ話やな~~~(遠い目)

うちの息子もこんな事言ってくれるようになるかな。
あかん、免許が無い、このシチュエーションに似合うのは
やっぱり原付じゃな、せめて中型や、そのうち免許を取ったら
次はバイクを買わな…、あれ?

さっきのCM、ローン申し込んでましたやん!

って、当たり前か。(笑)

(ここから想像)

(父)「そのバイクどうしたんや」

(子)「ローンで買った」

(父)「金貯めてから買わんかい!」

(失礼しました)

byMIZO
2006/02/22のBlog
あらちゃんです

ほりょんの書いてくれたブログに感動していたのもつかの間
またまた、ギャングエイジの息子が、分けのわからぬことをしでかしてくれて
親の私を混乱の渦の中に落とし入れてくれました。

そう、ただ無事に生まれてくることを願い
元気に育ってくれたらそれでいいと思っていたはずなのに

いつの間にか、するりと私の腕の中を抜け出てしまってて
ぼう然と立ち尽くす 親であるわたし。

無心に笑ってくれているだけでこの上なく愛おしかったのに
親の愛を逆手にとって、平気でだましにかかってくる
子どもという怪物。

おまけに 「このままでは社会に適応できやしないぞおっ!」
脅しにやってくる、大人の常識という刷り込み

親は揺れます。
親は不安になります。

親をやるのって楽じゃないんだから!
ちょっとは協力してちょうだいよ!

って叫んでも、全然悪くないですよね?

だけど

こんなときこそ思い出せるといいな。

この子が生まれてきてよかったと
掛け値なしで思ったあの日のことを。

…失礼しました。 あらっ!




2006/02/20のBlog

ほりょんです

妊婦さんにかかわることが多い日々の中で,いつも感謝することがあります。

それはとても純粋なこころにふれることです。

おなかの中のあかちゃんの変化や成長のひとつひとつが感動なのです。

小さく膨らんだあかちゃんの袋がみえただけでも、うれしい。

まめつぶみたいなあかちゃんが動いたことに喜びをかんじるのです。

無欲に、ただ無事に生まれてくれることを願い

元気に育ってくれたらそれでいいと思うんです。

世界中のこどもたちみんなへ、

きみたちが生きている、それだけで喜び、それだけでしあわせ。

ありがとう。
2006/02/19のBlog
[ 22:00 ] [ 事務局のつぶやき ]
今日は、定例会だったのですが、TAKAは自宅で事務作業。

4日前、突然気分が悪くなって、その夜39度を越える熱が出ました。
体が動かなくなるんですね。ここ数年、めちゃめちゃ元気だったので、
びっくりしました。もしや・・・予感的中・・・インフルエンザA型。
そこで、とにかく医者に行って、もらって飲んだタミフル君。恐るべし。
効き過ぎちゃうん?????

あっ!インターネット上では、インフルエンザウィルスは感染しないよね。

みんなにうつさないのもエチケット。ゆっくり休養するつもりが、
気になる書類の整理をし始めて、冷や汗だらだら・・・
〆切過ぎてるし・・・(汗)
予定入れるの忘れてた・・・(汗)
あの封筒どこ置いた?・・・(汗)etc

インフルエンザとは別の汗をかいた一日でした。

2006/02/14のBlog
遅くなりましたが、2月4日の記事の続きです☆
NPOと行政の協働のあり方について。

NPOや市民活動団体の継続的な活動の発展のためには、行政の支援が必要であり、
それが現状です。
だけど、「下請け」になってしまっては自律性が損なわれる。
だから、それらが自律的に存在し得て、しかも継続・発展していけるための「仕組
み」が必要なんです。
それこそが、市民との協働。NPOとの協働。

やっと市民の公益的活動の概念が普及し始めた昨今としては、まだまだ「協働」とい
う言葉は看板だけで、本当にそれを促進しようという意思は行政には感じられない。
だけど、積極的に新しい仕組みを打ち出しているところがあります。


★千葉県市川市・・・『(通称)1%条例』★

ここは昨年、関係者の間では急激に有名になった自治体。
全国初の取組みにその行く道が注目されています。

「1%条例」とは、自分が支払う市民税の1%を自分が選んだ市民活動団体やNPO
に割り当てることができる制度。
つまり、税金の使い道を自分で選べて(直接民主主義)、それが市民活動団体等の活
動資金に回される。税金の使い道に対する関心も高まり、また市民活動にも関心が持
てる。そして団体からすれば活動資金が手に入り、より有効な活動ができる。

素晴らしい制度でしょ??

これ、ハンガリーの法律をヒントにして作られたそうですが、そもそもNPOが発達
しているカナダなどでは、自分の税金を役所に支払うかNPOに支払うかを選択でき
るようです。だからこそ、NPOが活躍できる。社会全体がそういう考えなんです
ね。
この「選択できる」というのがミソです。

また、この市川市の条例では、市民が自分の市民税の1%をどの団体に充てるか決め
る際に、団体はプレゼンをしなければならない。また選挙広報誌みたいに、大きな広
報誌に市内の活動団体の事業計画が全て掲載されるのです。
市民はこの広報誌とプレゼンを見て、自分が「この団体に税金を充てたい」と思った
ところへ投票する、という仕組み。

で、この広報誌がとてもいい。
市内の活動団体を全て網羅しているわけですから、何か市民活動に参加したいけど何
をやっていいかわからない、どこに行ったらわからない、というような人がこれを見
て参加するようにもなるんです。

つまり、この制度は、活動団体にとって「お金」と「人」を両方獲得することができ
る仕組みであるということ。
画期的ですよね。

これ、ぜひ宝塚でも導入したい。
ちなみに既に12月議会で僕は提案してるんですけどね。
今、宝塚市政はそれどころじゃないので・・・(T_T)

ですが、NPOの活動現場に関わる一方で、こうした行政の政策への提案も私達は積
極的に考えていかなければならないのかもしれませんね。


次回はもう一つの先進事例として埼玉県志木市を紹介しますね☆
(次回は2月24日・・・)


江見健太郎


2006/02/13のBlog
[ 15:15 ] [ 金銭教育プログラム ]
マネー教育というと…、どのようなイメージでしょうか?

投資教育が近いかと思います。

子どもへの投資教育は必要かどうか…、なんて切り口を新聞等で
見かけることが最近多くなりました。
(ライブドアの影響?)

CUPで取り組む金銭教育プログラムはこういったマネー教育とは全く別のものです。

『72の法則』というのがあります。

投資元本が二倍になるために必要な利回りと運用期間を割り出す簡易計算です。
金利の良かった時代(そんなに昔ではないが)、定額貯金が満期になると簡単に
二倍になってかえってきたもんでよね。

今、仮に0.02%で預金した場合に同じように元金が二倍になるのに必要な
運用期間はなんと3600年になるっ!

これはこれで間違いではありませんが…

一度は「ドテッ!」とこけてみても…

「この金利が3600年も続くわけないやろっ!」

と、即座に「つっこめる」感覚をもっておきたい。

「貯蓄」から「投資」へ

これが時代の流れにもなっているようですが、本当に必要なのは
「投資」ではありません。
「投資」はあくまでも「手段」なのです。

「目的」を見失うことのないよう…

ムダな情報を切り捨てる勇気をもって、自身の「目的」を達成しましょうね。

byMIZO
2006/02/12のBlog
[ 21:46 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
あらちゃんです。

今日は、昨年12月に実施した『10代のためのボランティア講座』(キャンプ)の同窓会が
市立東公民館でありました。
ティーンズ、大学生スタッフ、大人たち、幼児も含め、総勢23人が集まり
食べて、しゃべって、遊んで、3時間あまりを過ごしました。

なつかしい顔にまた出会えて、嬉しかったです。
一人ひとりの近況報告も、その人らしいコメントがありました。
(いっぱいしゃべる、一言パンチをきかせる、笑いをとる…などなど)

聖子のカラーワークショップ(カラーセラピー?)では、目の前に置かれた画用紙を塗るという
単純な行為でも “今” の自分の状態が色に現れるんだと
塗る方向や強さや彩りについて分析いただき、ちょっとドキッとする時間でもありました。

一人ひとりへの聖子のコメントを聴きながら、「おーっ!」と声があがったり
突っ込みが入ったり、キャンプで3日間を共にした仲間の個性をまた一つ
かいま見たようで、けっこうおもしろいものでした。

個人カウンセリングを受けたい気分になった人もいたかも?
自らの生活を省みる機会にもなりました。

ミゾ兄からは金融の仕組みや家計についてのミニ講義。
かつて一人暮らしをしていた大人スタッフの当時の家計状況、現在まっただ中の大学生スタッフの暮らしぶりなどを参考に、暮らしに関するお金の話をうかがいました。
(お金や数字に弱い私は、もっぱら4歳のチャーミングなBoyとお戯れ…。お子ちゃまモードに入ってしまっておりました)

平行してアルバムが回覧されました。3日間のキャンプの写真集です。
 「 楽しかったなあ」
 「みんないい表情してるなあ」
 「 やってよかったなあ」
 「 できてよかったなあ」
そんな思いが甦ってきました。

みんな、また、キャンプやろうね。
口コミで新しい仲間を招き入れて、どんどんおもしろく、がンがンパワフルなキャンプにしましょうね。約束だよぉっ!

(何いってまんねん。その前に報告書づくりだあっ!) あらっ!



2006/02/11のBlog
[ 11:26 ] [ 平和を願う ]
ほりょんです
トリノの開会式を観ましたか?
オノ・ヨーコのメッセージがとてもこころにのこりました。
ジョンレノン、オノ・ヨーコの表現がこころに残るのはなぜでしょう。

地位や名誉のための表現する人の難しいことばは理解できない。
当事者に耳を傾けないひとのことばには真実がない。
寄り添う気持ちがない人のことばにはやさしさがない。
イメージする人の心には、人の悲しみ、幸せが伝わる。

先日、大阪の玉造にあるコリアNGOセンターにいきました。
スタッフのみなさん、惜しげもなく活動に身を投じてらして、素敵な人たちでした。
在日コリアンにとどまらず東アジアの平和を願い幅広く活動しているようです。
2時間ほど熱く語り合ったのですが、難しい話をされていた時にはつながって何かをしようという気になれなかったのが、カプスさんが「ぼくたちだって毎日楽しく過ごしたいですやん」って言ったとき、「そうそう、それやん!!」って意気投合(私が思ってるだけかも)して熱く語り合い、次に再開を約束したのでした。

私は大阪の在日コリアン女性のグループ「ちゃめ」のメンバーですが、在日の女たちがいきいきと、楽しくお互いをお語り合えることを願って仲間とワークショップを重ねてきました。
私個人の目指すところは、こどもも、おんなも、おとこも、楽しくすごしてほしい。
まずは、在日である私の中にある差別性に向き合い、日本人とはもちろん、世界中のひとと平和を願う、そんなワークショップをすることです。

イメージすることは私にもできます。
2006/02/09のBlog
独身時代から毎年観に行ってる、キャラメルボックスという私の大好きな劇団があります。
劇団員の一人、上川隆也さん(大河ドラマ「功名が辻」の一豊役)が有名になっちゃったので、知ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、なんとも言えない愛情にあふれた劇団で・・・
見終わるといつも自分の中に“あったかい想い”っていうんですか、「自分をもった大切にしよう」とか「それと同じくらい人も大切にしよう」とか、なんか書くのが照れちゃうような気持ちがこみ上げてくるんですよね。


その、劇団のプロデューサーの加藤昌史氏が、著書でこんなことを書いてらして、「うんうん」と頷いてしまったんです。その言葉というのは・・・


 「あたりまえのことを難しく伝える」ことの方が簡単。逆に、「あたりまえのことをわかりやすく伝える」ことが、どんなに難しいか、ということです。
 「人は人に優しくしよう」「人が人を思うということ」。そういったことを伝えていくために、僕らは何千という言葉を費やしてステージを行っています。(中略)「教育」なんて大上段に構えずに、「あたりまえのことをわかりやすく伝える」ために自分はもっと勉強しなきゃな、と思うのです。


C.U.Pのスタッフとして参加して、数ヶ月。まさにこの加藤氏の言葉をかみしめた数ヶ月でした。

私流「あたりまえのことをわかりやすく伝える」方法は、「色」かなぁ。
今度の2月12日の「ボランティア講座」の同窓会でカラーセラピーワークをします。ドキドキ。ワクワク。

また、結果報告します。乞うご期待!!

 by SEIKO